おつ!です。 

6月21日から続いたオケアノスの夏は今日で一旦途切れます。

途中2日ほどお休みしましたが、ひと月半がんばりました。

だれも誰も労ったり褒めてもくれませんが、なにか旨いものでも食べてひとりで労います。

このあと9日からのお盆週のスタートからの海仕事。

海藻だらけのオケ号はあすに陸揚げし、連日の運航に一休み綺麗になってもらいます。

モリヤマは那覇に出て、紅型コンテスト展覧見てきます。(昨年のグランプリより好きかも)

さてさて、海ですが

ちょ~レアなタテガミカエルウオの1種を2年ぶりに発見しました。

いままでとちょっと違う環境なので驚きと喜びが一緒に来て、不思議なかんじだった。

案外、探すといたりするものですけどね。

明日からはしばらくノンビリします(#^.^#)

kinmemodoki0170731.jpg

キンメモドキの群れって
なんかワクワクしますね。

minami-hakofugu_yg0170731.jpg

このくらいのサイズが1番かわいいと想います。

Cirripectes_perustus0170731.jpg

こいつ、タテガミカエルウオの1種です。
あまりいないと思ってるけど
案外いるかもしれない未知の種です。
モリヤマ自身は3度目の遭遇。生態写真初記録はわたしです(自慢)


だいぶマシになってきたけど 

とりあえずは5号の動きが気になりますねぇ~

東京直撃だと我が娘もいることだし、心配です。慣れてるっちゃ慣れてるけど。

このあとも続続と発生し、どのコースを通ってどこの地域に行くのか。。。

憂鬱な・・・一喜一憂の季節がはじまります。

オケアノスとしては、お盆を外して、8月に集中していただいて

9月は安泰となりたいのですが、そんな上手いこといくわけないよね(ーー;)

今日3本目に遠い座間味島のポイントへ行って見たら

透明度が40mもあって、なかなかよかったよぉ~~。

あしたもまだ波3mなんだね。

kasumiaji0170730.jpg

カスミアジって
良く食べるネェ

hoshizora-waraebi0170730.jpg

糸くずみたいな
ホシゾラワラエビを発見!

hirefuri-snkakuhaze_yg0170730.jpg

この魚、結構きれいでしょ?

10号とかも出来ちゃって・・・ 

今年は多いのかなぁ~~

去年の10号は8/25だね。。。

去年は1号が7月に入ってからだから、今年は普通かもしれないです。

9号が台湾に逸れてくれてありがたいと思っていたら10号が出来てました。

沖縄の周囲は台風だらけでございます。

が、滞りなく3dive。

他所様のお店よりいくぶん透明度もよいと自負しております。

ao-umigame0170729.jpg

具合のよいことに
2匹併泳してくれはりました。

seboshi-umitake0170729.jpg

あ、これは昨日のセボシウミタケハゼでした(^_^)

isobana-kakureebi0170729.jpg

めちゃデカくて綺麗な
イソバナカクレエビだったなぁ~~~。

あしたも普通に3本です。

9号が接近しているではある 

毎回書くけど(んなこともないか)北緯20度線を超えるまで

阿嘉島などの沖縄地方に影響はないのです。*よっぽど巨大なものは別だけど

気象庁やその他の民間予報会社の情報を元に右往左往しているのはいつものこと。

この9号も「いつ船が止まるかわからない」ということで帰りを急ぐ方も多いと思います。

昼に大きなウネリがハンタ崎に入っておりましたが、夕方には半分以下になり

いまは波の音も聞こえないほどです。

そんなとき私くらいのベテランは「あぁ、西にずれたんだな」と考えるわけで

お客さんには「明日も通常です」とキッパリと言っておくのでした。

しかし・・・幼魚は多くて、最高に楽しい時期ですな(^o^)/

hama-kumanomi_yg0170728.jpg
hoshi-susukibera_yg0170728.jpg
darumahaze_yg0170728.jpg

