明けたのに雨ばっかり。 

朝起きて、歯を磨きながらの観天望気は習慣。

きょうは気持ちの良い晴れ間があったんだけど・・・

10時ごろには大雨が降って、船上の短パンTシャツはグッチョリ。

あ~あ~・・・梅雨って明けたんだよね? とか聞かれそうで怖かった(笑)

でもその後は1滴も降らず

ず~~っと晴れ間が出て、夏らしくなって、気分も爽快。

EANの講習も順調に進捗し、あすには終わりますな。おめでとう(^o^)/

これからは濃度の濃い空気を吸って眠気知らずで遊んでください。

nezumi_fugu0140630 (3)

急に出てきたネズミフグのペア。
大きなオスがメスを追っかけまわし、ダイバーなんてなんのその!
何度もぶつかりそうになって・・・結構怖かった(笑)
レアなシーンに出会えてラッキー(^o^)/

snykey_wrass0140630.jpg

時々見かけるけど、このポイントにはいつもいます。
スニーキーラスっていうオハグロベラの仲間。。。
生息水深がケラマは日本一浅いと思います。写真は-16m。

hatatate_shinobihaze0140630.jpg

ハタタテシノビハゼの正面顔は可愛いよね?
コシジロテッポウエビとのショット。
ピントが今ひとつなのは愛嬌で。

さて、あすは波1mのベタ凪という予報です。

いよいよ今夜放送! 

さんざん言ってた「世界ふしぎ発見」がいよいよ今夜放送です。

ギリで6/15にサンゴが産卵してくれて撮影が出来

TV製作会社のデレクターもミステリーハンターの杏奈ちゃんも

カメラマンの長田さんも、そして責任者じゃないのに責任者みたいにされている私も。

み~~~んなが幸せになれた6/15。編集も急ピッチで仕上げて・・・いよいよです。

内容はだれも知らないので見てのお楽しみだね。阿嘉はサンゴ産卵のコーナーだよん。

どんな問題がでるんだろうね?

今日は今日とて梅雨明け直後の強烈直射日光の中、張り切って3本!

内湾サンゴ~激流砂地ときて3本目はトンネルでレーザービーム(#^.^#)

と行きたかったんですが・・・突然の激しすぎる雷雨(ーー;)

激しい雷雨は水中だと、こんな感じです。

raiu0140628.jpg

激しいでしょ?(笑)

nadeshikokakure0140628.jpg

カクレの子とナデシコカクレエビ。。。可愛いネェ

sagami_ryugu0140628.jpg

久しぶりに出会った
サガミリュウグウウミウシ。結構好き。

beraginpo_sp0140628.jpg

やっと、やっと撮れたよ。
リュウグウベラギンポspの威嚇シーン。。。苦労したぜ(笑)

明日、お客さんはビーチベースボールでお休み(笑)
なので会長は1日運動会に出席です(ーー;)



日差しは強烈です 

やっぱり梅雨明けすると、日差しの強さが全然違いますな~。

現地のオヤジでさえ日焼けで顔がちょっと痛いくらいです。

透明度はいまひとつですが、

水温は26度後半から27度前半で安定しています。

現在は新月の大潮なので激流箇所がいっぱいですが

どうにか流れの弱いところをせめていっております。

梅雨明けだしやっぱりワイドがいいかな~~~

isobanaoce0140627 (3) - コピー

ポリプ満開なイソバナと
オケ号のシルエット。。。夏でしょ?

kinme_modoki0140627 (1)

キンメモドキ幼魚の群れと
スカシテンジクダイ幼魚の群れ。
夏の風物詩でございます。

koshioriebi_fumei0140623.jpg

ワイドばっかではナンなので
コシオリエビの仲間を1枚(笑)
和むでしょ?

あしたもぉ~~がんばるよぉ。

すっかり・・・真夏(#^.^#) 

今日の朝まで出てた不思議な雨マーク。。。。

天気図とそぐわないので、変だなぁ~~~梅雨明けでしょ?

