そして、清須(*^o^*) 



これは・・・失敗作だな。
随分前の小次郎の舞台があったので
ちょっと期待してたんだけど。
西田敏行の出どころもわかりにくい気がするし
台詞も陳腐だった。
民放TVで放映しても、もう見ません。

休みはアカデミックに(^O^) 




同じ展示物があちこちにあったりして
インカも大事だろうけど
マチュピチュにもうちょっとスペース欲しかったな~。
学芸員がいまひとつだね。


Paul 来日記念(^。^) 

先週元ビートルズのポールマッカートニーが来日し
福岡~大阪~東京とでかいハコばかりでライブを行った。

小6でビートルズを知った時にはすでに解散状態で
ジョージのマイスイートロードがヒットチャートに並んでいた。
ちなみに「ん~マンダム」ってのが流行っていたころ。
1971年だかのころでポールのアルバム「ラム」のなかの
「3本足」等の歌詞でジョンを批判したことから半年後リリースされた
ジョンのアルバム「イマジン」の”眠れるかい?”でジョンがポールを歌詞で批判。
当時聖書のように読んでいたミュージライフに面白おかしく書かれていた。
もともと目の大きなポールに対してのジョークだったらしいし、ちょっと悪質だね。

どっちが好きか?っていうのは圧倒的にジョン好きが多いけど
おいらは両方大好きでした。

その「ハウ・ドゥユー・スリープ?」
「イエスタデイ」と共に「アナザーデイ」というのが歌詞中に出てくるけど
これは英国2位、米国5位になったポールのデビューシングル曲で
結構・・・大好きな楽曲なのである。

これ東京ドームでも歌ったらしく、大阪だかのはもうyoutubeにUPされていました。
しかもフルステージ!2:44と書いてあった。すごい。

その当時1971年くらい・・・中1かな?
リズムとメロディーで聞いていたので歌詞の意味なんて判らず
どうでも良い部分もあったんだけど、訳した歌詞読んでもガキには理解不可能でしたな。
そんで大人になって、改めて読むと・・・
ふ~~~ん・・・ってやっぱり判らなかったりして(笑)

彼女は毎朝、お風呂に入る
髪を洗うと身体にタオルを巻いて
ベッドルームの椅子へと向かう
それが、彼女の日常

ストッキングに脚を滑り込ませ
靴を履くとレインコートのポケットに手を突っ込む
それが、彼女の日常

・・・こんな感じっす。。。寂しい女性。。。かな?
まだシングルレコード持ってるはずなんだけど、出てこないや。

今日は来日記念なので英語歌詞とギターコードをつけちゃいます。
コツはG1弦の小指をそのまま移動させてB7にすることと
Em CMaj7 Am CMaj7 Em
So sad, so sad, sometimes she feels so sad

ここらあたりのベースライン(5弦)を意識して鳴らすことかな?
*なんかコードの表示が左詰めに変わっちゃった。

ポールのベースラインは面白いのでビートルズも含めて
もう1度聞いてみると楽しいかもよ。





G B7
Every day she takes a morning bath, she wets her hair,
Em Am
wraps a towel around her as she's heading for the bedroom chair.
D7 G
It's just another day.

C G C G
Slipping into stockings, stepping into shoes,
C G A
dripping in the pocket of her raincoat.
D7 G
It's just another day.

At the office where the papers grow, she takes a break,
drinks another coffee and she finds it hard to stay awake.
It's just another day.

C Am D7 G
Du, du, du, du, du, du, it's just another day.
E Am D7 G
Du, du, du, du, du, du, it's just another day.

Em CMaj7 Am CMaj7 Em
So sad, so sad, sometimes she feels so sad.
Em CMaj7
Alone in her apartment she'd dwell
Am CMaj7 Em
till the man of her dreams comes to break the spell.
E Am7 D
Ah, stay, don't stand her up.
D(#5) D6 B7 Em
And he comes and he stays but he leaves the next day.
C Am CMaj7 Em
So sad, sometimes she feels so sad.

As she posts another letter to the sound of five,
people gather round her and she finds it hard to stay alive.
It's just another day.

Du, du, du, du, du, du,...

So sad, so sad,...

Every day she takes a morning,...

Slipping into stockings,...

Am D7 G
Du, du, du, du, du, du, it's just another day.
E Am D7 G G/F C G
Du, du, du, du, du, du, it's just another day.

