FC2ブログ

いろいろあって 

息子の進学のことや

軽油の免税書類の提出など

いろいろあって、那覇へいってまいります。

3日にもどって
体験ダイビングです(#^.^#)

yamabukibera♂

♀を相手に
バリバリかっ飛んでいるヤマブキベラのオス。
動くものにまったくピンの来ない
TG4でよく撮れたものである。

季節風を巻き込んで 

今日は波が5m!(沖縄気象台による)

台風が去ったのに・・・って、これは大陸からの季節風。ミーニシでやつです。

んで、明日は4~3m普通なら全便だしても良いかと思われるが

実はこの3~4日修学旅行の来島で変則運航になっていた。

あすの阿嘉発など8:15である。

那覇へ行こうと思っていた私は、10:00に着いたら映画館直行だな。

などと呑気なことを行っていたけど変則運航は変更しないそうで

8:15に出航なのだそうだ。。。でも、でも、船は欠航したのでこっちに無いから

8:15に出航などは無理である。。。ってことはあしたは那覇から14:00発できて 

那覇へは出ないということらしいです。なんじゃ、それ!クイーンでいくかな。

obi-ishiyouji0170923-2.jpg

オビイシヨウジ
名のとおり帯状の模様がある。
ちょっとグラデーションしていて可愛いね。
正面からだとこんな顔。。。ふくろうに似てる。

一過無風 

実際には真北の風でうちや船揚場には吹いていないだけで

西よりのおうちには結構ふいてるとか・・・・。

でもほとんど晴れていて、気温も上がらず快適でございます。

海もベタ凪にみえるけど、、、、外海は大時化なんだろうねl

明日フェリー出ないかな~。

変則運航になってるからそのまま変則運航なんでしょ?

阿嘉発8:15(笑)で1.5往復して座間味停泊して31日も阿嘉8:15。

31日に乗れたらそのままmブレードランナー2049が観られるなぁ~~。

続けて猿の惑星も観れるかしら(笑)

ほんとは明日30日に知り合いのライブがあるので行きたいんだけど

無理っぽいなぁ~~~御免ね。

もう22号で終わりにして欲しいと願う、この頃です。

hidoro_sp0170906.jpg

なんだかわからない・・・ヒドロかな?
データがあるのでガヒブツブツで撮影したのはわかるけど
もう1度、って無理かも(笑)

久しぶりにすごかった 

昨日サオラーとかウケるぅ~~~

みたいな小馬鹿にしような言い回しをしたけど

暴風域の左半円に入る前から物凄い風と雨に曝された阿嘉島。

いやぁ~馬鹿にして御免。立派な台風でした。。。でもサオラーってなに?

これからのしんろに当たる四国、紀伊半島、中部静岡の方々、なめたらいかんよ。

充分すぎる対策を。

こちら17:00現在、風もだいぶ落ち着いてきてますが返しがツヨいのかな?

西から横殴りの雨が見えます。

今回結構雨が降ったので、ありがたい台風ではありました。仕事はなくなったけどね。

でも、ほんと、これで最後にして欲しいものです。

hohosuji-shinobihaze0170904.jpg

ホホスジシノビハゼといいます。
有名なのはハタタテシノビハゼだけど、
シノビハゼって胸鰭の付け根に丸い白斑があるんですね。
でもこのホホスジは白線になっており、他のシノビハゼと区別できます。
ほっぺあたりにオレンジ色の断続的な線がある。
まぁ、シノビハゼなんてほとんどひとが見ないしインスタ映えしないし(笑)
でもガイドとして知っておくべきことであると思うんですね。
んで、シノビハゼ属の特徴を知っていると
モヨウシノビハゼはシノビハゼじゃないことに気付くはずですね。
ニシハマなどにたくさんいるヤツでエビとは共生していませんです。
シノビハゼじゃないのにシノビハゼなんて命名して・・・変だよね。

地味なものにも目を向けていこうよ。

サオラーっていいます 

台風22号の名前です。

サオラーってなんだろ?マヨラーとは違うよね。

竿愛好家?釣り人、しかも鮒釣りのひとにいそうです。竿ラー。

録画した映画もないし、退屈ですわぁ

akamehaze_yg0171014 (11)

アカメハゼ。
以前臨海研究所に魚類研究員がはいったことがあって
なにか面白そうな研究材料はないか?と尋ねたら
魚だったら森山さんに聞いてみたら?と言われたらしく
訪ねてきたことがあった。
その研究員、以前にはテングカワハギの研究をしており
書籍も出版されていました。