と画面に向かって独り言を吐いた今朝。

そして午後からの向こう1週間の天気予報から雨が消えた!

つまり、梅雨明けってことです。

みんなぁ~いきなり真夏ですよぉ~って叫びたいくらい嬉しい。

だって、今年の梅雨は長かったんだもの。

そして、真夏なので「おれの夏」を探しに。。。。。

indo_kaeru_yg0140626.jpg

いました。いました。。。黄色いインドカエルオウ幼魚。「おれの夏」!
1匹でしたが、その愛らしい姿を見ることができました(^。^)


kuroobi_atohiki0140626.jpg

あまりポイントでは見られない
クロオビアトヒキテンジクダイ。
サンゴで隠れちゃったけど下のは雄で、口いっぱいに卵がありました。

chin_youji0140626.jpg

久しぶりに会いに行ってきた。。。チンヨウジ。
ちょっと派手目に加工してみました(笑)

さ、梅雨明け1本目はどこにしようかな~~。

カメは巨大がいい。 

日本は負けちゃったネェ~。頑張ったけどね。

ザックも選手も余所行きで戦った初戦と我に帰ったけど帰り切れなかったギリシャ線。

いろいろ批判も出てくるだろうけど、あそこへ行く事だって大変だし

一所懸命がんばって選手たちに「おつかれさま」といい、「また4年後ね」で〆たい。

こちとら、ダイビングの準備をすりゃ大雨になって

片付けすんだら晴れたりして、すっげ~頭来てんだ(笑)

ほんといつんなったら明けんだよ。雨はもう飽きた。

aoumigame0140625 (1)

これは普通サイズのアオウミガメ。
とっても大人しかった。

aoumigame0140625 (10)

これは巨大アオウミガメ。
おなじダイバーと一緒に撮影しています。
遠近感とか関係なく、ばかデカいカメなのです。
おそらくアオの最大級と思われます。。。

*決して手なずけてチンチンさせてるわけではありません。

kudagonbe0140625 (2)

長くいてくれているクダゴンベ。
最近ヤギの破片が落ちていないので
あのガイドは行ってないんだなぁ~

aosuji_suzumedai_yg0140625.jpg

斜め後姿ですが、アオスジスズメダイ幼魚をお届け。
薄ピンク色の体がとっても美しいですね。

さ、あしたも予報は雨!まけないぞ~。

あしたなの?それとも、あさってなの? 

一体いつんなったら梅雨が終わるんだ!

本当にイラっときて腹立たしいほどの雨量。

さて潜ろうかっていう時に雨が降り、終わるとあがっていたりする。

イケずな雨であるね。

たらいには水がいっぱいで、いれても溢れるだけですので

もう降らなくて結構ですから、梅雨、明けちゃってください。

今日の3本目はちょっと無理していったポイントで

魚はわんさかいるし、でっかいマダラトビエイがいるし・・・やっぱり人が入らないとイイのかね。

今週末は学校の運動会もあるし、そろそろ晴れてくれないと困ります。

sakura_tenjiku0140624.jpg

サクラテンジクイダイがめっちゃ増えていました。
となりはアデヤカゼブラヤドカリ(笑)
みんな「ヤドカリ」ネイチャーガイドブックは買っていただいてますか?

akasuji_umitake0140624.jpg

動かなければ、古いコンデジでもこれだけ撮れるんだね。
アカスジウミタケハゼ。

kurosuzumedai_yg0140624.jpg

浅~~~いところのトゲサンゴとかには
クロスズメダイの可愛い幼魚がどんどん来てますよぉ~~(#^.^#)

あしたこそ!


いつ明けるんだよ! 

まったく連日の快晴の強烈日差しで

顔、肩、背中が日焼けで痛いじゃんね。

気象庁は23~25日の雨マークをガンコに外さないけど

本当にふるのかな?これがあるから梅雨明けって言わないのかな?

じゃ、26日に梅雨明けしました。っていうのかな?

