FC2ブログ

9月がやっと終わりました 

なんだか長かったなぁ~9月。

ってまだ終わってはいませんが、うちの9月の仕事が終了です。

初っ端はベタベタのトロトロで水温も30度キープが続き

透明度も50m超えで、最高な状態でしたが徐々に下降。

ついに18号がこっちに向かってきて急激な勢力拡大、コースも北に向き

最悪な台風となったのは記憶に新しい。。。

そんな9月でした。

誕生月でもあるのに、なんかあまり良い印象の無い9月でしたな。

来月がんばろうっと。

nise-goishi0170925.jpg

ニセゴイシウツボは口の中も碁石模様。

kobanhaze_sp0170925.jpg

前々から気になっていたコバンハゼを撮影。
イレズミコバンに似てるけど、顔以外に模様がないので
違う種類ではないかと思うのであります。Dr行きですね。

hamakumanomi0170925.jpg

この色のイソギンチャクと
ハマクマノミのコンビがとても好きです。

あすから那覇へ。
様々な雑用をこなしてきます。

ベタ凪のとろとろがはじまりました。 

ちょっとは風が出てきて、それが少々涼しくて

なんだか秋を感じるけど、毎日西日が強烈に暑く

そんな秋っぽさも吹っ飛びなこのごろ。

水温はところにより29度。だいたいは28度前半あたりでしょうか。

今日の透明度は驚きの60m!水の色が全然違うのですよ。

船を運転していて見るからにケラマブルーな感じって、ほとんど50m超えです。

港を出て、前浜で気付きクバ島やめてウナン崎いったくらいすごかった。

こんなときにゲストはあまりいないってのも、なんかいつもの感じです(T_T)

スマが群れになってるんだけど、なぜだろう?20~50匹でぶんぶん飛んでます。

そりゃ壮観ですよ。

さて、あしたは何がみられるかな~~~。

yansen-nishikibera0170924.jpg

ヤンセンニシキベラっていうベラです。
♂の婚姻色に近い感じなんだけど・・・いまひとつ。

taimaidiver0170924.jpg

タイマイはこのくらいの大きさがかわいいね。

kusahaze0170924.jpg

クサハゼです。
コンデジじゃイメージ通りに撮れないなぁ(T_T)

やっぱり外れて・・・ 

今日はとなりの慶留間島の学校の運動会でした。

朝の予報は「曇りのち雨、ところにより雷雨」みたいな感じ。

あ、曇りなんだね。でも朝から日差しがきついけど・・・みたいな。

んでやっぱり外れて、快晴のもと運動会は滞りなく開催されたらしい。

元PTA会長としては気になるところな訳ですよ。そういう学校行事。

夕方いっとき雨模様でしたが、いまはすっかり西日っがキツいです。

あしたの晴れは確定ですね。

sangodiver0170923.jpg

台風18号の影響が若干ありますが
概ね、元気です。

shiraito-umiushi0170923.jpg

窪みを丁寧に見ていたら
シライトウミウシがいて、なぜかうれしくなりました。

obi-ishiyouji0170923.jpg

オビイシヨウジなんすが、
あまり顔ってみたことないのではないでしょうか?
こういう顔してます。
っていうか、みんな存在も知らない?
あぁ~嘆かわしいです。
雑誌とSNSとそれ頼りのガイドの影響ですね。



ほんとに雨降った 

天気予報で「午後雨」とか出ていたので気にはしていましたが

沖縄気象台の予報なんて、ちゃんちゃらおかしくて・・・・といつも言ってますが

きょうはちょっと当たりました(^。^)

ま、どうでもいいときの当たりじゃ、しょうもないですけど(笑)

午後3本目は寒さを感じつつ、海中が明るくなることはありませんでした(T_T)

あしたは、晴れるのかな~~~。

atsukuchi-suzumedai0170921.jpg

アツクチスズメダイ。
なんでこんな口になってしまったでしょうね。
いくらサンゴの表皮をくちでついばむとはいいつつ。

atsukuchi-suzumedai_yg0170921.jpg

んで、これが幼魚。
ちょっと成長している個体で20mm。
もう「アツクチ」になってますよね(#^.^#)

ベタ凪のうちに・・・ 

常連さんがいらしたときには

あれこれとその時のいい場所へお連れして喜んで欲しいものです。

3日後までの潮回りと、天気と風向き、

そしてその方の嗜好を考えてポイントを選定しますが

明日は南風が吹いて午後から雨かもしれないということで

レーザービーム等を選びました。

午後、久しぶりにだ~~~~れもいないレーザービームは

気持ちよすぎ!

