今宵はこのようなものを観にきました(*^o^*) 



全国的に暑いんだね 

北海道まで30度をゆうに超え、熊谷並みに暑く

そのころ沖縄は27度くらいで、東京でも27度を越えてるってのに

どっちが亜熱帯だかわからなく今日この頃。

後輩のアヒコダイバーズの安彦さんが船台の支柱を折ってしまい

交換するというので、ドリルの歯をお貸ししたけど

ひとりでの作業はほんとに大変なことを充分承知なわたしは

自ら手伝いに行ったのでした。。。

おかげで半日以上罹る作業が2時間もかからないで終了。

そんなことをアヒコさんもブログに書いてるはずね(#^.^#)

来るはずのお客さんが夕方INになってしまったので、午後もヒマヒマでした。

TVみて昼寝したら、もう16:00(笑)

kudayagi_kumoebi110903_2014053016112664f.jpg

2011年9月の撮影のクダヤギクモエビ。

これかなり気に入ってましたが、今見ても自画自賛したいくらい。
デジイチじゃなくて、古いミノルタで撮ってるとこもいいよねぇ。

このクモエビ撮る時、普通じゃ見れもしないからホストのヤギをちょっと広げたり、
撮り易い場所に移動してもらったりしないと、ほとんど撮れない。
なので、ちょっとイジります。
それでも最小限で済むようにはしているんですが。。。

なかには、ヤギの先端部分まで引っ張り出して
黒バックにしたり、青抜きで撮ったりするツワモノな輩もいるようです。
あまり褒められることではありませんし
せめて、フォトコンには入選させないで欲しいと
審査員の先生方にはお願いしたい。と思うのであります。


目くそ鼻くそのお話でした。



そんなときゃ、アレだ! 

連日の海からの会議からの懇親会で

心身ともに疲れがたまってきた昨夜。。。

早寝しても早起きしちゃうので睡眠時間は変わらないし

疲労回復はどのようにしたらいいのかわからないまま時は過ぎ・・・。

今日は快晴ってわかっていたので、朝ものんびりと器材干しなどし

夏でもなく、初夏でもなく、でも良い天気。ちょっと黄砂が舞ってるけど(笑)

まぁ、過ごしやすいこんな日の昼間にオヤジはZZ TOPを聞いてウサを晴らす。

こんな軽いストレスがたまったときゃ判りやすいテキサスロケンロールがいいのさ。

あの、お揃いの長い顎鬚を風でなびかせながらのTushは実によい。

ZZ TOPのことを詳しく知りたい人はグルグッてみてください。

結構好きなTush...
「ちぇっ!」とかってことらしいけど「ケツ」ということでもあるらしい
さすが!下品でかっこいい(笑)

I been bad, I been good,  Dallas, Texas, Hollywood.



海と会議とマンタ法 

昨日は雨の中、海外からのガバメント系要人のスノーケリングをし

17:00からここ数年持ち越しだらけでSTOPしたままだった

エコツーリズム協議会の部会総会が無事(でもないけど)終わり

ほっと一息。 もしないまま・・・

本日は快晴の蒸し暑い中

朝も8:50からケラマ海域でのサンゴ被覆度の調査。

スキン装備をダイバーを船で引きずって海底を見て被覆度を調査。

これをマンタ法と呼んでおります(笑)

普通に泳いで調査する数十倍は時間効率がよい。

今回は船長としてオケ号を8:50~途中40分の弁当時間を除き、14:00まで

約4時間ちょい、船をずっと座礁しないように浅瀬をなめるように運転して

この疲労感といったら・・・結構なものでございました。

んで、調査員3名のうちの記録専門員のひと・・・怪しすぎる(^。^)

manta_hou0140528.jpg



nise_nettai_yg0140526.jpg

なにも撮るものがみつから無い時じゃなくても
みるとつい撮っちゃうモノってありますよね?

ニセネッタイスズメダイはそんな被写体のひとつ。
とくに幼魚はかわいらしくて、とってもきれいなので・・・つい。

ニセなどという名称で呼ばれてちょっと可哀想だけど
どこにでもいる子なので、是非撮ってあげてくださいな。

さて、本日も17:30よりダイビング協会の理事会。。。まいにち何かしらあるにゃ~(ーー;)

 

本日は天気予報通り朝から雨。

レーダーによると12:00からはあがるみたいだけど・・・

きょうのQZ1便で国際協力機構(JICA)であつまったひとたちを

スノーケリングに連れて行くことになっている。 

北はフィリッピンから南はインドネシア、西はキリバスまで

10数カ国総勢13名の大所帯。

jica0140527.jpg

何気ないけど、全員が自然保護系役人のひとである。

約1.5時間、保全されているサンゴ生息域などを堪能し

午後はAMSLにてサンゴとサンゴ食害生物などの座学を受けてQZ2便で那覇へ。

日帰りで忙しいねぇ~。ホンペイのひとフィッシャーマンのように泳ぎが上手い(笑)