今年の梅雨はず~~~~っと雨降ってたからもう降らなくてもいいです。

おかげで愛艇の船底が塗れなくて海苔生え放題になっています。

ダイビングの最後に磨いていることは、見て見ぬ振りをおねがします。

さて、今日は午後から2本でした。

強烈な南西の風・・・カーチベイっていいますが・・・が吹いて大変です。

ポイントの選定に四苦八苦する季節ですが、優しい常連さんなので文句もありません(笑)

ほんとうに助かります。

1本目は砂地でマッタリ・・・のつもりが逆流になってしまい。。。疲れた。

2本目は・・・様々な、大小のウツボのオンパレードで大満足(#^.^#)

tatsuno_hatoko0140623.jpg

ちょっと哲学的な表情のタツノハトコ。

hadaka_haokoze0140623.jpg

馬耳東風的?なハダカハオコゼ。

keyari_sp0140623.jpg

美しいケヤリの仲間。。。

あすたもちばるよぉ~

今日も今日とて 

梅雨明け先取りのケラマで

目いっぱい楽しんでくれたグループ・ユタカ。

俯瞰的にみたりすると、ダイビングの楽しさってこんなところが本当だよな~

ってたくさん思いました。またひとつ勉強になりました。

天気も良くて本当にたのしい毎日を過ごさせて頂いてありがとうございました。

sabaku0140622.jpg

さばくにて。。。

urun0140622.jpg

枝状サンゴの群生にて。

otohime_umiushi0140622.jpg

オトヒメウミウシにて。


また是非ご一緒に。

しかし、急だね 

いままで雨ばっかりで、太陽なんて出てもいないから

急に物凄い太陽光線とか出されても、準備ができていないので

アタフタとしちゃって・・・肩や顔が痛くて仕方ありません。

きっと、今年は日焼けで皮がむけるんじゃないかと心配してます。

ま、一皮向けていい男にでもなれば良いのですが・・・。

今日も滞りなく元気良く3本行きました。

出物は、なんと言ってもアオスジスズメダイygの出現ですねぇ~

そろそろでしょ!と思って行ってみたら3匹おりました(^。^)

本当に美しいでございます。

weding_nishihama0140621.jpg

新婚さんいらっしゃ~~い
です。

deha_egg0140621 (1)

その横でデバスズマダイのすんごい産卵祭り。
グチャグチャに産みまくってるんだけど
横からトゲチョウが食い放題してるのが、自然の驚異だった。

さてさて、あしたも行くよぉ~~。

まるで梅雨明け 

昨日まであんなに降り続いていた雨も

ピタっと止んで、弱風で快晴な朝を向かえてダイビングも絶好調。

でもオヤジは鼻っ風邪で耳抜き不調(ーー;)

タイからのゲストが那覇へ行ったと思ったらその船でタイからのゲストが。

ん~タイに足向けて寝られんね(笑)

あ、タイからといってもタイ人ではありません。

タイでダイビングサービスを営んでいるオーナーやスタッフやそのお客さんです。

メッチャいい天気で肩が焼けて痛いくらい太陽光線もキツいので梅雨明けにしたいんだけど

沖縄気象台は相変わらず23~25日に雨予報をしている。。。

まだ小笠原高気圧の規模勢力が小さいからだと思われますが・・・。

兎に角、いい天気で風も弱く、あっちこっちいける海況が最高です。

kinme_modoki0140620.jpg

キンメモドキの幼魚の群れは
今時分が一番旬です。

namako_egg0140620.jpg

今日の3本目の終わりに
船の下のクロテナマコが全員立って
一斉に放精放卵してるじゃありませんか!
思わずスレートに「ナマコ放精放卵」と書いて立ってる絵もいれてガイド。
「いやん!」って声がどこからともなく聞こえてきて嬉しかった(^。^)

あしたもがんばるよぉ~。

もう梅雨明けにしちゃってもいいかな?(*^o^*) 



最近バタバタすると書かないな~(ーー;) 

昨日は久しぶりのゲストにて大事なスペシアルゲスト。

天気最悪の中でのガイド・・・泣きたくなるねぇ~

んで、夕方にはちょっと初七日があって・・・バタバタしてるとブログも書きゃしない。

これってブッたるんどる?

