最近じゃ1番の天気 

朝から風なく、太陽はサンサンと照り

猫のハルさまも全身に太陽光線を浴びてビタミンDを作製。

息子の登校時間とオヤジの仕事開始時間に余り差がないから

なんだかず~~っとバタバタしている。

50何度目かの誕生日だというのに、相変わらずの男組だ。

海は日増しに良くなってきている。

透明度は30mを超え、水温は28度をキープ、風が弱く天気良し。

こんな素晴らしい状態なのだが・・・数日後には台風が迫ってきそうだ。

ほんとに感じ悪い。

そんな先のことより今を楽しむことに全力を傾けるオヤジであった。


kudagonbe0130930.jpg

昨日ガイドしようと思ったけど
先にZ島の船がいたので遠慮しといた。
で、今日行ってみたら・・・
この子の住処の真新しい折れたヤギが散乱してた(ーー;)
ん~やっぱりあいつマナー悪いなぁ~

toaka_egg0130930.jpg


トウアカを見に行ったら
産卵真っ最中だった。
こんなのが当たるってのもガイドの資質かね?(^。^)
それともお客さんのツキ?

あしたもがんばるにゃん。

波高し 

よ~く晴れて太陽光線も強く

セミもたっくさんガシガシと時雨て夏そのものだけど

南からのウネリが消えない。。。っていうか出てきた。

昨日は奥武島へいけたのに今日は行けず。。。ウミキノコ平原が見せられなかった。

新しいテーマを得たご婦人は、とっても活き活きとしバシバシ撮影。

船に上がって来た顔は少女のように輝いておりました。

ガイドも嬉しゅうございます。

ヤマブキygがいつもの場所に来た!やっぱりひと月遅れてるね。

yamabuki_suzumedai_yg0130929.jpg

いとしのヤマブキスズメダイさま

やっとのお越し、ありがとうございます。

odori_haze0130929.jpg

なぜか昨日から1本目でメチャ出ているんですけど・・・
昨日から4個体目。。。

simlans0130929.jpg

3つ一緒にしてみました。
これ以上は、無理です(笑)

あしたはもうちょっとマシ!と願う。

雨とか降っちゃって 

朝からスッキリしない空模様。

時々は太陽が顔を出し、夏のようになるんだけど

また厚目の雲がやって来ては太陽を隠す の繰り返し。

そのうち雨が降ってきて、ちょっと肌寒い。

そういえば、ここ2~3日朝晩もちょっと肌寒いなぁ~

やな感じ。

さてきょうもきょうとてテーマに沿ってのガイド。。。(^。^)

ウミヅキチョウは見つけられず・・・

ウミショウブハゼ、ウミテングなどをガイドしつつ

コクハンアラyg、ナポレオン、ホワイトチップやホシクズベニハゼなど。。。

umishoubuhaze_sp0130928.jpg

漢字で書くと、海勝負!(笑)
本当は海菖蒲。

umi_tengu0130928.jpg

漢字だと海天狗。
安いコンデジではちゃんと写りませんね。
実にヘンテコな魚です。

kokuhanara_yg0130928.jpg

コクハンアラという成長すると1mを超えるハタの幼魚。
40cmくらいまではこの模様でシマキンチャクフグの擬態をしている。
写真の個体は6cmほどで、これくらいだと擬態しているなって実感。
あまり大きいとね。。。「食われないでしょ?」って思っちゃう。

20年前はほとんど見かけなかったけど
15年くらい前から徐々に見られるようになってきた。
数が増えたんでしょうねぇ~(^。^)

あしたもがんばるよん。

テーマに沿って行います 

今回いらしていただいたお客さんは

何年も連続してご利用いただいていて、もう20回目だそうである。

足を向けて寝られないし頭が下がる・・・下げっぱなしでございます。

毎回テーマをもっていらっしゃる。つまりリクエストがハッキリしてる。

旦那さまはビデオカメラで奥様はデジタル一眼レフでの撮影です。

今回のテーマは、旦那さまが「ウミのつく生物」で

奥様が「可愛い幼魚のおとな。と、ヒレのユニークな魚」。

今日は、ウミキノコ、ウミタケハゼ、ウミウサギや

ヒレホシミノカサゴとマルスズメダイ、ケラマハナダイの尾びれをガイドしました。

満足がいったのでしょうかねぇ~(^。^)ログ付けのとき聞いてみよっと。

あしたはウミヅキチョウチョウウオさがしてガイドしよっと(^。^)

