69の日にむけて 

サンゴの産卵観察会も無事に終わって

日本ダービーもマカヒキが鼻差で勝った5月。

そして父の命日の5/31で5月も終わりです。

明日からはjuneだね。そして6月9日は69でロックの日。

隣の島のパンクなシェフが毎年楽しみにしている日で

手ぐすねひいてまっております。

数回の打ち合わせと練習をして、ほとんどぶっつけ本番で演奏します。

特に観客もいないし、演ってる自分たちが酔っ払って楽しんでるのですな。

とっても良い感じではあるけど今年は何名かを巻き込んで

フォルテシモとファンキーモンキーベイビーを唄ってもらおうと企んでる。

どうなることやら・・・(笑)あ、でも今年はホントのマイクがあるらしい!

モニターはないけど(大笑)

なんかいつも最後はジョニーBグッドなんですが・・・おれ苦手なんだよね(ーー;)




Ringo、いつも楽しそうでいいね。
唄い損ねちゃっても明るくてハッピー。
バングラディシュコンサートから。

動く、生きてるクラプトンを初めて見たのが
この映画だった。。

やっとのことで観察会が 

長かったなぁ~6/22から8日間。

毎年なんだけど、今年は周囲の海域がドンドン産んでいって

今日か今日かと毎日思いながらのことだったので

ちょっとツラかったな。。。

待機週の最終日になったとはいえ、関係者が全員揃ったのは凄いね。

みんなが幸せになれる日だったし。目出度し目出度し。

sango-kansatsu2016.jpg

日没直後に産む種類を
子ども達は水面からこんな風に
見ているのでした。

sango-egg0160529 (7)

その日の夜のおとなの産卵観察会で
テーブル状ミドリイシがちょっとだけ産んでました(#^.^#)

また6月にも産むと思われますので
機会がありましたら、どうぞお越しください。

ついに今宵、産卵 

毎日のように、産む産むと書いていて産まない日々。

22日から毎日のように18:00に海へ入り、サンゴを見て

今夜産むか産まないかを判断。。。陸上で控えてる子どもたちにサインで知らせる。

ってことを8日間もやっておりました。

通常のパターンだと、阿嘉漁港内のサンゴが産卵した翌日マジャが産みます。

だったらそれまで行かなくてもいいような気もしますが、自然はそうもイキませんわね。

実は昨日、たったひとつだけ産むサンゴを見つけたんだけど

沖で岸から遠いのと、深いので水面でみている子たちには拡散してしまい

産んでるという実感に乏しくなるのではないかとの見解でナミダをのんで×をだしました。

3つくらい群体があるとまとまるので見応えがあるんだけどねぇ~。

そして昨夜22:30過ぎ、眠い目をこすりながら港を見に行くと・・・ピンク色のスリックが!

その光景は朝、FBにUPしたので見た方もおおいのではないかと思います。

さて、そして・・・今夜こそはほぼ確実に産むのではないかと期待が大です。

サンゴ産卵観察会2013 (2)

18:30  こんな風に×だします(笑)
これが今日は○です。

sango_egg20130531 (22)

そして、日没直後に子ども達のサンゴが産んだあと
夜遅く、いよいよ大人の産卵となるのだ。

意外とね、ゆっくりな上昇なんですよね。
ゆ~~っくりと上がっていくの。
真っ暗な海の中、ぽつんとライトで照らされて
産卵中のサンゴを見てたら、
頭の中でジミヘンが流れ出したことがあったっけ。


彼女は雲の中を歩いている。
夢見る様な気持で。
蝶やシマウマ、月光やおとぎ話、
そんな事ばかりを彼女は考えてる。
風と共に、僕の所に飛んで来てくれる。
たくさんの微笑みを連れて。

Little Wing by Jimi Hendrix


今日こそ! 

