今年ラストダイブは激寒で。 

なんという寒さ。。。(ーー;)
最高気温が東京と3度しか違わないらしい・・・。
そんなのアリ?  うんにゃ、それはナイでしょウソでしょ悪夢でしょ~~~。

水温が23度ちょっとなので、たぶんボート上では10度の差があったはず。
10度の差って、やっぱり限界な感じがします。

こんな時は出来るだけ浮上の時間差をなくして
上がったら一目散に港へ帰るってのに限ります。
帰りの船上では皆、無口(笑)

そんな激寒な2012最終日は
1本目ニシハマ。
ちょっと暗くてちっさいエビはあまり見えないのに
いくつもガイドしちゃったり、夏でもないのにウミクサが開花してたり
相変わらずトウアカは怒ってました。

2本目はブツブツ。
潮が半端で行くところも限られてるし・・・
浅場はうねって薄濁りしてました。。。大したモノはおりませんでした。
3本目はサクバル。
イソマグロが12匹、ツムブリが10数匹。その他いろいろ。
寒かったけど楽しい最終日でした。


yubi_umiusi0121230 (1)

ウミウシが小さいので
よく指と一緒に撮ります。
このウミウシは、タイヘイヨウ?それともシライト?

nagare_moebi_sp0121231.jpg

ナガレモエビの1種を2色
並べて撮ってみました。

ebi_fumei0121231 (2)

こいつもナガレモエビの1種ではあると思いますが
白点が入ってたり・・・ムズいですな。
卵がたっぷりとあります。

isomaguro0121231.jpg

久しぶりに撮ってみました。
臨場感ある?(笑)

あすは元旦。潜り初め。
今年も前浜に阿嘉神社は現れるのかしら?


さて、今日はSさん提出してくれるかな?

お待たせしました。
本人もビックリ!Sさん12/30~31傑作集っす。


007.jpg
タツノハトコyg
025.jpg
ベンテンコモンエビ
028.jpg
うみくさの可憐な花
059.jpg
モンジャウミウシ
181.jpg
アシビロサンゴヤドリガニ

大荒れな年末 

数日前から分かっていたとはいえ
こんなに酷くなるとは思いもヨらなんだ。
風18mの波5m。。。朝から横殴りの雨。
っていうか暴風雨に近い。

オヤジは風邪ひいて耳抜きが心配なのに
こんな天気で更に精神的重圧がノシかかる。

サクバルも潜れないような荒れようで
行ける所は前浜とマジャ。。。
っちゅ~ことで1本目は前浜でございます。
毎年元旦には阿嘉神社が現れるのでソレまで潜らないんだけど・・・
今年は特別に前倒しでおねがいします。

耳も不安だし、ゲストのレギも調子悪いしで
浅場に絞り込んでベンテンコモンエビがメインです(笑)
途中キハッソクがやけに現れて惑わしましたが
メインは変わらず弁天の抱卵。

benten_egg0121230.jpg


卵を中心にピントを合わせてみました。

・・・うそですっ(笑)
こうなってしまいましたが
そのように言うと「なるほど」と思えるものです。

2本目と3本目はマジャ。
強烈な北風には滅法強いポイントで
サンゴはたっぷりあるし
エビも豊富です。

ここのメインはマルモカクレモエビ。
ENして1分もしないうちに見つけました。
さすがスーパーガイドです。

marumi_kakuremoebi0121230.jpg

このなんとも言えない質感と
ボツボツの一粒づつ完璧な擬態。
よく分からない人は画面中央に細い脚を見つけて
手繰っていってくださいね。

やや左斜め下をみてるような格好で居ます。
ねっ、いたでしょ?

エビ好きには堪らないっすねぇ~。

あしたは、ちょっとマシになるのかね?

*ここらへんにちょ~常連Sさん本日のベストショット挿入予定
 お楽しみに。

 
*お詫び
 23時現在Sさん未提出のため掲載できませんでした。
 あすは今日の分までヤル。といってました(笑)

年の瀬って 

今日も朝から良く晴れて気持ちの良い天気。
昨夜は22時前には就寝したので
睡眠はたっぷり、鼻づまりもどっぷり(笑)
でもまぁ、明日からはどうにかなりそうな予感もする。

それにしてもこの年の瀬らしからぬ好天気はなんなんだ!

島にお客さんがいない時ばかり良い天気。
今日29日は結構な人数が来島してきたのに
明日は北東の風が18mって書いてある。。。18mって台風並みだ。

波も2~4mで最高気温が18度。
北風が強いから体感温度は14度くらいかしら?
風邪ひきのオヤジに乗り越えることができるのだろうか?
今年最後のお仕事なので気合入れてヤリますっ。

kagerou_kakure_egg0121124.jpg

カゲロウカクレエビの卵がいっぱい。
黒い点々は眼です。
放出されるのを待つばかりですけど
1匹でも多く生き残って欲しいものです。

堕落生活の挙句に 

一昨日から高気圧の移動がのんびりなので
弱い南風がずっと吹き続き、ぽかぽかな日々。

ここ数週間、朝起きてボケっとして
東京出張の計画を立てたり、録画した映画みたり
たまに那覇でてみたりの自堕落な生活。
そんな堕落を打ち切るかのように3日間の大掃除をしてみたら

風邪ひいちゃった(ーー;)