ふと思って「アカメハゼ」はどうでしょうか?
と提案したところ、割りと気に入ってくれて
採取観察解剖と一連の研究に入りました。

ちゃんとした論文があるかは分かりませんが
その方に教えてもらったいくつかのこと。
・耳石があってスライスすると月齢が分かりそう
・命のスパンが短く、年間何度が産卵期があのではないか
まだ何かあった気がするが、この2点はよく憶えている。

観察していると、年に何度か産卵するようで
写真は9月に撮影したもので周囲にはシラスがいっぱいだった。
もうちょっと突っ込んで何月に産卵しているのか
気にしながら狙っていこうと思います。

*今年は7/3(旧5/10)小潮で1度観察撮影しております。

ずっと休みです 

きのうも書きましたが、19日以降仕事はしていなくて

本来なら休みらしい休みも無く、せっせと仕事に励んでいたはず。

それが・・・こんな快晴なのに、部屋でポツンといて

PCいじってビール呑んでなんか食べて寝る。を3日も4日もしてる。

そりゃ、太るよな(笑)

木曜日で週の半分が終わったばかり、、、、11/3日までだれも来ません。

たくさん損しちゃったなぁ~

でもめげずにがんばります。

kashiwa-hanadai_yg0170815.jpg

カシワハナダイの子ども。
なんかもっと赤っぽいのもいたりしますが
こんなやや茶色かかったのもおりますね。
背ビレの縁の青がすてき。

仕事をさせてくれない 

21号が去ったとおもったら、22号である。

最初は小笠原方面にいく予定だったのに、西に随分な距離を移動し

北に上がってきたもんだから・・・どんどんこっちに寄ってきて

いまや直撃コースである。

19日以降まったく仕事をさせてもらえない状態で

ただただ食って寝る毎日。1kg 太った。

昨日はフェリーで那覇へ出て、むりくり散髪へ行ってきて

息子とちょっとだけ懇談はできたものの

波4mで直撃コースはフェリー折り返しも期待薄なので、急遽帰島となった。

ほんとなら、10:00から猿の惑星、12:40からアトミックブロンドを観て

ドンキで買物して、息子と焼肉屋で進学懇談会をやろうと思っていたのに。

全て台風につぶされてしまいました。。。ま、今日は旧暦9/6。もう1回くるかな(笑)

kirin-minokasago_yg0170925.jpg

キリンミノカサゴの子ども。
サンゴの下にいたのをちょっと出てきてもらいパチリ。
縞模様がキリンみたいだからこの名前だよね。
学名もゼブラだったはず。
小さくても毒は強烈なので注意してください。


まさに台風一過・・・ではあるが 

朝から無風で快晴!

台風一過とはこんなのをいうんだろうなぁ~と思える天気。

阿嘉のみんなが船を下ろすというので手伝いもかねて行き

ついでにオケ号もおろしました。。。

が、次の22号の素が成長してきて熱低になりますたな。

こいつが、右に逸れるか、大東向かって21号と同コースになるのか?

興味はすでにソコでしたが、東に逸れると期待して船おろしてしまいました。

どうなることやるかね~。

kasai-daruma0171012.jpg

カサイダルマハゼはパンダダルマにそっくりだけど
胸鰭が黒くないことで容易に区別がつきますね。
性格はパンダの方がキツいかんじがする(笑)
両方ハナヤサイサンゴ類にペアで生息し
サンゴの奥に卵を産みつけます。

さすが、大きくて強い 

直接的な被害はなかったようで助かりましたが

期待していた雨も思ったほど降らなかったようでちょっとガッカリ。

明後日は船でもおろして・・・とか計画していたけど

次の22号がやってきそうです(ーー;)

10月は半分しか仕事が出来ていないなぁ~。ヤバシェビッチ!

hosojima-moshioebi_sp0171018 (2)

ホソジマモシオエビでいいのかなぁ~
図鑑の写真が分かりづらくて。
この子、いつも同じところにいて、撮りやすいんです。
あ、コンデジだとこんな風に金色できれいに撮れます。

21号よ。ほんとのとこはどんななの? 