テーマとは関係ないものもガイドします。

nise_akahoshi0130927.jpg

ポイントでは滅多にみられない
ニセアカホシカクレエビ。
ブルーの斑紋に特徴のあまりない腹節の斑紋(笑)
目と目が線で結ばれていない。などで区別がつきますね。
おなかに卵を抱卵中。


shako_gai0130927.jpg

シャコガイの噴出孔。
模様が個体で結構な違いがあって
楽しくて綺麗だよね。ハゼとか乗ってると更に美しい。
これも褐虫藻という植物が共生していて光合成を行っている。
なんかSF映画に使われていそうな模様と形状だ。

この子たちは水を吸って養分を得ているので
水をきれいにします。。。獲らないように。

あしたは、あまちゃん最終回(T_T)/~~~

今日も今日とて 

いよいよ「あまちゃん」があと2回で終了ですねぇ~

しかし、こんなに流行るとは思ってなかったな。

だいたい天下のNHKがおふざけチックなクドカンに依頼するなんて考えられないもん。

出演している役者たちの顔ぶれったら凄いけど

薬師丸ひろこにボケさせ、秋葉原を上野に代えてパクり

劇中ふざけた歌詞の歌を平気で歌わせて・・・小物ひとつにしてもパロディで・・・

こんな楽しい朝ドラはもう2度とないでしょうなぁ~(^。^)

アベサダが悔しがってるって聞いたんですが、本当でしょうかね?

さてさて、あたしゃ午前中に明日からの準備。

船に燃料いれて、タンク積んで、

水垢でくすんでいたキャビンにワックスしてピカピカにして出航準備万端。

夕方にお迎えしただけで本日のお仕事はおしまい(^。^)


たまにはハゼでも・・・

date_sp3_0130907.jpg

2匹とも似ているけど
↑は腹ビレに赤いスジが1ほんづつあります。
ダテハゼの1種の3というヤツですね。
あまり多くは生息していないけどいるところにはいます。

dandara_date0130907.jpg

こちらはダンダラダテハゼ。
水深18m以深のガレ場なんどで見かけますが
決して多くはありません。
段だら模様とかが名前の由来?
段だら模様って新撰組の羽織の三角が連続しているような模様のことらしい。。。
で、あごのところ見て。
赤い三角っぽいのが並んでるでしょ?
それのことだと思うんですけど・・・(笑)

さ、あしたからまたしばらくガイド仕事(#^.^#)

土いじりは楽し 

折角の爽やかな北風なので

裏のミニ花壇と玄関前の花壇の雑草を刈った。

裏の花壇には以前からバジルを植えていて

春に植えたものが草から木になり枯れて、

落とした種が発芽しているので周囲の雑草を取り除いてあげた。

丈夫そうなものを5本ほど残したので、またバジルが山盛り採れるね。

そのときふと気付いた・・・ついにうちのプルメリアに花の茎が伸びてきた!

苦節4年・・・小さな、細い枝からメートル超えをし、ついに、ついに

待ち望んだ、夢にまで見たプルメリアの花が咲くのだ!

で、大変だったのは玄関前にはびこった芝である。

剥がすのに結構な労力でビッショリと汗をかかせてもらいました。

そして耕して球根・・・なんだっけか?(笑)をいろいろ30球ほど植えてみました。

鹿にやられず発芽したら結構立派な花壇になるはず。

こちらは海中の花(^。^)

iboyagi0130922.jpg

イボヤギで良いと思うんだけど・・・
この種は♂の精子を♀が受けて体内受精し
幼生になるまで体内育成させます。
時々黄色い触手の中を泳いでいたりするが見られるので
今度よ~くみてみましょうね。

kudasango_sp0130915.jpg

こちらは菊の花のような
クダサンゴの仲間の触手。
美しいですな。。。

あ、あしたも半分やすみだ(^。^)

のんべんだらり 

風もどんどん弱くなり

波も徐々におさまってきた本日。

相変わらずの快晴で気温は30超え、

午前中スコールが降って湿気が最悪を除けば至って快適。

朝のQZ1便の送迎を終えてダラダラと過ごし

お昼に、いまやほとんどの日本人が知ってるかもしれない「まめぶ」を食べ

最終週に突入した「あまちゃん」を観、続けて「八重の桜」にいって

映画「リンカーン弁護士」を観て1日が終わってしまった(笑)