さて、今日も雨の中いろいろみて来ました。

と言っても撮影は出来ませんけどね。撮れた分はお見せしますよん。

alpha_yg0140619.jpg

アルファ幼魚とスミレナガハナダイ幼魚・・・
ヒレグロにササにキホシにナガサキ・・・全スズ振ですから!

aosahagi_yg0140619.jpg

顔にスジ模様が出来てきたアオサハギ幼魚。
グッと雰囲気でてくるよね。

nishihama_deba0140619.jpg

ケラマ国立公園を象徴する景観。
我がニシハマは永遠です!

さ、あしたもちばるよぉ~

ダバダいただいてま~す(*^o^*) 



まるで梅雨明け 

きょうは朝から太陽が容赦なく照り付けてくる。

先日のサンゴ産卵ウォッチングのために設置した臨時ブイの回収と

海藻だらけになったオケ号の船底の掃除も兼ねて出航した。

海は南西の風が強く、波がやや高い。

雨は降らないようなので本当は揚げておきたいのであるが・・・

ありがたいことに、明日からはお休みなしの海仕事。

もう船底にペンキを塗るチャンスはないから、今年はペンキなしでイキます。

潜った最後、やたらと磨いていたりするかもしれませんがお見逃しください(笑)

キツい太陽光線と、南西の強風(まるでカーチバイ)そして6/15から鳴き出したセミ。

これはもう真夏の始まりではありませんか!でもあした夜は雨の予報(ーー;)

そして台風7号があって四国沖にまっしぐらでございます。

umiko_sp0140615.jpg

アユカワのようだけど、アユカワじゃない。
なんでしょうね?

thorunna0140615.jpg

こいつはトルンナというウミウシだけど、名前ついたのかな?
あまりにも小さいのでメジャーあててみました(笑)
ちゃんと見ると7mmもあるね。

さてさて、明日からはたのしいダイビング(#^.^#)

やっと産んだね。 

毎年毎年気をもますサンゴの産卵。

例年6月の場合は早いことが多いとはいえ・・・週末が1番良い。

と言い放った責任の重圧で毎日キツかった~。

「みんな幸せになれる日には産んでくれない」を定説化した自分もいるので

さらにキツいことになっていたのでした。すべては身から出た錆。

しかし、昨夜の産卵はいろいろなことが起こったですよ。

まず「子どもの観察会エリアは侵入禁止」となっているのに

デジイチワイドのスキンダイバーが侵入し、退場(笑)

夜の部では、10隻近い船が沖にブイを設置し渓流して産卵観察も

産むサンゴより人のほうが多すぎてテンヤワンヤ。。。

バンドル(卵)を出す前から強烈なライトを照らしていて・・・ルール違反。

ま、ミステリーハンターは無事撮影終了し、撤収しましたので28日の放送をお楽しみに。

「さて、ここで問題です。いつ産むのか判らないサンゴの産卵を子どもたちは

どのように知ることができるのでしょうか?」みたいな問題があったら

水面で丸サインを出すオヤジがそこにいます(笑)笑ってやってください。

帰港したのが23:30で「じゃ、ちょっと祝賀会」って0:00集合(^。^)2:00まで飲んじゃった。

産卵を見せる事が出来たとはいえ、少々お疲れの週末でした。


fushigi_anna0140616.jpg

ミステリーハンターの杏奈ちゃんと記念撮影の
2時まで飲んでイケてないオヤジ(ーー;)

hime_dangoika0140615.jpg

昨夜のナイトでガイドしたヒメダンゴイカ。
砂かぶってないの探したんだけど・・・いませんでした(笑)
眉間のところがとってもきれいだね~。







今夜かな?きっと今夜だね 

昨日も一昨日もマジャビーチのサンゴはヤル気なし。

今朝は阿嘉港の枝状ミドリイシが大爆発し、港の北側は真ピンク。

例のサンゴのなま臭い匂いに包まれての3ダイブ。

ダイナミック~浅瀬砂地~サンゴのリーフエッジ と3タイプ織り交ぜてのご案内。

gekiryu0140615.jpg

ダイナミックなポイントに「激流」はつきものだ。

kinmemodoki0140615.jpg

浅い砂地こそ「癒し」がある

nagare_moebi_sp0140615.jpg

そして小さな生命体に感動をするのだ(^。^)