晴れてれば10倍はきれいなのにな~。

帰国して各自国のサンゴの保全に少しでも役に立てば幸いです。


これだけだと寂しいかんじなので

昨日撮影した星ハゼをUP.

hoshihaze0140526.jpg

体の青い点々を星に見立ててての ホシハゼ。
やや内湾の砂泥底水深10m以浅でごく普通に見られる小型のハゼ。
ガレキや死サンゴの下などにすぐ隠れちゃうので
なかなかジックリとは観察できませんけど・・・かわいいハゼです。

似た子で腹側が白くてホバリングする種をヤノ浮きホシハゼといいます。
以前こっちでも、ときおり見かけた記憶があるんですが・・・曖昧です。


さて、いよいよエコツー会議。



2年ぶりに潜ってみた。 

本当は雨の予報で、

きょうは1日グダグダしているつもりだったのに

朝から快晴で、ムシムシして暑いので

ゴミを出してから潜りに行くことにした。

どこへ行こうか迷って、、、「そうだ、SMBへいこう!」ということに。

そういえば去年はどうしたことか潜ってなかったなぁ~。

唯一、手軽に入れる内湾の海域なのでマッド好きなオヤジとしては

手放せないのであるわけさぁ~。

まして、自分でサンゴを植えた(置いた)ものが

物凄いことになっているので、1年に1回は観察記録しないと。。。

んで見に行ったら、やっぱり去年の1.5倍ほどに成長していた。

SMB0140526.jpg

比較対象がないので分かりヅライですが
写ってるミツボシスズメは60mmはあろうかというデカさ。
こんなにすくすく育ってくれて、おとうさんは嬉しい。
いつか・・・産卵シーンを撮るよぉ。

koban_haze0140526.jpg

んで、その枝状サンゴに棲むコバンハゼ。
雌雄はわからないけど、2匹でからみあって
産卵床もあったから、やがて産卵することでしょう。
枝の間隔が大きいから、コバンハゼも楽勝に撮れます。

こうやって見ると
凛々しいよね。

デビルマンに似てる?(笑)

晴れた隙に。 

昨日は島のやす子おばぁの97歳のお祝いでした。

12:30から開宴で、ず~~~っとビール飲んで

楽しい余興もあって、おいしい料理も食べて

よい時間を過ごせました。。。

きょうも気持ちよく晴れたので、やりたかった作業を一気に片付けてしまえ!

と奮い立たせて以下のことを完了しました。

・倉庫の雨漏り修繕の最終形として、ウレタン樹脂の上に
 ビニールタイルを貼り付けて直射日光を予防し、強化した。

・愛車の全面のサビ止めが汚かったので、ペイントした

・キッチンの網戸と窓の油汚れが酷かったので、きれいに清掃

・玄関の靴箱の上を整理整頓および清掃し

・自転車の整備および修理

以上、本日のお仕事でした。


shiro_jeronimo0140520.jpg

アカイソハゼかな?ファイル名はシロになってるな~(ーー;)
先日のお遊びダイブでの撮影。
「あ~あ、いっぱい付かれちゃったねぇ~」と思ってファインダーを覗いたら
ジェロニモのようだ!とか思って夢中で撮ったけど
PCで見てみると、カチューシャしてるオネェに見える(笑)

あしたは雨・・・そして梅雨に戻ります(T_T)/~~~

うどんを打ってみた 

昨夜ダイビング協会の理事会だったので

息子の晩御飯にハンバーグを焼いておいた。

それだけでは寂しかろうと、冷凍保存しておいたカレーも解凍し

「カレーハンバーグにしてもいいし別々に食ってもいいよぉ」と言い残し会議へ出向いた。

予想より早めに終わり21:00前に帰宅したら、カレーは手付かずだった(ーー;)

なんだよ。。。もう冷凍も出来ないし。明日俺が食べるんじゃんか。。。

今日は生憎1日中雨降りで肌寒いときた。こんな日は・・・カレーうどんでしょ!

と、食料棚を開けたらうどんをきらしているじゃありませんか~。スパゲティー?