念仏のように毎日言ってますが、切実な思いです。

だって、あちこち産んでるのに

マジャの浜だけ産んでくれないなんて。。。。

もう待ってる子どもたちもかわいそうだけど

それを支えてるおかあさんや学校教職員も大変で

わたしたち産卵調査員及び観察会サポートも大変です。

大変じゃないのは、ゲストがいるとヘロって来て覗いて

マルバツのサイン確認をしにくるひとたちで

なんの協力もしないくせに情報はもらおうとするから、ムっとします。

さて、ほんとに今夜こそキメたいと思います。

chigire-fushieragai0160523-2.jpg

危険を感じると
自らをバラバラに剥がして逃れる。
その名も、チギレフシエラガイ。
名は体をあらわしております。


もう待ちくたびれそうだね 

連日の夏日でベタ凪。

きのうは「産む」と思っていたので落胆がひどくて

ちょっといつもより多めに泡盛をいただきながら

「した!」をみて大笑いして発散してのでした。

ぱみゅぱみゅが穴に落ちて大笑い。ああいうのにも出るんだね。

さてさて、毎日毎日サンゴの様子を18:00に見に行って

毎日毎日×バツを出し続けるのも苦痛になってきました。

きょうこそ○丸を出したいですなぁ~~~~。

remon_yg0160523.jpg

レモンスズメダイの幼魚。
頭のメタリックなブルーのラインがとっても素敵。
他所で潜ってこんなの初めて見たら、100枚は撮るなぁ。

チビがいっぱいな季節になりました。



今夜じゃないかしら? 

日中あまりにも暑いので前浜を探検してきまた。

26~7年前はサンゴもそこそこあって

信じられないかもしれませんが、白砂のビーチでした。

いまがガレガレで木々がや草が生い茂っていますけどね(笑)

そうだ!そういえば、今度「まりりんに逢いたい」がWOWOWで放映されるとか・・・

娘息子は昔の阿嘉島しらいないし録画してみせてあげたいね。

ん?あ、そうそう前浜。

スズメダイ好きにはたまらない巨大シマスズメや

稀種のキオビスズメダイ全ステージがみられるのも前浜です。

カクレクマノミも3つ隣接していて、とても楽しいところです。

みなさまもお時間があるかたは是非覗いてみてください。

あ、お車で送迎されている方はちょっと無理かもです(笑)

kakure_maehama0160526.jpg

トウアカがいたらいいのに!
って28年間思ってるけど・・・
イボハタゴが入ってっこない(T_T)

いよいよって感じ? 

産卵間近な雰囲気がいっぱいだけど

今日の雨でどうでしょうかね?

オケアノスは船揚げちゃいました(笑)

隣の島の友人が夜中の部をみたいといっていたんだけどね。

友人の船に乗せてもらうことになったら揚げてしまいました。

船底の掃除をしながらペンキも塗らないと、夏を迎えられません。

umiushi-kakureebi0160506.jpg

ウミウシカクレエビという名前だけど
所在は圧倒的にナマコだよね。
たまたまウミウシに居た・・・たぶんミカドに・・・
そのころ、このエビがナマコにいることを知らなかったのだろうか?
世界中で圧倒的多数でナマコについているんですよね。

しかし、これほどたくさんいるナマコをどのように選んでいるのだろう?
近隣に居るナマコ、例えば10個体のうちエビが見つかるのは
1~2個体くらいの確率ですわねぇ。 なにか違いが見えるんだろうか。

さ、今夜のサンゴはどうかな~?

遊びの成果 

きょうの遊びは「撮れるサンゴをさがす」がテーマでした。

大潮が終わりの引き潮になる寸前で潮流の様子を伺いつつ・・・

sango0160524-3.jpg

結構いい群生がありました。

sango0160524-2.jpg

ど干潮の時行ってみたいねぇ

sango0160524.jpg

シリテンスズメダイ(通称)の婚姻色!