ヤバイ。明後日からダイビングできるんだろうか?
2年ぶりに風邪ひいたなぁ~
なんて思って調べてみたら今年2月の頭に引いてた(笑)
記憶なんて曖昧だよね。

shako_sp0121122.jpg

全部オレンジ色で
どこがどの部品なのかさっぱりわからん。
シャコの仲間と分かってるので
あぁ、これが眼で、これはきっとパンチするところだな。。。
ってちょっとづつ分かってくる。

でもやっぱりハッキリしないうちに
巣穴に引っ込んでしまうのでした。

まるっきり地球外生物のようだ。

かぜが早くよくなるように
早寝してあしたも大人しくしてよっと。

ちょいワルになりたくて・・・ 

今日も今日とて大掃除。
娘と息子に自分達の勉強部屋兼寝室を
掃除してもらおうと画策していたけど
どうにもヤル気が見えてこないので
仕方なしに人参をぶら下げてみた。。
小遣い付きにしてみたら結構一生懸命ヤってくれました。

おとうは玄関周りを一所懸命にやって
PC部屋も隅まで掃除機をかけて・・・
これで気持ちよく新しい年を迎えることが出来るってもんだ。

3日間の大掃除お疲れ様でした。 って自分で褒めます。

さて、先日のイヴのイヴ23日に那覇へ出かけてましたが
ちょっと肌寒い感じがしたので何かアウターでも買おうって思い
あちこち見て回っていたら、ちょっと気になる革ジャンがあった。
革ジャンかぁ~~~
若いころは随分と憧れてたけど
結局高くて買うことが出来なかったことを思い出した。
思い出したら欲しくなって
手ごろなものを探しに古着屋を見て周ったら
軽くて柔らかいのを1つ見つけたので購入。

とっても暖かくて着心地がいいし、ボロボロで味があって
娘曰く「不自然じゃない」と好評を得た(笑)
これを第1ステップにして次はもうちょい高級な
東京の街中でも着られそうなものを買うことを決意したのだった。

Leather_jacket0121226.jpg

ブラッキー添え。

大掃除 其の2 

なんだか未明から北風がビュービュー吹いて
うるさくて眠れないほどだった。。。
で、朝起きたらやっぱり寒いし
今日はお風呂場とトイレ洗面台の予定だけど・・・
寒そうで冷たそうで嫌だなぁ~。

んなこと言ってらんねぇし。

まずは壁のカビとリからだね。。。カビキラーをプシュプシュ。
その間に洗面器やイス、シャンプー容器などの
ヌルヌルとかピンク色のカビとかを洗います。

ひとりポツンと洗ってると
ちょっと寂しくなったりするけど
今日は娘がカーテンの洗濯などをしているので
寂しくありません(笑)

小1時間後カビキラーを洗い流してから
ドアのレールの隙間などをきれいにして
床を洗って、はいお仕舞い。

トイレと洗面台を拭き拭きして綺麗にしてから
リビングの襖を拭き拭きして照明カバーも洗って
夜はきっと眩しいくらいになってるはず。

あぁ~疲れた。

あんだか明日はヤル気ないなぁ~~~。
船下ろして遊びに行こうかな(#^.^#)

kurakao_yg080118.jpg

ニセクラカオっぽい
クラカオスズメダイの幼魚。

こんなのはデジ1での撮影だよん。

寒くて曇っていたので
菜の花は撮りに行きませんでした。


年末っていえば・・・ 

大掃除でしょ。

今年は全員いるし(?)天気もよいので
今日から28日までは大掃除週間とします。

で、10年以上ヤってないレンジフードを
やろうと・・・思い立ってしまい・・・
カバーを開けてみてびっくりドンキー。
累積した油の塊?がびっしりとエイリアンのヨダレのように。。。
見なかったことにしたかったけど
一家の長が大掃除週間と宣言しといてソレはないので
意を決して取り掛かりました。。。

マジックリンをかけたり、湿布してみたり・・・
油が凄すぎて中まで浸透しません。
で考えたのは「軽油」。これ効きまっせぇ~。
油は油で落とせっていうしね。軽油と灯油はすぐ溶けます。
でも塗装も消えちゃうから注意してね。

その軽油で油をふやかし削ぎ落とす作業を
4時間も延々と続けたら・・・気分も悪くなってきて
疲労も酷くなってきたし、作業半ばで諦めて
触ってもベトつかない程度に落としてやめました。
10数年という歳月は・・・重い。

oou_sango0121026 (1)

奥武島の水深1mくらいのところにある
なんか、妙な形のサンゴ(笑)
なんていう名前なんだろう?っ気になって撮ってみたけど
同定依頼しないで年末になってしまいました。

早く夏にならんかなぁ~

X'masだねぇ~ 

まったくヒマなので
みんなで那覇へ出かけてみた。
出かけるといっても子どもたちも大きくなり
それぞれの趣向も確立しつつあるこの頃、一緒には行動しません。

娘は自分のXmasプレゼントを探して
母親と大型ショッピングセンターで何時間もうろつきます。
息子は・・・やはり自分のXmasプレゼントを求めて
母と娘にくっついてウロウロしています。。。

あれ?おとうさんだけがひとり。。。そうか、自分だけ別行動だった(笑)

あたしゃ、散髪にいって映画でも・・・そう007が観たかったんだ。
大体那覇の映画館は初回が11:00で2回目が15:00なので
15:00あたりを狙って14時ちょっとすぎについて
上映時間をみたら・・・11:00の次は17:30だった(ーー;)
よ~く見たら15:00台には別の作品が組み込まれていた。