いいや、カレーときたらうどんです。(関西出身じゃないけど)

そんじゃ、打っちゃえばいいじゃん!ってことで、人生初の手打ちうどんに挑戦してみた。

クックパッドで調べたら、薄力粉だけでもいいらしい。。。

手打ちカレーうどん0140523 (2)

材料は、薄力粉100g 水45cc 塩5g  たったこれだけ。

手打ちカレーうどん0140523 (3)

3回くらいに分けて粉に塩水を加えながら、よくコネる。
ピザ生地みたいだけど(笑)このあとビニール袋に入れて足で踏みつけた。

手打ちカレーうどん0140523 (4)

ラップにくるんで冷蔵庫内で50分ほどねかせてから
細く切っていき、打ち粉をしてほぐす。
茹でると1.5倍くらいになるので太さは3mm位がいいかも。
因みにまな板はヒノキ(笑)

手打ちカレーうどん0140523 (5)

クックパッド解説によると、最初のほぐし時だけ箸を入れ以後触らない。
13分間(お好みにもよる)茹で上げて、ざるにあけてヌメリをとり

手打ちカレーうどん0140523 (7)

はい、出来上がり。
粉を計ってから1時間半ほどでいただけました。
ちょっと粉っぽいけど、モチモチ感は抜群。ツルツル感も良い。
なによりも達成感に溢れた手打ちうどんをずるずるすするのは堪らんね。
あ、カレースープは残ったカレーを普通のうどん汁で伸ばして
少々S&Bカレー粉を加え、片栗粉でトロミをつけました。

さて、今日はチンジャオニューロース
の予定だけど・・・調味料足りるんだろうか?



また梅雨にもどったので 

むかし大手潜水(株)で働いていた時代の

すれ違いの後輩が阿嘉島にお客さん連れてツアーで来ていた。

お客さんもいるし、なかなか訪ねるチャンスがなかったので会えなかったけど

昨夜は「最後の夜」の大義名分で宿に訪ね、酒を交わし会話も弾んだ。

久米仙+シークワサージュース+炭酸 という妙なドリンクを大量に呑まされ

今朝はちょっと目覚めがよくなかった(笑)

起きてカーテンを開けると、雨。。。なんだ雨か・・・潜りにいけないジャン。。。。

とか、理由をつけて海行きをサボって1時間ほど寝坊。  2度寝出来るもん!

息子とふたり分の朝食→ピザトースト+ブナピー、キャベツ スープ。

あれ?ピザソースがないじゃん!でもトマトピューレがあったので素早くソース作製。

その後グズグズしながら書類を作ったり、記念手ぬぐいを郵送したり。。。

雨降って冬みたいに寒いので昼はあつあつのかき玉うどんにして。。。

今日は夕方から会議があるのでその前に晩御飯しとかないとイケないけど

もう16:00・・・何しようかな~~~。

あ、そうそう阿嘉島に、ついに、グーグルストリートビュー撮影車がやってきた!

国立公園ってすごいんだね(笑) いやん、玄関のハイビスカスが見られちゃう。

今日はエビ2枚。

corallicola0140520.jpg

以前はヒメイソギンチャクエビって呼ばれてたけど
あたらしい図鑑では「1種」になってしまったエビ。
学名がコラリコーラっていいます。
ハサミ脚や脚は透明で細かい赤色斑点が多数あります。
珍しいわけでもないけど、見られるホストは限られてるっていう
ガイド冥利につきるエビ(^。^)



azami_kakuremoebi0140521.jpg


アザミカクレモエビ。
ホストのソフトコーラルにそっくりな、
レース編みのようにシンメトリーな模様。
こいつも珍しいわけでもないけど、全てのホストにいることはない。
個体によってジッとしてくれる子とそうでない子がいるのも
ガイドの手腕の見せ所である。

一昨日、昨日と撮影していて
エビの眼が見えないことが多く
ローガンズがすすんでいることを実感した(T_T)/~~~

EANのおかげ 

きょうも朝から良い天気でいきなり暑い。

うれしいぃ~じゃないのぉ。

こんないい天気だとやらなきゃならない陸仕事もあるんだけど

取り合えずは海へ行くのだ。

今日はちょっと行く場所で悩んだ。。。

課題の極稀種のベラへ行くか・・・GWで見た婚姻色の美しいベラへ行くか・・・

でも潮が合わない。それでも強行するか・・・ん~空振りは嫌だな~(笑)

んで、リサーチも兼ねてすぐ側のポイントへ行ってみた。

目的はスズメダイの幼魚が入っているかと、藻場になんかいいもんいないかぁ~。

そんでもってこんなのも撮りたかった(^。^)

warekara0140521.jpg

なんだか判らんでしょ?
ワレカラの仲間でございます。
こんないま風に飛ばして撮ってみたかったんだ。
らしくないねぇ~(笑)

lemon_yg0140520.jpg

レモンスズメダイの幼魚がいっぱいいますね。
船の下などの浅いところで安全停止のときにでも撮ってくださいね。

hidoro0140520 (4)

きのう撮ったヒドロ虫 ハネウミヒドラと思われるもの。
これらもイソギンチャクやサンゴに近い生物で
ちょっとしたサンゴの間などにごく普通に生息しています。

「普通の生き物をちゃんと撮る」ことは基本であり
そこにはキラキラしている人工物のひとつも
妙なライトアップもありませんが、自然そのままの姿が1番だと思うのでした。

