復活!なのか? 

朝はちょっと曇ってたけどソレほど寒いわけでもなく

やや東よりの風が強い程度だった。

その人はQZでやってきた。

むかし、旱魃状態だった座間味村のダムを満杯にした女。

ある日からちっとも雨が降らなくなり晴ればかり。

台風さえ逃げていくありさま。。。雨女返上し晴れ女に格上げ!

それから5~6年ずっと晴れ女だったけど・・・ついに今日雨を呼んでしまった。

本当に復活なのか、おいてけぼりの怨念か(笑)

ということで、秋風も吹き付けるなか雨も混ざってきて

死ぬほど寒い今日の午後から2本でした。 キツかったぁ~

monja0131031.jpg

砂の上でジっとしていた
モンジャの子ども。

sarasa_gonbe_yg0131031.jpg

サラサゴンベの子どもなんだけど
イソギンチャクの中を自由に出入りしていた。
はじめてみてちょっと驚き。

hirehoshi_mino0131031.jpg


例のヒレホシミノカサゴです。
夕方暗くてナイトの写真みたい。


あしたの午後はもうちょっとマシかな?

秋風が身にしみて 

”泣き虫なのは、あなたのせいよ”と

風は秋色」で松田聖子は歌ったが、寒がりなのは誰のせいなんだろうか?(笑)

水温だって25.7度とかあるし気温は20度は楽にアル。

まだOW駆け出しのころ、雪の降る葉山芝崎で

5mmツーピースで潜っていたとは・・・今となっては伝説である。

25年来の古いお客さんがお帰りになり

25年来の古いお客さんがおひとり残ったので

無尽蔵に書き込まれたリクエストに応答するべくポイントを選定。

見事に87.5%の達成率でお応えしのでした。

fukami_suzume0131030.jpg

リクエストされていたフカミスズメダイ。
通常水深35m以深からの出現で
リクエスト対応がやや難しいが
このポイントは30mでお見せできる。

tatejima_yakko_yg0131030.jpg

1番のリクエストではないかと思っていた
ハナゴンベの幼魚をガイドして撮影している合間に
見つけたチョ~~~可愛いタテジマヤッコ幼魚。4cmくらいかな(#^.^#)

white_chip0131030.jpg


リクエストとは関係ありませんが
迫力あるホワイトチップの流し撮り。

あすは午前中送迎で午後から2本の予定でございます。



風向き変われば 

しかし、寒い。

気象庁発表の最高気温が25度だったか?

でも実際には20度くらいしかない。

あすの発表は26度となっているが別の、気象庁以外の予報は23度。

こんなことまで水増ししてるのか?と思ってしまう。

首都圏が16度くらいなので「沖縄はやっぱり暖かい」と印象付けたいのか?

何回でも書くけど、ちゃんと正確な数字でやろうよ!

てな訳で寒いわけです。

水温は25.7とかあるみたいで、寒いだなんて罰当たり・・・と言われていますが。

60分超えるともうおじさんは耐えられなくなり「お先に~」(#^.^#)

今日もいっぱい潜ったねぇ~~~。


いっぱい潜ったから今日は4枚。

kobushime0131029.jpg

天辺にいたコブシメ。
じ~~~っとしていたんで
岩に成り切っていると思われます。
大きくなって産卵してねぇ~

kanzashi_yado0131029.jpg

巣穴の周囲が青かったので撮ってみたけど
思ったほどではなかった。。。

akanehaze0131029.jpg

久しぶりにみたよぉ
アカネハゼ。
20cmはありそうな大きく綺麗な個体だった。

nise_nettai_yg0131029.jpg


ネッタイにしては色が薄いなぁ~
と思って撮ってみたけど
顔の部分にニセネッタイと同じような紫の斑紋があるので
眼状斑のないニセネッタイ幼魚と思われます。
可愛いね(^。^)


あしたも晴れ?
でも寒い?
張り切っていくよぉ~

やや和らぐが・・・。 

風は相変わらず強いんだけど

太陽がしっかりと顔を出したのでそれほど寒さは感じず

1本、2本と順調に潜ったはいいが、3本目は流石に寒かった。

やはり夕方16時も過ぎると太陽光線が極端に傾いてかなり弱くなる。

3本目はやっぱりお湯がひつようだな~と持っていったものの

みんなどうしてるんだろう?などと隣の小野22の船を見ていたら

しっかりスーツの中にお湯らしきものを注入するゲストが見えた(^。^)