BIG-B0160524.jpg

奥の方の内湾気味のところへいったら
信じられないくらいBIGなアオウミガメに出会った(^o^)/

hikari0160524.jpg

帰りにこんなとこにも寄ってみたけど
よくわからないや(笑)

サンゴの群生のいいのは3箇所みつけたので
まぁ~まぁ~ってとこでしょうかね。
まだまだガイドは出来ないです。

ちょっと調査へ行き・・・ 

陸のお仕事もひと段落着いたので

前々から気になっていた箇所の調査に行ってきました。

どことはいえませんが、25年前は素晴らしいサンゴと魚群でした。

結論から言うと、まだ早かった。。。サンゴは10~20cmのものばかりで疎ら。

リーフの下はまだガレバ。。。。夏に向けて変わっていけばいいですが期待薄です。

一眼レフもってマクロなガイドならどうにかなるかもしれませんが

オケアノスのポイントではありませんでした。

ちょっと外れちゃって悔しいので船底掃除してきた。。。

またあした、違う場所へいってみましょうねぇ~。

sarasa_yg0160523-4.jpg

それでもただでは帰って来ないのはエライ。
サラサウミウシのygをゲット!
きゃわいいねぇ~~~。

あ、ウミウシはいっぱいいますた。

梅雨らしい日々 

一昨日24時間、昨日は16:00過ぎまで晴れていたので

ショップの外柵やバーコラ(パティオ)、テーブルとベンチの

防腐剤を塗れて本当に良かった。

昨日の夕方からの雨がお昼ごろまで降っていて

気温が30度近かったので、めっちゃジメジメしてて思わずエアコンドライを・・・。

FBでもUPしましたが、新しいヌカ床の作成をしました。

結構長い間お世話になったヌカ床でしたけど、乳酸菌が多くなり

ヌカ漬けの味が薄れて、酸っぱさばかりが出来てきたのでね。

おとなりのすまいるさんから生糠をいただいてきての作成でした。

3日後くらいから使えるということらしいので楽しみです。

1番最初に漬けるのは・・・キューリ!


0160505.jpg


早く梅雨明けないかなぁ~~~(^。^)

今日の夕方から
サンゴ産卵観察会待機週間が始まります。
18:00からリハーサルですが・・・
例にって雷注意報が出ているので、腔腸、
じゃなかった校長先生は中止になさるんでしょうねぇ~(ーー;)
んじゃ、いつヤルんだよって話ですな。

今年は個人参加があるので
雷注意報も怖くありません。


ベストキッドのように 

昨日晴れてから24時間1滴も雨が降らず

あっちもこっちも乾いていて気持ちよい。

店のパティオやテーブルベンチも乾いているので

ひと月以上前から準備していた、木材の防腐剤を塗ることにした。

キシラデコールのような立派なものは買えないので

お安いものをネットの送料無料で買い求めたのはいいけど

思ってたものとかなり色が違っていた(笑)まぁ明るいからいいや。

朝9時過ぎから作業して、船においてるベンチから塗り始め

オケラ(ショップの建屋のこと)のパティオを塗って、テーブルとベンチと塗り

昼食をはさんで外柵へと続いたのでした。。。

腱鞘炎になるのがイヤで手首はあまり返さないような刷毛使い。

ん~パットモリタに叱られそうだ!とか思いながら塗り続けた。

そのうち右手の指がツッてきてしまい休み休みになりましたが

16:15に全て塗り終え、とっても満足な出来栄えに充実感いっぱい。

でも、待てよ・・・お客さんが来るのは主に夜だから

キレイになったのって誰も気がついてくれないかもしれないんじゃんね(T_T)

でもきれいにしてのお迎えは気持ちがよいですわ。

okera0160521-2.jpg
okera0160521.jpg

ちょっと明るくなってるでしょ?