D(#5) ooo332
D6  000202 





またしても大時化。おまけに真冬! 

タイトルが長くて説明充分なのでタイトルだけでいいか?

そんな時もあるだろうけど、

今日はちょっとアカデミックでもあるし書いておかなくちゃね。

手弁当で阿嘉港を出航しクバ島で3箇所

昼食後に阿嘉島周囲で3箇所の計6箇所にて稚オニヒトデの生息調査を行った。

勿論、沖縄の環境調査会社が主に行うものをアシストするということだけど

自身でも食痕を探し、撮影して、稚ヒトデをGET 出来ればなお良し!ってところ。

2cmクラスのオニヒトデの子どもは普通にサンゴを食べるんだけど、

それよりも小さい、2mmとか5mmとかの稚ヒトデはサンゴモという藻を食べている。

海底の壁などの赤く被覆していて、食べた後が白く丸く残ってると近くに潜んでいることがある。

ところが同じ色でちょっと離れていたりして・・・見分けがつきづらい。っていうか判らん。

chi_hitode0131126.jpg

環境会社さんからいただいたサンプル(笑)
小さいでしょ?

で、海中ではこんな感じ


chi_onihitode0131127.jpg


ね?判らんでしょ?

こんなのを1日中探してたら
目がシバシバしちゃって、6箇所も潜ったから結構な疲労。

しかも19時から協会の定例会なのである。

タメになったような、ならないような不思議な体験でした。


そんで、あしたから明後日にかけて
またしても、大雨のあと強風になる予報で波3~4m
期末試験中で四苦八苦の愚息は
バドの大会に行けないかもしれないのでした。

かわいそうだね。

嵐が去って快晴 

昨日は1日のほととんどが大粒の雨が降り

北風なのでとっても寒かった。

そんな雨の中、後輩が船揚げたいから手伝ってぇ~~と

悲鳴に近い猫なで声でいうので雨の中手伝ったのだが

アクシデントもあって20分の作業が1時間もかかってしまい

雨でビチョビチョになって寒いし・・・こりゃ風邪ひいちゃうぞ。

と心配したけど、そのあと猫のハルさまと寄り添っていたので平気だった。

そんで、今日はものの見事に快晴で海も静かだったので

クバ島の南側と樹齢460年サンゴを見てもらった。

両方ともすごいサンゴだけど群落造形がまったく異なるので

とっても楽しめたと思います。。。そして絶賛もされましたぜ!

ガイドが上手く行くと気分もいいねぇ~~~(#^.^#)

お写真は今日出会った「重なり」2枚です。

hanabachi_midori0131126-2.jpg

テーブル状に大きくなるハナバチミドリイシ。。。だとおもう。
最近このように重なるテーブル状サンゴが少なくなっていて
見るのは久しぶりでございます。
村外業者が壊さなければ良いけどなぁ~~。

semushi_umiusagi0131126.jpg

セムシウミウサギ。
ウミキノコ類に寄生して
ウミキノコ類を食して、それに卵を産みつける。
写真は今、まさに繁殖活動真っ最中。
ちょっと恥ずかし気に頬を赤らめるふたり。
可愛いねぇ。

さてさて、あしたは稚オニヒトデの調査を行います。

すっごい雨だったぜ 

10日も前の天気予報から11/25は雨マーク。

いつか変わるものと思っていたけど11/25だけは不変。

ん?なにこの自信は?

ふたを開けてみれば未明に前線が通過して、台風並みの豪雨。

屋上とフードレンジから雨漏り。。。あれだけ降れば少々は漏れるやね。

以前から揺ぎ無い自信に満ち溢れた予報を信じて今日はお休みにしてあり

雨の寒い、くら~い海でサンゴ撮影のガイドをしなくて済んだ。

いまは有名大新聞の取材だけど、明日は稚オニヒトデ調査というのが来て

調査助手を27日に行うことが決まっている。他にも県のサンゴの調査や

様々な調査会社などからの打診があと絶たない。。。

引く手あまたで良い。なんてのとは違って収入事態はあまりないのが実情。

調査会社って予算を上手に取ってきて上手いこと人使って儲けてんだよなぁ~

だって、「いであ」はヘリもあって自家用ジェットもあるって噂だもん。

ロックスター並(笑)

今日の写真はキモいのと気持ちいいもの(^。^)

sanada_himo0131106.jpg

クロスジヒモムシ
分類:紐形動物門>無針綱>異紐虫目>バセオディスクス科
とかいう面倒くさいところにいる生物。獰猛な肉食らしい。。。ってさらにキモイ?

kumanomi_yg0131108.jpg

クマノミの子どもなんだけど
イソギンチャクの触手が
先っぽがピンクのおっぱいに見えないっすか?
男のロマン!