最高の光と出会えて、さすがのわたしも興奮しました(^。^)

明日は絶対このようなことがないと思いますし、おそらく今年最後になりそうです。

laser-beam170921.jpg

いつもの写真より光の差込が若干右にずれてるのが分かりますか?
これが季節による太陽の位置のズレです。

chin-yoji0170921.jpg

チンウジウオ。
なかなか手ごわいです。

hamakumanomi_yg0170921.jpg

9月も終わりに近いのに
大好きなハマの赤ちゃんが・・・(^o^)/


あしたもがんばるよん。

回復早いな~ 

あんなに濁っていた海も一過4日目にして普段の透明度。

今日はみんなのいう「モリモリ礁湖」へ行ってみた。

サンゴが割れたり部分的に真っ白になっていたり被害はあることはあるけど

大きく見て「台風被害」はないと断言できる。

時間の経過と共に再び復活するはすです。

台風ありきの地域、大波食らう場所のサンゴですから。

明日はまた別のサンゴ大群生へ行ってみます。

sangodiver0170920.jpg

いつものサンゴ群生です。
被害はほとんど目立たないでしょ?
活き活きしてました(#^.^#)

tatejima-moshioebi0170920.jpg

うしろも見えるのか?

kanzashi-yado0170920.jpg

マクロ写真の良い素材でございます。




きょうは別のお仕事 

高速船QZ1便のお見送りを終えたと同時に

撮影のお仕事・・・と思っていたら、車でニシハマ行くから貸してって。

陸撮を目いっぱいやってからの13:00すぎの出航となりました。

自分は潜らず、船からの景色の撮影(つまり海側から見た)が主で

ドローンを使用しての撮影が半分だったかな。

ず~っと船上にいるので太陽から隠れても暑いし、相当焼けたはず。

ほら、屋根ないから。(そのような用途に利用するとは思ってないし)

なのでかなり、疲れました。

明日からは上品なご婦人とマンツーマンで潜ります。

kubiaka-haze0170918.jpg

3cmくらいのクビアカハゼ。
かわいくね?

始まったばかりですが 

お帰りの日が近づいてまいりました。

1.5日まったく海へいけず、ほんとにご苦労様でございました。

頑張ったんですけど(T_T)

今日はウネリが少々残りましたが、透明度も回復傾向で

いま、夕陽がとってもきれいになる予感がします。

明日は撮影アシストのお仕事があって、海は明後日からになります。

おそらく明後日の20日以降は透明度も戻り、ウネリも消え、

素晴らしい海況になると思います。。。「運」って残酷ですね。

diver0170918.jpg

1本目はダイナミックな地形で
ハナゴンベの観察

kashiwa_yg0170918.jpg

2本目はそこそこの潮流になか
カシワハナダイのygを撮影

kanzashi-yado0170918.jpg

3本目は浅い砂地で
カンザシヤドカリとの会話に四苦八苦。

とっても楽しい2日間でした。
サンキューまたきてグッバイ。






3日目の島内観光はどうにか避けられました 

さすがに3日も続いたら嫌気がさしますよね。

強風さえ吹かなければ、陸ガイドは結構出来るんですよ。

そのための勉強もしてました。植物から岩盤まで(笑)

引き出しがたくさんあるので話が面白いとおもうんですよね(自己評価)

それは海のなかのことでも活かされていて、「だから、ここではこういう環境」と断言しちゃってるのです。

きょうの海中は予想とおりのニゴニゴのウネウネでして・・・

それは徐々によくはなるのですが、いかんせん台風一過ですから。

しかし、一昨日来て2日陸観光を余儀なくされ3日目にやっと、

3本潜れてよかった。

気持ちよくではないですが、明日見送りができます。

hoso-garasu0170917.jpg

イソバナに棲むホソガラスハゼですが
ポリプが全開で撮るほうがとってもきれいです。
触れて閉じないようにご注意くださいね。

futairo-hanagoi0170917.jpg

ちょっとみないうちに
5匹から8匹?に増えている気がする。
早く♂にならないかなぁ~

anamori-chukoshioriebi0170917.jpg

とっても小さなアナモリチュウコシオリエビを見つけて
そっと人差し指を近づけてみたら、ハサミの向きが変わった(^_^)

明日はもっとよくなってますように。

最低な台風じゃ! 

