リーフチェック 

毎年やってることだけど
タイミングが合わなくて去年は不参加だった。
ニシハマは50mと100mの2ヶ所行うけど
オヤジのチームは浅瀬の50mラインを受け持った。

ここって昨日保全活動でシトレイシ捕りで潜ったばかり
ん~今日もマダラトビエイやスマが見られないかしら。

保全活動で時々潜るけど
98年の白化から2000年オニヒトデ異常発生で
暗黒になってからどんどん悪くなって行って
ほとんど戻っていないのでこんな海底。

PICT0004.jpg


このあたりは海水浴場で
大潮の干潮では水位が数十センチに下がるので
人間がガシガシ歩いてサンゴを粉々にするのであった。

かといって海水浴場の隣接地帯もサンゴがあるわけでもなく
ニシハマの浅瀬のサンゴは壊滅状態と言って良い。
いつか・・・戻ってくれることを願って調査は続くのでした。

9時集合でリーフチェックへ行って10時半には戻ってきたので
みんなに手伝ってもらいオケアノス号の陸揚げをした。
このあと2週間は仕事がないのであるからして
海藻で緑色になるのは勘弁でございます。

このあたりで雨足が一段と激しくなり雷もちらほら・・・。

家に帰ってから昼ごはんにサンマー麺を作りました。
友人のブログで美味そうなサンマー麺を見てから
ずっと食べたかったのだ。
丁度マルちゃんの醤油ラーメンが1食あったし(細麺さっぱり醤油)
モヤシをタツノジョーで買って来てせっせとお料理。
美味しそうなのが出来たけどラーメン作るのって忙しいね。
*サンマー麺の写真はフェイスブックに掲載

汗だくになっておいしく頂きました。

 kuchinaga_ishiyoji111123s.jpg

クチナガ イシヨウジ。

ヨウジといても楊枝より長い15cmの体長。
口が長いのでこの名前なのだが
口は半透明で斑点模様もあってなかなかのモノ。

無理に拡大したらいまひとつになってしまった(ーー;)

さて、明日からなにしよ。



なにかと楽しみな保全 

天気予報では「朝のうち雷雨」
などと書かれていて渡嘉敷の向こう側に
暗雲は漂っているがこちらへ来る気配がない。

本日は10:00出航といつもより1時間遅いので
のんびりしてからの準備出発。
1本目ニシハマ、2本目はマジャに決めて出航した。

保全活動っていうのは船でダイビングポイントへ出向き
オニヒトデやシロレイシと言ったサンゴ食いの駆除目的が主な活動で
ダイビング協会加盟事業所が週番で責任担当者になり行っている。
この保全活動も週番以外まったく来ない事業所もあり
今後の活動の在り方が問われている最中でもある。

ま、いつものポイントでもすごく浅い所へ行くので
仕事では見られない魚が見られたりして楽しみにでもあるのだ。

ニシハマの浅瀬・・・デッキの前あたり・・・で作業をしてたら
向こうから音もなく黒い影が近寄ってきた。
顔をあげてよ~く見たら、でっかいマダラトビエイ。
どんどんこっちに近寄ってきて・・・3m手前でホバってる。
大きなコバンザメなどついてるし、すげぇカッコいい。
見惚れてしまった。

しばらくしてザ、ザ、と気配を感じて見上げたら
今度はカツオの仲間のスマが大群でやってきて
水面近くのキビナゴをバクバク食べながら泳ぎ去って行く。
水深2mでのことなのですげぇ~迫力だった。
ん~こんなのも通常の仕事では当たらんねぇ(笑)

2本目のマジャは大したものは見なかったけど
アツクチスズメダイや滅多に見られない500円玉程の
アミチョウの幼魚が拝めてとっても楽しかった。

遊んでばかりいるわけでもなく
ちゃんとシロレイシも89個とりました。

kusairo_moumiushi111126.jpg

クサイロモウミウシ。

いまが交接期間なのでしょうか?
あちこちでくっついてたりするのを観るけど
なにもこんなに集まらなくても
良い気もするんだけど。。。


明日はリーフチェックをするらしい。


さらに寛いで 

昨夜は娘の1日遅れの誕生会。
周囲のみなさんから頂いたプレゼントがいっぱい。
人気者なんだね・・・。
オヤジはニセムートンのようなショートブーツを贈り
良く冷やしたシャブリに舌鼓をうちつつ
更けてゆく夜を楽しんだのでした。

今日は未明から大荒れの天候で
台風のような雨風がビュービュー。
高速船は全便欠航だけどフェリーは通常だった。
昼過ぎには雨も上がり気温も上がってきたが
修学旅行の高校生は海を楽しめたのだろうか?