<21日16時の実況>
大きさ 超大型
現在台風21号は

1721-00.jpg

こんなとこにいて

強さ 非常に強い
存在地域 南大東島の南約370km
中心位置 北緯 22度35分(22.6度)
東経 132度05分(132.1度)
進行方向、速さ 北東 20km/h(12kt)
中心気圧 925hPa
中心付近の最大風速 50m/s(95kt)
最大瞬間風速 70m/s(135kt)
25m/s以上の暴風域 南東側 280km(150NM)
北西側 220km(120NM)
15m/s以上の強風域 全域 950km(500NM)

こういう状況ですが、弱い熱低が通過しているかのような

あまり台風らしくない感じで、発表は「北東20km/h」なのに

進路予想図は昨日からずっと北になってるんだよね。

このチグハグさが「沖縄のひとを守る」ってことなんだろうか?

そんなの変なので、正確な情報を流せよ!ってもう何年も言ってる。

で、今日の15時ごろの阿嘉島は

funeageba0171021.jpg

雲が黒くて、暗い感じだけど、決して大時化ではないよね。

ま、前浜だからね。北側は相当時化てると思うけど。

22日には沖縄群島を通り過ぎる勢いの速度で・・・関東へ行くようです。

TVワイドショーは「大変大変!大雨被害が」などと面白おかしく騒ぎ立てておりますな。

ロクなもんじゃありません。

hadaka-kokeginpo0171012.jpg

ハダカコケギンポだと思うんですが・・・
真っ黒いのは初めて見たモンで。

ジャンキーなブラック・ラッパーみたいな・・・



21号はラン 

20日17:00現在、阿嘉島は北東の風6~8mってとこかな

波は徐々に高くなってきてサクバルの鼻は大きな波が当たり始めた。

どよ~んとした厚い雲に覆われて時折雨が降ってくる。

台風の雰囲気は出てきたけど、本番は明日の夜から22日いっぱいかな。

23日には本州に上陸のようですので、進路にあたる方は充分注意してください。

あす、あまり雨が降っていなければ「新港」へ調査に潜ろうかな~

オキナワハゼの1種で「ホムラモドキ」とか呼ばれているやつが見たいなあ。

ハゼ図鑑の480pのことだけど分布に「慶良間諸島」とあるのは

わたしが新港で採取したものが由来なのでした。(ちょっと自慢)

泥を浚ったことと沖の堤防が出来たおかげでハゼが入らなくなったけど

ひょっとしたら・・・・と淡い想いはあるのでござる。晴れたらね。

marumi-kakuremoebi0171018.jpg

普通サイズの10mmでもよくわからないのに
5mm以下じゃまったくわからないよね。
動くから見えるけど・・・
拡大すると物質的にも擬態しているのがよくわかります。
台風で飛ばされませんように。



とっても良い天気です 

巨大台風21号は現在遥か南沖北緯15度50分あたりあって

直径が1360km

暴風域は直径90kmと、小さい。

北北西に15km/hで進んでいてこのままだと大東島に直撃

その後進路を東寄りにして東京へばく進する。

北緯20度線を越えてから暴風域があまり大きくならないことを祈っています。

これが今年最後の台風かなぁ~~イタチの最後っ屁みたい。

おかげさまで26日までお休みとなったのでした。

hime-aogihaze0171018.jpg

今年春先から初夏には14~15匹いたヒメアオギハゼ。
元々がケラマ海域ではあまり多くは見られず。散見する程度だったところ
10匹を超えていたのもすごかった。
夏、卵らしきもので腹も膨らんだのであるが
あるときを堺に減少し始め、最近では1~2匹がやっとでした。

昨日EN前に「ヒメアオギたくさんいたんですけどねぇ~」
なんていってたんですが、入ってビックリ!20匹はいましたがな。
台風で運ばれてきたんですかねぇ~。
ちょっと、嬉しいことでした。

giyaman-kakureebi0171018.jpg

正しくは不明なんだけど
「ギヤマンカクレエビ」が1番近い気がするので
ギやマンカクレエビにしています。

昨日撮った写真は・・・レントゲンみたいに
腹の卵とあまたの内子が写っています。
ちょっとシュールな感じ?眼が金色なんです。

落ち着いたと思ったら・・・ 

等圧線混み混み+台風20号の風とウネリで

あっちもこっちも駄目駄目だったここ数日。

やっと落ち着いてきたなぁ~と思ったら・・・また台風だ。

しかもデカくて強烈なので、影響は免れない感じでございます。

予報進路は毎日変わるので、それにいちいち反応はしませんが

要チェックなことには変わりありません。

足が速い(速度が速い)ので厳重に注意です。

大東の内側・・・つまり那覇側の進路になったら大変だ。

20日までは普通に潜れると思われますが、それ以降は進路によります。

tatejimayakko-yg0171017.jpg

ヤッコの子どもって
ほんとに可愛いよねぇ

panda-egg0171017.jpg

パンダダルマハゼとその卵。
2カットぬうちの1枚としたら上出来。
発眼してますな。

togarimoebi-sp0171017.jpg

先日のウミテングygを探していたら
見つけたトガリモエビsp。
小さくて、細くて、半透明で、、、ムズい。

思ったより長引くなぁ~ 

まだ南からのウネリが力強いので

船は危険で海中は揺れ揺れ(笑)

でも楽しいのはゲストのキャラクターなのかな?