ぐるっと直角にちかく曲がることも許すとして

また下の方に、戻ってくるように進むとは言語道断。許せん。

18号めっ!

ゲストさまにおいては昨日に引き続き

阿嘉島のディープな陸地ガイドを堪能してもらいました。

昨日は阿嘉大橋周辺で、今日は島の古い井戸や神行事を中心に西側を。

何十年目にして初めて知った、とても面白かった、海より陸の方がガイドがうまい。

などとお褒めの言葉をいただきましたが

わざわざヘリコプターをチャーターして来ていただいたのに・・・責任感に苛まれる苦しい日々。

あ~せめて明日は早いうちに船をおろし午後から、1本でも海へいけたらと願っています。

BCS0170815.jpg

通称はバブルコーラルシュリンプ。
学名はウィル・フィリピネンシスといいます。
ミズタマサンゴなどに生息し、ガイドダイバーによく引っ張り出されています(笑)
かわいそうだし、サンゴが傷むのでやめて欲しいです。

グルっとするから・・・ 

まだまだ大時化がつづく阿嘉島海域。

もうちょっとだけ北へ行ってくれないかなぁ~

そしたらもう少し楽になるんですが。。。

朝の時点で935hPsに増すような予報だったけど

いまは950で、明日は955~960になるようで一安心ではありますな。

しかし、これから進路コースになってる方々、十分ご注意ください。

うちんとこは、あしたも海は駄目そうで、

17日の朝から潜れるようにするのがやっとかしらねぇ(T_T)

大事なときにイヤな台風が最悪のコースで来た。ってことだけど・・・。

気を取り直してがんばろう!

futairo-sangohaze0170909.jpg

フタイロサンゴハゼの子ども。
この仲間はみなコバンハゼなのに
これだけなぜ「サンゴハゼ」なのか?
分類権威博士は付いてしまっているので仕方ない。
と言っていたような気がする(笑)

あしたは島の西側を観光します。

いやん、いつの間にか暴風域 

なんか思っていた以上の雨風なんで

おかしいと思ったら、暴風域が200kmにも広がっていて

暴風域にすっぽりと入っているではないか!

警報くらい出せよ!座間味村。

観光客が増えて大変だと思うけど(笑)ちゃんと行政サービスしないとね。

阿嘉島なんてまったく手が回っていない感じがしますもん。

こんなところでこんなこと書いても始まらんですが。。。

台風18号は・・・しかし18号とか19号あたりっていつもひどいよね・・・

コンパスで円を描くようにくるっと回るので影響はまだまだ続く可能性があり

船の欠航も16日まではありそうな予感ようかんアルミ缶。ぼくはバッテリイ~~~~(笑)ウチナー受け!

てなことで、明日の午後ヘリコプターが飛ぶことを祈っております。

laser-beam3hole0170813.jpg

夏になるとよくレーザービームへ出かけます。
近頃は来るお店が増えてやりにくくなりました。
レーザービームの中でも1番好きな場所がここです。
右側に3つの穴から挿し込む光がなんとも神々しく
こころが洗われる思いがします。穴が3つなので
スリーホールと呼んでいます。
もう1度か2度、拝みたいなぁ~。





結構キツい雨風 

思っていたよりも雨もたくさん降ってるし

風も強く吹いています。大体15m~18mほどと思われますが

時折吹き付ける強烈な風は20m以上あるように感じる。

いつもは車に仕舞ってしまう鉢植えは平らに並べて飛ばないようにしているけど

これほど風が吹き付けるとヤバい気もするなぁ~。

さて、あすもこんな調子だと思われ、あさっては幾分マシになりそうではあるが

16日までは船も降ろせないように思うのでありました。

9月はキャンセルが多くって参ったけど、さらに台風で連休がつぶれ・・・・(T_T)/~~~

isoginchakuebi0170903.jpg

極普通のイソギンチャクエビの♂だけど
イソギンチャクの中心部の赤いところを意識して
画面に配置してみました。

あ~台風でひとりは退屈だにゃ~

18号はジリジリと・・・ 

遥か南を通過するはずであった18号は

気がつけば宮古島に直撃で、この後ぐるっと回って九州へ。。。

なんと最悪なときに最悪なコースでやってくるなんて。

天災なんて忘れた頃にやってくるし、いつも最悪なことになるのでした。

あ~あ、連休駄目ジャン(ーー;)