そのころオヤジは昼飯のちょ~辛い麻婆ラーメンを作成し
汗かきながら平らげたあと昼寝などしてから
箸にも棒にもかからない映画「ふたたび~swing me agein」を見た。
主演の財津一郎が病で断念したJAZZバンドの元メンバーたちを訪ね
夢だったステージにたってライブを行う。っちゅう話。
やっぱ日本はロードムービー下手やね。ちっとも面白くなかった。

hoshizora_waraebi111126.jpg

真正面から撮ったら口が写ってて
妙な感じになってしまった。
ストロボも下から当ててるから
キツイ影が出来てホラーのキャラクターみたい。
っていうよりエイリアン系にこんなのいた気がする。


明日は保全活動だけど・・・。

のんびり日曜を楽しむ 

今日も朝から良く晴れて気持ち良い。
鉢植えに水をあげながら
今日から開店休業だと思うと
この天気も恨めしくなる(笑)

娘息子とオヤジの朝は
ハムチ-ズサンド+スペインオムレツに
大根の味噌スープである。
子供たちは8:30にノコノコと起きてきて
オヤジと一緒に頂きます。
奥様は那覇へ所用で出掛けてしまい
このような状況となったのだが
なぜかバタバタしない平和な朝を過ごした。

QZの1便でお帰りのご夫婦を見送りして
お昼は慶留間ニオンでランチにする計画。
子供ふたりとQZ2便でお帰りのお客さんも誘って
車で隣の島までランチ。

パスタとドリアをそれぞれいただきました。

その後録画しておいたクドカン脚本の
ドラマ「11人もいる」を2週分みたりして寛ぎ
QZ2便の送迎をして今に至っております。
子供たちは、部活や遊びでそれぞれ不在で
と~ってもゆっくりと日曜日を楽しめたのでした。


isobana_kakureebi111126.jpg

昨日のサクバルの鼻で撮った
イソバナカクレエビ。
透明だと思ってた表皮に
黄色い色素のような粒が写っていた。
今度赤いのでもよく見てみようっと。

kumanomi_yg111126.jpg

クマノミの子供が
イソギンチャクの触手に身を委ねて
とっても気持ち良さそうでした。
1度味わってみたいねぇ~

明日はちょい時化ですが
修学旅行生が阿嘉島を訪れる予定。

ずっと晴れてた 

本日、またしても快晴にてW晴れ女に感謝。
東の風がやや強いのは厄介ですが
雨や大しけになるよりずっとマシ。

朝1はニシハマのトウアカでのんびりして
つぎにサクバルの鼻でダイナミックに楽しみ
午後は送電線にてマッタリとしてもらいました。

ご一行(じゃないけど)さまは本日で終了。
明日からしばらくの間お休みになります。。。
いや、正確には開店休業となります(ーー;)


murasaki_umiko111126.jpg

パタパタと泳ぐウミウシで有名な
ムラサキウミコチョウが交接してました。
そばに来たタテジマヘビギンポと一緒に撮影。

isokonpe_gani111126.jpg

きれいなトサカについている
イソコンペイトウガニ。。。
甲殻専門店と呼ばれてるし、蟹も出しとかないとね(笑)

hirehoshi_mino111126s.jpg

最後の最後に現れたヒレホシミノカサゴ。
見たのも久しぶりだけど
こんなに動かない個体も珍しかったねぇ~。
しみじみと見ると結構和風だな。


とても楽しい1週間でございました。



派手であれ 

今日も今日とて素晴らしい快晴。
最高気温は21度とかになってたけど
ちっとも寒くなんてないや。

1本目は頑張ってクバ島まで行ってみた。
いつもの場所でいつもの・・・
キンチャクガニ撮り放題。
別にたくさんいる訳じゃなくて
隠れてないからあまり逃げないので
たくさん撮れるっていう意味です。。。とかブリで言ったりした。