題名からして面白くなさそうだけど、これが中々面白かった。

時間があってレンタルするときには思い出して借りてみてください。

あしたも快晴だけど、あしたもお休み(^。^)

kuroobi_suzumedai0130914.jpg

黒い立派な帯から 「クロオビクズメダイ」
日本ではあまり見かけないけど
どこかのポイントには必ず1匹いる。。。そんなスズメダイ。
この子はもう3年目くらいになるかな~

hamakuma_yg0130914 (2)

クマノミの中では
ハマクマノミの赤ちゃんが一番可愛いと思います。
2番目はカクレクマノミかな~。

撮るタイミングが難しいので
出来るだけたくさん撮ってくださいね。


またあした。

しょっぱくて甘い 



ずっと台風なのか 

やっと南からのウネリが小さくなって来たと思ったら

東風が強いの何のって・・・20号の風じゃんね。

ウネリこそ届いていないけど

この強風は結構キツいです。

気温は31度、水温29度で真夏仕様ではあるけれど

19号の濁りがまだ取れていないので透明度は20~25mと悪い。

でも魚はたっくさんいるので潜っていても楽しいのだ。

今日で終わってしまったオケでは珍しい20代の女子2名は

物怖じせずに「男岩に行きたい」とか「鹿みたい」とか

「展望台に連れて行って」とかハッキリいうのでオヤジは「あ、はい」と

ふたつ返事で行ってしまうのでした(^。^)

水中でも楽しかったり嬉しかったりがいつでも直球なので分かり易く

とっても楽なのでした。


今日はちっちゃいもの特集(笑)

kiberi_kurosuji_umiushi0130923.jpg

こんな小さなキベリ見たことねぇっす。
指動かしただけで飛んでいくだよ。

akame_haze_yg0130923.jpg

やっと増え始めてたアカメハゼ。
いる所には極小シラスのような子がいっぱい。

tatsuno_hatoko_yg0130923.jpg

なにしても
見た目にならないので
思い切ってモノクロにしてみました。

どうでせう?


明日から数日お休みでちゅ(#^.^#)

摩訶不思議な・・・ 

昨日より風も強く、波も高いと思うんだけど

高速船の1便を出した。。。っていうかすべての便が通常運航だった。

外は相当なウネリだと思うんだけど、よく出せたもんだなぁ~。

しかも、渡嘉敷も全く同じ全便通常運航。

いい加減話し合って決めるの止めないか?

波高4m以上は出さないようにとのお達しがあったように聞いているのだが。。。

やれば出来るなら大事なときにちゃんとヤッてくれよ。船舶課!

で、内海でも強風と波との戦いを強いられる中3本いってまいりました。

初心者もいたので海面重視で、アダン下~ギナ~さばく。

ま、どこもそれなりな透明度と水温でしたが・・・さばくではヤシャがいませんでした。

オケ宣言の「ヤシャが1匹もいなくなる日」も近いなぁ~と実感。

そのうち「海底砂漠がほんとに砂漠になる日」も・・・あると思います。

悲しい位ひどいオーバーユースです。

timai0130922.jpg

カメ見に行ってみたら
タイマイが1匹現れてくれた。
相変わらず凄い食欲だこと・・・。

akahoshi_kakure0130922.jpg

Hな感じところに
アカホシカクレエビ。。。

あしたも行くよぉ~




海の御願 

台風19号が遥か南で大暴れしている20日。

17:00伝統の神行事 海神祭がおこなわれた。

タツノジョーの裏手にある神社の拝所(ウガンジュ)の前に

白装束に身をかためた神人(カミンチュ)が獲れた魚や酒を

神にお供えして豊漁・安全祈願をする。

海神祭0130920 (1)

kajinsai_aigo130920.jpg

1度茹でてから煙で燻す。
カーカスって呼ぶんだけど「乾かす」なのかな?
とても美味しいし、年に1度の楽しみ(^。^)

海神祭0130920 (5)

阿嘉区長がみんなを代表してカミンチュにご挨拶。

撮っているあたりからズラっと海人や

ダイビング事業者が大勢座っている。

もちろん目の前にはアイゴの燻製とブダイの刺身(味噌和え)とビールがある。

厳かに、そして坦々と進んでいき

飲んで踊って、踊って飲んで・・・・。

そして大雨が降るのでした(笑) ちょっと二日酔い(^。^)

ウサギが発達して 

当初はすんなりと台湾の南へ向かうと思っていた19号ウサギ。

発生直後に高気圧に抑えられ停滞しのが運のつき

西へ20km/hで進まずに・・・「ゆっくり」。

そのうち980,970と下がり続け、21日はついに910hPaで「猛烈」になるとの予報。

瞬間最大風速は75mである。。。こんなのが来たら大変だ!