あしたは晴れなので海へレッツゴ~。

元気です! 

少々の所用で島を数日留守にしておりまして

完全なるプライベートなのでブログもFBもノータッチ

なんの音沙汰もないので心配になって方もいらっしゃる・・・わけないか(笑)

その昔、吉田拓郎が久しぶりに出したアルバムのタイトルに

「元気です!」とつけて出したとき、かっこいい!と思ったんだよね。

んで、真似してみました。

今日から有名新聞社のサンゴ撮影のガイドと

サンゴ学習についての取材を受けております。

初日の今日はほんとうに素晴らしい天気に恵まれ、

透明度も40mオーバーで水温も24.5~25度を超えているクバまで

この時期にしては言うことなしのベストコンディションでした。

で~も、あしたは朝からほぼ1日大雨で雷もあるかもしれなくて

風が南から北に回る。。。いわゆるカジマーイで大時化の予想。

今日3本とも主なサンゴ群や中学生の卒業記念移植サンゴなど撮影していただいた。

んで、あしたは海はお休みで学校やAMSLの取材をしてもらうことになりました。

オヤジは休み(#^.^#)


kiberi_kurosuji0131124.jpg

指先より小さなキベリクロスジウミウシ。
なんかかわいいよねぇ~

umiushi_fumei0131124.jpg

でこっちは22cm超えてるウミウシ。
名前がよくわからないので隣の島の巨匠におたずねしてます。

tokkuri_gangase0131124.jpg


トックリガンガセの真ん中。
なんかこんなとこころに撮影ヒントとかあるやもしれん。
丸いのをずっとみてたら
病気になった目玉オヤジに見えてきた。
だめだ、こりゃ。





学習発表会なう(*^o^*) 



あぁ、なんて自堕落な 

朝起きて歯を磨きながら

4年間育ててやっと咲いたプルメリアを眺めながら観天望気。

メールチェックして、ごはん食べて息子を見送って

ボケっとしながらTVみて。。。録画した「ごちそうさん」と

3つほど貯まってしまった「八重の桜」をだらだらとみたら、もうお昼。

岩合光昭の世界ネコ歩きの再放送がBSでやっていたので録画して

玉ネギらーめんと半チャーハン作って食べてから見た。

が、途中で爆睡モードになり欲望そのままに爆睡。

気がついたらもう15:30.ちょっとギター触ってたらもう16:30。

そして、いま。

あぁ、なんて自堕落な自分なんでしょう(^_^)


131021_0742~01

苦節4年。
10月もおわりごろ、ついに花が咲いたプルメリア。
ちょ~うれしかった。

花はすぐ落ちちゃうんだけど
テーブルに活けるととっても良い香りがするんだ。

あとは、タヒチの国花のティアレがいつ咲くかだね。
この花も良い香りがするらしいので、楽しみにしている。

お花好きな優しいオヤジだのでした。

あすは学習発表会。

世界初か? 

