晴耕雨読な島生活 

カラカラな梅雨の今年

作業は晴れてないと出来ないから捗ってる風だけど

実際はいっぺんに済ませない「本来なまけもの」で過ごしております。

今日明日は良く晴れるようで、船の整備をちびちびとやっています。

今日は去年作っていただき不評が相次いだラダーの取っ手を

握りやすくロープで太くしてみました。恐らく、かなり握りやすいはずです。

さ、明日は船底のペンキを塗りまっせ。。。1番しんどいだよね(T_T)

kazari-isoginchakuebi0170523.jpg

カザリイソギンチャクエビっていうのですが
出たり入ったり、あっちにいるかと思えばまたまたこちら。。。うわきなひとね~(ピンクレディ)
相当動くので、ガイドしずらいエビです。
ライトを充てるともうそれは動き回りますので
ライト充てないでの撮影です。。。自分で見つけて自分で撮ってね。
わたしは何のためにいるのか?と自信喪失的なエビです。

渡嘉敷へ1泊飲み会 

タイからBIG BLUEの社長さんが来られていたので

夕方、渡嘉敷へ村内航路みつしまで渡り

散々飲んで後輩の店に持参の寝袋で寝て、今朝9:00発のみつしまで戻りました。

三重鈴鹿の日本酒「作」(ざく)をいただきました。

なんでも伊勢志摩サミットで出た酒だそうです。

やや辛口ですっきり呑みやすく、香りもいい。どっかのバカ高い酒とどっちがいいかな~

今日は朝から降り始めて、日中はずっと雨でございました。

いま17:20、やっと止みましたが、どうせ降るならもっと降ればいいのにね。

これっぽっちじゃ水不足の解消にならないもの。

あすはまた晴れの予報です。

futairo-hanagoi_yg0170504_20170528172535554.jpg

フタイロハナゴイの幼魚。
この子くらいゆっくりと泳いでくれれば
10枚に3枚くらいはピンが来るのになぁ~。
TG-4はほんと動くものにピンが来ません(ーー;)

のんびりと整備してます 

超絶に空梅雨っぽい座間味村。

このさきの水不足をどのように対処していくのだろうか?

座間味島はすでに海水淡水化装置が稼動しているらしいが

処理能力が大きくないので阿嘉ゲルマの分までは出来ないんだよね。

自然に逆らってばかりいるのに、自然頼りってどうなんだろう?

まるで出来の悪い子どもだ。

今夜はタイのBIG BLUEのシャチョウ大村建さんが

渡嘉敷に来ているので、泊まりで飲みに行ってきます(#^.^#)

tsunozaya-umiushi0170524.jpg

先日ニシハマで見つけた
小さな小さな、ツノザヤウミウシ。
かわいいべぇ~

ほんとに・・・カラ梅雨か? 

まったく降ってない。

天気図みて、前線通過の予報で

明らかに「激しく降る」と思われる感じでも・・・降らない。

とっても不思議。

無駄な国税ばかり使っている罰が沖縄に降っているのか?