ハマクマノミ
ホシススキベラ
ダルマハゼ

今日撮影したそれぞれの幼魚です。
どれがお気にめしましたか?
わたしは・・・ハマクマノミです。


とりあえずは快晴ベタ凪です 

台風に挟まれそうですが・・・

全然楽勝でダイビングも行っておりますし、ベタベタです。

気象庁の波の予報はどこのなのかな?カケ学園より不思議です。

ずっと、おひとり様の予定でしたが、気がつけば3名。

ありがたいことです。

これもひとえに普段から応援してくださっている常連さんたちのおかげです。

きょうもきょうとて、18mmのイソハゼから3mのマンタまで

さまざまな生物のガイドをいたしました。。。OCEANUSな、毎日。

manta0170727.jpg

オヤジだってマンタは見たいのです。

maru-suzumedai_yg0170727.jpg

そこそこ、ジャスピン!
尾びれ完璧なマルちゃんです。

hanagonbe_yg0170727.jpg

まだまだ可愛いです。


ずっと、夏であれ! 

このタイトルはFBでの投稿の台詞である。

平らな海面のはるか向こうに浮かぶ雲、ベタ凪なので雲が海面に写ってる。

それ以外雲は画像にない。。。ポツンとひとつの雲と広がる青空。

高気圧の真ん中って感じの空。

でも西太平洋には強烈な台風5号があり、迷走しているし

6,7,8号と来て9号が発生した。この9号が沖縄には一番の影響がありそうである。

そんな状況での「夏であれ」とは、この台風が来たら夏も終わりだね。。。という意味です。

「ずっと」夏であるわけはないので、あと少しだけ夏であってほしい。という切実な想いなのでした。

sangodiver0170726.jpg

みんながあまり行かないニシハマの根。
昔はもっと綺麗だったんだけど、見ず知らずのひとが
遊びに来てアンカーをガツンかけて壊してからあまりよくないのね。
船を所有しているひとのモラルは相当低いと思います。

okinawa-haze_sp3_0170726.jpg

たぶん1種-3だとは思うんですが
胸鰭の先が黒くないので・・・

umiushi-kakureebi0170726.jpg

ウミウシカクレエビ。
久しぶりの大物でした(笑)
卵あるはずですが、写ってないので
眼とかもドットなのを見せたくて拡大してあります。

あ、マンタが5~6枚います。

カタブイ襲来 

朝5時すぎに雨の音で起こされ

8時ごろまで降り続いていて、予報は午後から晴れる!

となってはいましたが・・・・・・夕方にもキツいのが降りまして

寒くて、ひと月振りくらいに温水シャワーをあびました(^。^)

sango0170725.jpg

ハートになればいいなぁ
って思ってるサンゴ。。。

kurage-ebi0170725 (2)

卵のあるクラゲエビ

kinuhhada-umiushi-sp1-1_0170725 (1)

最近、キヌハダによく会います。
これは1種-1と小野図鑑には出ております。
赤いV字の線がカッケーっす。

突然のおやすみで 

耳の具合が芳しくないということで

ダイビングを1日お休みします。ということでしたので

今日はオヤジもお休みです。

お陰様で常連さんたちのお見送りも出来たし

山積みだった支払い&雑用がある程度片付きました。

ひとりでやってるとね、この雑用に振り回されるんだよね。

仕事のための仕事だし、重要ではなるのですが・・・面倒臭い(ーー;)

片付けていかないとドンドン溜まる一方なので厄介す。

ってことで、潜ってないから昨日のかあ3枚。

nadeshiko-egg0170224.jpg

おなかの卵に眼ができております。

kinuhada-sp7_0170224.jpg

キヌハダウミウシの1種-7
というやつでまだ名前はありません。
今季2個体目。

tosaka-sp0170723.jpg

-26mの高さ数センチのトサカ。
可愛いんですが、書中見舞いにはいまひとつっぽい(T_T)/~~~

あしたは朝、雨予報だけど
ダイビング行くかな~~~。

毎日の出会い 

ベタ凪の続くケラマ列島海域。(諸島ってのは正式名称じゃないからね)

連日の猛暑で参っていたから今日の予報の「北風 くもり」に

救われたなぁ~などと思っていたけど、やっぱり沖縄気象台だ。

全然曇らない。詐欺だウソツキだ(笑)