でも撮り放題なんだもん。


kinchakugani111125.jpg

これほとんどトリミングしてないくらい
近寄っても逃げないのよん。
やっぱり石破さんに見えてしまいます。

2本目はブツブツでまったりしたけど
最後に珍ゲストが現れて和んだのでした。
気にせんでくださいねぇ~(これ読むとは思えんけど)


seiten_bera♂111125

サンゴ礁域に棲む魚って派手なものが多いけど
特にベラたちの顔ったら人間では思いつかんような
色彩で飾られていたりします。

写真はセイテンベラの♂。
男のピンクって色っぽいっていうし
なかなかよろしいかと思います。

明日は東の風になるので
少しは寒さが和らぎます。


山は越えたか 

W晴れ女の効果は抜群で朝から爽やかな快晴。
最高気温が21度と寒々しいが
風さえ当たらなければとても暖かい。

そう、風さえ当たらなければ・・・。

海の中は透明度25m~30mで
水温も25.5度あたりで気持ちが良い。
しかし、船にあがり風が当たった瞬間
一気に冷えて固まってしまいそうだ。

クーラーBOXのお湯でちょっとは気が紛れます。

朝は近くの隠れ根でエビ三昧。
2本目はサバクで砂三昧(笑)
休んで3本目は前浜で・・・のんびり三昧。

なんか上げ潮が濁ってるのかな
午後は透明度が極端に落ちる気がする。

yamisuzuki111124.jpg

相変わらずカッチョいいヤミスズキ。
まだ下半身がちょっと白いので若魚くらいかしら。
当てずっぽうでもちゃんと撮れてたし
ミノルタって偉い。

bishamon_ebi111124 (1)

ケラマじゃ相当なレアものと思っている
ビシャモンエビ。
元気成長していてホッとした。
1眼レフのように撮れるなぁ~

harasujibera♂111124 (2)

今日はあまり逃げなかったので
やっと撮ることが出来たハラスジベラの♂。

案外ウロコが目立つんだね(^。^)


あすは波2.5mに下がるっていうけど・・・

W晴れ女で夏となり 

ちょ~晴れ女のいるところに
ちょ~晴れ女がやってきた。
途端に朝から夏のような日差しになった。
人間って持って生まれたモノがあるんだなぁ
とツクヅク思うのであります。

天気が良くてベタ凪で
太陽光線も強烈なので透明度も抜群。
30mはありました。

今日は朝1午後2というスケジュールで
朝はオリジナルなウミウシポイントへ。
ルージュはたくさん増えてきて
こんなのもちょこちょこと見られるようになりました。

sesuji_mino111123.jpg

セスジミノウミウシ・・・で良いのかしら?
偶然そばにあった貝に乗せてみました。
Y島Sくんのパクリですが(笑)
なかなか美しい感じになりますなぁ~
デジ1だったらもっと綺麗に撮れるね。

午後からは夏の日差しが差し込む浅いサンゴ群。
「やっぱりケラマはいいなぁ~」
これ言われると嬉しいよね。

そこで見つけた
ダルマハゼの赤ちゃん。
まだ出現するのか?とちょっと驚いてしまった。
あどけなく可愛いです。

daruma_haze111123.jpg

3本目は年賀状用のブツを
撮りに行ってみました。。。居て良かった(*^^)v

今日は夏だったけど
明日の最高気温は21度だって・・・冬です。

久々は続く 

今日は朝から太陽が出て良い天気。
爽やかな北風が吹くこんな日は
島のベランダや庭が布団だらけになったりする。

で、あちこちで脱落してたりもする(笑)

このあとの天候も苦慮して
サクバルへ行ってみた。
いつものデルタやハナゴンベを見た後
何気に壁から赤いものがチラホラ・・・

おぉ、久々のヨコシマニセモチノウオ。
しかもすでに成魚じゃないのっ。
頻繁に行ってたら可愛い幼魚が見られたかと思うと
口惜しくて夜も眠れない。

yokoshima_nise111122.jpg

初めて人間をみたらしくて
暗がりから全然出てこないので
上半身だけになります。
次はキッチリ横から撮りまっせ。


marumi_kakuremoebi111122.jpg

こちらもしばらく行ってなかったので
見に行ってみたら大きな♀は全部いませんでした。
いたのはこんな♂が2匹だけ・・・
冬になるといなくなるのかしら?