そんなウサギが20日から22日にかけて八重山を通過し台湾南へ進む。

阿嘉島からは結構離れているけど波は伝わってくるので

22日いっぱいは強風高波になると思われ・・・折角の連休も、オジャン。

憎きは台風19号ウサギ。。。。トマト煮にして食ってやる!


atohikitenjikudai0130915.jpg

こちらはアトヒキテンジクダイ。
目の縁が青くてエラの横に赤い点がよく目立つ。
尾びれ付け根の黒点は小さい。。。

kuroobi_atohikitenjiku0130915.jpg

こちらはクロオビ(黒帯)アチヒキテンジクダイ。
有段者のような名前だけど、黒くて太い帯が特徴。


この2種は案外容易に区別がつくけど
アトヒキの尾びれの黒点が大きいものは「ダマシ」になり
エラ横の赤点が黒くなるとフタホシアトヒキテンジクダイになる。

あぁ、なんてややこしくて楽しいのだろうか(笑)

イシモチ倶楽部でした(^。^)

連休は休み・・・かな~(T_T)/~~~


やっと観ることができました(*^o^*) 



得した気分 

7月中旬以来約2ヶ月ぶりの那覇。

娘の世話も久しぶりである。

今回の那覇行きの目的は軽油免税手続きと

オケラのグラス棚が壊れそうなのでニトリで調達。

CDラックはカラーボックスみたいなのしかないので

ネットで探すことにした。。。重いしね(笑)

那覇は相変わらず車社会で空気が不味い。

潮焼けで赤いチャラい髪は明日散髪の予定である。

先ほど近所のスーパーへ買い物に行ったら

スーパー内の薬局で懐かしいものを見た。

130917_1807~01

サトちゃん(^.^)

デパートの屋上とかにある
お金を入れるとウィンウィンと上下に動くアレであるが
「体重30kgまで」ってのを見つけて
なんだか得した気分になったのでした。

那覇は忙しいねぇ~(笑)

毎日良い天気。 

ちょっと北風が強いけど毎日快晴。

内地は18号の影響で物凄い雨が降ったりして

台風被害のないことを祈っております。

体験ダイビングを含む、大学サークル先輩後輩の3名を

ガヒ島とザマミ島のポイントへおつれして

本日午前中で一旦仕事はおわり、週末までわずかな休日。

那覇へ行って、潮焼けしたチャラい髪を散髪して

娘と外食でも出来ればいいかな。。。映画はいまなにやってんだろう?

ちょっとはノンビリしたいですが。。。

仕事もあまりないのでそんな悠長なことも言ってられないのであった。

kerama_hanadai0130916.jpg

ケラマと言えば、ケラマナハダイ。
なぜか八重山では少ないらしい。
英名はピンクバスレット。

kusahaze0130916.jpg

この妖艶な、淡い光のハゼはクサハゼ。
梅雨から初夏にかけての婚姻色は素晴らしい。

diver0130916.jpg

先輩、なんだか楽しそうですねぇ~


明日は那覇へ。。。
その前に船のオイル交換(笑)

今週は旧盆(獅子舞)があって海神祭があって。。。
行事が目白押し(^。^)


9月は台風月間だ 

18号は浜松あたりから東京、栃木方面に向かうようですね。

40km/hとかですっ飛んでいくので

急に風が強くなって危険ですから充分ご注意くださいね。

自分のいる場所のピンポイント予報などをシッカリと確認して

安全にお過ごしください。外出しないことが最も安全です。

そして19号・・・は台湾の南へ向かっていくようで

それまでは20度線を超えない予報になっています。

ってことは沖縄にはあまり影響がないってことです。

20号はあっち向いてホイ的な方向へいくような予報ですな。

ってことは、順番からいうと21号はうちんとこかしら・・・(ーー;)

9月の終わりって・・・デカい台風がくるからねぇ~~~。

阿嘉島もどんどん風が強くなってきて、クバ島はもう駄目で

前浜とかサクバルとかが静かな・・・まるで冬のような状態でした。

うちはノンビリとダラリと潜って楽しみました。

ao_umigame0130915.jpg

正面からガツンと行っても
じっと我慢のカメでした。

yukatahata_yg0130915.jpg

ユカタハタの子どもは
キンギョハナダイに擬態します。
ハタの子はみんな可愛い~

simlansu0130915.jpg

でた!
毛だらけの天使(笑)

mijun0130915.jpg

何万匹ものミズンの大群と遭遇!