ご存知の通り、魚や甲殻はもちろん

ウミウシからサンゴ、ヒドロ虫に至るまで

海洋に棲んでる生物ならなんにでも興味があり

沖縄の田舎の小さな離島に移り住んでダイビングガイドをさしてもらっています。

魚などの分類にもとっても興味があって

「初記録・新種・珍種」という言葉にとっても弱いのであります。

いつもその3つを気にしながら海底を散策し見つけると大騒ぎ。

本気撮影から時には拉致までやりました。

以前、ベラの図鑑を作成している西山氏をガイドしたとき

気になっていたベラが現れたので「あれなんですか?」と聞いたところ

石垣(幼魚のみ)と小笠原でしか撮影されてない種で

Ammolabrus属の英名sand wrasseというベラでとっても珍しいと教えていただいた。

日本のベラ図鑑の最後の方に掲載されています。

そのベラが再び出現しており、しかも雄雌あわせて8匹ほどもいて

しかも雄が雌にチョッカイ出しているような行動も確認しています。

先日来島していた「マクロ好きブログ」のY田夫妻に撮影していただきました。

ブログには写真も動画もUPされていますが

ガイドしたという自慢をしたいのでオケのブログにも動画を貼り付けたいと思います。

そうそう、成魚の動画は世界初かも知れないんだよ~。





冷たい雨のなか 

なんか、起きたら昨夜からの雨がまだ降ってるし。。。

暗くて・・・寒い。

こんな時は潜りに行くの嫌だなぁ~って思うんだろうけど

そんなことも言ってられないのでグっと笑顔で海へいくのだ。

でも寒くて辛いので

1本目は風よけて近所ですまし。。。2本目は内海へ。

別の店から「昨日おとした水中ライト探してくれ」とか言われて戸惑ったけど

お客さんが見つけてくれたので本当によかった。運がいいね。

1本目も2本目もオケが抱えているネタの披露で何とか格好がついたけど

あれだけ強風大雨だとポイント行くのも大変なのに

船をきちんと正確に止めるのは至難の技だな。。。やっぱり浮かせたブイは必要だ。

水中は25度と高いから入るととても暖かいし、海の中の方が明るい(笑)

潜ってるととっても快適っす。

kouwan_tegu0131112.jpg

コウワンテグリの♀
タイドプールのゴロタ石などでよく見かける。
テグリの仲間にしては地味だね。

marumo_kakure0131113.jpg

マルモカクレモエビ。
最近は通年見られるようになってきたけど
台風が来ると全てが飛んでいなくなるね。
この子1週間前は5mmもなかったのに倍くらいになってるかな?
成長早い。


本日終了にてしばらくお休みです。18日から22日までは出張で島不在になります。





冬だねぇ~ 

早くも冬将軍のお出ましで

東北3県および北海道は氷点下で雪が降り

関東も群馬などは雪景色。

ここ阿嘉島も最高気温22度などといわれてるけど

実際は19度もないと思われ、とんでもなく寒い。。。

寒いからダイビングは午前中2本で終了にさせてもらった。

で、耳抜きが不得意なふる~いお客さんが2本目から参加で

水深5m以上ないようなポイント選定で、ちょ~久しぶりにウンザへ。

一時は流行ってしまいだれかれと潜っていたので環境変化が凄かったけど

今日行ってみたら、以前に近づきつつあった気がした。

転石の下の生物も戻ってきた。。。と思う。

あぁいうところは許容範囲が異常に狭いのかもしれないなぁ~。

体がピンクで尻尾が赤いコガネニセスズメ(通称RED)がいましたよん(笑)

そんなウンザから3枚。

kubiaka0131112.jpg

ここのクビアカは色が濃くて
かっちょいい。

tsubame_tanabata0131112.jpg

ツバメタナバタウオ。。。
なぜちゃんと撮れないんだろう(ーー;)

yukiminogai0131112.jpg


雪見の貝。。。って書いたけど
ほんとは雪蓑貝だよね。

大小共々パクパクして可愛い。

注:新米ガイドさんへ。
  いくら泳ぐ姿が可愛いからといって
  手などで触ると外套膜の触手?がポロポロ取れてしまうので
  触らぬようおねがいします。



1本〆 

毎年北国から来ていただいている

の~びりとAM1本PM1本の方が激しく荒れてる北からやってきた。

島に着いた途端に北風が吹き荒れ海もシケシケで潜ったらサムサム。

北風小僧だ(笑)

フェリーで到着後1本潜るというのでニシハマで〆させていただいた。

荒れた海面も海中は静寂に包まれ、魚もいきいきしている。

ちょっと暗くて、ほんの少し濁っているけど。。。

ホンでもって今日はダイビング協会の会合が16:30からあるので

文章も短く脈絡もなく、写真も1枚で済まそうとしているのでした。

hanabira_kuma0131111.jpg

丸まったハナビラクマノミの棲む
センジュイソギンチャク。。。

丸々と薄いピンクのエビが良く目立つね。

あしたは午前中のみ!



充実の日 

ず~~っと放置していた船台の修理が出来た。

阿嘉島ってなぜか船台が木材でつくる人が多くて

類にもれずオケ号の船台も木でできている。

木なので腐ったり、虫に食われたりする。

オケ号の船台が虫に食われたのは・・・かれこれ4年前だったか?