もうちょっと観察して行かないと
傾向が見えてきませんな。

明日も晴れ。最高気温25℃・・・
あと2℃ほど欲しいですが。。。

*告知 

アイランダー2011
11/26~27日に東京池袋サンシャインシティ
文化会館3F展示ホールCにて開催されます。

両日のステージでは渡嘉敷島 慶良間太鼓 などがありますが
座間味村のブースに森山が今年撮影した
サンゴの産卵写真パネルが展示されてる。。。1点ですが(笑)

お時間のございます方はお誘い合わせの上
出掛けてみてはいかがでしょうか?

4mでも出すんだね 

昨日は波高3~4mでフェリー折り返しかな?
と思ったら全便欠航になり
本日は波高4m~3mだったので
QZ1便欠航でフェリー通常、QZ2便検討中が妥当な線
だと思ってたら全便通常運行だった。

何を基準に決めてるのか益々判らなくなった。

那覇で足止め食らってたおひとりさまは
朝のQZで無事に到着し、午後から難なく2本。

海上は大しけなので内海の
ちょ~ポピュラーなポイント2ヶ所。

久しぶりに撮ったハナヒゲウツボ

hanahige111121.jpg

先日Fuji Finepix が壊れちゃったので
懐かしのMinoltaが出動。
やっぱりマクロはよく撮れるなぁ~。

でもモニターが35mmフィルムくらいしかないから
こんな小さいのは見えなくて大変。

sejiro_moumiushi111121.jpg

セジロもウミウシって言いますが
こんなのは当てずっぽうです。
2カットしか撮ってないのに
ちゃんとピンが来てることに再感心。

ん~冬はこっちだな(笑)





全便欠航と相成った 

物凄い風で大しけな沖縄。

昨日は船を下すのさえ断念したくらい風が強い。
今日は北風に変わったので下ろすことは出来たけど
高速船もフェリーも全便欠航となった。
おひとりさまが那覇止めを食らってしまった。。。
いつもはこんなことないひとなのに
パワーをどこかで使って来たに違いない(笑)

明日はフェリー折り返しでお願いしたい。


あ、天気そのものはとても良くて
風を避ければポカポカですのよ。


kerama_ribon111103.jpg

ケラマハナダイの♂に囲まれてる
リボンスズメダイ。(右の端の黒い魚です)

ケラマハナダイはケラマを代表する魚で
故益田一先生が当海域で発見されたことはあまりにも有名です。
英名はピンクバスレットでフィリピンからインドネシアまで
幅広く生息しています。

一方、リボンスズメダイは
そんなに多くは棲息していなくどちらかと言えば稀な部類。
でもアザハタの根には良く現れてくれて
全スズ振の会員を楽しませてくれるのでした。

今夜のSong To Soulは
ジェームス・テイラー「You've Got A Friend」。
ゆがらふれん~~

今秋最悪な天候か 

朝目覚めてカーテンを開けたら
外が真っ赤っかな見事な朝焼け。
朝焼けは天気悪いことが多いっていうし
天気予報を確認したら南西の風強く波2~4m。

ん~昨日徳之島で竜巻被害があったばかりだし
などと心配している間もなく「QZ全便欠航」の連絡。
あらら・・・お客さん来れないじゃないの。
そのうち雨が降り出してきた。
でも学習発表会なのだ。