どえりゃ感動したでよぉ~~~。

あしたはファン2名と体験1名(^。^)

夏に戻ったと喜んでいたら 

朝のうちは南東の風が吹いていたので夏のように暑く

水温も28度超えをキープしているし、絶好調だね~。

なんて安心していたら何時の間にやら風が北に変わり

ちょっと過ごしやすくなってしまった。。。

なんだ一昨日あたりに夏に戻ったと喜んでいたのに

もう秋に逆戻りかぁ~。。。ま、そのおかげで18号は内地に向かうんだけど。

そんなに大きくも強くもないのでそれほどの被害はない気もするけど

取りあえずは台風なので、通過経路付近の方は充分ご注意ください。

*TVのワイドショーがいちいち海岸とか港とか来て
波が当たって砕ける画を撮るのはやめて欲しいのです。

ケラマ阿嘉島は至って普通に潜れるのでみなさん喜んでいるようです。

でも・・・19号はどうかな?(笑)

本日も絶好調で3本~~~~(^。^)

hanagonbe0130914.jpg

青抜きのハナゴンベ。
いい感じでしょ?

hirehoshi0130914.jpg

ややレアなヒレホシミノカサゴ。
繁殖的お近づきな関係のようで
さらに貴重な2ショットをいただきました。


fushiude_sangomoebi0130914.jpg

とっても久しぶりに撮った
フシウデサンゴモエビの♀。。。バカボンじゃなかった(笑)
緑と赤できれいなエビでございます。

あすたも絶好調でいくぜぇ~



いまのはそっちだけど・・・ 

台風18号が発生したねぇ~

おらぁテッキリ大東の横を通過して四国に行くもんだと

勝手に思い込んでいたけど、小笠原から北上とは。。。

高気圧も弱ったもんだ。

これでいまいるゲストは無事全日程を終えて変えることが出来る

が、17日から那覇へいくつもりでいたけど・・・

次の19号の行方がまだ見えないので行くに行けない状態になってしまった。

大きくならないで弱い台風ままフィリッピンを横断して欲しい!

そんな感じの西太平洋上の天気のお話でしたが

ちょ~快晴で真夏が戻ってきた阿嘉島ではジッとしていても玉のような汗をかき

動けば滝のような汗が噴出す陽気。

せめて潜って涼もうと思ったら、クバ島ったら水温30度もあった。透明度は40m超え(^。^)

奥武~ニシハマ~クバ島の3本でした。

soft_coral0130913.jpg

あたり一面のソフトコーラルは見事としか言いようがありません。

garasu_haze_egg0130913.jpg

卵を守るガラスハゼ。

antonbrinii0130913.jpg

クリアクリーナーシュリンプって
アントンブリニイでいいんだろうか?
卵抱えてるね。

kinchakugani0130913.jpg

人気者のキンチャクガニ。
やっぱり自民党幹事長にみえちゃうぜ(笑)

あしたはどこで何をみようかな~~~。

今日も雑用に翻弄され 

昨夜は夜の部がお休みということで

ゆっくりとTVでも観ながら一杯やってようかと思っていたら

TV観ながらぐっすりと眠ってしまいました。。。オヤジだな(笑)

未明から雨が降り、朝は気持ちよく晴れたので湿度が異常に高く

空気が重いこと。。。

昨日車のガソリンを入れ忘れてしまい、朝1番8:30に給油し

お客さんの荷物を取りに行き、フェリーで生活物資が届くので港に車を置いて。。。

そして出航~~~。目的のポイントは潮流激しく諦めて別のポイントへ(ーー;)

どうにかこうにか2本潜って午前を終えて昼食休憩後に3本目へ。

座間味の裏へ行っては見たが、想像を絶するほど濁っていて頭抱えたけど

キビナゴに助けられたかな(笑)