昨日は阿嘉の住民総会があって、終わっての夕方からの

村長以下役場課長を交えた懇親会にむりくり参加させられて

楽しかったのだが(笑)夕方5時半から夜の10時半まで家に帰れず

さまざまなことが出来ず仕舞いで・・・・・・・・・・楽しかったからヨシ。大いに笑いました。

開けて本日、雑用をこなし、昼寝して(笑)船のハシゴの改良に着手しました。

少しは使いやすくなると思います。

6/5までは潜らない、かもしれないので、UPする写真は1枚づつです(^o^)/

nishihama0170524.jpg

このときは船のすぐ下がこのような場所でした。
想像してみてください。

ドンとENして、ひるがえった眼下にこの景色。
ダイビングのコースはここから始まります。
どんなに素晴らしいでしょう。

いつでも、お持ちしています。

カラ梅雨もよう 

本来梅雨でありますが

沖縄の梅雨は本土(内地)のそれとは少々違っていて

ダラダラじとじと降っているのはあまりなく、梅雨入りでドカっと降り

中だるみがあって、時々ジトっと降ったりするが半分くらいは晴れている。

そして終わりごろにまたドカっと激しく降り、カラっと明ける。

というのが沖縄の梅雨の傾向である。

梅雨=雨でいや。という図式がこびりついて離れず旅行を避けるひとが絶えないが

実はそんなに不快でもないし、夜降って日中真夏並みだったりするし

海の中は繁殖期であるがために、さまざまな生態や婚姻色が見られたりするのである。

先の理由から割りと空いているので、とっても良いのであるが

「休みが取りづらい」のがネックですかね。

tsuno-moebihirumo-F0170524.jpg

きのうのヒルモ(たぶんホソウミヒルモ)の開花もあって
調子コイテまたいきました(笑)
同じように撮ってもつまらんので
「ツノモエビ+ヒルモの蕾を花抜き」で撮ってみました。
花がもっと近かったらよかったなぁ~。反省。

kurosuji-ryugu0170524.jpg

そんなシュチエーションを探してたら
クロスジリュウグウがこんな状態でした。

yaito-ginpo0170524.jpg

うちの常連さんには有名な
笑うギンポです。

aosahagi_yg0170524.jpg

リクエストのあったアオサハギyg。
長々と捜索し、ついに最終日見つけました!
思わず「さすがオレ!」と書いてしまいました(#^.^#)

あすはサンゴ調査ですが
悪天気の強風カジマ~イで中止かな~。

よく晴れました 

東風の強い日が続いてましたが

ようやく移動性高気圧がやって来て北向きとなり

晴れて、ちょっとだけ爽やかになりました。

しかし、雨が降らないので引き続き水不足が続いています。

さて、本日は・・・・

shiro-umikochou0170523.jpg

シロウミコチョウ。
米粒の1/3くらいでしょうか。
ちゃんとした生き物です。

kingyo_yg0170523.jpg

泳いでいるのはちっとも撮れないTG-4。
なので逃げ隠れした子どもを撮ってみました。
卑怯でしょう~

hoshi-kaiwarimeaji0170523.jpg

小さいものばかり探してる思っているでしょ?
ところがどっこい。
こんなシーンもちゃんと見逃さずに見ております。

hirumo-hana0170523.jpg

きょう、ヒルモ開花宣言しました(笑)
非常に可憐です。


風変わって、晴れて爽やか 

東の強風が2日続いてウネリが南東から入ってきたので

そこそこ苦労もした感じな一昨日と昨日ですが、今日は東のち北東になり

晴れて、乾燥した空気がやって来て爽やかになりました。

東京あたりは30度超えの夏日だったようですが

阿嘉は27度くらいで北風だし、暑くも無く寒くもなくそして爽やか!

1年中こんなかんじでいいのになぁ~。真夏はいらないから、こんな感じにしてください。

さてさて・・・今日はちょっと驚きの画像(かは、個人差がありますが)が!

tsuno-moebi-sp_egg0170522.jpg

内湾の草場にいるツノモエビの仲間ですが
撮ってPCでみたら・・・お腹に卵がいっぱい。
んで、眼が出来てるとは・・・。驚きでした。
肉眼では全く見えていません(笑)

kuroobi-suzumedai0170522.jpg

なんか、ひさしぶりに見る。
相変わらす気品があるね(#^.^#)

hanagoi_yg0170522.jpg

ちょこちょことあちこちにいる
ハナゴイの子ども。。。
もっときれいに撮りたいなぁ~

東風がキツいけど・・・ 

ポイントに困ることはないね。

伊達に30年も住んで潜り続けてないっす(^。^)

ベテランなので誤魔化し方も上手ではありますが・・・

さて、本日は

kinuhada-sp0170521.jpg

キヌハダウミウシってバリエーションが
あくさんあるので、どれがどれだか良く分かりません。

tatesujihata-ygAd0170521.jpg

徐々に成長していくタテスジハタ。
ずっと見守ってます。

yadokari0170521.jpg

これって何ヤドカリだっけ?
ほんと、駄目なわたし(T_T)