ん~9個の劇場で11作品とか上映しているのね・・・ふざけてる。
そんで時間的に非常に無理があったし
とにかくひとがいっぱいで指定席で席もあまりないしで
007は諦めました。。。

まぁXmas連休ったら人の多いこと。。。
どこへいってもひとだらけ、食事もロクに出来ません。
手帳1冊買うのにレジでは10分も並んだり。

こんなひどい混雑の中でみんなは頑張ってんだね。

leser_beam0120901 (2)

寒波で寒いので
9月のレーザービームをもう1度。

あしたは菜の花の写真かな?
いっぱい咲いてるから(笑)

サンゴ移植2012 

いつも11月や12月の閑散期に行う
サンゴの移植やリーフチェック。。。モニタリング1000。
ついずれ込んでしまいこんな年末に近いときになってしまった。

でもまぁ、朝から南風の良い天気で
気温も20度を超えて暑いくらいになりました。
寒くないのは嬉しい限り。

サンゴを移植するにあたって必要なものは・・・
移植する種サンゴと水中ボンド(違う方法もあるけど)
ボンドが着き易くするため海底を綺麗にするワイヤブラシ。
この3つがあればサンゴ移植は出来るのです。

今回はウスエダミドリイシ(いつも子ども達が産卵観察している種)と
クシエダミドリイシ(いわゆるテーブルサンゴ)の2種を推定400株。
前浜とゲルマの港近くに半分づつ移植しました。

途中でボンドが足りなくなって100株ほど余ってしまったけど・・・

AMSL(阿嘉島臨海研究所)研究員の岩尾さんが植え付け箇所を選定し
データ取りのためにまずは1m×1mの枠を2つ作り、そこに25株づつ植えます。
 * この1m平米という枠は科学的データでよく使われる枠
我々あかげるまダイビングサービスは常に科学的データを取って偉いのだ。

sango_ishoku0121221 (3)

船上はこんな感じ。白いバケツにサンゴの株がはいってる。
この準備段階で暑くてみんな汗いっぱい(笑)

sango_ishoku_usueda2_0121221.jpg

ウスエダミドリイシの株。高さが45mmほど・・・
結構小さいものです。

sango_ishoku_usueda0121221.jpg

ワイヤブラシできれいにした海底に
水中ボンドを使って植えると、こんな感じ。
成長するとアカテンコバンハゼや様々なカニ・エビの棲家になる。

sango_ishoku_kushihada0121221.jpg

こっちはクシハダミドリイシ。
先っぽのキャラメルみたいなのがサンゴで子どもです。
うまくいけば最大で5mにも成長します。

sango_ishoku0121221.jpg

全部とは言わないけど
たくさんのサンゴが成長してくれれば
ここも素晴らしい景観になって
訪れたダイバーやスノーケラーが楽しめるようになります。

うまく行くように祈っていてください。

Reef Check  

今日はニシハマへリーフチェックへ行った。
リーフチェックとは、あるフィールドの決まった箇所に
100mのラインを定め、ライン上のサンゴの状態をチェックする。
難しく言うと・・・・

科学者とボランティアのダイバーによる
世界のサンゴ礁の健全度を測るためのモニタリング調査。1997年に始まった。
現在は、カリフォルニア大学のグレゴール・ホジソンの運営するリーフチェック本部が推進している。
チームリーダー1名と科学者1名を含む調査チームを編成すれば、参加は自由。
調査チームは、特定のサンゴ礁を調査対象に定め、サンゴの被度、魚類指標種の数、
底生生物の被度など指定された項目について潜水調査を行い、
調査結果をインターネットを通じて本部に送る。
各地の結果は毎年本部で取りまとめられ、ホームページなどを通じて公表される。

世界各国各地でやってみたらサンゴ礁は地球規模で
破壊・・・破滅・・・壊滅・・・が進んでいると初めて判った。っておまけもついている。

あか・げるまダイビング協会は毎年サクバルとニシハマで行っている。
しかも、ちゃんとボランティアでやってるし・・・えらいでしょ?
1.5万円とか2.0万円とかの有料で一般ダイバーを広く募集する所もあるけど
サンゴ移植も含めてこういう活動って自分達のフィールドのためにやるもので
ひとからお金取ってヤラせるのは・・・あまり好きではありません。
ま、賛否両論ございましょうけど。

サクバルと違ってニシハマは浅いし
今日は人数がいたので非常に楽に素早くできました。
天気もよかったしね(#^.^#)

以下はその様子の写真です。

DSCF5475.jpg

開始時間は世界的に朝10:00って決まってます。

DSCF5481.jpg

こういうメジャーを海底に張って調査する。

DSCF5477.jpg

シロレイシの食害状況や数も記入します。

DSCF5480.jpg


これは透視度を測ってる。
白い円盤がどこまで見えるのかメジャーで測る。
たぶん今日は・・・35mくらいはあったはず。

あすはサンゴ移植をします。

おばぁとワラビンちゃーのX’mas 

めっきりと寒くなり
島には人影も疎らな、まったくもって冬っぽい阿嘉島。
最高気温も18度とかになると寒くてヤッてられまへん。

そんな寒空の今日こころ暖まる
おばぁおじぃと園児たちのX'mas会が行われた。
毎年島のお年寄りと阿嘉幼稚園児たちが一緒になって
歌って遊んでX'masを楽しもうと行われているもので
7名の園児と大勢のおじぃおばぁが保険センターに集った。