あぁ、生き返るねぇ~などと言うのであった。


今日は・・・も・・・エビとデニス。

nadeshiko0131028.jpg

とても美しいナデシコカクレエビ。
ホストの触手とか絡むと一味違って見えますな。
なんでもかんでも触ってイジって動かして撮ってるモノにはない
自然な可愛らしさや美しさが出ると思います。

denis_pygmy0131028.jpg


台風にも負けず
元気で居てくれてありがとう。
お陰様で仕事がとてもスムーズです(#^.^#)

あしたもがんばるニャン。




ル-・リード死す 

1965年にヴェルヴェット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground) を結成、
ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにあるカフェ・ビザールを拠点として
演奏していたところをアンディ・ウォーホルに見出されたことから、
ウォーホルがプロデュース、ジャケットを手がけた
歴史的アルバム「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ (画像)」をリリース

41kkpMmJkFL__SX180_.jpg

ロックにおける芸術性や文学的な表現の可能性を切り開き、
自身の特異な芸術的衝動に従うことで半世紀にも渡りロック史に影響を
与え続けたルー・リード(Lou Reed) が27日死去

英紙・ガーディアンがTwitter上でルー・リードのエージェントである
チャールズ・アーサー(Charles Arthur) に確認、
死因は現在明らかにされていないが、AP通信によると、
5月に受けた肝臓移植の関連の病気が原因という。

 ニューヨーク出身。60年代半ばからジョン・ケイルさんらと一緒に
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとして活動し、
ギターとボーカルのほか、作詞作曲も担当した。
67年には、ポップ芸術家の故アンディ・ウォーホルさんの支援を受けてレコードデビュー。

商業的にはほとんど成功しなかったが、「ヘロイン」「毛皮のヴィーナス」など、
前衛音楽にも影響を受けたメロディーと、麻薬やセックスを正面から取り上げた
歌詞を組み合わせた曲が話題となり、多くの音楽家に影響を与えた。

2つの記事をあわせてみた。

生意気にも中坊のころからこんなのを聞き漁り
ろくなオトナになる分けないと思いながらも聞き続けた。
所持している3枚のアナログレコードは、一生の宝物だ。
1975/7 初来日のサンプラザでの1曲目 Sweet Janeは死んでも忘れない。

合掌。。。そして、ありがとう。

fadf94d638f1e2c78004b32c7fc30d1a874cf0891382899175.jpg



この凍えた体をあたためてぇ 

気温24度、水温25度、晴れ。

って書くと暖かくていいなぁ~なんて声が聞こえてきますが

これに北風が7~8m吹き付けていると体感温度がグ~っと下がる。

風速1mで1度下がるというから、6m吹いてたとして気温は18度。

50分以上潜ってからのコレは相当キツいです。

あしたはもうちょっとマシかしら?天気図見るとマシな気がする。

そして遥か南にはまたしても台風の卵が・・・・マジかっ(ーー;)


寒い寒いと言ってもみなさんちゃんと潜ってくれるので

とっても助かります(^。^)

ニシハマ~アダン下~アマBでした。ちょっと濁っています。


今日はハゼとエビ。

kusahaze0131027.jpg


ちょい内湾の泥砂底12~40mで普通に見られる。
しかし、このナンともいえない輝き加減はとても魅力的。

hitode_yadoriebi0131027.jpg


青抜きで撮ってみました。
大きいほう(右)はメスで卵をぎょ~さん持ってはりました。
↑関西風だとなぜかねっちこい感じが出る(笑)

さ、あしたも張り切っていくよぉ~

どんでん返し! 

のろのろフランシスコのおかげで

まるまる4日間(22日~25日)交通機関が停まってて

家にも島にも食料などがなくなっている。

台風も去って、波浪警報も解除したことだし

相当無理してでも13時発のフェリーは出すだろうと。。。思っていたら

あれあれ~検討中とのこと。何を検討してるんだろうねぇ~

オヤジはてっきり、渡嘉敷村との出すか出さないかのお話し合いかと。

渡嘉敷村が出せないときは座間味村も出さないでね。

って密約があるという噂を聞いたことがあったからさぁ~。

で、しばらくしてから欠航のお知らせが届いた訳だけど

夕方聞いた話では渡嘉敷のフェリーは出たらしい。。。と小耳に挟んだ。

あれ?2村で協定結んでたんじゃないの?

座間味村のフェリーも出せたんじゃないのぉ?

まさに、どんでん返し!