あしたも・・・いけるかな~

ストレスの素は・・・ 

天気・・・・梅雨だから仕方もないんだけど、降ったり止んだり
      1日おきだったり、連続してたりとナンだか読みづらい。
      5月最終週あたりから落ち着くと思われるが・・・

雑用・・・・夏の前にヤッツケたいのかPTA関係の寄り合いが多い。
      会長職を引き受けたので仕方のないことだけど・・・
      それにも増してエコツーが盛り上がっちゃってて
      理事だから仕方の無いことだけど・・・本当は3年前に終わってるたのに。

息子(笑)・・地元中学校が季節はずれのインフルエンザが蔓延(ーー;)
       1月に罹ったA型ではなくB型なので全員が罹ってる。。。ってことは
       学校閉鎖です!水曜までは全員休校。息子は土曜発症なので木曜までやすみ。
       最高でも37.4度と低い熱発なので、とっても元気。
       1日中家にいてグズグズしていて、うっとうしいったらない(笑)

仕事・・・・もともとダイビング客がとっても少ないんだけど、今年はさらに少ない(T_T)
      雨降りが読めないので、船整備や店の修理、車の整備など陸仕事がすすまない。

この4つがストレスの素となっているんだけど、考えてみたら毎年こんなだね(笑)

でもいくつかの要因が複数で襲ってくると、相当キキます。

バクハツも出来ないから、ちょっと潜って写真撮ってきましたよ~。

今日は2枚ね。出し惜しみしないと、この後がないので(笑)

kusa_haze0140520.jpg

ちょっと深いところにすんでるクサハゼ。

深いと体色が濃いことをご存知か?

水中で背びれが凄く長く見え「ん?spかな?」などと思って撮ったけど

ごく普通の、とってもきれいなクサハゼの雌でした。

hoshikuzu_beni0140520.jpg

こちらは大好きなホシクズベニハゼ。ワチュッ!


潜って写真を撮って・・・小1時間だったけどスッキリして

発散できたと思われ、あすも行きたくなっているわたしなのでした。


合間にチャチャっとね。 

1日おきに晴れるので

梅雨の合間のエンジンオイル交換。

これやってる途中で雨に降られたら、シャレになりませんので

最低3時間は晴れてくれないと困ります。

んで、雨レーダーとオヤジの観天望気によって8:40から決行。

暖気運転~オイル抜き~オイル注入 の作業を約2時間で完了。

やれやれとほっとして、お客さんの預かりレギをOHへ出しに行った帰り

オイル交換終了20分後に・・・・・大雨(ーー;) 

30分近く降っていただろうか?相当量の降雨だったけど

その後いまに至るまで1滴の雨も降っていない(笑)

oil_IN0140509.jpg
新しいきれいなオイルを注入され、
嬉しそうなエンジン(#^.^#)


だいたい梅雨の時期は「こんなジメジメはBluesでぶっ飛ばせ」

とか書いちゃって、スティーブ・レイボーンとか貼り付けていたけど

今回は、我がEric Clapton のFive Long Years

これはFrom the Cradleっていうアルバムに入っているもので

Eddie Boydというブルースマンの楽曲。

ほんとうに5年女を待ってたのかは知らないけど、製鉄所で働いていたのは本当らしい。

From the Cradleは1枚全部がブルースのカバーで、

たぶん本人が1番出したかったのではないかと思われる1枚。訳すと「揺りかごのときから」って感じ?

ちょっと古い画像でピントがボヤけてるんだけど、フレーズが格好いい。

これで梅雨なんてぶっ飛ばせ!








あぁ、梅雨は雨ばかりなり 

あたりまえのことだけど

本当によく降ります。

ここ2週間くらいは1日おきに相当な雨量で

ありこちがカビだらけ。。。

愛機Martinもハードケースへ避難させる回数が多く

Fender STRATOやLes Paulも考えるほどの湿気なのでございます。

5月はお客さんもいなくて、雨ばかりなので作業もままならず

かといって海へ行く余裕も様々な行事や雑用で阻まれ・・・ストレスがたまる一方。

いっそのこと石垣や伊江島に遊びに行きたい気分である。

5月に予定してたサンゴ産卵観察会は

卵の成熟不足のため6月に延期になりました。

ってことは6月満月後に産むってことです。

18日~21日は予約が受けられませんが、それ以前なら空きが充分あります。

ぜひサンゴ産卵ぼ神秘的なシーンを観察撮影にいらしてくださいね。

ってことで去年のクシハダミドリイシの産卵の写真を(#^.^#)

kushihada_egg0130531_20140518182507535.jpg


晴れたら大工じゃ 

昨日は快晴で海へ獲物をGETしに行ったけど

今日の晴れは、ちゃんと仕事にしないとね。

お店の庭にあるテーブルとベンチがボロボロだったので

傷んでいる部分をカットして、防腐剤塗装をしてきれいにしました。

来月からは店の庭でログ付けをするので、その準備第1弾。

ちょっと短くなって狭いけど、人数が増えたらもう1台追加できるようになる予定。

実は家で使っている同じテーブル&ベンチがあって、そっちのほうは割りときれいなので

人数が5名以上になる場合、追加して大きくします。

次の晴れた日に防腐剤塗装・・・カンナ掛けもしようかな~~~~(^。^)