わかるかなぁ?
わ~かんねぇだろうなぁ~。

スノーケリング練習 

阿嘉時までは小学3年生から6年生までの3年間

サンゴのことをたくさん勉強します。

それは「ひとに自分の育ったところをきちんと説明出来るひと」に

なってもらうためです。

そよの国のひとを会話していると「どのような環境で育ったか」を聞かれると

答えられない、または見当違いな返答をする大人が多いこと。

なんと情けない、寂しいことでしょう。

たぶん阿嘉島で育った子は「サンゴに囲まれた美しい島」と答えるはずで

そのサンゴのことをきちんと説明(解説)出来るひとになって欲しくて始めたのです。

今年は新3年生の女子が2名、まだスノーケリングもままならないということで

17日に計画していたのですが波浪注意報で延期(笑)で予備日の今日行われました。

心配していたのもよそに全然怖がりもせず、すべてがスムーズに進行し

最高の成果とともに、無事練習が終わりました。。。

こういったこと(金の出ないボッランティア)には一切連絡を断つお店も複数ありますが

何店かの協力で行うことが出来ました。この場を借りてオレを申し上げます。

さ、明後日22日からサンゴ産卵観察会の待機週間が始まります。。。。産むのは27日かな(^o^)/

snorkeling-lesson0160520.jpg

前浜の浅瀬で練習に励む子どもたち
ふたりとも上手だったねぇ~~。


snorkeling-lesson0160520-2.jpg

解散式。
なんか反省してるようだけど(笑)
40分間あれやれこうしろといわれ続けて
ちょっと寒さもあって、疲れた顔になってますな。

がんばろうねぇ~

サンゴはサンゴの上につく 

しかし・・・毎日のように激しい雨に見舞われ

雨漏りするうちの倉庫はビシャビシャである。

幸い預かってる器材にまでは達していないのが幸いだね。

早く雨漏りの修理をしたいのですが・・・もう素人の手に負えないので

地元の大工に「どうにかしてくれぇ」と泣きついた。

泣きついたのはいいが。彼も忙しくてうちの雨漏りにまで手がわかってくるか?

せめて・・・台風が来る前には修繕が終わっていたいと切に願います。

そんな天気なので、小学校のサンゴ産卵のためのスノーケル練習などが

開催されずに困っております。明日は予備日ではありますが、まあ激しい雷雨がありそうで

雷注意報ができると有無を言わさず中止する校長先生なのでした。

すかたないから土曜にプライベートレッスンかな?

sango-yg0160430.jpg

題の「サンゴはサンゴの上につく」です。
サンゴはある一定の水深でしか育ちません。太陽光の届くところです。
 *ここでいうサンゴは造礁サンゴのことです
海全体から言えばとっても狭い範囲にしか存在しません。
そんな狭いところで日照権を争って盛んに育っていくのですが
ある程度大きくなればあとは衰退し死んでいきます。生き物なので当然です。
死んだサンゴはただの石(骨格)です。暫らくすると植物や海綿、ホヤなど様々な生物でいっぱい。
その中にサンゴもいくつか付着します。そして成長し骨格を大きくさせていくのです。
 *写真は死んだサンゴの手前に同じ種のサンゴがついています
サンゴのそのまま成長し衰退し、死にますが土台の死んだサンゴと重なったまま。
そしてまた新たなサンゴが付着・・・育ち、死に、付着し育ち・・・を繰り返します。
そう、パイのように重なり、やがて重さで圧縮され次第に1枚の岩になるのです。
このとき接着剤の役割を果たすのが、前出の植物です。
このようなことが大規模に、気の遠くなるような時を経て、「サンゴ礁」になるのです。

ダイバーならば、これくらいの知識を持って
ノンダイバーにサンゴのことを語れるようになってくださいね。


ひとり暮らしは早くなる 

予報通り今週はずっと降ってるんだろうか?

店の防腐剤が塗れないじゃんね。

今週だれからも予約がなかったら船揚げようかしらねぇ~

サンゴの産卵は今月末が濃厚かな~~~。

ひとりで暮らしていると、晩御飯の時間が早くなるんだよね。食べるのも早くなる。

んでテレビもつまらないから寝るのが早くなる。

寝るのが早いと、起きるのが早くなるのは当然で、日の出前から目がさめちゃう。

新聞配達員なみである。んで次から次に早くなって行って・・・死ぬのも早くなるのか?