さ、今夜は産卵産卵(笑)

港のサンゴは大爆発(^_^)v 



砂地はたのし 

海ガイドに海の安全祈願巡回に海開きに、

そして夕方はサンゴの産卵確認のために海へ。。。。

好きな海にどっぷりと浸かっていとたのし。

朝1でだ~~~れもいない砂地に潜ると気持ちいいよね。

toaka_egg0140614.jpg

トウアカが卵を守ってました。
毎週産んでるような・・・(笑)

umiushi_kakureebi0140614.jpg

ウミウシカクレエビ。。。ナマコにいることが多いから
ナマコカクレエビに直しても誰も文句言わないと思う。

hime_oniokoze_yg0140614.jpg

ヒメオニコゼの幼魚と思われる個体。
これほど小さい個体ははじめて見た。
体が水玉模様なんだね(^。^)
背中の砂を取りたかったけど・・・猛毒あるし。。。

かわいい。

さて、サンゴは今日かな?

棚から牡丹餅 

きょうは折角晴れたので潜りに行ってきた。

夕方の便でお客さんがサンゴ産卵狙いで来るし

あまり潜っていないので、練習兼ねてカメラ持って・・・(笑)

んで、狙いはちょっと深いところにいる小さいハゼなんだけど

行ってみたら、まだいなかった(ーー;)

ちっ!そろそろいてもいい頃だと思ってたのにな~残念無念に戻るわたし。

途中で・・・そろそろ5~6年も経ってるし、アルファスズメダイの幼魚でも来てないかな~

って言いながらホシクズベニハゼなどを撮っていて、ふと見上げると・・・いた!

ウメイロモドキygやササスズメダイyg、スミレナガハナダイygに混ざって

しかも2匹!いままで2匹が同所いっぺんにいたことはないのでちょっとした初記録。

狙っていたハゼなんかより(笑)ず~~~っといいもん見つけちゃった(^o^)/

alpha_yg0140613 (12)

これがアルファスズメダイの幼魚。
尾びれと尻ビレの黄色は成長するにしたがってなくなり
体が全体的に薄い赤味のかかったようなグレーになる。

hatatatehaze0140613.jpg

船のしたでちょっと長めの減圧停止ちうに都合の良いハタタテハゼ。
若干薄目な色合で撮影してみましたが、いかがでしょうか?

今夜は産んでくれるかな?

また雨降ってきた(ーー;)

あ~晴れてるのに・・・ 

やっと晴れ間が出てきて安定した天気になった。

これでやっと作業がすすむぅ~~~ってなればいいんだけどそうもイカず

今日からサンゴ産卵観察会が始まるので船も揚げられず

ずっと雨だったので、そとのベンチやテーブルがまだ乾いていないから

防腐剤も塗れず・・・PTAのお仕事などが隙間にビッシリ・・・あぁ時だけが過ぎていくのだった。

ここで5日間晴れてくれて、サンゴも明日あたりに産んでくれてれば

16日に船揚げて一気に船底塗料を塗り、店のテーブル・ベンチもできるんんだけどなぁ~

ってそんな上手く行かないのが世の常ということは判っております。

とにかく、サンゴの産卵は早く済ませたい。が、第1希望(#^.^#)

あ、今年は全国区で有名な週刊誌と超有名なスーパーひとしくんの番組が

サンゴ産卵観察会の取材をします。

hoshikaiwari0140605.jpg


サンゴの産卵とは関係のないホシカイワリ(笑)
下を覆うようなモヤのようなものは全てキンメモドキやテンジクダイ類の稚魚です。
もう、相当圧巻です。

またあした。

雨とリペアーと手打ちウドン 

昨日は6/9でロック日ということで

隣島のゲルマニオンに集合し、みんなでRockして楽しみました。

飲み放題だったので、バーボンをRockでグイグイ飲んで

今朝はやや二日酔い気味(笑)山あり谷ありだ。

毎日のように雨が降り続くので、船や店の作業がちっとも出来なくて困っていたら

今日は朝からいい天気!二日酔いで気持ち悪いってのに・・・・。なにもする気なし(笑)