照明も充実させる計画もあって、ローガンズに優しいログ付けを目指します(^。^)

Bar「OCEANUS」もよろしくね(笑)

OCE_bench0140517-1.jpg

雨風や台風、強烈な日差しでボロボロ。。。

OCE_bench0140517-2.jpg

傷んでるところをカットして
防腐剤を塗って、お化粧。

OCE_bench0140517-4.jpg

充分乾燥させて
組み立てれば、おわり。

きれいになったでしょ?

んでもって、あしたは雨(笑)



大潮になると・・・ 

春の大潮は潮位の差が1年で1番おおきい。

お昼の干潮位は-7cmである。

因みに満潮位は208cmでその差は214cm。

アンドレ並である。(223cmだけど)

こんなに低いと係留してある船の乗り降りがとっても大変なので

エンジンを掛けてから行うオイル交換などはヤリづらい。

天気もいいから作業はしたいけど、7:30から引き始めては危険なので作業は出来ない。

んじゃ、何してようかな~~~。。。って思って。

おっ、昨日海行くって宣言してたことを思い出したので海へ行くことに。。。

でも潜りにいくんじゃなくて、獲物を捕りに(笑)

春の大潮のときには島の行事さえ予定に入れないほど

みんな海へいって貝やタコを捕るのだ。

kushibaru0140516 (1)

島の裏側(北側)のクシバルビーチ。

本来は白い砂のところまで海水がきているけど、大潮はず~っと先まで干上がるのだ。

kushibaru0140516 (3)

オヤユビミドリイシかな?

完全に空気中に出てしまっている。

kushibaru0140516 (4)

サザエやシャコガイを探しているつもりだけど

見つけるのは、こんなものばかり。。。わかりますか?

ゼブラウツボ(笑)。。。他にはミカドウミウシやハナシャコなど、食べられないものばかり。

ガイドダイバーの悲しいサガでございます。


kushibaru0140516 (2)

やっとのことでツマミ分くらいは捕れました。

っていうか、その日そのとき食べる分だけ捕れれば良いと思うけど

中にはサザエを何十個も捕り、10cmしかないシャコガイも捕るひとがいる。

そこらへんとこも考えを改めないといけないとは思うけど

金に目が眩んだヤツはひとの話は聞きませんしね。

写真の黒い塊はヒッキリと読んでいるナマコで

きれいに洗って、よ~~~く茹でて味噌味で炒めると旨いのでした。


あしたは何してっかな~~。

あ、雨降らないからペンキ屋さんになるんでした(^。^)

ジメジメっと梅雨です 

ここ数日は、雨降りが1日おきにある。

んで雨が降る日は学校の行事だったりするので困るね。

今日は授業参観とレクレーション大会が予定されていて

レクはパークゴルフを阿嘉大橋の下でプレイするはずだったけど・・・雨。

代わりに学校体育館でペットボトル・ボウリング大会を行いました。。。

意外と難しくて、案外エキサイトし、楽しめたなぁ~~。

そして明日は晴れ(笑)


昨夜は八重山でサンゴが産卵したようで

阿嘉島はいつするかな~~~。

5月も予定していたけど、水温が低いので卵の成長が遅れ気味らしく

6月の予定日で児童の産卵観察会を行うみたいです。

ただし、5月産卵もまったくないという訳でもないらしい。。。ややこしい。

usagi_moumiushi0140101.jpg

コテングノハウチワ(小天狗の葉団扇)という海藻につく

ウサギ モウミウシ。。。いまが最盛期かな~。やたらといます。

あすは晴れるので海でも行こうかな~。
しかし・・・今年はヒマだ~(ーー;)





ムシムシな梅雨と Don't Let Me Down 

いくら晴れてもず~~~っとムシムシして

不快指数はうなぎ登り。不快指数の最高値っていくつなんだろうか?

気温30度、湿度90%で計算すると84.5という数字が出てくるけど

この数値の環境だと120!みたいな感じだと思いますが・・・。

こんなときは好きなことでも思いっきりやってストレスを発散するのが得策。

しかし、○○会長だとか○○理事だとかが多くて

収入のないお仕事が遠慮なく舞い込んでくるあたしには

こんな海中のシーンを思い浮かべて平常心を保つしかないのでした。


kamediver0140501.jpg

優雅に泳ぐよねぇ~~。

先日WOWOWで放送された「クロスロード・ギターフェスティバル2014」で
ジョンメイヤーがキースアーバンというひととやっていた
Don't Let Me Down が結構よかった。
Youtubeで探したら出てきたので貼り付けてみましょうね。





暑い夜をぶっ飛ばせ!