風は午後から北に変わったけど、涼しくは無いね。あ。夕方涼しいかも(#^.^#)

台風だらけのこの時期、次のが来る来ないとうわさだけが先行しております。

まったく、どういうつもりでイってるんだか・・・

ヤマブキスズメダイyg、コビトスズメダイ、ニューギニアベラyg

可愛い系のベラやスズメダイがあちこちで見かけるようになりました。

お誘いあわせの上、是非おこしくださいませ。

yambuki-suzumedai_yg0170723.jpg
kobito-suzumedai0170723.jpg
newginia-bera_yg0170723.jpg
hama-kumanomi_yg0170723.jpg

なんだちっちぇ~のばかりだね。
などとお嘆きの貴兄。
ゲストさんたちは3本目かなりの近距離でマンタを見たらしいです。。。
ブラックチップもいたし、イトヒキアジの老成魚2匹もみたし
小さいものばかりじゃないのよ。

ベタ凪続きの海 

旧暦6/1n寄ってくるアイゴの稚魚たち。。。

沖縄ではスクと呼び、貴重なタンパク源として塩漬けにして保存し

豆腐の上にのせたて食べたり・・・スクガラスといって瓶詰めで販売されていますね。

今年は5月に寄らなくて、昨日5/28から沿岸に寄り出してきて今日5/29は大漁かな。

ほんとは明日なんだけどね。

水中では大きな群れで海藻を食べながら移動しつつ

金色に輝くその群れは素晴らしく美しいものです。。。見られたらいいけどねぇ~

今日のテーマは「夏はワイドだ!」って感じですが

相変わらず小さいものをガイドしております。

sangodiver0170722.jpg

永遠に続きそうなサンゴ大群生。
太陽の光で素晴らしい色に輝きます。

laser-beam0170722.jpg

夏と言えば「レーザービーム」です

isohaze-sp8_0170722.jpg

背ビレちゃんが阿嘉でちゃんと撮れるとは思わなかった。
はじめて!

あしたもベタベタベタジーニ(パクたった)

あちこちに熱低とか台風とか 

あっちにもこっちにもあるねぇ~~~(^。^)

これぞ、夏!って感じだね。

こういう時って台風の進路などの憶測情報が飛び交うんだよね。

しかも情報源がTVとか人の噂だから結構いい加減で面白い。

そのうちひとり歩きして「阿嘉直撃ってよ」とかになるのでした。

先のことだし、近頃は全然読めない・・・し、巨大化していくので怖いです。

はやく温暖化に歯止めをかけてくれないかぁ~。

ってことで今日も1日楽しみました。

kasumiajidiver0170721.jpg

カスミアジの切迫した感じが伝わってきましたなぁ~
結構捕食確率ひくいんだよね。

kurosuji-isohaze0170721.jpg

あちこちにいることはあまりない
クロスジイソハゼ。
付け根の黒斑が2個だとニセです。

seboshi-umitakehaze0170721.jpg

行く度に違うガラスハゼが入っているような気がする。
あ、これは透明で着床僅かだよね。


しかし、毎日暑い


ついに見つけた! 

数日間「可愛いスズメダイの幼魚」のガイドをしておりまして

自分でも楽しい時間を過ごさせていただいております。

特にアツクチの幼魚は手ごわさ強烈なので再三撮影していただいておりますが

いまだ会心の1枚には至っておりません(笑)

本日も3本目はアツクチ60分総時間70分超えのダイビングでした。

密かなリクエストで「ダンダラの幼魚」と言われ・・・・探してみたけど見つからず

今日は「ダンダラ探すため、ちょっと道を変えていってみます」と出発。

アツクチ多数生息地の手前に・・・いました!ダンダラスズメダイの幼魚。

水中で久しぶりのガッツポーズをしてしまいました。

さすが、おれ!