さて、フェリーとは関係なくうちのお客さんはヘリコプターで来島し

14:30から前浜で1Diveして楽しみました。

北風が強くて、上がったら寒い。まるで冬のようでした。。。

お客さんは「なんて暖かい海なんでしょうか」と言っておりました。

kai_egg0131020.jpg

葉っぱに何かの貝が卵を産んでる場面。
ミニホラガイのような感じ・・・です。

nishiki_yakko_yg0131026.jpg

ニシキヤッコの子どもの目は
ピエロのようです。

あしたは3本いきまっせ。

日常が戻りつつも・・・ 

フランシスコがあまりにも近くてグズったので

ずっと波も高くて雨も多く降った。。。

今日は朝から鉢植えを元に戻して、窓を洗ってきれにしたり

車にもシャワーを浴びせて、網戸まで洗った。

そして船も午前中に下ろして明日からの仕事の準備は万端。

って感じなんだけど、フェリーすら明日は出ないかも知れない。

もともとのタイムテーブルが那覇発13時なので無理して出して欲しい。

5日間も止まるといろいろなモノが足りなくなってくるけど

一番困っているのは・・・ハルさまのおトイレの砂(笑) ヤバいっす。

あした船来なかったら誰かに分けてもらうのに島中彷徨うようだ。



akahimeji0131012.jpg

ドロップオフの棚にいるアカヒメジの群れ。
こんな場面に出くわすと、つい撮ってしまいますなぁ~
撮ってから「なぜ撮ったんだろう?」と後悔したり・・・

kurosujiisohaze0131003.jpg

やや内湾気味のサンゴの発達したリーフエッジや
流れのない穏やかなハマサンゴなどの周辺でよく見られる
クロスジイソハゼ。
途切れ途切れの白い斑点と赤色帯がよく目立つ
体長25~35mmほどの小さなイソハゼ。

繁殖期には雄同士が雌を取り合うような争いをよく目にします。

これに似た・・・ニセクロスジイソハゼっていうのがいて本当にそっくり。
類にもれずニセのほうがやや美しく感じるけど・・・(笑)

見分け方は至って簡単で
画像上示してある黒い点が1つなのが本家クロスジで
2つあるのがニセクロスジイソハゼでございます。

あぁ、どうにか明日フェリーが出ますように。


いつまでいるの。 

フランシコったらいつまでいるんでしょうか?

16:50現在でまだ北にゆっくりと進んでいるだけで

ちっとも東に向いてくれない。

おかげさまで海上の時化は26日にまでおよんで村民運動会は中止。

船は22日~26日の5日間も止まることになる。だから22日出しておけばいいものを。。。

オケアノスも来るべきゲストが来られない事態に陥っております。

首都圏にお住まいの方もどんどん遅れていって

26日の朝から日中は長い時間影響を受けそうでございます。

お気をつけください。


今日はエビ・・・とハタ。

benten_komon0131012.jpg

ご存知ベンテンコモンエビ。
後からのショットだけど
ちゃんとこっちを見てるところがいいね。

tsuchihozeri0131013.jpg


最初なんだか判らなかったけど
近づいたら・・・ツチホゼリだった(笑)
下に居るナガサキスズメダイが同じポーズなのが微笑ましい。

あぁ、あしたも休みだ(T_T)

フランシスコさん 

1327-00.png

15時現在 こんなところにこんな状態で居て

丸1日いるらしいです。。。

ん~やっぱり「藤原効果」なんだろうか?

とりあえず鉢植えを全部車に避難させて・・・大事なプルメリアもね。

軽いもので飛びそうなものは仕舞って。。。

あとはカレー作るだけかしら(笑)

今日はエビを2つ。

odorikakure0131021.jpg

ご存知オドリカクレエビ。
透明な体に青入り白色斑点がステキなエビ。
いつも目があっちとこっちを見ているのが可愛いね。
よく動くから撮りにくいエビです。

moshio_sp0131019.jpg

ショウガサンゴの枝の間などにいるエビ。
名前は・・・不明。
ファイル名はモシオspにしてあるけど・・・なんでしょ?