いや、5年は経つぞ(笑)直そう直そうと思いつつも

特に支障もないので放置していて・・・でもカッチョ悪いからって

去年ようやく替えの材木を仕入れて長さの調整もしてあった。

それでもやらないのは・・・支障がないから。。。じゃやらなくてもいいじゃん(笑)

でも今日ついに手を出してヤッつけましたでございます。

午前中の暑~~~い中で汗だくになりながらの作業は久しぶりで

おかげでとってもお腹が空いて、ざるそばがとても美味しくいただけました。

おなかがいっぱいになって、20分ほどお昼寝して休日の恒例「映画鑑賞」。

今日は「崖っぷちの男」。主演はタイタンの戦いのサム・ワーシントン。

ある計画のため飛び降り自殺をしようと見せかける男と、その男と対峙する女性刑事の駆け引きを描いたサスペンス。30億円のダイヤモンドを強奪した罪で収監された元刑事のニックが脱獄。ニューヨーク・ルーズベルトホテル高層階から身を乗り出し飛び降りようとする。制止しようと説得する警察に対しニックは、最近の任務に失敗して後がない女性刑事リディアを唯一の交渉役として指名するが……。

という宣伝文句の映画で、なかなか面白かったっすよ。

レンタルで迷ったときの1本。。。かな。

予告編貼っておきます。






のんびりボケっと 

約半月以上の連続勤務を終えて安堵感に包まれ

土曜日で学校も休みなので1時間寝坊した。

前夜のモツ鍋の残骸に御飯を入れて雑炊を食べて

送迎してお迎えして・・・あとは録りためたTVドラマの消化。

リーガルハイや矢沢の食わず嫌い王、都市伝説など5本ほど観たら

目がシカシカしてきて辛くなった。。。

先日中古で購入したレスポールのスイッチが配線不良のような感じだったので

トグルスイッチの半田付けをやり直した。

半田付けなんて、中学の技術家庭科実習以来なので勝手も判らなかったけど

なんとかくっ付いてくれて正常なPUの音が出るようになってくれた。

人生なんでも勉強じゃ。

seboshi_umitake0131107 (1)

ポリプの開いてるときの撮影は
閉じているときの数倍美しい。。とおもふ
セボシウミタケハゼ。

fushiude_sangomoebi0131109.jpg

ゴチャゴチャしていて
なんだか不明な感じのフシウデサンゴモエビ。
日中でも時々表に出てきてくれるので
見逃さずに、即撮。

あしたもいい天気だし
船台の修理でもしようかな~。

30号すごいね 

対岸の火事だけど・・・30号は一時895hPaまで下がって

物凄い勢力になったもんだ。最大瞬間90mだとか出てた。

セブ島を通過するのでちょっと心配です。知り合いも多いからね。

沖縄では夏日になりポカポカを通り越し汗ばむ陽気。

海も静かで、透明度もかなり良い。。。なにより水温が26度に上がったところもある。

相変わらず魚は多く見られ、ただ泳いでいるだけで気持ちのいい海でございます。

2cmのハナゴンベを見に行ったら・・・あれま、居ませんでした(ーー;)

ヒレホシミノカサゴは居てくれたのでホッとしたけど

激減したヤシャハゼは、1ペアが1組のみであとはガラ~~ンとしていました。

ん~返す返す勿体無いことしたねぇ。

本日の3本で半月以上の連続海勤務は一応終了しました。。。あとはヒマじゃよぉ。

yasha0131108.jpg

唯一のヤシャハゼ。
生き物を大切にね。

kurofuchi_umiko0131108.jpg

小さいもの対決したら
いいとこまで行きそうなくらい
小さなクロフチウミウコチョウ。

hamakuma_yg0131108.jpg


大好きなハマクマノミ幼魚。
可憐で美しい。

さ、あすからしばらくは陸仕事。

あぁ、立冬 

昨日までの東風から北に変わって冬になった。。。

カレンダーを見たら今日は立冬。なんだやっぱり冬じゃん。

でも太陽の日差しが心地よく寒さを感じないので潜っていても快適。

波もソレほどなく北側のポイント以外は無理なくいける。

それでも内海2本とクバ島へ1本。

透明度も30m超えてきてよ~~く見えるしストレス知らずに快適。

未明に雨も降って鉢植えの子たちも快適。

あしたもがんばるよん(^。^)