小物にハシるオヤジである 

「ハシる」をちょっと間違うと「はしょる」になってしまい

口の悪い常連さんは「お、やっぱり手ぇぬいてんなぁ~」

とか言いそうなので慎重に打っております。

この3日間ゲストのリクエストで「ウミウシとエビカニ」をキツく言われており

結構一所懸命に小さいのを探していますが、あまり小さいと

「小さくて見えないわ」とお叱りを受けますので気疲れいたします(笑)

さて、本日は・・・・

aosahagi-yg0170520.jpg
でましたよん(#^.^#)

isobana-kakureebi0170520.jpg
立派なイソバナカクレエビでした

odori-kakureebi0170520.jpg
小さいのがポツンといて
可愛かったぁ

umiushikakureebi0170520.jpg
いつものヤツについてますので
お取り扱いは慎重に。

phyllodesmium_sp0170520 (1)
おぉぉ~~~~っと水中でうなったです。
名前いまはハッキリ分かりません。
フィロデスミウムの仲間です。。。。
ちょ~~~~美しいですね。

明日は・・・もうちょっと時化るのかな(ーー;)

狙って探せるのは、やっぱ凄い。 

それは自分のことです(笑)

むかし(今もそうなのかは不明)ジャパピグと呼ばれていた

ピグミーシーホースの仲間っがいましたが・・・いまはなんと呼ばれているのでしょう?

ウミウシ探しのついでに前はよくいたので可能性はある!とブリーフィングしての

ジャパピグ出現!しかも2匹。。。おそらく雌雄だと思われます。

とっても久しぶりなので、興奮しちゃっていっぱい撮ったけど、ピンが来てない物が多い。

なんだよぉ~TG-4!使えネェ~なぁ~TG-5はピンが来るのかよぉ~。

兎にも角にも、晴れて気持ちの良い1日、3本200分 楽しんでいただきました(#^.^#)

yadokari-sp0170519.jpg

斑点だらけ・・・人間だったら
「変なものに感染してる」みたいな・・・

sesuji-mino0170519.jpg

やっと見つけた
きれいなミノ系ウミウシ。

japa-pyg0170519.jpg

でたぁ~~ピグミー
pontoh'sに似てるけど、、、どうなんでしょねぇ~

やっぱりキツい 

3本やって片付けて

写真整理したら18:20

ブログ書くのはやっぱりキツいなぁ~。

今日はよく晴れました。

あるところは水温25度あって、すっげぇ~あたたかった。

そういえば「あったかいんだから~」はどこへ行った?

usagi-moumiushi0170518.jpg

ニシハマの葉っぱの育成が悪いですなぁ~
やはりちゃんと手入れしないとね(^。^)

nagare-moebi0170518.jpg

これナガレモエビ。
おなかに卵あります。

midori-toumeiboya0170518.jpg

撮ってみたら
子どもがいっしょだった(^。^)

hidoro0170518.jpg

こんなのが撮れるようになりました。

あしたもがんばります。

梅雨らしいといえばそうなのだが・・・ 

昨日の夜から、ず~~~っと雨が降っていて

激しい降りではないので、梅雨らしいといえば梅雨らしい。

私達の理想は・・・寝ている間にタップリ降って、朝おきたら快晴!って感じですかね。

ケラマは川らしいものがないので、いくら降ってもポイントにあまり影響がないので

遠慮なく豪雨になってくれてもいいのだ。。。夜ね。

そうそう上手くはいかないのが世の常で、

3本目のダイビングの終わりに軽く陽が出たのでした。

hama-kumanomi_yg0170517.jpg

いつもの赤いイソギンチャク
小さいのがはいってました(^。^)

garasu-haze0170517.jpg

2匹そろって
全然動かない
とっても協力的なガラスハゼです。

fuchidorikingyo_yg0170517.jpg

いいのが撮れた?
これが限界ですかね。
いつまでいてくれるものやら・・・。

あしたは晴れです。

那覇へいってまして・・・ 

愚息の誕生日やら母の日やらで那覇で点数稼ぎしてきました。

明日いらっしゃる方が1000とか1200とからしいので

シュワっとするの1本買ってきました。

ここんとこの天気は晴れと激しい雨とが日替わりで来るので大変なのですが、

きのうなんて日中は快晴で15:00から怪しくなってきて

15:30には大粒の雨が激しく降りだし、おれは大騒ぎでした。

きょうも結構な雨量でしたよ。。。そして明日は晴れだす。

IMG_0120.jpg

晴れるとこんな感じの玄関前。

nadeshiko-osetsu0170510.jpg

最近、ナデシコカクレエビの尾の先端。。。
尾節っていうのかしら?
ここに興味があるんですよ。
全開がなかなか撮れなくて、くやしいですが
そのうち見事な全開写真を撮ります。