アツクチ撮れたかなぁ~~~。

irowake-garasu0170720.jpg

クロオビスズメダイのリクエスト。
合間がひまなのでイロワケガラスハゼでも。。。

sorihashi-komon_egg0170720.jpg

ベンテンの横っちょにウザイ感じでいる
ソリハシコモンエビ。。。卵あります。

dandara-suzumedai_yg0170720.jpg

でたぁ~~~やったぁ~~~~
さすがオレ!


ずっとベタ凪なんですが・・・ 

水温も28~30度で快適です。

透明度は15~40mとポイントによって大きな開きがあり

太陽光線の差込を間違えると10mほどに落ち込みます(ーー;)

が、われらはスズメダイ幼魚探検隊!透明度なんて関係ありません。

本日もAV.水深3mのスズメダイygのみの60分ダイビングで締めくくりました。

成果のほどはいかがでしでしょうかね?

今夜みせていただきます。

shidara-migikiki-yokobasami170719.jpg

シダラミギキキヨコバサミっていうヤドカリ。
触角が紅白で可愛い。

montsuki-kaeru0170719.jpg

ご存知モンツキカエルウオ。
このあたり5m四方じゃ1番のデカさなやつ。
いつも撮ってるので段々人間になれてきた(笑)

indo-kaeru_yg0170719.jpg

水深3mでアツクチスズメダイygとかガイドしたけど
実は水面で泳いでいるビキニが気になって仕方ないオヤジ。
それも「オレの夏」だなぁ~

あしたも行くけど、車が壊れたぁ~

スズメダイのガイドはたのし 

ほとんどダイバーが見てくれなかったスズメダイの仲間たち。

そんな子たちにスポットを当て、スズメダイ好きが高じて

「全日本スズメダイ振興会」なるものも立ち上げ

徐々にですがスズメダイ人気も上昇気流に乗りそうな昨今。

嬉しい限りでございます。

そんな中、スズメダイが撮りたい!と来ていただいた方がいて

しかも「可愛いいやつ」ということで幼魚をいくつもガイドさせていただき

至極幸せでゴザイマス。

今日の3本は、深場のアイドルの幼魚~ちょー浅瀬スズメダイ幼魚~ダルマハゼ赤ちゃん

でした。勿論、総時間は200分を超えています。

明日も・・・やるぜ!