帰港後、今度は船の燃料(軽油)を閉店時間ギリギリで入れられて。。。やれ安心。

長いことステイしてダイビングをしていただいたねーねーさんが明日お帰り。

お疲れ様でした。また11月ね(#^.^#)

chigyo_taogun_maja0130912.jpg

突然目の前に現れた
シラスのような稚魚の大群。。。中央の黒い部分は密集度が高い
頭上の雲のようなものがすべて何かの稚魚。

すごかったなぁ~

matubaginpo0130912.jpg

3本目に見つけた
マツバギンポ。。。

hana_kuma0130912.jpg


ハマクマノミの子どもは
いつみても可愛い。。。

さてさて、あしたも入れ替わりで海仕事だよん。

午後は降るねぇ~ 

昨日から北風から東風にかわって

朝晩の肌寒い感じはなくなった。

今日は日中も暑くて、真夏に戻ったような陽射し。

海中はやや濁ってはいるけど25m以上の透明度を維持。

水温はこのところ下がっての27.5~26.0度間を推移しているようで

ポイントによってかなりの変動があるみたい。

寒~いポイントと暖か~いポイントがあるってことです。

本日ロングステイのねーねーさんはカヤックで島流し・・・島渡りだった。

ムカラクで楽しんだことでしょう。。。

うちは突然の来客があり大喜び。

今日は午前中クバ島とレーザービームの2DIVEのお仕事でした。

kuba_east0130911.jpg

素晴らしい景観のクバ島です
魚だらけって本当に幸せっすねぇ~

yokoshima_nisemochi0130911.jpg

こんな珍しいベラも
20mあたりで見られちゃうなんて。。。
ヨコシマニセモチノウオ。

odori_haze0130911.jpg

しかも、朝っぱらから
オドリハゼも出ちゃうし。。。

laser_beam0130911.jpg


最後はこんな光線の中。

宇宙船が迎えに来たみたい(笑)


あすたも海だよん(#^.^#)

ちょっと崩れてきたかしら? 

今使っている腕時計が、Gショックで

そこには気圧の表示があって、一昨日は1016とかの数値だったのが

1014とか1013とって段々下がってきた。

今日の午後は1012まで下がったので雨でも降るんだろうか?

なんて思っていたら、思いっきりカタブイにやられてしまいました。

どうせそんなのオマケ的に大雑把な数値でしょ?とかね、思うでしょ。

結構普通にデキテルんだね。

快晴だった朝は奥武島のオーバーハングへ行き

昼にバッテリーを積み替えて、あぁやれやれコレで一安心のあと

午後2本はクバ島でウガン以上のスペクタルショーを体験し

あさ~い根でスカシテンジクに癒されたのでした。

水温低くて50分過ぎると寒いねぇ~。DIVE TIMEが40分のお店がうらやましい。

oou_overhang0130910.jpg

オーバーハングでキンメモドキに夢中なねーねーさん。

ama_deba0130910.jpg

デバスズメダイが乱舞する中
頭上のアオウミガメを見る

kurosuzume_yg0130910.jpg

ワイドばかりもなんだから
船の下にいたクロスズメダイyg。

sukaten0130910.jpg

太陽とスカシテンジクダイっていいよねぇ~

あすたは午前中のみ(#^.^#)

新品はいいね(^O^) 


これで安心して仕事が出来る。

風弱く、ベタ凪にて縦横無尽 

毎日北の弱風でち~っとも暑くないので

汗をあまりかかないからビールがあまり美味しくない。

9月でこの状態は大問題。

沖縄の9月は真夏じゃないとイケません。

あさってから東風に変わるし、ちょっと期待したいですね。

でもまぁ、連休明けに何やら台風発生のい兆しが出てきました。

折角那覇へ行こうと思っていたのに。。。

まだ先の話なのでどのような状態で発生するのか、進路勢力も不明。

その先はきっと九州四国あたりへ流れていくかもしれないので

天気予報は要チェックです。

さて、そんな先のことはどうでも良いとばかりに

一面のソフトコーラル畑を散歩して、小さくて可愛い魚たちと戯れ

大群に囲まれながらハゼやカニを堪能した3本でした。


soft_coral0130909.jpg

ソフトコーラル畑って魚は少ないけど
形状が様々で見ていて楽しい。
意外とカラフルだしね。

karappa0130909.jpg

砂地の斜面で出会ったカラッパ。
すぐ潜っちゃうので撮るのが難しいっすね。

kongou_fugu_yg0130909.jpg

以前、撮影したコンゴウフグygと同じ個体で
成長した姿でございます。
ちょっと角が生えてるでしょ?

isobana_gani0130909.jpg

真っ赤なリュウキュウイソバナに棲む
イソバナガニ。。。ホストにそっくり。
ポリプが開いていると見つけられません。

あしたもヤルよぉ~~

すっかり秋っぽく・・・ 

朝晩はやや涼しくて・・・

いや、朝はちょっと肌寒くて・・・すっかり秋。

今日は日中晴れていて夏だったけど

午後3時以降はちょっと曇ってきて寒さを覚えてる。。。

やっぱり沖縄も秋が早いんだろうか?