あした24日。。。25日も船は出ナイっぽい。
そして26日は村民大運動会でしたが
船が前日にでないので準備が出来ず、中止かも。

だんだん台風っぽくなってきた(ーー;)

台風対策したけど・・・ 

どんどん寄ってくる27号と28号。

昨日よりは離れた予報になったけど

それでもちょっとずれたら暴風域になりそうなくらいに近い。

沖縄気象台の思惑もわからないではないけど・・・

明日の午前中で充分間に合うと思うけど

朝から大雨だったら外出るの嫌だし、いまやっておいた。

今夜は19:30からD協会の理事会で、あしたは村内航路が欠航決まっていて

給食ないから息子のお昼御飯も作らないとね。

カツ丼食べたいっていってたな(ーー;)材料はあるから作ってあげるか。

なんだかんだと忙しい主夫なのであります。

昨日まで潜っていたお客さんは人生初のヘリコプターで那覇へ。

助手席に座ったのでびっくりしちゃったけど・・・自ら言ったのかな?

とっても楽しそうだった。。。みなさんも台風のときは是非ヘリコプターで!


hidoro0131021.jpg

夏も終わろうとしているこんな時
小さなヒドロ虫など撮ってみてはいかがでしょうか?
最近、ヒドラーが増えております。

nagasaki0131021.jpg


とある深い場所・・・といっても30m付近・・・では
ナガサキスズメダイの色が黒っぽく、尾びれの後縁に黒い帯がある。
同じ水深でも青っぽいのもいるし、ミナミイソに似てるのもいたり、
よくわからんぞ!ナガサキ。

さて、台風はどこへむかうんでしょうかね~。

あ、首都圏にお住まいの方も充分に警戒してくださいねぇ。





どんどん寄ってくる 

27号も28号も沖縄にどんどん寄ってくるんですけど・・・

大陸の高気圧が張り出してるから

そんなに寄らないと思ってたら・・・なぜか随分と近づくね。

仕方ないから(笑)船も陸揚げしてしまいました。

島のほとんどの店は折り返しのフェリーでお客さんを帰したようで

午前中にはたくさんの船が陸揚げされていました。

オケアノスは今日3本頑張りましたよ。

昨日の新記録クボイを撮影したくてバシャバシャのニシハマへ。

しかし・・・見つかりませんでした(T_T)

まぼろしぃ~~~~

でも3本目に行ったサクバルでハナゴンベのチビを発見!

最高に可愛いハナゴンベのygに大喜びでございました。

komachi_koshiori0131021.jpg

ウミシダにしがみつく
コマチコシオリエビ。。。かゆいのっ!って感じ?

hoshikuzu_benihaze0131021.jpg

あごの部分が白かったので
ホシクズ以外のベニハゼだと思ったら
ホシクズベニハゼだった。。。やだね老眼は。

hanagonbe_yg0131021.jpg

体長約20数ミリのハナゴンベ幼魚。
コンデジなのでうまくタイミングを合わせられなくて・・・
あぁちょい正面が撮りたい(笑)

さてさて、あしたは船出せるけど
フェリーも出さない気かしら?

初記録だよん 

猛烈な台風27号も気になるけど

いまを一所懸命にやらなければ!

っちゅ~ことで、あっちこっちへ行けないにしても

十分楽しんでいただけたと自負する本日。

1種目は駄目でしたが、2種目のピグミーは見せることもできて

ガイドはとても喜んでおります。

絶倫トウアカもいっぱい産んでいたし、樹齢460年も生き生き。

50分過ぎるとちょっと寒くなるのも楽しけりゃ気にならんばい。

toaka_egg0131020.jpg

絶倫トウアカ。。。父の背をみて育つ(#^.^#)

denises0131020.jpg

理想の形に近い感じで撮れた。

Ancylomenes_kuboi0131020.jpg

これケラマ初記録かもしれないなぁ~
和名はなくて、、、アンキロメネス・クボイだと思われます。

honey0131020.jpg

樹齢460年とハニー。


あしたまでは普通に潜れる。。。よね?

フランシスコの影響もなく 

いくら猛烈な台風でもあんだけ離れていれば

影響なんてあるわけないのに・・・ウネリが出てきたっていう。

ちょっと違う気がしますが、ことを荒立てるのもなんだし。。。ね。

兎に角ヒドい台風なので十分な警戒が必要であります。

そんなことより、今を楽しむべく、クバ島は南へ行き

ダイナミックな地形とか青くて透明な海を堪能し

浅いサンゴいっぱいのところで

スカシテンジクダイと戯れ、タイマイを追ったのでした。

あぁ楽しかったねぇ~。

honey0131019.jpg

透明度が良いとダイナミックさも格別だ。

PICT0990.jpg

追いかけてはならぬ!
とかいうけど短距離ならみんな追ってるさ~


nijihagi0131019.jpg

ニジハギっていいますが
こいつって顔変だけど
よ~くみると美しい模様だと思わない?