hanagonbe_yg0170718.jpg

久々にみたぜ~~~

atsukuchi_yg0170718.jpg

ちょっと手ごわいですやん。
でも撮れると嬉しい格好良さ。

akane-daruma_yg0170718.jpg

いまが撮り時です。

連休最終日はくもり 

しかも、潜ってる間阿嘉島には雨が降ったようで

家の庭や舗装されていない道路に結構な水たまりがありました。

なんら影響はないのですが・・・湿度があがって余計に暑いのです。

海もなんだか落ち着かないんだよね。。。なんていうのかなぁ~~~

ワサワサ感があって、例年とは若干イメージが違う気がする。

ま、気のせいだとおもいます。

kusa-haze0170717.jpg

良い型のクサハゼがいたので
撮っていたら、穴から♂が顔を出しました。

kefusa-zebura-yado0170717.jpg

暗がりに住んでる
ケフサゼブラヤドカリ。

sedakaiwasaki0170717.jpg

水深1mに幼魚がビッシリ!
左がイワサキで右がセダカです。
凛々しいです。

スクーバという手段 

今更スクーバの語源をここでは書きませんが

「手段であって、目的ではない」と30年前から言い続け

異端児扱いが久しいですが、自分が始めた40年前は魚突きが目的。

その後、故益田一先生がフィッシュウォチングを推奨なさり

潜水界の中心的存在であった伊豆海洋公園などが実践していきました。

その波及力は相当で、いまあるダイビング業界もこのおかげだと思っています。

そのあとに提案された「ローインパクトダイビング」は普及せず

環境保護優先の考え方は大きく崩れていくのでした。。。。

ここ座間味村のDSも、中性浮力の取れないファンダイバーを

折角戻ったサンゴ群生の上を遊泳させてフィンで破壊をさせ

水面に上がった途端「きれいでしたねぇ~~~~~」と

ゲストの感想より先に押し付けてしまう妙なガイドのいる店。

わたしは恥ずかしいです。


きょうはあまり・・・1枚だけ・・・写真撮りませんでした。

monngara-kawahagi-egg0170716.jpg

モンガラカワハギの育卵。
モンガラめちゃ怒ってたけど、
お客さんは初めて見たと喜んでくれました。

sejiro-kuma-hakuhan0170715.jpg

顔の横に白点のあるセジロははじめてみました。
眼に涙のような点もあるね。。。

kinuhada_sp0170716.jpg

これも初めて見た。
キヌハダウミウシの1種のようです。

さ、連休も終わって
明日からはいつものように
少人数でのんびり、じっくり、ゆっくり、たっぷり
行きますよぉ~~~。

最近、海の日連休はいい! 

過去3年間は海の日連休はとっても良い天気です。。。たぶん。

なかでも今年は最高に恵まれた天候。

海は少々濁っていますが、この快晴には無問題です。

相変わらず、潮流が読めないので苦労しています。

どこか・・・事故を起こさないように願っていますが、

自分が起こさぬよう細心の注意を払い弱気なオヤジでやっています。

deba-showre01715.jpg
sangodiver0170715.jpg
hoso-garasuhaze0170715.jpg

デバだ!
サンゴだ!
ガラスハゼ(#^.^#)

またあした。

みんな明日から3連休 

夏の日ですね。

なんだかいい日に「夏の日」があるような気がします。

今年もとっても良い天気で

毎年いらしていただいている方々にとっては最高なバケーションになります。

水温も高く、海は静か・・・ちょっとニゴって、流れもあるけど・・・。

うちはオヤジばかりだと思ってたけど

案外女子率高いかもなぁ~とか思いはじめてるオヤジなのでした。

keyari_sp0170714.jpg

このケヤリはとても好きです。
2箇所しか知りませんけど(笑)

miyake-teguri_yg0170714.jpg

今年、出現が遅いのか
少ないのかはいまのところ不明ですが
あまりいません。

sankaku-sakata0170714.jpg

2.5mはあろうかと思われる
サカタザメの1種。初めて撮れた(#^.^#)

西日がキツい 

明日明後日あたりから小潮だというのに

いまだ大潮並みに流れる我が海域。。。

しかも現地まで行って見てみないと分からないというたちの悪さ。

避けていけるコース取りが出来るとこならよいのですが

だったぴろいだけの場所では避けることもできないので

ポイントを変更するのであります。。。ご理解ご協力をおねがいします。

しかし、毎日紫外線がキツい。。。特に西日がきついです(T_T)

明日から連休モードォ~~~~

deba-shawaer0170713.jpg

クスメちゃん、デバシャワー(^。^)
600本おめでとう。

darumahaze_sp0170713.jpg

ダルマハゼの1種。
去年まで2年間独身だったのに
初夏、いきなり彼女が同居していた。
どういうこと?

awa0170713.jpg

泡も撮ります。

まとも立っていられない 

ほんとの夏になりました。

ボート上であろうが、陸の木陰であろうが、どこでも暑いくて息苦しい。

ダイバーは海に潜っているのでなんとかなっていると思われます。

特にうちは60分は常に超えているので

逆に寒ささえ感じるのではないでしょうか?

冷え切った身体に、灼熱の太陽光線と高湿度の熱い空気(笑)

生まれたったアフリカを思い出しますね。

さて、連休前なので少人数でと~ってもノンビリと潜っていますよ。

simulans0170712.jpg

珍しくきれいに撮れたシムランス♀

panda-egg0170712.jpg

パンダダルマの夫婦と卵。
懸命に尾びれで新鮮な水を送っていました。
もう直ぐハッチアウトかな。

akame-haze0170712.jpg

アカメハゼはかわいいねぇ。

あすはワンツーマン。

しかし・・・潮がとまらない(T_T) 

大潮も終わり、今日から中潮。

少しは弱まったかな?