sangodiver0170906.jpg

こんなズドンとくるとこ
割りと好きなんです。

18号が・・・ 

ずんずんと八重山の南へ近づいてゆく。

そして石垣島に最接近のちょい前に勢力がMaxに到達するようである。

いまのところ935hPsくらいだったかしら?最大瞬間風速は70mくらい。

ま、普通の台風で本島地方に直接の影響は無い感じだけど

あすの波は1.5~5m 明後日は6mと非常に高いけど

どこの波ナンだか?喜屋武岬あたりのことをさしてると思うんですよね。

座間味村としては待ってましたとばかりに欠航です。休んでも金は出ますから。

しかも残業手当もたんまりと入るそうで、台風=儲かる 

この図式が当てはまるなら地獄に落ちること間違いなしですな、船長。

1度ポリシーを聞きたいものです。

ってことで、あす12日の午後から14日いっぱいあたりは全便欠航の可能性高し。

今回は渡嘉敷も出ないでしょう?(大笑)14日出したらいいなぁ~。

vir_ euphyllius0170905 (1)

ウイル・エウフィルリウスって読むのかしら?
ホストが限られていて、最近メキメキ減ってる種です。
ダイビング中にかっぱらうヤツがいるようで
アダン下のカクレクマノミもそうですが
ニシハマの小振りなミズタマサンゴも盗まれたなぁ~
Z島のひとだと確信していますが、やめてほしいです。

newginiabera_yg0170910.jpg

当海域ではかなりレアなベラ。
ニューギニアベラ。。。ニューギニアへ行くとわんさかいるらしい。
半分白くて、とってもきれいなベラです。
前前々回で見つけて、前々回で2匹になって、前回見つけられず
今回1匹見つけた!
どこいってんだろうね(#^.^#)

予定していた那覇もいけず、あすもダラダラとすごします。

あしたはお休み(#^.^#) 

最近ちょっと働くと疲れるのは、なんだろう?

今週は8日間連続で働いたけど、ちょっと疲れた。。。

そんなに目いっぱい肉体も神経もすり減らした覚えは無いのだが・・・。

歳といえば、歳ではある。

もうガイドとして出来る時間は限られてきたかなぁ~と実感する今日この頃。

一応、創立30周年を目途にしているんですが

諸事情(息子の進学とか老後の蓄え)によって変わりますから、なんとも言えませんわ。

なんかね。天気が不安定で、晴れたり雨降ったりが極狭い範囲で・・・カタブイね。

台風18号、20度線を越えてくるのはいつだっけ?11日の昼くらいだね。

ここを超えるとウネリがやってきます。11日の時点で18号はそれほど強くないので小さめですな。

その後台湾の南部或いは中心部を抜けていくようですけど

13日と14日は船の欠航が考えられますので、ご注意ください。

さて、本日・・・の3枚。

sanddiver0170910.jpg

真っ白で、ひろ~い砂地にポツンとある根。
ハナダイが乱舞し、スカシテンジクやキンメモドキが群れる。
典型的なケラマっぽい景色だね。
こんなのが幸せな感じがします。

adeyaka-zeburayadokari0170910.jpg

ふと暗がりで見つけた
アデヤカゼブラヤドカリ。。。顔が怒ってる(#^.^#)

tsuno-moebi-sp0170910.jpg

緑色の葉っぱに棲むツノモエビの1種。
葉っぱが枯れてなくなれば
このエビも消えていくのでした。。。

砂地の緑を大切に!





予報が外れ 

今日は曇りのち雨で、ところにより雷雨とかだったけど

未明に大雨が降って、日中はとってもいい天気でした。

うねりも昨日に比べて半分以下になり、無いも同然!

調子コイテ、リクエストされていた泡メル行ってみたけど・・・・

うまく撮れたかしら?-30cmだからね。大変だったと思います(#^.^#)

久しぶりにクバ島行って、内海エダ状サンゴの密林行っても泡メルの3本。

楽しんでもらえたかなぁ~~~。

kanzashiyadokari0170909.jpg

カンザシヤドカリのいいのが現れ始めました(#^.^#)

akamehaze0170909.jpg

眼の赤いアカメハゼ。
決して赤目防止で撮ってはだめです。
赤くなくなっちゃう。

awa0170909.jpg

リクエストの泡、です。
水面のプリズムを利用して
レインボーにしてみたはいいけど・・・。

あすたもがんばるぞ。

スコールがすごい 

かなりいい天気で、太陽光もギラギラしてるのに

いきなり雨が降ってくる。

30秒とか1分くらいかな。そしてまた晴れる。

お~~~南国じゃん!