今日撮った甲殻3つ。

yadokari0131107.jpg

ゼブラヤドカリの1種?
この子はなんて名前だったかな?
触角が赤いドットになっているのが特徴だよ。
白い点はなんだろ(笑)

kinchakugani0131107.jpg

大人気なキンチャクガニも
ここなら撮り放題。
うしろの顔も可愛いねぇ

isobana_kakure0131107.jpg

イソバナカクレエビですけど
ホストによって実に様々な色や模様になりますが
このヤギに着いているのが一番好きです。

明日は晴れ!

くもりのち・・・激流 

今日は未明から雨が降って

ず~~~っとくもり。時々小雨がパラついた。

でも東風なのでちっとも寒くないから少々の雨でもへっちゃらさ。

1本目は卵を産んでいないトウアカを見に。。。とっても穏やかな表情でした。

2本目はカメ狙っていってみたけど、1匹もいませんでした。外したのは久しぶり(笑)

3本目たまにはダイナミックに。。。と思ってサクバルの鼻へ。

潜水時間が30分超えたあたりから徐々に流れが強くなり

10分後にはとっても強くなってきて

そのまた10分後はシモゾネよりもキツい流れになってしまった。。。

もうちょっとで危ないところだったぜぇ~~~。

この潮流は2度目だけど「理由」が未だに見つからないんだよね。

単なる潮時のズレではなさそうなんだけど。。。

tomon_umiko0131107.jpg

随分大きなトウモンウミコチョウだなぁ~
と思って撮ってみたら、2個体くっついていました。
前が大きいやつで後ろが小さいやつ(^。^)
もうちょっとでこの子たちの季節だねぇ。

sumitsuki_yg0131107.jpg

スミツキベラの子どもはパンダ。
そしてクリーナー。

ホコラ状のくぼみ等で普通に見られる。
目立つし、撮影も容易なのでみんなも覚えてね。

30号が出来て31号も出来そうで
楽天が優勝したのは結構なことだけど
あの監督には勝たせたくなかった(ーー;)

さらに好天は続く・・・ 

昨日はレアなベラの繁殖活動に出会って

お客さんが撮った画像は日本初じゃないのか?

とか言いながら有頂天になってみました。

みなさんお帰りになり、男子2名のゲストとしんみり潜っております。

3年ぶりに来島したら1本目からレギは使えず、

2本目にはカメラのトラブル。。。やっぱり1年に1回は潜れってことじゃないですかね?

3年ぶりだから3年分のトラブルがあったりしてね(笑)

風も弱く、波も穏やかでちょっと濁ってるけど安定して良いし

今週阿嘉にくるのは良い感じだと思われます。

panda_tsuno0131105.jpg

人気のあるパンダツノウミウシだけど。。。
こんな角度で撮ったら、細胞をいじられて変になってしまった
ホルスタインのようだ。

chibi_hanadai0131105.jpg


ニシハマのアザハタは釣られて居なくなってから(笑)
初めて見るチビハナダイ。
可愛いよねぇ~~~。

因みに「ちび」とは小さいことだけど
沖縄では「けつ(尻)」のことです。


連休最後も快晴(^。^) 

くもりのち雨、ところにより雷を伴い激しく降る。

ってのが予報だったけど、未明に降ったっきりで1滴も降らなかった。

きょうもいい天気で太陽がいっぱい。。。お客もいっぱい。。(^。^)