いいや、全然弱くなっていません。

いつまで続くのでしょうか?泣きが入ります。

んで、流れないポイントで勝負しております。

kubakita-doukutu0170711.jpg

こんな場所に行けば、少しは涼しいかと思って。

beniwamon-yadokari0170711.jpg

何故かベニワモンがやたといました。

diver0170711.jpg

岩ちゃん、カスミアジを追う(#^.^#)

まだあしたもあるよぉ~

東京の方が暑いじゃん 

快晴ベタ凪なのは大いに結構なんですが

流れが凄すぎて、もう思考がへとへとですがな。

3本目が時間的に1番危険なので

まったく流れないで、内湾気味の、それでもサンゴ群生が素晴らしいことへ。。。

あまり期待していなかったけど、これが面白かったねぇ~~~。

やっぱり季節のおかげだね。

ガイドも素晴らしいからだよ(笑)

chin-yoji0170710.jpg

こいつ、デコっぱちだったんだな。

minami-hakofugu_yg0170710.jpg

今年初!

miyakebera-yg0170710.jpg

小さい小さいミヤケベラの幼魚。
小さいうちはクリーナーです。

またあした。

ものすごい潮だぜ! 

この大潮は、とてつもなく強烈に流れる。

なので通常の潮止まりの常識が通用しないので

現地へ行ってみて、流れを確認してからじゃないと潜れないのだ。

「でも、来ちゃったから・・・もぐろうかな」とかいいながら

最善の策を講じて安全値の確保をするのであった。

しかし・・・ほんと凄い。。。怖い。

sea-fan0170709.jpg

こういうのって
夏っぽいですね。

daruma-haze0170709.jpg

いまがダルマハゼちびの撮り時です。

haemono0170709.jpg

ポリプのきれいなのは
なかなか難しい。

またあした。

ベタ凪になってきて・・・ヤバい! 

ちょっと良い感じになってきた。。。静かな海・・・

これってよさそうだけど、台風などができる前はこうなるので

あまりベタベタなのは逆によくないのです。。。すかも明日過去に台風男よ呼ばれたひとが

来るのだ!

なんにもない、ただ静かな海であってほしい。

そして、それは18日まで続いてくれたらもっと良い!

aosuji-suzumedai_yg0170708.jpg

そろそろアオスジの出現だなぁ~
とか思いながら潜行していったら
なんと!-14mでチビを発見。

さすが、おれ!

sumire-nagahansdai♀♂017008

スミレナガハナダイの♀から♂になる途中の前(笑)
このあと体側に丸い斑紋が出てきて、やがて四角になります。
尻ビレの美しさは、なんとも言えませんね。

kinchakugani0170708.jpg

ジッとしていて、とってもいい子な
次期総理のイスを狙うひとに似ているキンチャクガニ。
名前書くと共謀罪になっちゃう(ーー;)

第一次ウハウハ期間終了(^。^) 

7/4~7/7までMaxで10名のウハウハは終了しました。

何事も無く、無事終わって安堵な気持ちでいっぱい。

なんせ上は78歳なので・・・(笑)

初日こそ、台風3号の影響で船が欠航したものの

あとは天気にも恵まれて、楽しいダイビングができました。

感謝感謝。

このあと海の日連休まではヒマヒマのノビノビリラックスダイブ。

連休はちょいと忙しくて、そのあとお盆まで・・・ヒマヒマです。誰か遊びに来て!

indo-kaeru_yg0170707.jpg

来ましたよぉ~~「おれの夏」
ちょ~かわいい。

nadeshiko-kakureebi0170707.jpg

カクレクマノミとの絡みをお好みに出来ます。
あまり乗らないけど。

hoso-umihirumo0170707.jpg

5月に続き2度めの開花です。
なんとも可憐。



アクシデントがとまらない 

2日前から冷蔵庫が絶不調。

昨日はダイビングで続出。

今日は水道が出ない。。。あ~なんてこった。

そんな状態のなか、この夏1番のゲスト数をこなすおれ。

涙ぐましいとはこのこった(^。^)

kasumiaji0170706.jpg

全然逃げず、ぐるぐると同じ場所を回ってるカスミアジ。
たぶんクリーニングされたかったんだとおもう。

ishigaki-kaeru_yg0170705.jpg

何気にみたサンゴの上にイシガキカエルウオの子ども。

hanabira -egg0170706

ハナビラクマノミの卵ってこんな透明でしたか?
なんか、黒っぽいイメージが強くて。。。

さ、もうピークはおわったよ。

夏、真っ盛り。 

気温 32度
水温 28~29度
透明度 40~45m
海の色は ケラマブルー
ボートは満載(#^.^#)