PTA広報の取材も兼ねての撮影に行ったんだけど
例年にない盛況ぶりで年寄りだらけ(笑)
園児たちの歌や獅子舞に大喜び。
おじぃおばぁも恒例の「きよしこの夜」のベル演奏や
お手玉を使ってのミニゲームなどで大いに盛り上がっていた。

子どもと年寄りが元気だと
うれしいね。

因みに、沖縄では子どものことをワラバーって言います(#^.^#)

Xmas0121219.jpg

あしたはニシハマのリーフチェック。

寒い日は事務にかぎる 

きのうとはエライ違って
雨がポツポツとして寒い。

なにしようかなぁ~って考えていたら
もう12/18じゃないのぉ~
年賀状は12/25まで。

ってことで年賀状の作成に丸1日費やす。
自分のとレンタル用のレギOH代金などの支払いをし
ず~っと仕事部屋でPCの前に座ってました。

こんな時の遊び相手はFenderブラッキー。
仕事は機械がしてくれているので
オヤジは監視してるだけ。
ひまに任せてずっと弾いてたら人差し指が痛くなった。

The Band の「The Weight」なんか歌っちゃったりして
あぁ、またキリギリスのような生活。。。

ま、深く考えても成るようにしか成らんし
焦っても仕様がない。

果報は寝て待て。ともいうしね(笑)

それにしても今年はツイてなくて、いいこと一つもなかったなぁ(ーー;)


hireguro_ittoudai0121025.jpg

ヒレグロイットウダイ。

すっごい昔、魚の図鑑ってほとんど無かった時代
山と渓谷社から「野外ハンドブック9 魚 海水編」ってのが出ていて
著者は益田先生で生態写真も載って¥1600と素晴らしい図鑑でした。
1行たらずの魚の解説には生息域や特徴と共に「食用」とか「美味」とか
書かれていてとっても判り易い。

写真のヒレグロイットウダイには「日本ではやや稀」と書かれていて
阿嘉島に来た当初そこそこ見られることにエラく感動したことを憶えている。

まだ20代のウブなわたしでした。

雨漏り修理 

きのうの時点で「曇りのち雨」という予報だった。
降水確率は午後からが高かったから
午前中ならヤリ忘れた仕事が出来る。

その仕事とは倉庫の雨漏り。

うちの倉庫はコンテナでアルミなんだけれど
前面部分が鉄で出来てる。
なので扉のある前面部分の上の部分が錆びて雨漏りするのだ。
内部に入って閉めて光が入ったら穴がある。。。当たり前だけど(笑)

ところが今回は穴が開いていない雨漏りなので
雨漏り原因の箇所が明確に確定出来ない。。。
適当にやってまた雨漏りしたらまた修理しないといけないし
ってんでヤケクソで上部のサビ部分を前面的にワイヤブラシかけて
サビの進行を防ぐ薬品をたっぷりと塗って
サビ止め効果のある塗料を上からふきつけてみた。

これで雨漏りが止まれば万々歳じゃ。

BCS0121021.jpg

通称バブルコーラル・シュリンプ。
学名は、ウィル・フィリピンエンシスといいます。
ま、さして珍しいわけでもないのですが
このような普通にいる生物を
ちゃんとガイドできるようになりたいもんです。

楽しいことは矢の如き 

昨夜は薄手の毛布と夏掛けの2枚でも
寒さを感じずに朝までグッスリと眠れた。
それほど暖かい夜だった。

今日も引き続き最高の天気で
弱い南風で気温もグングン上がっていくのであった。
本日は待ちに待ったストーンズのライブをライブで放映する日である。
11:00からはTVから離れない宣言をしているので
午前中になんかしらの仕事をやっておく必要性に迫られた(笑)

ちょっと考えて・・・
船のバッテリーが気になっていたので
液の比重を計って、キャビンをワックス掛けした。
残った勢いで家で車にもワックスを掛けたし
船も車もピッカピカでパフォーマンスも充分である。

そして11:00にソレは始まった。
ゴリラの太鼓隊の入場から始まったライブは
数々の有名楽曲が2時間半演奏され豪華なゲストもやってきた。

Gimme Shelter ではレディ・ガガが激しい踊りと絶叫を披露し
Tumbling Diceにはブルーススプリングスティーンが登場。
その他ジョンメイヤー、ゲイリークラークJrやミックテイラーも
出てきて最高に楽しいライブだった。
マニアックなところではSaxのボビーキーズが元気そうだったのと
キースのHappyが生で聞けたことが嬉しかった(#^.^#)

2時間半なんてほんと、短くて
あっという間に終わってしまった。。。





1975年の若~~い時のAngieを貼り付けときます。
懐かしんでね。

バザーは祭りじゃ 

予想はしていたがこれほどの好天に恵まれるとは
誰が想像しただろうか?
気温26度超えの真夏日である。

昨日テントを張り、イスとテーブル並べて備えたバザー。
もう今年で何回目になるんだろう?
目的はただひとつ!
学校に予算がないので「バザーをやってその収益をPTA費用に組み込む」
すべては在校生のためのバザーなのでした。

いつもより島にひと少ない(在住の方が披露宴で出ている)
ってのもあったけど、お陰様で満足のいく収益を上げられました。
愚息の自転車も売れて万々歳(笑)

バザー0121215 (12)

良い天気だとブーゲンビリアも綺麗だねぇ~
みんなピンクのところが花だと思ってるでしょ?
そこは「苞(ほう)」という部分でガクのようなものです。
花言葉は「情熱」とか・・・です(笑)

バザー0121215 (11)

所狭しと置いてある食器類。
この左側には衣類がびっしりとあって
結構売れてました。

バザー0121215 (14)

各家庭にあるソフトドリンクなども¥10で売られてました。
もちろん賞味期限は過ぎていません。

バザー0121215 (16)

フランクフルトを頬張りながら
おでんくんのポスターを見るてっちゃん(笑)

まったく良い天気で
楽しいバザーでございました。

明日は11:00よりストーンライブ生中継にて
TVの前から離れませんから!