過去2年くらいは仕事で観ることが出来なかったが
今年はちょ~ヒマなので楽勝で観覧できる。

阿嘉幼小中学校は生徒数がとても少ないので合同で行う。
そしてプログラムもやや少ないが手作り感いっぱいで楽しいものばかり。
中学からは「文化祭」だったりして懐かしいね。
喫茶店とかたこ焼き屋とかの模擬店やったり
ステージで演劇だったりライブだったり。。。
阿嘉校では体育館のスペースに学習成果のポスター展示と
舞台で演劇や意見発表など行います。

全体合奏の後、幼稚園のオペレッタから始まり
低学年3匹の子豚、高学年英語劇があって
意見発表などを挟んで中学生の修学旅行おもしろレポート。
最終日の余興大会で優勝したというダンスも披露。
この子たちってまとまっていて上手です。

最後は「ハナミズミ」を合唱しましたが
聞きながら撮影してたら泣けてきてしまいました。
最近涙腺がだらしなくて困ります。。。困ると言えば

コンデジで動画を撮っていたら
落ちてしまい壊れちまった(ーー;)困ったぞ。

gakushu_happyou111119.jpg


阿嘉幼稚園 園児によるオペレッタ
「3匹の子豚」一幕です。

かわいいねぇ~~~。

さて、明日は船でるのかしら?

クロスロードギターフェス2010を観た 

朝から雨ポツポツ降っていて
ずっと降ってた。
そのうちやや本降りになるも昼前には止む。
成長したバジルをソースにしようと
葉っぱがシャンとなるのを待ってるけど
風が強くて傷んだり、雨でベシャっとなったり。
明日の昼間にやっぺかね。

昨日のおしゃれなランチとは打って変わって
イメージ寒いのでカルビクッパ風うどんにしたら
辛くて暑くて汗だくになってしまいました。

先日WOWOWで「クロスロードギターフェスティバル2010」が放映された。
2007年以来3年ぶり3回目となるこのイベントは
アルコールや薬物依存症のリハビリセンターのチャリティーで
3年に1度クラプトンが主催して行われている。
今回もたくさんのギタリストが次々とステージにあがり
かっこいいパフォーマンスを存分に楽しめた。

中でもZZトップのちょい悪オヤジがとてもかっこよくて
高校生んころ良く聞いてたのを思い出した。
ジェフベックは可愛い子ちゃんベーシストの
タル・ウィルケンフェルドと一緒でベースソロも良かった。

ジョニーウィンターも元気にスライドしておりました。
 *こちらのライブジャパンも放映済み
ジョンメイヤーやバディガイも素敵でした。
放映は約100分だったけど実際は11時間にも及んだらしい。
で、入場料は$100だったようで日本で考えられん安さである。

販売しているDVDは279分もある。

51Jr1a5aryL.jpg
クロスロード・ギター・フェスティヴァル 2010(DVD通常盤)

好きなひとなら買ったって
全然損はしないと思います。。。ブルーレイの方がいいか。


さ、明日は学習発表会。

慶留間gnonでランチした 

雲の多い、爽やかではない晴れ。
東からの風が強く
昨夜から鉢植え栽培しているバジルや
島唐辛子が転倒しっぱなし。
はやく風治まらんかね~。

今日の昼ご飯は慶留間へ。

開店レセプションは行かせてもらったけど
その後は1度も行っておりませんで不義理してました。
オケアノスのお客さんはボチボチ行ってくれてるようですが
自ら行かんでどうすんじゃって感じです。

店の開店は12:00なのでそれに合わせて出発。
ドライブよろしく阿嘉大橋を気持ちよく通過し
約2.5kmを5~6分ほどで到着。

看板の下にランチなどのメニューがある。

gerumanion1.jpg

本日のランチ
生パスタ「ベーコンとほうれん草のクリームパスタ」をお願いしました。
生って家では全然上手くいかないし
クリームソースも良い具合にならんのだよね。

gerumanion4.jpg

やっぱしプロは違うぜよ。
パスタもソースも美味かったぁ。
右上のジャガイモみたいなのは
自家製天然酵母のパンでこれもまた美味いのよ。

クリーム系って途中で飽きちゃうことが多いけど
飽きも来ないままペロっと行きました。
食後のコーヒーも丁度良い焙煎で旨かった。

のんびりとランチしてたら続々と来店が・・・

gerumanion2.jpg

あっという間に空席は写真手間のテーブルだけに。
オーナーシェフが本物勝負している店はすごく良いな。
オケアノスもそうですけど・・・(笑)