いつも船上やオケラでは笑い声が絶えません。

毎日楽しく仕事させてもらっております。

明日明後日と、ちょっとはマシになり、19日まではいいはずですが

20日からは21号の影響が出始めるかもですなぁ~~~(T_T)

21号は935hPsとか書いてあった・・・・恐怖。

sumire-nagahanadai♀♂0171016

♀から♂へと性転換するスミレナガハナダイ。
身体はメスなのにオスの斑紋がでちゃってる(笑)

nadeshiko-kakureebi0171016.jpg

とってもきれい。

happou-sango0171016.jpg

これをどうにかせんと
イカんかな。

やっと、終わりそうです 

ずっと続いていた東の強風に台風20号の風が加わり

ターボチャージされたかのように強烈化し

当然のように南からウネリがあって、そのうち北風も吹き始め

北のウネリも入るようになってしまったので、あそこも駄目こっちも駄目。

というポイントの選択肢が日々狭まられていくのでした。

そこはオケアノス!伊達に長年いるわけじゃないよ。

天気とニラメッコしてギリギリでいけるところでいい状態のポイントを上手く回れた。

全然ポイント調査をしないようなショップは行くところが限られていたはず。

「だから、なに?」って言われると「いえ、なんでもないです」としか言わない最近。

そんな日々も明日からは良くなりそうではありますが

毎日が安心安全で楽しく潜っております(#^.^#)

BCS0171015.jpg

バブルコーラルシュリンプの子ども。
頭が大きいよね(笑)

sabaku0171015.jpg

水と  砂と   太陽。
この3つしかない海底砂漠。
♪あなたのそばで暮らせるならばぁ~つらくはないはぁ~この東京砂漠ぅ~♪

*みんなサビの部分しかわからないでしょ?

kumanomi0171015.jpg

ピンクの・・・オッパイがいっぱい!
男のロマン(#^.^#)


予告したとおり 

夜と、未明に降った激しい雨は

うとうとした頭の中では「嵐」だった。

朝目が醒めたら止んでいたけど周囲は雨のあとだらけ

空は薄黒いやや厚い雲に覆われていた。

でも西の空はやや明るく、ほんのちょっと青かったので

ひょっとしたら・・・晴れるのか?と半信半疑で海へ。

「私が表に出たら雨はふらない!」と強気で公言。

ほんとに晴れた(^o^)/

すごいなぁ~ひとの運って。

あしたもおねがいします。

今日は撮った幼魚全部公開(#^.^#)

umitengu_yg0171014.jpg

これほど小さいウミテングは初めてかもしれないなぁ~

tatsunohatoko_yg0171014.jpg

定番すね。

hirefuri-sankakuhaze0171014.jpg

これも定番ですがみんなあまり知らないよね。
ヒレフリサンカクハゼの幼魚15mmくらい
眼と鰭が同じ色です。

hamkumanomi_yg0171014.jpg

赤いイソギンチャクのヤツです。
ちょっとだけ白化してます。

akamehaze_yg0171014.jpg

アカメハゼのちびたち。
よくわからんよね(笑)

すごいパワーでございます 

昔から「前線を押し上げ、台風を曲げるおんな」とか

呼ばれていたT女子(現在U夫人)のパワーはほんとに凄い。

来島予定の10/12からず~~っと雨予報だったのに

那覇に付いた途端、天気予報から傘マークが消え、雲も薄くなり太陽になった。

今日だって、朝の予報は晴れのち雨だったけど、数滴降っただけで晴れてる。

雨は夜降ります。。。。潜らないからだって(笑)

夜に毎日降ってくれたら水も貯るってモンです。

南かrは20号のウネリ、北からは季節風の波・・・とってもやりにくい(ーー;)


chin-yoji0171013.jpg

自分の知ってるところは
これ以外なくなってしまった。
唯一のチンヨウジ。。。ばれないように願うだけです。

isoginchakumodoki-kakureebi0171013.jpg

イソギンチャクモドキカクレエビ。
知る限り、コイツも唯一ここだけ。
ばれないように願うだけです。

sangodiver0171013.jpg

サンゴは山ほどあるのですが
安心は出来ない状況!
だったりします。

東風強い、雨・・・降らず 

17:30現在、本日一滴の雨も降らず、爽やかな晴天。

仕事的にはバッチリですが、島的には雨は欲しいところ。

海水淡水化装置で毎日100トン生産しているとはいえ・・・です。

抜群だった透明度も徐々に落ち始めて、40mくらい?