あしたも晴れろ!

フランシスコのやつ。。。 

まだ遥か遠いなぁ~とかノンビリ構えていたら

10/20にはなんと920hPa、最大風速55mで瞬間は75mなどと書かれているぞ。

前日の26号にして「本年度最強」とか報道されていたけど

それより強烈なのが本土に上陸するかも知れなくなってきたじゃん。

このまま紀伊半島~静岡に上陸とかしちゃうってググッと曲がったら

首都圏は右半円に入るから・・・エライことになりますねぇ~。

今後の台風の進路に要警戒です。

阿嘉島はすっかりウネリもなくなり、風は北で涼しいけど

日中は太陽が出てきてポカポカでした。猫のハルさまと居眠りもしてダラダラです。

あすの午後からは海のお仕事。楽しみですねぇ~

来年って辰年?

ピグミーもいいけれど、タツノハトコもいいんじゃない?

tatsunohatoko0130906.jpg

画面には2匹いるんだけど
どれがどれだかよくわからんよね(#^.^#)

あしたは何が見れるかなぁ~

つぎがお目見え 

やっと26号が去ったと思ったら

早くも27号が見えてきた。

まだまだ遥か遠くだけど、26号と似たような進路になると予想していますね。

名前はフランシスコ。サンがついたら思い出になります。ザビエルがつけば伝導します。

10/20の時点で935hPaと数字を出してきていますので

かなり強烈な台風だということになる。。。でもまだ20度線を超えてないからね。

強風域が1300kmにもなる大型にならない限り阿嘉島には影響ないと・・・

思っているけど、10/20にならないと判りません。

でも若干大袈裟な予報円だったり、進路方向もやや首都圏よりにしたりはします。

これから来島を予定している方は慌てずにジックリ対処しましょうね。


すごくヒマなのでボケッとTV見てたり、本読んで居眠ってたり

映画はあまり良いのがないので・・・ノンビリと過ごしています。


今日は9/5に撮った「捨てられない1枚」

yamisuzuki_yg0130905-2.jpg

なんだか判らないでしょ?
これヤミスズキの幼魚で30mmくらい。
とっても小さな個体で、ヤミスズキでこのサイズははじめて見た。
んで、興奮を押さえて撮ったんだけど・・・
真横の写真は5枚全部ピンボケだった(T_T)
たった1枚ピンが来たのが、この正面顔だったのでした。
捨てられない1枚がまた増えてしまいました。。。幼魚は緑っぽいんだよん。

umiushi_kakure0130929.jpg


んでこっちはいつ捨ててもいいくらいたくさん撮ってる
ウミウシカクレエビの子ども。
オヤジの指と比べても、ちっさいねぇ~。

あすたは潜りに行ってみようかな?

一過の青空 

でも北からの波はまだ高くて全便欠航

あしたはフェリーが動くと思います。

台風通過中は風も吹かないし雨も降らないし

特にやることもなく退屈でしたので何も考えなくても良さそうな

スタローン主演のエクスペンダブルスなる映画を1、2と観ましたが

ん~~~映画館で観なくてよかったぁ。

という映画で、よくコレにお金出したもんだと感心してしまいました。

週末に来島するゲストのために船を下ろして何処か下見に行ってこようかしら。。。

先日のピグミーも気になるところですが・・・。

hachimaki_date0131001.jpg

割と多いハチマキダテハゼ。。。
繁殖期の雄の尻ビレは素晴らしく美しいでございます。

nuriwake_kawahagi0130915.jpg

ご存知?ヌリワケカワハギ。
この子のヒレの付け根や先端部分の青や黄色などの
鮮やかさは広げないと写せませんが
一体いつ広げるのか・・・みたことほとんどありません。

あしたは、なにすっぺ?


哲学的昼食(^_^) 



すごいのが向かっています 

暴風域が400km以上で強風域が1300km、950hPaの40mで瞬間は55m

とかいう台風26号が首都圏に向かっています。

16日の未明からは時速55kmで飛んでいく予報なので

突然嵐になったりするのでとても危険だけど

みんな寝ている時間かしら?ん?でも出勤時間に通過するのかしら?