この梅雨が明ければ心も晴れてくれるんでしょうねぇ~。

そろそろ海いかないとね。

きょうはダイビング協会の通常総会。そのあと懇親会(^。^)

nagare-moebi0160503.jpg

海の中って陸より2ヶ月遅いといわれています。
2月に新緑の季節を迎える山々。
海中は4月くらいから海草や海藻が生え出して新緑の季節を迎えます。
山では鳥や蝶、昆虫などが新しい葉や木々に集まるように
海では小さな有孔虫やアミ類、小型のエビやウミウシ
魚の赤ちゃんたちが集まってきます。
身を隠しながら餌を摂り、しっかりと育っていくのです。

そんな海草の生える場所は、太陽光の溢れる浅場です。
その昔、日本中が浅瀬の素晴らしい海で、生命に溢れ豊かな海だったのは
この浅瀬の海が産み出してきたにほかなりません。
自分達の都合で海を埋め立てて資源の素を破壊し、獲れないと養殖へ。
養殖出来ないものは延々と遠出をし獲り漁る。
そして、日本海沿岸の小さなマグロまで獲ってしまうので根源から枯渇してゆく日本。
これは海のことですけど、陸でも、全てに対して志向が同じです。壊れゆくにっぽん。

誰かが正さないと・・・。

ちょっと語ってみました。


ず~~っと降ってるのもねぇ 

梅雨入りした途端

昨日からず~~~~~っと降ってるんですわ。

水不足もありますからね、ありがたいのですが

なにも途端に降り続くこともないんじゃないの?って言いたくなりますな。

気温が25度と低いからまだよいですが、28度超えてくると

ムンムンむしむしでカビだらけになってしまうのでね。大変です。

大変と言えば、明日はダイビング協会の総会で

その資料作りに翻弄され大変でした。。。もう終わったから(^o^)/

大した活動もしておりませんが、一応「協会」です。

yosuji-fuedai0160503.jpg

こんな風景をきっちりとワイドで撮りたいなぁ~
阿嘉島でもガイドしながら一眼レフワイドを持ってるひといるけど
それってどうなんだろう?
他所の島のガイドも持ってるの?
あ、渡嘉敷のガイド持ってるな、マクロ(笑)

ちゃんとガイドしようと思ったら
やっぱり、おれは持てないや。

梅雨入りしました 

やっと、梅雨入りだね~とか思ったけど

去年より7日遅いだけって言ってたような気がする。

今週はずっと雨が降ったり止んだりが続くようです。

オケラの柵やベンチテーブルとかの防腐剤塗らないとイケないんだけど

ま、1日曇る日があるでしょう。あまり晴れるとキツいから。

そして今日10時kらは阿嘉区の住民総会で、18時からダイビング協会理事会。

そんな会が続きますな、18日はダイビング協会の総会だし。会議は面倒だね(笑)

22日からはサンゴ産卵週間。

6月に産卵観たいゲストの予約がはいってますが6月も産むかなぁ~・・・心配。

この会議やらが終わらないと心置きなく調査が出来ない・・・感じ。

ここ4年くらい新しいポイント出してないのですが(すぐ真似されちゃうし)

今年はひとつくらいはモノにしようと思っております。お楽しみに。

hadaka-haokoze_yg0160505-2.jpg

べつにいじめてる訳ではありません。
ただ指と比較したかったんだけど
嫌がってひるがえったのですってば。

あ、そういえば阿嘉島記念切手シート
残りが500枚らしいです。
4/1発売で一ヵ月半で300枚売れたんだね(#^.^#)
素晴らしい!

0129_阿嘉島記念切手画像赤枠

お早めに!

明日から梅雨だというので・・・ 

どうなんでしょうね?まったく当たらない沖縄気象台が

明日から雨で梅雨入りかも?とか言ってます。

昼すぎには前線の通過があるのでしょうか?「雷を伴う」とあります。

森山何回でも書きますが、沖縄気象台の予報官は・・・ダメです。

天気に関わる仕事をしているひとにとって全く役に立たないどころか

仕事の邪魔にさえなってる天気予報と台風進路予想それに波高予報。

結局、クレームが怖くて、自分達のための予報なんじゃないの?