恒例の体験ダイビング 

本日は毎年行っている中学生の体験ダイビング。

心配していた天候も良く晴れて夏のような日差し。海況も抜群でした。

3年生に行うサンゴの植え付けも無事終了し万々歳。

しかし・・・阿嘉校は授業ではなく「自由参加」となってしまい残念でした。

理由は「海上濃霧警報」が東シナ海南部に出ていたから。。。です。

海上濃霧?5km先まで見渡せる快晴です。この濃霧は中国海上の一部と台湾に出ているもので

沖縄地方にはまったく関係のないものです。

にも、関わらず「中止」とする阿嘉校校長には開いた口が塞がりません。

この校長は海での行事が兎に角イヤで、海の行事は全部中止にしたいのです。

PTA総会で「体験とサンゴ産卵観察会を削除」と平気で発言しました。

まったく島のこどたちのことなどひとつも思ってくれておらず、自身の保身だけでのようです。

海に囲まれた小さな島で育った子たちに海の環境教育をしないでどうすんだ!バカ!

過去にもサンゴが産む日に雷注意報が出て、中止。もちろん快晴です。

今年の潮干狩り遠足も快晴のベタ凪の「波浪注意報」で中止。

まったく・・・校長ってどうやったら替えられるんだろう?

tomon-umiko0170511.jpg

トウモンウミコチョウは
まだまだ小さいのが多いね。

kumanomi_yg0170510.jpg

いっぱいのおっぱいに囲まれているようでしょ?
あ~なんて幸せ者なんだろう。

モッテルネェ~ 

ツイテナイひとはとことんツイテナイことが良くあるらしい。

ついてる人ってつきまくるときが時々あるという・・・なに、この格差。

んで、やっぱりツイてるひとなので

目的の魚も2日連続で撮影し、コブシメも撮影出来ました。

ガイドもいろいろと考えてはいるのですが、やっぱり自然のことなので

出来ないことは出来ません。でも、出来る限りのことはさせてもらっています。

↑これよく言いますのよ。謙虚でしょ(笑)

1泊2日の4DIVEで天気にも恵まれて在沖のかたはお帰りになりました。

よく沖縄に越してくる方いらっしゃいますが、越してきた途端いらっしゃらなくなります。

第一はお金。東京からでは那覇~阿嘉の船賃はツアー全体の代金の一部ですが

沖縄本島に住むと、交通費の大半が船代になります。QZは5800円だっけ?高いよね。

日本全国、船の運航距離で運賃決まってるらしいのです。国鉄みたい(笑)

でも今回みたいに、フチドリハナダイ幼魚がひざついて、

-15mで撮影出来るなんて、そうありませんので「地の利を生かす」が活きた例でございますね。

hireguro-bera_yg0170510.jpg

ヒレグロベラの幼魚。
黄色と白でとっても目立つ可愛いやつです。
が、大人は・・・ザ・ベラです。

kobusime♂diver0170510

最後の最後で現れてくれたコブシメ。
肩の荷がおりました(^。^)

hidoro-sp0170510.jpg

こんな感じののもあります。
なにかのヒントになれば幸いです。

zougeiro-kousetsu0170510.jpg

Hしてるときのウミウシも
体色が妖艶な感じになる。。。ように思えます。
近頃の言葉だと 「エロい」

出た!すぐ来た!いた! 