本日のお昼ご飯。フランクフルトは我慢出来ず先に食べちゃった(≧∇≦) 



あしたのバザー準備ナウ 



シタールの音が沁みる 

きのうは何だか調子悪くて
食欲ないし、寒気もしたので
パブロンゴールドを飲んで22:00に就寝。

いっぱい寝て朝起きたら気分もよくスッキリし感じ。
風も東向きでそれほど寒さもなく太陽も出てきて暖かい1日だった。

お昼に得意のカキ玉そばを作っていたら
ラヴィ・シャンカールの訃報の知らせが届いた。
世界的なシタール奏者でビートルズから映画音楽まで
幅広く様々な音楽家に影響を与えた人。
ノラジョーンズの父親でも有名だけど。
ちょっと前のグラミー賞で見た気もするけど・・・92歳だったらしい。

40年前に見たバングラディシュコンサートで始めて知ったけど
そのときはすでに50歳を過ぎていたんだね。。。驚き。

その前は小沢昭一さんが83歳でお亡くなりになって・・・
結構好きだったんだ。。。「小沢昭一的こころ」もよく聞いてた。
やはりひとつの時代を築いた素晴らしいエンタテナーでした。

訃報って続くもんだね。

なにか貼り付けようと思ったんだけど
ラビ・シャンカールのってみんな長いので
どっかのTV番組に出たものがあったので貼っておきます。
インド音楽ってこんな感じ的にみたらいいさぁ~(笑)
ジョージも一瞬写ってる。





あしたは金曜日。

まったく寒いったらありゃしない。 

昨夜はあか・げるまダイビング協会の忘年会で
さまざまな関係者を含め、総勢50名の大宴会。
FaceBookに出したようにビンゴでは奇跡の6リーチをだし
景品がほとんど残っていない中、Bar ヨナミネハウスのビール券をGET!

寄贈した料理「イタリア風イカとエビとブロッコリーのソテー」も
評判が良くて嬉しい限りの、売り切れ完食。
主菜の鶏団子鍋も非常に美味しくて、お酒もすすみました。
途中でちょっと嬉しい電話もあって・・・楽しく良い夜を過ごせました。

朝起きたら・・・二日酔いじゃないよ(笑)
おそろしく寒くてビックらこいた。
年賀状とかの下準備とかしてのもあって
敷地から1歩も出ませんでした(ーー;)

午前はボケっとしてて昼から「ロボジー」を見た。
なかなか漫画チックで楽しめた。
監督が矢口史靖っていう「ハッピーフライト」とか撮った
フジTVのひとじゃなかったっけかしら・・・
ミッキーカーチスって本名は五十嵐信次郎っていうんだね。
エンディング曲スティクス「Mr.ROBOT」も歌ってるけど
そのグループ名が五十嵐信次郎とシルバー人材センターっていうんだ(笑)
ブルーレイにはアニメも付いてるみたい・・・(#^.^#)

aka_ranjers121211-2.jpg

昨夜のビンゴ景品のなかにあった
5レンジャーマスクをかぶって
ポーズととるチビッ子あかレンジャーの面々。
あ、ひとりは白犬だけど・・・。

またあした。

ひっさびさの保全活動 

なんだか全国的に厳しい寒さにヤラれてるね。
そんなときは、阿嘉島でも寒いんですよ。
最高気温は17度ほど。
北風12mくらい・・・水温22.5度くらい。

2月の出張などの日程調整などをしていて
ほとんどPCの前で過ごす時間が多くて運動不足なこの頃。
体重も0.6kgほど増加してしまい体が重いし。。。
そんなときに・・・って活動参加の動機が不純ですが
保全活動が実施されているので行ってきました。

少々海が荒れているので近所のマジャビーチ。
西側のブイに係留して移植サンゴのメンテナンスを兼ねて
ブイから東側でシロレイシを採取。
約70分で大小あわせて59個のシロレイシを採取。
ついでに15cmほどのオニヒトデも捕獲しました。

久しぶりに潜ったマジャは
サンゴが活き活きとしていて
ひょっとすると、ケラマ海域でのサンゴ生息密度は
種類と数では1番かも知れないなぁ~なんて思ったりした。
魚も充分すぎるほど生息していて
この12月にクロスズメダイの幼魚がいて驚きました。

ここで一句

身にしみる 師走忘れる 阿嘉の海  なんちゃって。

oni_maja0121210.jpg

昼間っから表に出てきて堂々と食いやがって
非常に腹が立つ生き物である。

maja0121210-2.jpg
maja0121210 (2)

こんなにもサンゴが活き活きとしています。
とっても浅いのでスノーケルで見られるんだけど
中にはそこに立ちあがって、踏みつけるひともいます。
悪気は無いかもしれないけど
親や周囲の人がちゃんと指導しないとね。

あしたはダイビング協会の忘年会(#^.^#)

 



FC琉球がやってきた! 