ガハハハ~。

本日は、サンゴ~砂地~岩盤 の3本でした。

いやぁ~泳いだなぁ~

diver0171012.jpg

たまにはヤリます
岩盤ダイブ!

montsuki-kaeru0171012.jpg

不細工顔の代表だね

shitisenbera_yg0171012.jpg

シチセンベラの幼魚は
数年に1度くらいしか見ません。

あしたこそ、雨。

海が穏やかだと心も穏やか 

風は強いのですが、海はそれほど時化てはおりません。

天気予報が相変わらず外れっぱなしで、いまはとっても綺麗な夕陽が。

明日は「東の風やや強く くもり 明け方から朝 雨 波 2.5メートル うねり を伴う」

という文章だけなんですけど、それでいいのだろうか?

なんか分かりづらくね?

しかし、今日は1日ずっと良い天気で透明度も40m以上あって

水温も変わらずの29度。温いです。

明日は「ちょ~晴れおんな」がやってきます。どれほどのモノでしょうか(笑)

benten-komon0171011.jpg

抱卵しているベンテンコモンエビの
どアップ。TG-4ってすごいね。

kai0171011.jpg

ウミヒルモを食べる貝・・・
なんて名前だっけ?

sangodiver0171011.jpg

3本目、太陽光線がやや傾いて
光の筋を出します。
上手く撮れたって感じだけど(^。^)







ず~~~っと東の風です 

天気図みていただいたら一目瞭然。

等圧線が横に狭く走っております・・・ってことは東の風になるのです。

ずっと東風なので困っていますが、来週できるかもしれない台風は

このおかげでこちらへは来ず、フィリッピンへ向かいます。

アムロ島の東海岸一帯はそこそこ濁っていて、ダイビングに向いていません(笑)

阿嘉島の西側に那覇のヘンテコリンな船が来て、

サンゴ再生著しいところにアンカーかけ、40名ほどのダイバーが潜ります。

これを止める術がありません(T_T)

若干、上げ潮は濁ってるかな?内海の濁りが割りと目立ってきたね。

水温は相変わらず29度と高温安定です。透明度は20~50m。

sanddiver0171010.jpg

急斜面の砂地
太陽光線に照らされて、より白くなる気がする。

garasu-haze0171010.jpg

小さい小さいガラスハゼの子ども。
ダイバー抜きにしてみました。

sangodiver0171010.jpg

阿嘉のサンゴはほんとに元気いっぱい。

どこから聞いてきたのか
那覇からの船が結構来るようになって来ました。
阿嘉島の大手Sの那覇船手引きj件は目撃しておりますゆえ
結託して情報を共有し阿嘉島の綺麗なところを潜っております。
こんなとこ許されるわけがない!
出て行け那覇船!!!来るな那覇船!!!



最後の賑わいが終わる 

今年最後の大賑わいが終わりました。

提供側としては大変ではありましたが、振り返れば楽しい毎日。

リクエスト通りにダイナミック&繊細なガイドに徹しましたが、評価はあるのかしら(笑)

マダラトビエイをアレだけ見られたら、、、満足度は高いと思います。

明日からはいつものようなガラガラやり放題のオケでございます。

お時間のある方は是非お寄りください。


diver0171009.jpg

in the blue sea

sakura-nisetsuno-hiramushi.jpg

Pseudoceros bimarginatus

sangodiver0171009.jpg

in the coral sea

だいぶ風強いです 

ミーニシかと思いきや

東の風が強いくなってきました。

アムロ島の東沿岸では波はそれほどではないのですが

潮がグチョグチョに変で、、、、濁っています。

午後の3本目はそのあたりを2箇所みてみたのだが、

そんな状態なので、ゲルマに変えました。。。そしたら

昨日に引き続き、マダラトビエイが2枚ですが(昨日は5枚)クルクルと舞っておりました。

さすが俺!