反論があるならこれに書き込んで欲しいものです。

気象庁にどれだけ意見を書いてると思ってますか?(ーー;)

あ、話は逸れましたが、天気の良いうちにってことで

愛艇のエンジンオイルとクーラントを交換しました。ついでに・・・

気になっていたファンベルトのたるみ調整もバッチリです。

暑くて大変だったけど、やり遂げた充実感に心が満たされ

夕方早くのビールの旨かったことったらありゃしませんでした。

こんな愚痴ばかり書いて・・・すんません。。。ページヒットが40前後なんでつい・・・。

海へ行けば海のことたくさん書きますので、ちょっとだけお付き合いください。

ayukawa-umiko0160429.jpg

絡まって困ってるわけでもないようです。
極小のアユカワウミコチョウ。これでも大人です。

はざ間で雰囲気ノンビリ 

大型連休もおわり

中学生の体験ダイビングも無事終了

恒例のチハナくららさんのプレジェクト(阿嘉は無関係ですが)も

大量のお子さんらがチハナくららに率いられフェリーでお帰りになりますた。

そんななので、なんか島中がノンビリムードいっぱい。

天気いいし、海へ行きたい気分になりますね。

ちゃんとナカモトのはいる場所へ瓶いれないとなぁ~。

でも30m以上行きたくな~~~~~い(笑)

来週のサンゴ産卵観察会までに、船のエンジンオイルとクーラントを交換し

サンゴが終わって、船底塗料を塗れば夏の準備が万端に整う・・・計画です。

kumanomi_yg0160503.jpg

いまのこの時期
こんなクマノミの子たちがあちこちで見られます。
このジュズダマイソギンチャクでは
あまり大きな個体に成長しないので
可愛らしい子がいつも見られるんだけど
このイソギンチャクはとっても綺麗なジュズダマなのでした。
ニシハマのですね(#^.^#)

ティアラ 

連日暑くて、ほんとに梅雨明けのような気候

ちょっと動けばジト~~~~っと汗が滴るので

船のエンジンとか整備するのちょっとイヤだよね。

でもいつかはやらないといけない二つの整備。

1、エンジンオイルの交換 2、クーラントの交換。。。

エンジンオイルは暖機運転して
あっためないといけないので余計暑いし(ーー;)

そんな毎日な天気で、今年もタヒチの花ティアラが咲いた。

とっても良い香りがするんだよね。

この花のレイはほんとに良い匂いがするらしいです。

1度でいいから、タヒチいってレイをかけてもらいたいなぁ~

tiara0160512.jpg

恒例の・・・ボランティア 

毎年やっている地元中学生の体験ダイビング

ことしも無事に終えることができました。

今回は不肖わたしが仕切りましたので、なにかと不安だらけでした。

特にボランティアのインストラクターを募集したところ

必要数9名のところ当初5名しか集まらず「中止」も考えながら進めました。

直接交渉で8名までなんとか出来たのですが、あとの1名が・・・・

なかなか現れないので、切り札「からは~い」の奥方を(笑)

快く受けていただいて感謝でいっぱいです。夫婦でボランティアして貰えて助かりました。

この場を借りて改めて参加していただいた事業所にはお礼を述べたいと思います。

許せないのは・・・なんの連絡もしてこない無しのツブテの4軒の店です。

だれも無理して来てくださいとは言ってはいないのに、無返事はないでしょ!

他所から来て島を利用するだけ利用して、なにか還元し続けろよって面と向かって叫びたい。

最低な人間ですわ。

と、今のブログは1日30~40回しか開かないのでこんな愚痴書いてます(笑)

とにかく無事終わって、全員が潜ることが出来てホッとしています。

5/22からはサンゴ産卵週間です。。。これも仕切りなのかしら?(T_T)

taiken0160512.jpg

阿嘉出身の若手ホープの諸注意事項の説明。
女子の目は真剣だった(#^.^#)

やっと普通に戻ったね 

何日ぶりだろ?