なんだか朝から真冬のように寒い。。。
まだ12月だって言うのに(笑)
沖縄じゃ一番寒いのが2月で、例年12月はまだそんなに寒くはない。
Xmasころには菜の花が咲き乱れ、モンシロチョウが飛び交い
ときには26度の夏日にもなったりする。

今日の最高気温は18度。
北風が結構強いので体感は15度くらいかな?
あしたもそんな感じの気温らしいです。

こんなときにゃ、おでんやスンドゥブなんかが良いよねぇ~。

FC琉球が阿嘉のような小さな島にも来てくれて
子ども達と遊んでくれました。
総勢5名の選手コーチがまずはゲーム形式のUP。
この指止まれゲームやパスつなぎゲームをやって
子ども達の気持ちをぐっとつかむところは何とも慣れてる感じ。

その後は幼稚園&小1.2年チーム~小3~6チーム~中学女子~中学男子の
4チームそれぞれとミニゲームで楽しんだのでした。
1つ1つの動きはさすがだなぁ~と思わせるところもあった。。。と思う。

み~んな相当楽しそうで
身もこころも暖まりました。
FC琉球のみなさんありがとうございました。

FC琉球in阿嘉


毎日寒くて・・・ひまだし
またちょっと走ったりしようかなぁ~

12/8 は大切な日 

最近沖縄でも20度をきるようになってきました。
大体日中の気温が22~24度なので20度をきるってのは
関東でいうところの5度とか6度の感じでしょうか。
とっても寒いです。

午前中はリーフチェックへ参加。
10mラインの50~100mを受け持ったけど
去年のほうが魚がいた気がするなぁ~
去年はナポレオンがいて、今年はイソマグロがいた(笑)

サンゴは着実に増えていると思うけど
成長速度がちょっと遅くないかね?
水温低いし、こんなもんか・・・
八重山はケラマより2度高いから成長早いかも。

明日はさらに寒くて最高気温17度だって(ーー;)

「大切な日」っちゅのは
12/8はジョンレノンが40歳のとき自宅前で銃弾に倒れた日。
チャップマンとかいうひとに撃たれてしまったのだが
2度とこんなことがないように願うばかりです。
生きてたら72歳くらいかしらねぇ~、まったく惜しいひとを亡くしました。
日本の原発の事故などどのようにしたのかなぁって思ったりして。

で、なんかジョンのイメージって自分の中だと
「プラスティック・オノ・バンド」や「ジョンたま(魂)」が強いけど
1番最初にジョンレノンを意識したのはコレかもしれない。
で今日はDon't Let Me Downを貼り付けてみた。
例のアップルビルの屋上のライブです。懐かしいねぇ~





また明日。



石垣研修 おまけ 

今日は良く晴れて気持ちの良い1日だったけど
ず~っと家にいて、年賀状の作成をしておりまして
ほとんどPCの前にいた。目ぇ肩腰にアリナミンA。

ヤッつけだけど1日で終わりました(笑)
あとは住所録を書き換えてプリントすれば出来上がり。

さて今回の八重山の旅は初物だらけでした。
・西表上陸からの観光
・カンムリワシ
・石垣の海ファンダイブ *1度オニヒトデ狩で潜ったことがある
・国産モエギハゼをはじめ初物甲殻類たくさん
・石垣牛初食べ

4泊5日のややアカデミックで楽しい講演研修旅行でした。
またどっか行きたいなぁ~。


hime_isogin_ebi_sp0121201.jpg

ヒメイソギンチャクエビに良く似ているけど
体の模様が全然違う。。。でも色彩異変で片付けられているエビ。
分類って難しいですなぁ~。

hime_isoginebi_sp0121201.jpg

こっちはヤクシマカクレエビに似てるけど
体がやや細い・・・目や頭の部分はかなり違うしハサミ脚が透明。
こいつはまだsp扱いにはなってると思う。
小さいかったので粗くなるを覚悟でちょっと無理して拡大しました。

nadeshiko_isohaze0121201.jpg

このイソハゼはちょっと前にナデシコイソハゼという和名が付きました。
ケラマでは阿護之浦に生息し他所ではほとんど見ることがない。
イソハゼの1種-2と載ってるヤツです。

zebra_haze0121201.jpg

ゼブラハゼ。
死んだハマサンゴのてっ辺に15~20匹ほどの群れでいて
そのてっ辺から逃げていかないので撮り易い。
のだが・・・そうそう鰭全開っちゅ~のはありません。


moegi0121130-2.jpg

最初に挨拶代わりに載せたモエギですが
このカットが1番鰭を広げています。
しかし、きれいなハゼだよねぇ~。
断然探したくなってきたけど・・・無理っぽい(ーー;)

2日間4Diveの石垣での撮影写真はほとんど公開しちゃいました。
少ないって? 同じものをいっぱい撮ってるからです(笑)

拍手が少ないなどとイジケてたら
ポチっとしてくれてありがとう。
またお願いします。

さ、あすたはリーフチェックどすぇ。


石垣研修 其の4 

初日で段取りの仕方も分かって余裕充分。
朝7:55にロビーへ降りて行き、颯爽と送迎車に乗り込む。
雨上がりにはカンムリワシが良く出てるって言って
西表では何羽も見たよ。などと話してるといきなりカンムリワシが
飛び出してきて車で轢きそうになる。びっくらこいたぜ。
そのあと気にしてたら石垣でも何羽も見かけた。
カンムリワシは普通種だった(笑)

例によってお店まで行って、そこからまたビーチへ移動。
昨日は地元ガイド男子Aが同船してたが、今日はフリーガイド女子Aがご一緒。

1本目は深い砂地。。。
40mくらいある内湾性な砂にちょっと泥がかぶってる感じで
マクタンとかバリでよく出合う環境だ。
ケラマにはないヤギがあちこちにあってとても興味深い場所だった。