恒例の体験&移植をした 

昨日はあんなに良い天気だったのに。。。

昨夜から降り始めた雨が止まず、今日も降り続く。

湿度計は振り切り、デジカメがうまく動かないし

PCも誤作動を起こしたくらい湿気がすごい。

そんな日に中学生の体験ダイビングと卒業記念サンゴ移植をおこなった。

随分と前からの日取りだし、天気は仕方ないやね。

そんでも開始の14:00ごろは雨も止み、良い感じで出発。

中3は卒業記念にサンゴ移植をして、小3から学んできたサンゴ学習が完結した。

こんな小さな島が放つ世界唯一のサンゴ学習である。

しかも全てがボランティアと寄付から成り立っていることを誇りに思います。

ダイビング協会のみなさん、そして阿嘉島臨海研究所のひとたち。。。ありがとうございました。

サンゴ植付&体験0140513 (1)

阿嘉島臨海研究所が今回の移植のために
用意してくれたウスエダミドリイシ。

この子たちは小3から、サンゴ産卵~受精~着床~成長を学び
産卵を観察した卵から成長したサンゴを観察したビーチに戻し、
サンゴ学習を完結させた。


中学体験ダイビング0140513 (16)

水中ボンドで海底に固定させる作業。
左がうちの息子であります。
随分と小さい種苗を選んだのね。。。
あんまり小さくて、おとうさんビックリしちゃいました(笑)
大きく立派に育つように祈っています。

てことで、学校行事の報告でした。



今日の昼ご飯はインドネシアか、船橋か…(^O^) 



子どもの高校校舎で見つけたナイス(^_^)v 



冷やし中華より早い扇風機(*^o^*) 



カメのためにひと肌脱いだら・・・ 

先日あかげるまダイビング協会の総会後の懇親会で

「クバ島のビーチがごみだらけなのでカメが産卵出来ないとまずいし

みんなで行ってきれいにしようじゃないか!」ということになり

日取りを5/8に決めて、本日決行しました。

心配していた海況や天気も回復し、夏のように暑くなった午後。

総勢13名が2隻の船に乗り、1隻の手漕ぎ小型船を曳きながらクバ島へ。

すっごいゴミだらけ!

やたらとある外国文字のペットボトルや空き缶、ガラス瓶。

そして信じられないくらいあるゴム草履のゴミ。

約2時間、炎天下のなかみんなで拾って分別しビニール袋へ詰めて

手漕ぎボートに乗せてから母船へ運搬を繰り返すこと十数回。

おかげで船はゴミだらけ(笑)

kuba_gomi0140508.jpg

このクバ島のビーチはウミガメの産卵場であり

ゴミだらけでは親は産みづらいだろうし、孵った子も歩きにくいよね。

カメのためにひと肌脱いで、懸命にゴミ拾い作業をしてたら

スーツの股間が60cmも裂けてしまったのでした。。。(ーー;)


みんなで一所懸命に作業して、こんなに綺麗になりました。


kuba_east_beach0140508.jpg


わかりにくいかな?すっげぇ~綺麗になってます。

このような保全活動はだれのためでもありません。(あ、カメのためだけど)

自分達の地元のビーチでカメが難なく産卵出来るようにする。。。

それも自分達の発案で企画し運営する。

そこには報道も入らないし、ましてお金は1円も出ておりません。

やっぱり、あか・げるまダイビング協会は素晴らしいな~~~~(#^.^#)


そして明日も行くのでした。

なにかと忙しい5月 

4月の次は5月であるわけで

6月の前なので、いろいろと総会や集まりとかが多くて

夏の手前なので様々な決め事など話し合ったりする機会が多い。

普段から偉そうなことを言っていたので

そんな適正年齢になったら、いろんなところでいろんな役職につかされ

あっちこっちから呼ばれてテンヤワンヤになったりするのである。

と、いうわけで

今夕方18:00から阿嘉区の評議委員会議があって島のいろんなことを決めるらしい。

んで続けざまにPTAの理事会が19:30~ある。

これは会長であるわたしが形上収集しているんだけど。。。なに話すのかな?

あ、サンゴの産卵とグランドゴルフ大会についてだ(#^.^#)

kashiwa_nup061211_2014050716445808e.jpg

2006年12/11撮影のカシワハナダイの婚姻色写真。

水中では体がメタリック・ブルーに見えるから、とっても綺麗。

背鰭に近い部分にその片鱗がうかがえますね。

いつまでも眺めていたいものです。


あしたはクバ島のビーチクリーンをします。
海亀の産卵場を綺麗にしてきましょう!