都内で宿泊しちゃう人もいるんでしょうけど、十分ご注意ください。

暴風警報とか出ちゃうんだろうなぁ~。交通機関は・・・大変(ーー;)

それに比べて阿嘉島は・・・

時折突風が吹くけど、波もそれほどなく、雨も降らず・・・・良い天気(笑)

定期船だけが欠航で、ヘリもセスナも忙しそうに飛んでいます。

あしたはフェリーが出そうだなぁ~~~よかった間に合う(#^.^#)何が?ってか。

oran_yg01301012.jpg

とあるところでクサビライシをひっくり返したら
下からオランウータンクラブのちびが出てきた。
目が真っ赤でかっこよかったなぁ~

kakure_yg_0131012.jpg

カクレクマノミの子どもですが・・・
こいつは♂と♂予備からイジメられています。
成長して♂になるのを止めるためにイジメて
餌をあまり摂らせないようにしているのでした。
詳しく知りたい方は、現地フィールドにてガイドいたします(笑)

あすたは何すっぺ?

そして、誰もいなくなって 

台風26号の大雑把な予想のおかげで

みんな帰って行ってしまいました。

海は昨日より透明度がよかったそうです。。。が、波は高かったらしい。

今日はフェリーが折り返し運航だったけど

ヘリコプターは朝から夕方まで忙しく何往復もしたようです。

ヘリコプターってなかなか乗るチャンスがないから

滑走路を走らず、垂直に上昇する感じは1度体験すると良いと思います。

さて、明日から数日お休みですけど

船も揚げちゃったし何してようかな~~~。

joe0131002 (2)

ちょっと深いところに居るジョーフィッシュ。
餌待ちしているようだったけど
胸張って格好良かったので1枚撮ってみた。

kobushime_yg0131013.jpg

20cmくらいのコブシメの子ども。
大きいものは60cmを超えることもある大型の甲イカ。
早春から春にかけてサンゴに卵を産むことで知られているが
食べたらメチャ美味しいことはソレよりも有名で
ダイバーが見たと聞くと漁師は即行で捕獲に行くので
人前で「コブシメいた」と言ってはイケマセン(笑)

ケラマジカの鳴き声が本格的になってきた。。。秋だねぇ~



まぼろしぃ~~ 

26号の円がまたもや大きいのと

940hPaとかにまで成長すると書いてあるので

やっぱり皆明日のフェリーでお帰りになることになった。

まだ20度線も越えてないのに波は4~5mで明後日は6~5mとの予想になっている。

でもこれは東海岸のことで西海岸はたぶん3mくらい。。。風も12mほどでしょうな。

それでも帰れないとキツいのでみんなお帰りだけど

これが「阿嘉島にいけない理由」のひとつと20年以上いわれ続けている。

直行便じゃないまでもジェット旅客機が飛んでれば・・・・。

しかし、それ故に大手ホテルの建築はなく、

入場者は限られ自然破壊も少ないってことにも通じてるのでナンとも複雑である。

今回300本のアニバーサリーを無理クリ決めてはみたけれど

急に明日の船で帰ることになり14日3本潜れず297本で終わるM嬢。

ラストダイビングの水中で「まぼろしぃ~~~」と言われてしまったのでした。

来年ちゃんと300本になってもケーキ出したげるから必ず来てね(^。^)


300thkinen0131013.jpg

記念撮影。

300thakushu0131013.jpg

記念撮影後のお祝い握手攻め。
この数時間後には滞在中の達成不可能になるとは・・・
まさに「まぼろしぃ~」

ABCnishihama0131013.jpg


でもニシハマの海は変わりなく
きれいなのでした。

rurihoshi_yg0131013.jpg


最近、多くていつまでも見られる
ルリホシスズメダイの幼魚。
スバッシッコクて撮影は難しい。

denises_pygmy0131013.jpg

キチャナイごみだと思ったら
Denise's Pygmyだった。
5年ぶりくらいに見たかなぁ~~。

連休も1日早く終了してしまって寂しい限り。
今夜は打ち上げだね(#^.^#)


いと楽し。 

朝もハヨから8:10出航して怒涛のように潜り倒した本日。

東風がだんだん強くなってきて

26号の影響も徐々に見えてきた感じ。。。

沖縄気象台はもっと正確に、細かな予報も出して欲しいなぁ~。

台風が本島東側を通過するときは

「波 本島東沿岸4~5m、西沿岸及び慶良間粟国2~3m」

っていうのが欲しいんだよなぁ~~~。一緒にされたら堪らん。

この波風の予報で一喜一憂している現状を訴えたい!