2本目は浅いサンゴの丘にでかいハマサンゴが2つあって
その間を好きに行ったり来たりして好きなものを撮り放題なポイント。
途中でカメラの電池切れという醜態を見せてしまった(ーー;)

ashiboso_benisangogani0121201.jpg

ケラマではほとんど見かけないヤギ。
ヤギもカニも見た目真っ白でとっても真っ白なので
何が何だかわからないのも何なのでちょっと色つけてみました。
アシボソベニサンゴガニで良いとは思うけど・・・

paronae-s0121130.jpg

変態系の極みだね(笑)バロンシュリンプとか呼んでるけど
学名はparonaeだけど・・・なぜBA なんだろう?不思議。
4匹集めてくれたので4匹ショットができましたが自然ではあり得ません。

pomacentrus_yg_sp0121201.jpg

むかし、オジロspって呼んでたヤツの幼魚。
本島や石垣にはたくさんいるんだけど
ケラマには・・・ここ4~5年見かけてない。
オトナは黒っぽい体に不明瞭な白点が2つ並んでいる。

hoya_sp0121201.jpg

オーナー多羅尾さんお薦めのホヤ。
とっても可愛い。。。ちっさいのがいるでしょ?
これがまた可愛い。

hidoro_sp-1_0121201.jpg

地元ではゆっくりとデジ1持って撮れないので
石垣で撮ってみたヒドロ虫群体。きれいでしょ~(笑)
別の色のをクリスマスカードに使えそうで良かった。

lemom0121201.jpg

レモンスズメダイはうちんとこにもたくさんいるけど
ちょっと色が濃くてよさ気だったので撮ってみました。
改めてその美しさに脱帽ですね。

さて駆け足で書いてみましたが
石垣でのお写真いかがでしたでしょうか?
拍手もコメントもまったくないので、寂しさいっぱいですが
勝手に好評だと思って、これで終わりにいたします。

あすたは日常生活にもどります。

石垣研修 其の3 

西表から石垣に渡ったオヤジ3名は
なぜか全員で公設市場へ向かう。
金城冷凍食品という石垣牛が安く売っている店があって
そこでステーキ肉やハンバーグを買うのだという。
あたしゃ、まだいるので12/2の日曜日に営業しているかの確認に。
あ、かまぼこも買わないとね(笑)
余談ではあるが、沖縄でかまぼこというとサツマアゲを指しますが
これは薩摩藩が持ち帰ってサツマと付け
いかにもオリジナルだとばかりに世に送り出したのでそうなっとる。芋や焼酎もね。

宿は市街地が便利ですよというので東横イン。
朝8:00にホテルにスタッフの須藤君が迎えにきてくれます。
彼、実は阿嘉島に1年くらい居たらしい・・・ボケおやじは忘れてましたけど。
で、まずは車で20分くらいのお店に到着し、そこで着替えて機材カメラを車に積み込んで
また20分くらいビーチまで移動します。
夏はお店の前から出航するのでチョ~楽チンっぽいんだけど
冬は荒れて出れないので別の場所からの出航を余儀なくされているのだ。大変だねぇ。

石垣島は広いけれど
夏と冬で潜る場所が全然違うのって・・・お客さん的には魅力かな?
お店側としては大変だよねぇ。

ビーチについてネイチャー石垣ダイビングサービスの
オーナー多羅尾さんと初顔合わせ。ネット友達だったからな~。
なんか笑顔がゆる~い癒し系なおっさんって感じで
2ダイブまるまるワンツーマンで付き合っていただきました。

初日にモエギハゼに連れ行ってもらって国産モエギを初撮影し
2本目にはわずかに残ってるサンゴ群を見せてもらいました。
噂に違わぬ甲殻アシストの名人技にうなるばかり。。。
ちょっと軽いショックを受け・・・とっても勉強になります。

さて、その成果は・・・

chin_yoji_sp0121130.jpg

アザミサンゴに棲んでるチンヨウジウオ。
ケラマに生息しているのとは別種で学名和名もありません。
小さくて細くてクネクネ動くし、全然見えない(ローガンズ)
と~っても撮り難く、撮ったあと眼精疲労が凄かった。ヘビっぽいね。

azami_kakureebi_Ischnopontonia lophos 0121130

同じくアザミサンゴに棲んでいるアザミサンゴカクレエビ。
ケラマではまだ未確認で・・・ファインダーには白い点しか見えない。
サンゴのポリプも白い点だし、どれがポリプでどっちがエビの目なのか。
こんなの老眼じゃなくても分からんぞ(笑)よ~く見ると体の輪郭が見えます。

akane_hanagoi0121201.jpg

八重山のアカネハナゴイは素晴らしくキレイで~す。世界一だ。

tsukihoshi_kakureebi0121201.jpg

初めて見たツキホシカクレエビ。
やや深場に棲んでいるようでオドリカクレと一緒だった。
ケラマにはないホストがたっくさんあってとっても楽しい砂地でした。
このエビとってもキレイねぇ。


orange_convict0121201-2.jpg


オレンジコンビクトゴビー。イレズミハゼじゃないってば。
2匹雌雄で撮れてうれしい限り。
向かって左の尾びれに薄っすらと白い縁取りがあるのがオス。
今回は残念ながら卵はありませんでしたが
卵の世話とかしてたら良い写真になったかしらねぇ~。

いかがでしたか?