ちっ!つまんね~の。

でも日中は夏なので張り切って潜ります。

本日は、リクエストだった縦ホールのところと

クバ島北のトンネル。。。とマンタ狙ってギナ行って見ました。

マンタ?    狙いは外れました(^。^)

tate_hole0130908.jpg

まるで誰かが掘ったように垂直な縦穴。
真夏の陽射しが差し込んで綺麗&ダイナミ~~ック。

kudayagi_kumoebi0130908.jpg

体が5mmにも満たないクモエビなども
ちゃんと撮影アシストします。

kuba_kita0130908.jpg

そしてトンネルの神々しい光線を
どのタイミングで見て貰えるか・・・
あまりにも考えすぎて頭脳が停止してしまいました。

あしたもがんばるにゃん。

アイドルを探せ 

相変わらずの北風ではあるが

弱風の更に弱い・・・微風まではいかないけど。

そんな感じの弱い風で強烈な日差しな快晴夏日の阿嘉島。

今日は那覇在住のゲストが来るので午後から2DIVE。

どこで何を見ようかな?

「あのアイドルがいるらしい・・」という噂を思い出し探しに行くことにした。

ふたりで探せば確率2倍。。。あくまで噂なので、ガセってことも充分あり得ますが。

ふたりで探すこと数分。

他のレアものなどガイドしつつ探してるけど・・・

自分が予想していた場所にはいなかったので半分諦めていたとき

「いたぁ~~~」って大声で叫んじゃいました(^。^)

瞬間振り向いたのでまともに聞こえたんでしょうねぇ~。

ふたりで撮っても、結構寄っても大丈夫なようでした。。。

その後のダイビングもアイドル的な被写体が続出し、おっさんふたりを喜ばせてくれたのでした。

hotatetsuno0130907.jpg

ちょっと遠慮して遠目から3カット撮影。
いっつも背鰭をたたまれちゃうけど今日は広がった(^。^)
おっさんのアイドル、ホタテツノハゼ。

hoshinashi0130907.jpg

ビロードのやうなイソギンチャクの裏側。
触手に隠れるホシナシイソギンチャクエビ。

akamehaze0130907.jpg

アカメハゼを見てたらエダ1本に1匹づつとまった。
感動的に素晴らしい瞬間でした。


madara_tarumi_yg0130907.jpg

マダラタルミの子どもはまるでパンダだね。
この子も忙しく泳ぐのでピントが合ずらい。
5カット中1カットピントが来た!ちょ~うれしい。

さ、あすたもやるでぇ~

今宵のログ付けはここ(*^o^*) 



日増しによくなる海 

北風が続いている。

気温は32度くらいあって、水温は27度後半。

紫外線は殺人的に強烈ではあるが、北風なのでちょいと涼しい。

これが落とし穴になり、気付かぬうちに日焼けが促進されのである。

風はとても弱く、6mほどで波は1m。内海はほぼ0m。

内海は静かだけど透明度がちっともよくならない。

よくならないのに内海ばかり行くZ島の業者は・・・

きっと高騰する燃料代に悩んでるのだろうとおもふ。

高齢化著しいオケアノスはおひとりでもちゃんと透明度の良い場所へご案内する。

見せ処は見せ処として決して外さないのは「老練な技」なのであった。

kuba_minami0130906.jpg

太陽光線のシャワーを浴びながら
キビナゴの大群を動画撮影ちう

pygmy_sp0130906.jpg

相変わらず背中を向けて・・・イケずなピグミー。

tosaka_ryugu0130906.jpg

いつも笑顔だけど
食べられているときは
ちょっと悲しそうなんだね。。。

毎日楽しいモノばかり見ております。

さて、あしたもがんばるにゃん。

大事なことは憶えてるもんだ 

気温は32度と高いけど風が北なのでとっても涼しい。

ダイビングへ出掛けるときの・・・汗だくな不快感はなく

Tシャツ着ないとちょっと寒いくらい。

でも陽射しは強烈で真夏。。。でも暑くない(笑) 理想的です。

ご婦人おふたりを連れて、あちこちへ行くのだけれど

内海はまだ濁りが取れなくて透明度は20~25mくらい。

ニシハマより東側は30~40mほど抜けている。。。水温はどこも27度後半。

60分過ぎると寒さを覚えるけど全然我慢出来るっていう微妙なところ。

で、今日は・・・クバ、ガヒ、クバの3本。

3本目のクバはオケアノスになってから潜った記憶がなく

恐らく20年以上潜っていないと思われる。。。1度オニ退治で行ったかも。

大丈夫かな?ちゃんと行けるかな?コース憶えてるかな?サンゴ壊れてないかな?