折角の晴れだし、我が愛器のMARTINの修理(リペアー)をすることにした。

どこの修理かというと・・・
guiter_ripair0140610 (1)

こんなところが、こんな具合に剥がれちゃった。
バインディングと呼ぶ、表板と側板の接着部分を強化してるところ。
この強烈な湿気がねぇ~~

guiter_ripair0140610 (2)

んで、ギタークラフト屋さんなどが常用している
木工ボンドがこのタイトボンド。。。これで貼る。
まずは水で薄めて(水溶性)木の木目に滲みさせてから
原液で接着させるのが良いらしい。。。

guiter_ripair0140610 (3)

接着剤ってのは、やや乾いた上体が1番着くので
楊枝を挟んで乾かしてるところ。

guiter_ripair0140610 (4)

んで乾いたら、丁寧に合わせていって
はみ出した接着剤を濡れティシュで吹きながら
接着部分が浮かないようにテープで固定。
この状態で24時間待ったら修理終了・・・・だといいけど。

そんな若干二日酔いの即席リペアーマンは

お昼御飯にウドンが食べたくなるが、またしても食料棚にないので

またしても手打ちウドンに挑戦である(笑)

今度は125gの薄力粉と5gの強力粉で作製してみたが

強力粉がかなり手ごわくて、なかなかまとまらなくて大変だった。

どうにか終わって、前回の寝かせが1時間だったので今回は2時間寝かせてみた。

結果として、もうちょっとマトモにコネられたら、ノド越しのよいコシのあるウドンになったかも。

具は・・・わかめ大盛りとモチ。ちからワカメうどんだね。

二日酔いの胃に染み渡りました(^。^)


teuchi_udon0140610.jpg

出汁は色が濃いけど、薄味で旨かった~(#^.^#)

ロックに雨はお似合いだぜ(^_^)v 



最後の戦いをみた 

きのう、南城市玉城中学校体育館で行われた

島尻郡のバドミントン大会に出場する息子たちの応援に行ってきた。

3年はこの試合で引退となるので

しっかりと脳裏に焼き付けておきたいと思った。

ま、こんな小さな島のちっちゃい中学で部員も少ないし

ちゃんとした先輩もいなければ(島から出て行ってしまうので)

正式なコーチもいない。。。顧問先生はいるけどバドなど未経験。

そんな状態の部活でも毎日きっちりと練習し試合に備えていたし

悔いの無いように懸命にプレイしてくれれば勝ち負けはどうでも良い。

なんてのはウソで出来るなら勝ち進み、おとうを宮古へ連れて行ってくれ~。
 *ベスト8で県大会に出場。会場は宮古島(^。^)
とか思ったりしてたけど、やっぱり無理だったね。

2回戦目であたる子はとっても強いって対戦表を持ち帰った日に言ってた。

観戦して思った。。。強いやつはほんとに強い。

負けてしまったけど、3年間真面目に取り組んでくれて、ありがとう。お疲れ様。

さ、受験だ!(笑)

togari_ebisu0140604.jpg

トガリエビスっていいます。

ちょっとした暗がりでよく見る魚で、赤くて大きい(30cm)からよく目立つ。
うろこが大きいけど、モノ凄く硬くて、捌くときに大変。
肉そのものはそれほど美味しくないけど
この魚のスープはとっても美味しいんだ。すごくイイ出汁がでる。
きっとエビ食ってるからだね(^。^)
真っ赤な背鰭が写ってるけど、滅多に見られない背鰭です。

今週ずっと雨なんですけど・・・いつ梅雨あけるんだろう?


海の中は梅雨明けか? 