夏だなぁ~~~。
1年中こんなだったらいいのに。

isobanadiver0170705.jpg

今年はキンメモドキがついてないので
イソバナにとってはよい年になりそうだね。

aosahagi-yg0170705.jpg

今が旬(最近NHKまでが発音が変だね)
タマシイことアオサハギ幼魚。。。コレくらいが最小かなぁ

montsuki-kaeru0170705.jpg

相変わらずの
ブスかわいいモンツキカエルウオ

あしたはこの夏1番の大賑わいです。

まさに、台風一過 

急に出来て急に行ったので

戻るのも急なのだ。

んで、昨日来るはずのゲストと予定通りのゲストがかち合って

弱小オケアノスはてんやわんや。

海ではアクシデントにつぐアクシデントで、潜り始めるのに相当時間を割いたし

でも水中は出来るだけノンビリとさせてあげたいから・・・終わるのめちゃ遅い(ーー;)

とっても疲れましたが、みんな嬉しそうに見えたので

オヤジも幸せです。

deba-shower@seiko0170704.jpg

セイコさんリクエストの
デバシャワーです。。。もうちょっとygが増えるといいけどなぁ。
最後も行くか?

nise-montsuki_yg0170704.jpg

ニセとかモドキとか反主流とか・・・
見分けるのは大変です。

benten-komo-egg0170704 (9)

全部の卵に眼があって
全員がこっち見てたら・・・・撮れない。

おおかたの予想を裏切って 

全便欠航になってしまいまして、

3名グループと2名のあわせて5名が取り残される結果。

ヘリは昨日から満杯で渡嘉敷島フェリーも欠航し、万事休す。

ダイビングに出かけている間

民宿さくばるは那覇の漁船をチャーターしてくれて

韓国慰霊祭の方々とともに、漁船に乗り込んで無事宜野湾に到着したようです。

大揺れのビショビショ!といってましたが、帰れるのであれば良いですやん。

しかし・・・漁船や座間味島でも大型ボートをチャーターして帰してましたが

それくらいの船で往来できるのに、なぜフェリーは欠航するのか?

クイーンざまみより小さな船が行って戻ってくるのにどうなってんだ?

このような疑問はみんなわかないのだろうか? 

そしてそんな疑問は座間味村の村長宛にメールを送りましょう。

チャーター船が事故ったらどうするつもりなんだろうか?

定期航路船が欠航ばかりなので仕方なくチャーターしているので、責任の一端はありそうですが。

また明日からは通常通り?と願います。

greenkayo0170703.jpg

きれいなアオウミガメだったなぁ~

kakureegg0170703.jpg


顔がちょっと、ちがうっぽい感じ。
卵もオレンジ色じゃないんだよね。

3号とか出来ちゃうし・・・ 

ちょっと雲がまとまってると思ったら直ぐに熱低。

で、早速台風3号になりまして・・・明日は波高2.5~4mとかで

15時あたりが最接近なので

フェリーは折り返しの3便が欠航というとこでしょうか?

おおかたはそう思っていますが、一筋縄では行かないのが座間味村船舶課。

どうなることやら・・・・。

なんかこんな時期に台風が八重山に接近北上するとは、先が思いやられます。

sangodiver0170702.jpg

ここはやっぱり夏がいいね(#^.^#)

konayuki-tsubamegai0170702.jpg

5匹6匹あつまって何してんでしょうね?
集団交尾?んまぁ、いやらしい。

okoze-yg-fumei0170702.jpg

こいつが・・・なんだか不明。
決してツマジロオコゼには見えず・・・ヒョットコ?
小さいし、ほんとに分からない。。。でも可愛かった(#^.^#)

あしたダイビングできるのか?