さて、がんばんべぇ~。

祭りのあとの・・・ 

GWも終わっちゃって

賑やかだった島も歩いている人が少なくなり

ほんのちょっとだけ賑やかだったオケアノスも

お客さんがお帰りになり。。。寂しい空気が流れています。

約1週間連続で海仕事をすると体が海仕事パターンになり

日中ボ~っと出来ないようになってしまうものです。

んじゃ、なにかしようかな?。。。といっても雨なので出来ず。

梅雨の始めはよく降るのでヒマがヒマを呼ぶのでした。

さ、明日から何しよかな~~~。とか考えていたら、

PTAやら学校行事やら、エコツー関連やらで中々忙しい5月。

のんびり寛いでるヒマはありませんでした(ーー;)

明日は会議が2つ連続であって、8日はクバ島ビーチクリーン大作戦。

arimoumiushi_sp0140430.jpg

あるポイントでしかみたことないけど

きっとそんな稀なものでもないんだろうなぁ~。

アリモウミウシの1種で合ってると思うけど・・・自信なし。


またあした。


写真で綴るGW完結の巻 

待ちに待った大型連休ではあったが

始まってしまえばあっという間に終わりがやってくる。

ことしは間があいてしまいお休みが取りづらいと専らの噂で

心配していたら・・・やっぱりゲスト数は例年の7割ほどだった。

始まり当初は5/1~5/5まで好天に恵まれる予報だったけど

よく晴れたのは2日間だけで、きょう最後の子どもの日は最悪な天候だった。

東京では地震があり、沖縄は嵐のような悪天候。。。どうなってんでしょね?

ゲストが少ない分、ガイドが行き渡り・・・のはずです(笑)

撮影に良い結果が得られれば、それで喜ばしいことでございます。

misuji_suzume_yg0140505.jpg

1本目でどすこいさんが見つけた
スケルトンなミスジスズメダイの幼魚。
コンデジなんで透けてる感じはしませんが
デジ1で撮った画像なら、とっても透けてる。。。はずよん。

nadeshiko_egg0140505.jpg

とても美しいナデシコカクレエビ。
お腹にピンク色の卵がたっくさんあるね。
いっぱい産んでおくれ。

kudayagi_kumoebi0140505.jpg

普通は先端の赤いニクイロクダヤギという
クダヤギの仲間じゃないヤギにいますが(ややこしいでしょ(^。^)
これは全体的にうす~~~いピンク色の
ほとんど真っ白なヤギに生息していたクダヤギクモエビ。


usubane_umiko0140501.jpg

きょうの写真じゃないんだけど
はじめて見たウミコチョウで
「おぉ!これはなんという美しさじゃ!」と大感動。
きっと新種にちがいないとか自分勝手に思っていたけど
隣島の巨匠22に伺ったら・・・「ウスバネじゃん」ということでした。
とってもがっかりしたとさ(ーー;)


さて、GWも終わっちゃって今のところ
ひと月近く予約がありません(T_T)
サンゴの産卵もあるし、この先とっても良い季節になります。
みなさまのご来島をおまちしております。


今年の梅雨明けはちょっと早いかも!


写真で綴るGW5/4の巻 

きょうの天気予報は、くもり。最高気温は26度。

くもりかぁ~~ってちょっとテンション下がるけど

がんばって色々見せられたら曇りでもいいかなぁ~。。。

そんなこと思いながらの1本目は・・・撃沈(T_T)

2本目はやや持ち直し。。。3本目はまぁまぁでした。

オケアノスのまぁまぁは他店の「抜群」くらいある?んなことある訳ないでしょ(笑)

はやくも明日はGW最終日(T_T)/~~~   例年の半分しか出来なかったなぁ。

「1球入魂」「1DIVE全力投球」・・・年季がはいると中々できないね。

要所要所をキチっと押さえて、その合間はレイドバックして過ごす。

これが近年「ガイド森山」の目指すところなのでございます。

大好きなドラマーのスティーヴ・ガットの言葉。。。

「レイドバックするのは少しも難しいことではない。僕は自分のやっていることに気がつき、
それをはっきり認識した時、どうすれば変えられるかわかった。自分の内側を見つめ、自分に聞いてみる。
結局は自覚の問題なんだ。レコーディングしたものを聴き返してみた時、
おかしいな、叩いている時の感じと違っている、と思ったのが始まりだね。
気持ち良く叩いていたなら、そのとおりに聞こえてこないといけないからね。」

だからオケアノスはヒマ(人気が無い)なのさ(T_T)/~~~



keyari_sp0140504.jpg

ケヤリの仲間。
ピンク色できれいだったんだけど・・・(笑)

lemon_umiushi0140504.jpg

レモンウミウシに接近して
たて構図で撮ってみた。。。

herishiro_iroumiushi0140504.jpg

久しぶりに見た
ヘリシロイロウミウシ。
清楚なイメージがする。

ashiboso_benisangogani0140504.jpg


これもお久だね。
アシボソベニサンゴガニ。。。
ちょっと無理くり開けたから
怒ってる。。。ごめんよ。

さて、あしたはGWラストです。
事件事故のないようにがんばりま~す。

しかし、EANナイトロックスは疲れ知らず!