東の強風にもめげず

PICT0910.jpg

こんなダイナミックなところに行ったり

taimai0131012.jpg

タイマイと戯れてみたり

akamehaze0131012.jpg


宝石のような
可愛い魚をみたのでした。

あしたもがんばるよん。

今夜はノビノビだった阿嘉の納涼祭。

アニバーサリーの嵐 

うまいこと2つの台風が行ってくれて

今の2つの台風も右に左に避けてくれそうでうれしい限り。

毎年10月の連休に来てくださるABCダイバーズの面々も

夏のような快晴の空にご満悦である。

さて、今回のツアーはなんと900本、700本、500本、300本とキリ番記念ダイビングだらけだ。

事前に伺っていたのは900本だけだったのでビツクリ。

うれしい驚きではあるのだが、もっと前から聞いていたら何か準備したのに。。。

台風でWINEの入荷が遅れているのが気になる。

兎にも角にも大事な連休がよいスタートで切れたので万々歳なのでした。

900th0131011.jpg

花ちゃん 900本おめでとう。
次の1000本も一緒に潜れるとうれしいなぁ~

isoginchakuebi0131011.jpg

オーソドックスなイソギンチャクエビ♀。
ちょっと色が薄くて赤っぽくないですか?
卵も赤っぽい気がします。

mrumi_kakure0131011.jpg

あの23号をやり過ごした奇跡のエビ。
台風の波が1番当たる箇所に生息しているんだけど
ちゃんと元気でちょ~ビックリ。
ホストと一緒に撮ってみました。。。なんてね、暗くてピンが来なかったの(ーー;)


さ~あしたもがんばるぞ~~


よき日なり 

台風23号の暴風雨でネットのアンテナが水没したようで

徐々につながりにくくなっていき昨日はついにつながらなかった。
 *阿嘉島は島全体のネット接続が無線LAN

こんな困ることはないので早急にNTTさんに修理に来てもらった。

フェリーで車ごと来るので屋上へ登ってアンテナをアッシーで交換し

室内機の設定を書き換えればOK。サクサクとつながるようになった(^。^)

NTTが修理しているときベランダを見たら迷い鳩が手すりに止まってるのが見えた。

hato131010.jpg

足に赤いタグと番号の書かれたタグと2つ付いていたのでレース中?

それにしてもうちを止まり木にしてくれたってのがちょっと嬉しく感じた。

そして宅急便屋さんが待ちに待ったモノを届けてくれた。

revolver131010.jpg

去年購入したリボルバーのポスターをイカしたフレームで飾ろうと思っていたけど

A1のフレームの気に入ったモノがなかなかなくて、あってもバカ高いし、

もう普通のアルミでいいや。と思ってもニトリにさえ置いてなかったのだ。

で、やっぱりアマゾンで探したらそこそこのが見つかった。

それが今日届いたので早速飾ってみたのでした。これも小さく嬉しい。

3つ目は・・・写真にしてもあまり表現出来なかったからないけど

高知から「新高なし」というとっても大きな梨が送られてきた。

オヤジが片手でつかめないくらいデカくて、初めてみたのでびっくりこいた。

このデカさで「とっても甘く、高貴なかおり、きめ細かい肉質」という。

今夜とっても楽しみだぜよ。ありがとう!とっても嬉しい。

hirenagahagi_yg0130907 (2)

最後はなんの脈絡もなく
ヒレナガハギの子ども。

可愛いねぇ~


あしたからはちょっと忙しくさせていただきます。





強い子 


暴風雨にも負けなかったうちの万歳サボテン(*^o^*)
台風で機器故障によりネット不通。本日はこれにてお仕舞い。

やっと日常にもどる 

10/3の午後から23号でお客さんを那覇へ送り出したり

船を揚げたり、ショップと家の台風対策を施したり

本番の5日には停電し蝋燭の炎の中、屈辱の敗退を味わい

6~7日には次の24号の心配をしながらゴロゴロぐだぐだとしていた。

やっと今日船は通常に全便運航し息子も登校、愛艇も海に浮かんだ。

待ちに待った日常が帰ってきた(#^.^#)

そして本日は寒露という日で季節風の北風が吹き始める日。

サシバという猛禽が南へ渡る途中で羽根を休めるのが見られ始める日。

一昨日くらいからケラマジカの泣き声も聞こえてき・・・秋になるってことです。

寂しいなぁ~・・・もう台風は来るなよぉ!