と、あまり喜べないオヤジがそこにいます。

だって阿嘉は水不足。

それなのに、頭の悪い大学生とか観光客は水をだしっぱなしにして使う。

東京って、人口が集中してなんでも揃ってるけど

それは周囲の協力があってのこと。ということを忘れてるか、知らないか。

水は関東周辺の川やダムで、電気は福島で有名になった原発でまかなってる。

東京都内にはなにひとつなく、すべて周囲の県なのですわ。

そんなに電気が使いたいならお台場に原発作ればよろしいんではないの?

便利な大都会に住みたいならそれくらいのリクス背負うべきだと思うのであります。

阿嘉はまだまだ夏が続くのでした。

debadiver0170908.jpg

ニシハマの浅瀬のデバは
オケアノスの基本です。

sangodiver0170908.jpg

完全復活宣言したサンゴ群生。
この落差で、下もず~~っと向こうも
全てのサンゴが元気満々。
幸せです。

sangodiver0170908-2.jpg

ここ好きなんです。

yasha0170908.jpg

まだ若いカップル。
駄目駄目ガイドやへたっぴダイバー
わがままフォト派ダイバーに負けるな!

思いのほか風が強く・・・ 

しかも南風なので、ウネリが結構あって

潮も大潮になったので潮流と風が相反するときなど

台風並みのウネリがハンタの崎に押し寄せてきます。

しこで悩むのがポンイトだよね(笑)

いくら経験豊富なガイドでも、ここまで荒れると考えちゃうし、詰まっちゃうね。

兎に角、流れが一番の問題で、「流れ無し、深くなく、まったりと」が通常状態でございますので。

あしたはあしたの風が吹く~

hanaminokasago-yg0170907.jpg

ハナミノカサゴの幼魚。久しぶりに見たなぁ~
相変わらず、妖艶でございます。

panda-daruma0170907.jpg

あちこちで卵産んでます。
でも・・・撮るとはちょ~ムズいです。

aoumigame0170907.jpg

カメの裏。
この子、左が欠損していますね。
スクリューかな?
ウミガメを大切に!

再び南からのウネリ 

きっと台風17号の余韻のようなウネリだろうなぁ~

たいしたことはないのですが、

オケアノスは浅瀬で勝負することもあるので

影響は「大」です。

今日は3本目に洞窟&タイドプール。潜水時間80分にもなり

34度もあるタイドプールでスズメダイやカエルウオなどマッタリと

汗かきながら撮影観察してきました。

あれって、ほんとに楽しいのかな?苦痛じゃないの?(笑)

とか時々思ってしまうのでした。

diver0170906.jpg

すっげぇ~透明度を表現しようとしたんだけど
まったく出来なかった。。。(T_T)
でも50m超えの透明度で素晴らしい1本でした。

seboshi-umitake0170906.jpg

よくある海綿だけど
良く見ると意外とハゼがついてるよね。
セボシかな?図星じゃないな。

montsuki-kaeru0170906.jpg

モンツキの子ども。
小指くらいの太さで、全然逃げなかった。
あまりにも浅いので水面反射で虹になってる。

あしたは・・・ニシハマ行きたいなぁ~(笑)

旧暦7/15で獅子舞だけど・・・ 

独り暮らしになってからは時間がなかなかなくてイケてません。

島の神行事なので本来いかなくてはならないのですが・・・。

17:00に仕事終わって、片付けてこれ書いて写真の整理したら18:30

獅子舞は19:00からなので到底間に合いませんわな。

来月の海神祭はつまみがあるのでイケます(笑)

常に時間に追われての生活・・・あとひと月は続くのでありました。

うねりもほぼ消えて、風も弱く、透明度はどこへ行っても40m級。水温は30度。

きっと、極楽とはこのとです。

今日は、地形~まったり~トロットロ の3本でした。

hashinaga-bera_yg0170905.jpg

ハシナガベラの幼魚。
ちっちゃくて最高に可愛いです。
毎年どこかのポイントで出逢います。
大好き。

sanddiver0170905.jpg

これ3本目です。
すごい透明度です。
このとき大雨降ってますが、この明るさはなんでしょうね。

mikaduki-komon0170905.jpg

ひっさびさに
ミカヅキコモンエビ参上。

あしたもベタベタのトロットロ(#^.^#)

カタブイは日常茶飯事 

カタブイとは「片方だけ降ってる」ということで

あっちは晴れてるのにこっちだけ雨が降ってるっていうことです。

沖縄では普通に日常会話に出てきます。

晴れていても急に降ってくるので洗濯物など大変っぽいすが

独りモンは常に部屋干しなので安心です(笑)