様々なことが頭の中でグルグルと周っていたけど

山立てもちゃんと正確で、入り口も出口も、コースの起承転結もちゃんと憶えていた。

やっぱり大事なことは忘れないんだね(^_^)

kobito_suzumedai0130905.jpg

今年はコビトスズメダイの当たり年かもしれないなぁ~
このポイントには成魚が5~6匹いた。

muchikaramatsu_ebi0130905.jpg

ムチカラマツエビ。
緑色のヤギでは緑色に、茶色のヤギでは赤茶色になるんだ。

kuba_east_ton0130905.jpg

20年ぶりに行ったトンネルの
エントランスホール。

ryukyukikuka_kuba0130905.jpg

トンネルを出ると
信じられないほどの
リュウキュウキッカサンゴの素晴らしい群生が見られる。

他店では味わえない醍醐味を是非オケアノスで。。。

なんてね(笑)


またあした。

段々良くなってゆくのだ 

台風17号は温帯低気圧に変わったとはいえ

わが村に北向きの強風を吹きつけ

北からの激しいウネリを与え続けている。

夕方にはやっと風もおさまってけど、ウネリはまだまだ強烈。

こうなってくるとポイントの選定が問題なんだよね。

内海は恐ろしいほど濁っているけど、透明度のよいニシハマは流れてるし

サクバルもちょっと荒れてる。。。

で、シオシオのパ~なオケアノスは。。。ガヒとアマBと。。。クバ島。

3本ともそれぞれ良かった   と思っています。

では、今日のお写真を3枚ほど。


kuda_gonbe0130904.jpg

ちょ~人気のクダゴンベですが
日本初記録は伊豆海洋公園だったりします。。。

minamigonbe0130904.jpg

↑に似てますが、ミナミゴンベという別の魚です。
どっちかというと、こっちのほうが綺麗な写真かも(笑)

kuba_minami0130904.jpg

久しぶりに行ったクバ島。
ダイナミックな地形に
透き通った青い水と太陽。。。キビナゴを追う回遊魚。
最高に気持ちの良い1本でした。

さぁ~あしたもがんばんべぇ~。

台風一過ですが・・・ 

空を見上げると、夏の空と雲が広がっていて

台風一過そのものの空なんだけど

海は結構荒れていて、大潮で流れてるし。。。困ったもんでした。

17号ったら思ったより沖縄に寄ったねぇ~。

やっぱりバイオウエェザーの予想が1番近かったな。

あれもうちょっと大きく詳細に出してくれんかね?

あ、アラが出るか(笑)

南からウネリと強風、北から大波。一体どこへ行けばいいのかしら・・・

と途方にくれる前に1本目はさばく。2本目はサクバル。3本目ニシハマ。

とうちでは珍しく朝1番で決めてしまったのでした。公言しないんだけどね。

午前中はまだウネリがあって海中もゴミが舞ってたけど

ニシハマでは綺麗に抜けておりました。

水温も28度以上をキープしていてまだまだ素晴らしい海が続いています。

isoginchakuebi0130903.jpg

いつものイソギンチャクエビも
あまり見かけない磯巾着にいると
良く撮れた気になるものです。

tatsuno_hatoko_yg0130903.jpg

あちこちで大小いろいろと見かけるタツノハトコ。
イトコとはどこが違うんじゃ!
目から吻先までの距離が違ったり・・・肉眼じゃ無理らしいです。
そんで手っ取り早く「奄美以南はハトコ」にしているオケアノス。

shima_isohaze_sp1_0130903.jpg

海中では真っ赤で模様が見えなかったけど
シマイソハゼsp1でした。
と~~っても撮り易い良い子です。

世間の噂では
オケアノスはゲストの高齢化が著しく
もうシオシオのパ~らしい。

が、高齢化でも老眼でもこんなのをちゃんと見分けて
エイディケーショナル(知育)にガイド出来てるから
まだまだ大丈夫だと思いますけど?*本人比

あすたもヤルどぉ~