今日は似たもの同士の区別の仕方

kurosujisukashikinme0130915.jpg


この時期になるとキンメモドキの群れもだいぶ減少しますな。
ちょっと寂しい感じになったりしているけど
ある日「またキンメの幼魚が湧いてきたねぇ~」とか言ってるひといませんか?
よ~く見てくださいね。似てるけど全く違う魚かもしれないよ。

クロスジスカシテンジクとキンメモドキは見た目とっても似てる。
一方はテンジクダイで一方はハタンポの仲間。
体の形が細いのと太いのと・・・判りますか?

そして顔のところに黒い線があって、
尾びれの上葉下葉に1本づつ線があるのがクロスジスカシテンジクダイ。
テンジクダイなので♂が口に卵をくわえてる(キラキラ光ってるのが卵)

上記の線がないのがキンメモドキ。

よく目を凝らせばきっと区別がつくと思うよ。



台風?なんのことでしょうか。 

16:40現在台風24号は

非常に強い
存在地域 与論島の南東約50km
中心位置 北緯 26度40分(26.7度)
東経 128度40分(128.7度)
進行方向、速さ 北西 35km/h(20kt)
中心気圧 935hPa
中心付近の最大風速 50m/s(100kt)
最大瞬間風速 70m/s(140kt)
1324-00.jpg

と、こんな状態でこの位置にいるようです。。。

が・・・阿嘉島では時折15m程度の突風が吹いたり

思い出したように雨が降る程度でちっとも台風らしくありません。

恐らくは中心が右(東側)に地図上だと2~3mmずれているか

黄色と赤の円が2~3mm小さいかのどちらかではないかと思います。

これは沖縄気象台の常套手段でノンビリ屋さんの県民に警戒心を持たすため

わざとズラシたり大きくしたりします。

ちゃんとしてるとき(前の23号)もあるので厄介ですが(笑)

ま、このまま風も雨も大したことなく通り過ぎると思われます。

右半円にあたる奄美大島や屋久島方面の方は充分ご注意ください。

あしたは船も全便通常運航する可能性が大きく、島の船もみんな下ろすだろね。

でも大したことなくてイガッタなぁ~。

marugazami0130903 (2)

砂から出ているハナブサイソギンチャクの棲む
マルガザミとオドリカクレエビ。

ハナブサイソギンは猛毒なので決して触らぬように。
むかしむかしはイソギンチャクを棒とかで突いて
引っ込ますガイドがいっぱいいたけど・・・さすがに今は見かけないね。

nadeshiko_7_0131003.jpg


ナデシコカクレエビがいっぱい。
全部で7匹写っていますね。
あと4匹くらい居るので11~12匹ほどの大所帯。
クリーニング希望の魚がひっきりなしにやってきます。

さて、週末の連休は
是が非でもスンナリと行きたいものです。




矢継ぎ早とは 

久々にキツい暴風雨だって昨夜。

長時間の停電にろうそくの明かりを頼りに

カレーライスを食べて、息子と将棋を指したら・・・

初めて負けてしまった(ーー;) 23号のバカ野郎!

しか~し、またまた間髪いれずに24号がやってくるので

リベンジのチャンス到来なのである。

でも、停電はしないと思われるので将棋は指さないなぁ~

TVがあればTVばかり見てるモンね・・・そんなもんだ。

明日の本島中南部の天気予報は、

東の風 やや強く 後 北の風 非常に強く 
くもり 昼前 から 雨 所により 夕方 から 雷を伴い 激しく 降る
波 5メートル 後 10メートル うねり を伴う

5~10mってところが酷さを物語ってるでしょ?

なんつたって、時速35kmですっ飛んでくるんだもん。早いってば。

これで来週末の連休を無事やり過ごせたら・・・ラッキーだね。

今日は・・・だいだい色と青の生き物を2つ。

teeda_zebura0131001.jpg

これって何時名前がついたんだっけ?
ティーダゼブラヤドカリでよかったっけ?
サンゴサラサエビだかの抜け殻を食してるところ。
とても綺麗なヤドカリです。

hibashi_youji0131001.jpg

こちらはヒバシヨウジ。
ヒバシって火箸なのかな?
鮮やかなオレンジとブルーだけど
ティーダヤドカリもヒバシヨウジも暗がりを好んで生息している。
この色彩はどのように役立っているんだろうか?

また明日もゴロゴロしているっきゃないし
もう1kg太りそうだわぁ~。


停電ナウ 



かなりキツい 

ひさびさの暴風域!

1323-00.png

赤い線がとても太い(ーー;)

電気が途切れ途切れなので
これにて終わります。

無事を祈っていてください(^。^)