阿嘉島は水が足らないので、カタブイはウェルカムで、ちゃんとマトモに降って欲しい。

毎日寝ている間にカタブイしてくれればダムも満タンになるのでないかしら。

さて、海情報。 水温は変わらず29~30度、現在濁りも少なく透明度は30mくらい

大潮にかけての潮流は・・・やや軽い感じがします。次の中潮でブン流れする可能性も。

ま、そんときゃそんとき。

tensu-yg0170904.jpg

テンスの小さいのが
ハラリひらりと泳ぐ。。。絶妙だよね。

hanabira-kuma0170904.jpg

高水温が続くとサンゴよりイソギンチャクが
先に白くなりますのかしらねぇ~

ibara-kanzashi0170904.jpg

ピンクのハナビラ(ポリプ)が可愛くて
イバラカンザシと一緒に撮ってみた。

いまひとつ(笑)

ウネリ少々ではあるが・・・ 

やっぱり通常のガイド仕事は楽しい!

15号の置き土産的なウネリが今日いっぱいはあって

南側へは行きづらい感じで、北は北で波があって・・・前門のなんとかみたい。

午前は1年ぶりのひとと骨折明けのご婦人などで、ガヒの明るいとこへ。

2本目は慣れたのでサンゴ群生が広がる・・・・わたし自身10何年ぶりに潜るけど(笑)

3本目は13年ぶりのちょ~ブランクダイバーを連れて・・・アダン下。

トロトロベタベタではないけど、水温も29~31度あって流れもほとんどなし

透明度も30~40mあるのでノーストレス!だと思います。。。。「楽しかったぁ~」って言ってくれた。

予報は曇りのち雨みたいな予報でしたけど、沖縄気象台はいい加減なのでOK。

あしたはもうちょっと地形に起伏を加えたいと思っています。。。。


kazari-isoginchakuebi0170903.jpg

このイソギンチャクでカザリイソギンチャクエビを
みたのは初めてかもしれない。赤くていいね(^o^)/

moja-pyg0170903.jpg

とっても昔に「モジャピグ」と名づけた種です。
ゴルゴニアンとかも付いているみたいですが
モジャの方が先です(笑)

sangodiver0170903.jpg

10数年ぶりに潜ってみたら
サンゴ満載で素晴らしいことになってました。
完全復活ですね(^o^)/
こういうの見ると、こんな仕事してて良かった。
とつくづく思うのでありました。

あしたは、ちょっと地形。

ほんとに水が無い 

でも観光客はやってくる。

宿には「節水」の文字もないので、湯水の如く使用しているのかしら?

都会とは違って、水の供給源が雨しかないから長期間降らないと

ほんとになくなってしまうのです。節水にご協力ください。

昨日までは2日間4Kムービー撮影のアシスト、

明日からは本業のガイドのお仕事がしばらく続きます。

台風は来て欲しくないけど、雨は深夜から未明の間にたんまりと降って欲しいものです。

tonosamadai_yg0170901-s.jpg

トノサマダイの幼魚。
当海域ではあまり多くないのだが
今年は2~3個体みてます。。。可愛い。

Harpilio_spinigera0170901-s.jpg

見たこと無いような・・・気がして
一所懸命撮ってみたエビは
Harpiliopsis_spinigera (ハルピリオプシス・スピニヂェラ)
というのに似ています。とっても綺麗でした。

撮影は終了したが・・・ 

いろいろ撮りたいのではなく

ニシハマのデバスズメダイとからんだりするシーンが撮りたいだけなのに

ニシハマへいくと・・・太陽が出てこない(T_T)

暑い雲が太陽を被い、あとちょっとで良い感じのすき間がきそう!

と待っていると、その隙間は徐々に雲で埋まっていくのであった。

なに?ニシハマ撮らせてくれないの?と嘆くカメラマン。。。

しかし、本日はほんの少しの間、太陽が出てくれて

撮ってる間にそっと後ろから邪魔にならぬように撮影のシーンが撮れました。

あ~えがったなぁ。

osada-0170901 (2)

太陽が出てくれないので
船の上もなんとなく、気まずい感じ?

osada-0170901 (1)

やっとニシハマで太陽が出ていざ、撮影。
「モデルを撮るカメラマン」をオヤジもやっと撮れた(#^.^#)

明日からは常連さんたちの1週間。