4月、5月とず~~~~っと雨ばかりだったけど

オヤジの予想通り6月になった途端晴れが続いている。

水温も一気に26度を超え、快適の手前までやっと来た(笑)

透明度はところによりマチマチだけど、平均すると30mくらいあるし

吹き続けた南向きの風の影響がやや残っているけど

ちょっと考えればベタ凪のポイントで潜れる。。。うれしい時期になった。

このまま晴れ続ければ・・・6/10には梅雨明けの宣言をだすことでしょう。

実際には明日明後日で明ける感じだけどね(笑)

海のなかではあちこちにキンメモドキやスカシテンジクダイの幼魚が湧き

根を覆い隠すほどの数で大爆発しているところもあって

インドカイワリやホシカイワリがず~~~~っと食い漁っているのでした(^o^)/

hoshi_kaiwari01406056.jpg

これはホシカイワリ。。。捕食時の模様がちょっと出てるね。

kime_modoki0140605.jpg

これは別のポイントのキンメモドキとスカシテンジクダイ。
このような群れって、3~4種類くらい混泳していて
注意してよく見ると違いが分かって楽しいものです。

yasha0140605.jpg

久しぶりに行ったヤシャポイント。
ここのは色がとっても濃くて個体も大きいから好き。
意外にシャイじゃなくてビックリした。

あしたから10日ほど海はお休み。
その代わりに陸上の雑用や行事が山ほどあります(T_T)/~~~

やっぱり海は晴れてないとね。 

やっと晴れた。

晴れたら、気持ちよく潜れるので提供側も気が楽である。

どこへ行ってもきれいなのだが・・・・

どこへ行っても激流である。 ・・・小潮なんですけどぉ~

でもニシハマはいつも素晴らしい。

nishihama0140604.jpg

水温も内海は26度を超えていた!
これじゃサンゴも産んじゃうな~。

anbon_umishgida0140604.jpg

小さなウミシダについていた
アンボンウミシダカクレエビかな?と思われるエビ。
全然動かないので撮り易かったよ~(^。^)

きのうはダイビング協会の理事会で
今日はこれからPTAの理事会(ーー;)

兎に角、凄い湿気なのだ 

朝、出航したら安室島の上半分が雲に覆われていた。

あんなに低い島が?知ってる人はそう思うよね。

でもそんなに低い位置で全体的に雲がかかっていて

兎に角、凄い湿気なのだ。

これじゃ、デジカメをはじめPCやTVも調子悪くするのも納得です。

そんな中3本ちゃんと行ってきましたよ。

水温は24度後半から25度ちょいまで上がっておりますね。

随分と楽になりました。

来週はサンゴの産卵も控えていることだし、これくらいないと夜はツライっす。

hanaokoze0140603.jpg

ひょんなとこで、白いハナオコゼと出会いました。

mitsuboshi_kyusen0140603.jpg

「ザ・悪食」だね。
色はきれいなんだけど・・・ミツボシキュウセンの♂です。

明日は・・・晴れるかな~~~。

早く梅雨明けないかしらね。


忙しいほうが・・・ 

本職のガイド業は閑古鳥が鳴いて久しいが

収入のない雑用や関連事務、店の修繕や船の修理。。。

雨ばかりだと進捗しないものは晴れると一気にやってしまいたくなって

あれもこれも手を出すので何ひとつ終わらなかったりするのだった。

今日はフェリーで昼に帰ってきて、昼食とって休憩してから

店のログ付けテーブルのある中庭のテントを貼る骨組みに防腐剤を塗った。

ビフォアアフターで作ってみたけど・・・なんか違いがよくわからない(ーー;)

oce0140602.jpg

ちょっとは濃くなっているので
塗った形跡がわかるかなぁ~、わかんねぇだろうなぁ~

isohaze_fumei0140531.jpg

そしてこの子も
イソハゼのなにか・・・よくわかんねぇ~。
今度はちゃんと真横から撮らないと!

あしたはガイドだよん(#^.^#)


ブラジル先取り(*^o^*) 



取り敢えずは地元から(*^o^*)