写真で綴るGW5/3の巻 

本日は今年の大型連休中最高に良い天気の日だ。

いろいろ思案して、午前中はケラマ名物の

ニシハマ浅瀬デバスズメダイのワイド撮影にしていただいた。

途中大勢のダイバーと出会いそうになって焦ったけど

名ガイドの誘いを素直にきいてくれたのでナンを逃れ

ひと気のない海を最大限に満喫していただきました。

こんな配慮も少人数でのダイビングでは可能なんだよね(#^.^#)

結局70数分も潜ってしまい、QZの見送りに間に合いませんでした。ごめんね。

午後からはお客さんもチョッピリ増えたんだけど

初っ端から世界的稀種なベラの観察撮影とかヤッてしまいました(^。^)

あしたはもうちょっとヤワく行きたいと思います。

nishihama_deba0140503.jpg

これぞ「マッタリ~」って感じだよね。
これが7月とかだったら・・・凄まじい光線で
すごい写真になってますよね(^。^)

nishihama0140503.jpg

これもよく用いる手法でございます。
気持ちの良い海・・・がテーマだね。

kagerou_kakure0140503.jpg


黄金色(こがねいろ)のカゲロウカクレエビ。
なかなかこの色はいないよ!

toumon_umiko0140503.jpg


12mmくらいあった巨大トウモンウミコ(笑)
模様がくっきりできれいだね。


さてGWのピークを過ぎたオケアノス。
あしたもがんばるよぉ~

写真で綴るGW5/2の巻 

今日は朝から気持ちよく晴れた。

最高気温も25度に達するらしいとニュースでいう。。。しかも10日ぶりだと。

東京も25度になるというから、どっちが亜熱帯だかわからなくなって来る。

去年タイ・シミランでナイトロックスを14~5本連続で使って潜ったけど

「遊び」のテンションが高くて、効果をちっとも感じなかったが

今回「仕事」で11本続けて使用してみて、始めて判った!

ほんとうに疲れない。から、体がとっても楽。

3本目でも減圧気にせず潜れて精神的にもグ~っと安定してよろしい。

ちょっと余分にお金が出ちゃうけど、払った分以上の効果が得られる。

普段でもちょっと疲れ気味だったり、過酷が予想されるときには

アマゾンとかでも販売している簡易な携帯酸素吸入器もいいとおもふ。


senaki_ruri_yg0140502.jpg

と~~っても小さいセナキルリスズメダイ。
ちょっと目がキツいね(笑)

kiberi_aka_iro0140502.jpg

キベリアカイロウミウシ。
そんなに珍しいモノでもないけど
この色合いは人気絶大。

montsuki_kaeru0140502.jpg

この時期3cm程度の幼魚はあちこちに入るんだけど
ここ数年、おとなになりきらないうちに消えていく。
結果、生息数がガクっと下がってしまったモンツキカエルウオ。
なにが悪いんだろ?やっぱりノー天気ガイドとダイバーでしょ!

isobana_kakureebi0140502.jpg

真っ赤なリュウキュウイソバナに棲む
真っ赤なイソバナエビは素敵です。

あすたもチバるよぉ~。

写真で綴るGW5/1の巻 

朝から小雨が降って、テンション下がるわぁ~~~

とか愚痴りながら準備して出発ぅ。

途中ちょっと嬉しいことがあって、ややウキウキ気分。

(たぶん)初めて見るウミコチョウとか見てさらにウキウキ気分。

ENしたらウエイト忘れてさらにウキウキ気分。。。嘘ピョン(笑)

今日はINがあるので午後から2ダイブでございました。

小雨やまないなぁ~~~。


kakureebi_sp0140501.jpg

名前のわからないカクレエビの1種。
これは雌で、卵をいっぱい抱えている。。。感じ。
知ってる人がいたら、ぜひ教えてください。

basara_kakure0140501.jpg

これはバサラカクレエビ。
特徴である目の先端がポチっとしているのがよく写っています。
こんな感じが普通・・・自然な状態ですので。
決してシダの先端などには上ってきませんから!

ayukawa_umiko0140501.jpg

今年みた中では最大級のアユカワです。

aoumigame0140501.jpg

まさに亀甲!頭も亀甲(笑)
しかも、ちゃんとシンメトリー。

あしたは晴れろ~。