今日は1日雨で夕方からは強風激雨。
あしたも午前中は嵐で高速船は欠航するはず。
おまけに最高気温18度だって(ーー;)

あしたも石垣報告だよん。



西表講演・石垣研修 其の2 

無事に講演も終了し2:00まで飲んでた割には
いつもと同じ6:30に眼が覚める。。。二日酔いでもない。
外は相変わらずの雨模様。
事務局長さんと海洋調査員野中くんはすでに朝食をすませていたので
おいらはひとりポツンと広いテーブルで朝食をいただく。

昨夜の晩御飯もだけど、とっても美味しいのだ。
部屋は清潔で広くて居心地抜群である。
みんなもここ「うえはら館」がいいと思います。

さて、今日このあと何しようか?という話題になり
おいら以外は夕方便で那覇へもどるというし
じゃ夕方までいろいろとあっちこっち視察にいきましょう。
となった。
海洋調査員野中くんは西表には今問題視されているヒルギダマシの調査に来ていて
われわれの講演も聞きに来てくれて、懇親会にも参加(笑)
丁度会社で借りたレンタカーもあるというので男3人みんなでレッツゴーです。

まずは浦内川のヒルギの生息状況をみようとジャングルクルーズ。

urauchi_kawa0121129.jpg

こんな感じの広~い川を

urauchi_kankou0121129.jpg

ちょっと寂しげな感じの
メンバーで往復50分ほどのクルーズ。
川縁にはオヒルギ、メヒルギが所狭しと生え
南国の密林を思わせる立派な川。
川のほとんどは汽水域でメジロザメも入ってくるらしい。。。
調査員野中くんによると「仲間川とは全然違う」らしく
大型動力船によるクルーズも無いので倒木がほとんどなかった。
健全な川。という印象でした。
途中人生初めてのカンムリワシも見れて嬉しい限り。

iriomote0121128-29 (41)

これは道路っぱたの電柱に止まっているカンムリワシ。
なんでも雨上がりにはカエルを狙ってよくいるらしい。

その後、お世話になった西表島エコツーリズム協会事務所を訪ねて
事務局の徳岡さんにご挨拶。

iriomote0121128-29 (43)

館のなかはエコツー関連の図書やリーフレット
西表の民具がたくさんあって小1時間ほど見学。
お昼だし、一緒に食べようつって
雰囲気たっぷりな「唐変木」という喫茶レストランへ。

touhenboku0121129.jpg


イカ墨のおきなわそばが有名だとかで、「すみ汁そば」をいただきました。
真っ黒な汁にアオリイカがいっぱい入っていてナイスなそばでした。

昼食後は、白浜港~西表野生生物保護センター~由布島の牛車と行って

yufu_gyusha0121129.jpg

の~んびりしている風景ではあるね。

そして全部ほとんど同じ形の
ジェットエンジン式のフェリーで
石垣島へ渡ったのでした。

iriomote0121128-29 (1)


真面目な西表視察はいかがでしたでしょうか(笑)
いよいよ明日は石垣研修。
水中写真満載ですよぉ~~~(#^.^#)

ケラマは明日明後日と大荒れな予報。

西表講演・石垣研修 報告其の1 

7月のある日沖縄県エコツーリズム推進協議会の
事務局長さんから「エコツーリズム推進法から考える西表島の未来」
というのを西表島エコツーリズム協会が10月に行うので
森山さんも僕と一緒にエコツーの講演してみませんか?と誘われた。

おいらは沖縄県エコツーリズム協会の理事で
もう3年もやってるのに、な~にもしないから時にはちゃんと何かしなさい。
と叱られている様で・・・思わずハイと良い返事をしたのでした。

実は西表へは行ったことがないので
いつか行きたいと狙っていたし・・・棚からぼた餅的な・・・
ついでに石垣島のオニヒトデ被害の様子などみて研修しよっと。
ってしっかりした気持ちで西表へ向かったのでした。

当日は飛行機が遅れてフェリーも遅い便になってしまい
島に着いたので17:00近かった。
早速「うえはら館」という宿に案内され、簡単に打ち合わせ。
夕食後すぐの19:00から講演開始でちょっとバタついたけど
まぁまぁ上手くいったんじゃないかと。

eco_kouen0121129.jpg

事務局長さんの講演姿

浦内公民館というところで
こんな感じで行いました。
ほとんどの方はカヤックの人ということで
川での動力船の問題点などが話し合われていた。

その後は例によって懇親会となり
堅い話から一気に柔らかく、そしてだらだらと
西表の夜は更けていったのでありました。
2:00近くまで飲んでた(笑)

きょうところは真面目に。
浦内川クルーズをはじめ西表半日視察はあしたの其の2で。

お楽しみに。

ただいま戻りました 

11月27日からの
八重山出張から先ほど戻りました。

初の西表島の観光や
石垣初FunDivingなど盛りだくさんの土産話は
水陸の写真と共にお伝えしたいと思います。

あ、あしたからね。しかも小出しに(笑)

とりあえずの土産ショット。

国産初モエギ(#^.^#)

moegi0121130.jpg

これは正真正銘の初シャッターです。
もちろん切り取って色もちょいとつけてあるです。
後日もっとマシなものもUPしまっせ~。

しかし・・・行くとこ行くとこ、すっと雨。。。
ひょっとすると雨男に変身したんかな?

さらば石垣。また来る日まで(^O^) 



初石垣牛ぅ~o(^-^)o