ナンだか分からんタイトルですが、先日お知らせしたフチドリハナダイの幼魚。

「見たい。撮りたい」で在沖の方がすぐにいらっしゃいまして・・・

まだちゃんといるかな?と不安だったのですが・・・いました。

あんな、スラム街のような場所でよくも数日生きていけたものだ(笑)

それでも、あと数日だろうねぇ~~~。

おひとりでフェリーで来られて2本。明日も2本でフェリーでお帰り。

明確な目的とたしかなガイド、旨い飯。阿嘉島ならではとおもいます。

takaragai-sp0170509.jpg

相変わらず
素敵なドットですこと(^。^)

sora-suzumedai-bl0170509.jpg

ず~っと真っ黒なソラスズメダイ。

nise-goishiutsubo0170509.jpg

なんだか
最近、アイドル的存在になりつつある
ニセゴイシウツボ。
性格は大人しくて優しいのでいじめないでくださいね。

さ、明日は本番です。

きょうは1日おやすみでした 

8日間連続のお仕事も終わり、ノンビリと休日を楽しむ・・・

んな訳もなく 

ゴミ出し~洗濯~布団干し~郵便局に漁協。

もうあっと言う間に昼もすぎちゃうのでした。

その後ちょっとPCに向かってたら、あらやだもう夕方(ーー;)

明日は1泊で在沖のお客さんがいらっしゃって

例のフタイロハナゴイ幼魚をリクエストです。。。いて欲しい。

あ、コブシメも交接みせたいけど。。。「運」ですね。

sango0170504.jpg

なんか尖がっているところです。
面白く撮れないかなぁ~
アイデア募集(笑)

写真で綴るGW 最終回 

朝は暗く雲って、いまにも激しい雨に見舞われそうな空。

気温も低い感じがしてたのでテンションは下がり気味。

それでも透明度は25~6mはあるし、明るいので気持ちが良い。

さて、GWも最終日となりました。

今年はあまり多くのゲストがいなく、天気もそこそこ良かったので

いつものみんなはノンビリと出来たのではないかと思います。

hama-kumanomi0170507.jpg

まだ白化から復活してない
イソギンチャクがありました。

konnyaku-umiko0170507.jpg

何年ぶりだろ?
コンニャクウミコチョウ。

hidoro-sp0170507.jpg

なんだろ?
ヒロド虫の仲間でしょうかね。

kobushime♂♀ikaku0170507

きょうのコブシメは素晴らしかった(#^.^#)

明日は8日ぶりのお休みです。

写真で綴るGW その六 

今日は朝おきたら北の空が真っ黒!

しばらくしたら、ヒヤっとする風が吹いてきて

本格的に降りだした。天気予報はちょっと当たったね。

あ~こんな雨で暗くて、かわいそうにぃ~~とか思いながら出航の準備をしていたら

西の空が青くなってきて、そのうち雨も止み上空の雲も薄いものになってきた。

午後の3本目にはすっかり晴れていたのでした。。。

anamori-chukoshioriebi0170506.jpg

久しぶりにこんなに出てました。
昔はロボコンエビとか呼んでモテはやされてましたね。
アナモリチュウコシオリエビって和名がついた途端
興味が薄くなっていきました。悪い癖です。

itohiki-fuedai0170506.jpg

イトヒキフエダイに寄れるって
結構ラッキーだと思います。

fuchidori-hanadai_yg0170506.jpg

もうオヤジびっくり!!
フチドリハナダイ幼魚が-12mに
出現するなんて。。。生まれて初めてです。

suzaku-sarasaebi0170506.jpg

どこでもみかけるエビですけど・・・

shiraito-gokai0170506.jpg

どこでもみかける
シライトゴカイですが・・・視点を変えると面白いと思います。

さて、あすは1本だけ行ってきます。


写真で綴るGW その五 

ここ3日ほど、朝おきて窓の外を見ると

隣のゲルマ島に熱い靄がかかっている。その向こうの渡嘉敷もだけど・・・

朝日を浴びた靄の塊はまるで雲のようなので

ドローンで撮影したら雲海のような景色になるのでは?とか思ってます。

ruju-mino0170505.jpg

ルージュミノウミウシ。
ユーミンの「ルージュの伝言」を初めて聞いたとき
ルージュってなんだかわからなかったです。

hanaokoze0170505.jpg

この手はほんとに苦手ですが
ハナオコゼでいいと思います(ーー;)

kusairo-moumiushi0170505.jpg

とっても小さなクサイロモウミウシ。
やっぱり全体的に白っぽいなぁ~

hosogarasuhaze0170505.jpg

赤いイソバナに赤いホソガラスハゼ。
青い葉に青い虫が止まると・・・みたい(笑)

ayukawa-umiko0170505.jpg

手前のアユカワはちょ~BIGなヤツでした。

あしたも行くよん(#^.^#)