昨日、夜の早いうちからポツポツと降り始めて

23時すぎには結構な雨量だった。

今日の朝まで降り続いた雨。山の緑が活き活きしてました。

気温も26度あたりでとっても涼しくて過ごしやすい(笑)

明日も27度の予報。東の風、晴れ。

あしたは阿嘉中学校と慶留間中学校 生徒の体験ダイビングです。

13:40からのスタートで、晴れて気持ちよく出来ればいいね。

また「雷注意報」とか出てると校長先生が中止にしちゃうので

沖縄気象台殿、雷注意報だけは出さないでください。

umushi-egg0160430.jpg

ウミウシの卵・・・クサイロモウミウシかな?
半時計周りだね。。。
この葉っぱはコテングノハウチワって言います。
感じにすると、小天狗の葉団扇。
海藻類の名前って粋なものが多くて楽しいです。

なんとヒマなんでしょう 

3月もヒマだったし

5月も連休以外はゲストがいない。

ご不幸でキャンセルもあったけど・・・6月も前半はヒマで

うちの財政は切迫しきってしまいそうです。バイトも出来ないし(ーー;)

こんなの、はじめてかもしれないなぁ~

「出来ることには限りもあるし、なるようにしかならん」と言い聞かせて寝ましょうね。

あ、まだ早いか。

my-choko0160430.jpg

数年に1度くらい見かける
マイチョコウミウシ。

梅雨もないのに梅雨明けのような 

連日の30度超えの灼熱地獄の沖縄です。

海仕事がないので陸のことをしておりますが

朝から、掃除洗濯、冬布団の片付け、鉢植え手入れからの草取りと

この暑さで熱中症寸前。。。いやはや危なかった(ーー;)

海はね、GW中24度も超えたんだけど、子どもの日くらいから23度になって

外洋に面した奥武なんかは23度なかったと思うほど寒かった。

この連日の高温で浅瀬は一気に水温が上がってるんだろうけど・・・・サンゴの卵は如何に。

jelly-fish0160430.jpg

海月のように
フワフワと漂っていたいときもある。

梅雨はいつくるの? 

GW前は雨ばかりで「梅雨になっちゃったね~」って言ってたのに

連休になった途端晴ればかり。仕事しやすくていいのだが・・・

台風も未だにひとつも出来てないし、なんか・・・怖い(笑)

きょうも真夏のような暑さ。30度は絶対にある。

そんな炎天下の中、通称オケラ(オケアノスの店です)の水タンクの

浮きバルブの修理を小一時間やったら、あんた、信じ難い汗。しんどかったぁ~

でも海に入ると23度しかなくて寒いんだよね(ーー;)

あすも快晴だって予報だし、このまま24度で安定してくれれば

サンゴ今月末に産むんだけどなぁ~。サンゴ産卵の予約はゼロっす。

aosuji-tenjiku_yg0160501.jpg

ニシハマのスカシテンジクの根には
キンメモドキの幼魚も居るけど、
写真のアオスジテンジクダイの幼魚がいっぱいいる。
この子たちを見ると嬉しくなって何枚も写真撮ります。
阿嘉に来たばかりの頃アオスジの生息は少なかったんだ。
いまはあちこちに居るけどね。。。

因みに、この根のキンメモドキの成魚みたいに見えるのは
クロスジスカシテンジクダイっていいます。
試しにガイドに「これなんですか?」と聞いてみたら?(笑)
的確に答えられれば大したガイドですわさ。



祭りのあと 

大型連休もおわり、オケアノスのお客さんも全員お帰りに。

あれだけ賑やかだったお店や船上には誰もいず

部屋でぽつんとひとり佇むオヤジ。。。。

でも寂しいなんていってられないのだ。

12日には中学生の体験ダイビングをしないといけないのだ。

全部で9名もいて・・・イントラは当然9名必要なのだけれど

7名しかあつまっていない・・・足りないままじゃ開催出来ないけど・・・

大体、阿嘉校3名でゲルマ校が6名で・・・これ以上書けない(笑)

ま、どうにかなるべぇ~~~。

midoriishi_sp0160503.jpg

なんかね、こういう質感っていうか
硬質な骨格と軟体なポリプの組み合わせ。
こういうのが好きだったりします。
一眼レフでちゃんと撮ればもっといいんだけね。

最近「書いてないじゃん」と叱られたので
ちょっと続けて書いてみようかな~~(^。^)


写真で綴るGW 5/6 最終号 

大型連休もいよいよ終わりを迎えました。

今年の傾向は、水温が例年より高く24度(例年だと22度後半~23度)

天候もほとんど晴れ。風が南向きがやや強く吹いたので

ポイント選定に苦労しました(すんません嘘です)

透明度も高めの日が多く、海底砂漠なんどはとっても良かった。

そんなGWですが、週明けからは雨マークが続くので本格的な梅雨入りかもしれません。

サンゴの産卵も5/22からの1週間が待機期間です。

お時間のある方は・・・後半26日あたりから30日まで滞在してはいかがでしょうか?