午前中2本まではフリーガイドの浅野くんに手伝ってもらい

じつにスムーズ?に仕事がこなせた(笑)浅野君助かったよぉ~。

内容もオケアノスらしく出来てよかったと思う。。。

そして明日からはちょ~少人数であちこち潜ります。

akahara_yakko0131104.jpg

ケントロピーゲっていう属で
あちこちに固有種がいて凄く面白い属。
これはアカハラヤッコ。。。
この子の白目っぽい感じが可愛さを打ち消してると思うんだけど。

hanagonbe_yg0131104.jpg

ご健在な20mmハナゴンベyg
ちょ~~~美しい。

kashiwa_♂0131104

こちらはカシワハナダイ。
♂の婚姻色っぽいヤツです。本気のじゃないやつ(笑)
それでもめちゃ綺麗。

あすからは船の上もいつものようにガラガラ。
お好きに浸かってください。

1番の好天だったね 

きのうも快晴夏日でよかったけれど

今日のほうがより暑く、陽射しも強かったような気がする。

天気がいいから海の色も綺麗で、透明度も高く見えるし

なんといっても全員の気分がよい。っていいことです。

太陽さまさま。

ひとり、またひとりとお帰りになりますが

ボートの上が大変賑やかにさせていただいております。感謝感謝。

大潮で流れも気に掛かるところでございまして

ポイント選定に苦労しますが。。。そこらへんは馬耳東風に内海3本。

いろんなものを見て撮って観察して、楽しかった・・・ね?

kamisoriuo0131103.jpg

でっかいカミソリウオ。
久しぶりにみたなぁ

madara_iroumiushi0131103.jpg

こいつも久しぶりだった。
マダライロウミウシ。
バフバフさせて歩くのが可愛い。

sedaka_nisesuzume0131103.jpg

セダカニセスズメ。

ニセスズ振のNo.1とNo.2がお目見えなので
ひとつくらいニセスズメを出しとかないと叱られちゃう。。。
ちなみにあたしゃNo.3(^。^)

あすは北風に戻ってちょいと寒いらしい。。。
でもがんばるよん。


ひっさしぶりの快晴 

台風が台湾の南を通り過ぎ、高気圧が張り出して

沖縄もやっと雨の北風から脱却し、南東の暖かい風と太陽の恵みを得た。

水温は同じだけど全然寒くないから不思議である。

気温もグングン上昇して28度。夏日だ(#^.^#)

今日は午後からちょっとした団体がいらっしゃるので

それまでに少人数でしか楽しめないところへ。。。

そこでは今年初のエビを見たり、期待しないカメが延々と見れたり。。。

天気がよくて透明度が高ければ、それだけでも十分って気もしてるこの頃。

togarimoebi_sp0131102.jpg

今年初のトガリモエビの1種。
隣と裏にはカゲロウカクレエビ。
とんがってて嬉しかったぁ~~

shimaori0131102.jpg

シマオリハゼも一見地味だけど
背鰭にはこんなスジがあったりして
意外と美しい。

hoya_sp0131102.jpg

ウルトラマンに似ているホヤで有名。
ひとつひとつみんな違う表情しているので
結構ほほえましくて和む。

あしたもがんばるぞ!

ケラマ・クライシス 

今日朝1本目でガヒ島海底砂漠へ行った。

ここはみんな知ってるように、ヤシャハゼの撮影で有名。
日本一浅くて、日本一寄れる 場所である。
そして日本での発見場所でもある。。。はず(笑)

度重なる地元ガイドの質の悪い誘いによって
常にダイバーが巣穴の上を泳ぎ巣穴を塞ぐ。
いつか砂漠からヤシャが消えると訴え続けていたが
ついに今日1匹も見ることが出来なかった。。。

弱小ながら、その場に居合わせればスレートに
「巣穴をつぶさないで」と書き続けてはいたけど
それが止むことはなかったのでした。
このブログでも散々書いて来て・・・Z島のガイドは良く見てるはずだけど・・・

去年の台風で砂が大量に削がれて激減したので
ちょっとは懲りて大事にするのかと思ったけど
そんなことはなかったようだ。

ただ連れて行って写真を撮らせたらソレでいいのか?
周囲の環境に気配りのないカメラダイバーを育ててないか?
ちょっと流行れば・・・例えばニシハマのトウアカ。
草がフィンで蹴られてひどくなってないか?
おれは潜るたびにサボテングサのゴミを取って新芽が生えやすくし
ひっくり返ったシロガヤを戻し、エビやカニのホストが絶えないように努力していた。

自分も含めて、もう1度襟を正すときが来た気がする。


で、天気も最悪な今日も元気に3本いきましたよ~。

kanidamashi_sp0131101.jpg

和名はまだ付いてない?
このイソギンチャクにしかつかないので
レアなカニダマシです。

kudagonbe0131101.jpg

ここのもかなり知られてしまったね。
2匹居たけど1匹は行方不明。
ヤギもどんどん縮まっていくし。。。見てられない(ーー;)

simulans0131101.jpg


いつみても小さくて可愛い
シムランス。。。意外と撮り易いんだよ。

あしたからちょっと混みます。