交尾期なのかねぇ~   ツイてる(#^.^#)

diver0171008.jpg

サンゴの丘を駆け上がり

hamakumanomi0171008.jpg

バックライトでハマクマノミを堪能し

simulans0171008.jpg

極小のシムランスに
目を細めた 1日です。

あしたもイクでぇ~~~

ミーニシだね 

今日の未明から風が北向きになってきましたね。

これはもうミーニシ。

沖縄の秋からの季節風。新しい北風とかきます。

この風に乗って遠く大陸へ、船で使者を送ったり

何年も勉強するために見知らぬ大陸へ渡ったのでした。

先人たちのことに思いを馳せるのはロマンを感じます。

さて、抜群だった天気にかげりが見えてまいりました。

風が徐々に強くなってきて、ポイント選定が難しい状況でございます。

内海でお許しください(笑)

diver0171007.jpg

スッゲェ~ドロップオフ
に見えるね(#^.^#)

nokogiri-hagi_yg0171007.jpg

ほんとにかわいい。

あしたもチバります。

海はいいねぇ~ 

10日ぶりくらいのダイビングでした(笑)

ほんとに阿嘉の海はきれいですねぇ~。

まだ季節風が吹いてないので海も静かで暖かい。

いまは10名を超える団体さんがいるので大助かり。

旧暦で閏年。

なので旧暦がひと月遅れていますが、少々の影響が出てきそうです。

水温29度 透明度 30~35m ちょ~快適です。

sabiaku0171006.jpg

ガヒ島の砂地は
いつもきれいだよねぇ~~~

sangodiver0171006.jpg

阿嘉島のサンゴは相変わらず
とても元気でした(^。^)

kanzashi-yado0171006.jpg

桜っぽいけど・・・
ピンクに囲まれたカンザシヤド。

きょうは海神祭 

旧暦の8/16は海の神様に

大漁・安全祈願をノロさんにしてもらいます。

ちょっと大きめな祠の前にずらっと並んだ神んちゅたちと

向かい合うように漁師やダイビングガイドの男衆が胡坐で並び

祈ってもらうのです。

酒や魚(アイゴの燻製やブダイの刺身)が振舞われ

サンシンとタイコがなりだすと。ひとりづつ前に出て踊りを披露します。。。

これ最初は恥ずかしくて出来なかった。

1時間ほどで神んちゅたちは引っ込んでしまいますが

それから男衆が車座になり飲みだします。

アルコールも程よく回ってきたあたりでオヤジも失礼する予定(笑)

回りすぎると時にイザコザが発生し巻き込まれると大変です。

そして、明日またもや軽い二日酔いでショップ団体さまをお迎えするのでした。

umizuki-cho_yg0170926.jpg

ヒレナガハギygにちょっかい出されてる
ウミズキチョウのyg。

海と月だからウミヅキが正しいかな。


ひとやすみ。 

午前中のそれほど暑くない時に作業しようと

後輩のアヒコさんに手伝ってもらって

朝8:30に船をおろし

ラダー(ハシゴ)の改良に着手。

真っ二つに裂けてしまったクッションカバーを取り外して

新たに購入してきた920円(↑のは100均)の黒いクッションを取り付けました。

あさっていらっしゃるABCの方々もご満足のいく出来だと自負しております。

これでどれだけモツか・・・が焦点ではありますな。

ハシゴにつかまって体を(勢い)止めるのでね、どうしても負担がかかります。

ハシゴの前でピタっと止まって、ソフトにあがるのが最高にいいのですが。。。

海は高水温を維持していて、ところどころ白化しているようです。

イソギンチャクやコモンサンゴなど白化はきれいですけど。

明後日から楽しみです。

hama-kumanomi_yg0170928.jpg

ハマクマノミの
めっちゃチビちゃん(^。^)

今夜は獅子舞。




戻ってまいりました 

息子の最後の文化祭でのパフォーマンス

自分の誕生日

軽油の免税書類の提出

ラダー(ハシゴ)の改良資材

この4つが今回の那覇行きの目的でした。

映画は、猫の物語、犬の物語ときて最後に化け物の物語で〆ました。

これも計画通り(笑)

7泊8日の那覇の旅。借りてる部屋があるから出来ることです。

FBをご覧の方はいろいろと見ているとは思いますが

いろいろと楽しい那覇でした。

awase-isohaze_sp1_0170925.jpg

ニシハマにいる
アワセイソハゼ属の1種-1。
最近あまり見かけなったので心配してたけど
久しぶりに会って嬉しかった。。。たぶん、♀(^。^)