うち、このあと予約ゼロが続くのでした(T_T)

midori-ryugu0160506.jpg

ロボコップに似ているミドリリュウグウ。
触ると指が黒くなるぞ!(笑)

madara-iro0160506.jpg

こちらはマダライロウミウシ。
ヘンテコな天辺にいましたが・・・一切触れてませんから。
きっと前のひとがそこに乗っけて撮ったに違いありません。
最近、そんなことが日常茶飯事。無神経なガイドですね(笑)

kanzashi-yado0160506.jpg

久々に向き合ってるのを発見。
こんなの好きです。

kinchakuggani-egg0160506.jpg

キンチャクガニが出てきたので撮影。
やたらとお腹に手を持っていくと思ったら
卵は発眼卵でした。。。ゴメンね。

さて、明日からは仕事はありませんが
地元中学の体験ダイビングや、
小学生のサンゴ産卵観察会など
ボランティアが目白押し。。。がんばります(T_T)/~~~

写真で綴るGW 5/5号 

こどもの日ですな。

あちこちで鯉のぼりが揚がって、風になびく姿はいいもんですね。

最近、子どもを子供とは書きませんよね。

「共」は野郎共とか男共とか、お下劣な言い回しなんでしょうかね?

風がやや強いではありますが、晴れて気持ちの良い1日でした。

ucha0160505.jpg

時にはダ~イナミック

kokuten-fugu0160505.jpg

ウミキノコのベッドで・・・

purpuropedis0160505.jpg

攻めのポイント選択で。。。プルプロペディス。
ちょ~可愛い。

あすも行くぜぃ!

写真で綴るGW 5/4号 

きのう嵐はそのまま・・・もっとひどくなって九州~関東、東北と

列島をなめるように進んでいったのね。。。みなさん大丈夫でしたか?

そんな嵐の去ったあとは快晴ベタ凪ぎがまったおりました。

ほとんどのお客さんは本日のQZでお帰りで、残ったゲストのキャンセルもあって

船上は2名だけとなった5/4でした。

kiberiaka_iroumiushi0160504.jpg

小さな小さな命。
キベリアカ イロウミウシ・・・で合ってるかな。
とてもきれいなウミウシです。

tsumuburi0160504.jpg

ツムブリが気持ちよさ気に
クリーニングちう。

deba0160504.jpg

デバスズメダイ。
恋の季節の始まりだね。
婚姻色はだしていますが、実際には産んでいません。

あしたは南東の風で晴れ!

写真で綴るGW 5/3号 

いやはや前線通過がEN寸前でビビりましたわぁ~

16時まではモツと思ってたんだけど・・・なめたらいかんぜよ!

とりあえずは、忙しいGWは終了です。6日まではノンビリ。

sabaku0160503.jpg

水と砂の砂漠はとっても好きな場所です。

mizutama_umiushi0160503.jpg

小さな小さな水玉ウミウシが。。。
ゴミにしか見えないね(笑)

shinderera0160503.jpg

んで砂漠にぽつんと
シンデレラウミウシが。。。

ao_umigame0160503.jpg

みんなで見られてよかったね。


まだまだ続くよん。

写真で綴るGW 5/2号 

なんとか天気がもってくれて

有り難かった1日。風は強く、波高し。

deba0160502.jpg

天気がいいと気持ちいいねぇ~
早く夏にならないかな。

nishihama0160502.jpg

クロスジスカシテンジクとキンメモドキygとスカシテンジクダイが
グチャっと群れてる有名な根です。
座間味村中のサービスが毎日のように訪れますが
環境悪化にもめげず、毎年ちゃんと湧いてくれます。海はエライネェ。

takaragai_sp0160502.jpg

名前めちゃ忘れたけど
すっごくきれいな宝貝の仲間。

もうピークは終わったずら。