写真で綴るGW その四 

今日は・・・・暑かったぁ~~。

風もなく、快晴ベタ凪。しかも透明度はどのポイントも30m以上。

文句なしのダイビング日和でした。

こんな最良の日、うちオケノスではお帰りの人もいれば

1本しか潜らない人もいたり、4本潜ったひともいて。。。ひとそれぞれです(笑)

kinmemodoki-sukashi_yg0170504.jpg

キンメモドキの幼魚も
ひと月遅れでだいぶ増えてきました。

hamakumanomi0170504.jpg

例の、きれいなやつです(#^.^#)

nishihamadiver0170504.jpg

随分とせいちょうしたオケサンゴ。

futairo-hanagoi_yg0170504.jpg

フタイロハナゴイの幼魚が
とっても綺麗です。

oce-go0170504.jpg

天気がいいとオケ号もきれい(笑)

taimaidiver0170504.jpg

ウミガメに見放された女子ダイバーを救いました(#^.^#)



写真で綴るGW その参 

天気予報は当たってるのか外れているのか

とってもわかり難い日でした。

朝は蒸し暑く、昼過ぎはちょっと涼しくて、夕方は晴れて暖か。

一体、いつ雨が降るのだろう?水不足も切羽詰ってきてないか?

nagare-moebi0170503.jpg

ナガレモエビ・・・小さいながら一所懸命生きてます。

hashibuto-umitakehaze0170503.jpg

随分と増えましたよ。
決まったサンゴにしか棲みません。
もうすぐ産卵期だね。

kuchinaga-ishiyouji0170503.jpg

あちこちにいますが
改めてよく見たり撮影するのも
いいもんですよ。

enma-kakureebi0170503.jpg

これもウザイほど見られますが
実際撮影するときれいだったりするものです。

anbon-umishida-kakureebi0170503.jpg

アンボンウミシダカクレエビであってるとおもいます。
引っ張り出したわけではなく、そこに出てました。。。マジ。

chin-youji0170503.jpg

最近減ってきちゃって寂しい。
顔無しみたいなチンヨウジ。

さて、明日は晴れ・・・かな。

写真で綴るGW その弐 

予報は晴れだったはずが・・・

曇りのち晴れとなり、実際にはず~っと曇り。。。

そして寒い(ーー;)

でも水中はいとたのし。

madara-iroumiushi0170502.jpg

マダライロウミウシ。。。
大型でよく2匹でくっついてるのを見ますね。
見栄えがいいし、質感も出易いので好きです。

kamen-kakureebi0170502.jpg

片方の腕がないですが
なかなかの不思議感です。
カメンカクレエビ。。。この和名もセンス悪いよね(笑)
この角度が1番いいかな~

nadeshiko-kakureebi_egg0170502.jpg

素晴らしいナデシコカクレエビでした(#^.^#)

kasumi-aji0170502.jpg

ニシハマでの1シーン。

otohime-umiushi0170502.jpg

バサバサとしながら歩いてます。
オトヒメウミウシ。。。

夜から雨・・・らしい。あすも寒いのかしら(T_T)/~~~

usagigai-sp0170502.jpg

写真で綴るGW その壱 

沖縄気象庁の天気予報が毎日外れて

毎日快晴でベタ凪(^o^)/

hebiginpo_sp0170501.jpg

ヘビギンポの仲間だけど
よくわからない。
でも可愛い。

debadiver0170501.jpg

まだまだ太陽光線は弱いですが
デバはいっぱいいるし、楽しいです。
撮り方次第って感じでしょうか。

kobushimediver0170501.jpg

卵を産みつけたサンゴにダイバーが寄ると
体色をブリブリ変えて怒ります。
FBに動画をUPする予定でございます。

uzura-kakuremoebi0170501.jpg

ウズラカクレモエビですが・・・
ピントが合いませんでした(T_T)/~~~

また明日も快晴でベタ凪の予定でございます。