今度は夜がいいなぁ~。

ご馳走様でした。

まだ表紙しかないけどHP 「慶留間gnon
ランチメニューなどもわかるブログ
Trattoria Bar 慶留間gnon
座間味村慶留間54番地 098-987-2650

機会を作って是非行ってみてください。

海藻は乾燥除去にかぎる 

晴れて東風なので寒くもない本日
4日間しかないけど船を陸揚げ。
船底に生えてくる海藻を乾かして除去するために
1日でも2日でも揚げておくと良いのです。

擦るとペンキが剥がれて尚更生えてくるし
何日か乾燥させてから再び水面におろして
走らせると・・・あら不思議。きれいに除去されています。
そして1週間~10日は全然生えてこないのでした。

ついでにキャビンをワックス掛けして
水垢をきれいに落としてピッカピカ。
あとは週末に来島するお客さんを待つだけです。

iso_kasago_night110725.jpg

夜間潜水で見つけたイソカサゴ。
ライトで照らしていたら
動いて寝床のサンゴから落ちちゃった。
背びれに毒もあるので
そのまま放置してその場を去りましたが
その後ちゃんと朝まで無事だったのだろうか・・・。

もうナイトも寒くなってきて
しまいましたねぇ~。


不細工ですが 

一昨日は夏のように暑く
昨日は冬のように寒かった。
今日はポカポカ小春日和のように暖かい。

太陽が顔を出すと違います。

本日も午後から2本。

フラットなサンゴ群生と
ややダイナミックな隠れ根。

16:00も過ぎると海の中は暗くなり
暗がりを好む魚が表面に出てきやすいのか
頻繁に見かけました。

その中のひとつ。

hashinaga_bera_Ad111115.jpg

なんだか判りますかね?
ちょっと不細工ですが
ハシナガベラの老成魚でございます。
出会い頭にシャッター切ったら写ってた(笑)


toaka_egg111107 (1)

今日は行ってないけど
トウアカクマノミと卵。
「水中モード」ってので撮ってみた。

イイ感じだと思った。


あすから4日間お休みっす。

急に寒くなり 

昨日、一昨日と夏のような日差しで
気温も28度超えを思わせる暑さだったのに
今日は朝から雨が降り続き
気温も体感22度・・・寒さはなんじゃ!
この歳では体がついてゆけんわい。

海へ行ったら水の方が温かい。
これってまったくの冬じゃんね~
なんか寂しくなってきちゃう。

今回のお客さんはとっても古くて
阿嘉には20年ちょい通って頂いていて
近年はやや元気がないものの
毎年必ず来島してくれます。

今日は午後から2本ということで
浅いフラットなサンゴ域と
ちょっと深いフラットな砂泥底で潜りました。

風が強いので船に上がると結構寒いし
ボートコートや合羽が必須な季節になりました。
でも時々真夏のようになるので
半袖短パンも必需品であります。

毎年Xマスのころはポカポカで菜の花が咲き乱れ
それは素敵な快晴になることが多いです。
どうぞ、お誘いあわせの上お越しください。

isokonpe111114s.jpg

トゲトサカに棲むイソコンペイトウガニ。

体そのものがトゲトサカなのに
さらに頭にトゲトサカを飾りつける
石橋を叩いて渡るタイプ。

甲羅に螺旋状の挿し込みがあることは
あまり知られていない。 と思う。

明日は晴れるとの予報ではあるが・・・
寒いので今晩はおでん。



ツールドおきなわ2011 

金曜の朝に那覇へ出て
ブラブラしながら「三銃士」見て。。。

土曜はいよいよ子供たちの出場する
ツールド・オキナワ2011が開幕。
阿嘉小学校では1年生から6年生までが
1輪車を一所懸命に頑張っていて
運動会などで地元民や父兄に披露していますが
ツールドオキナワの中の「1輪車競技」にも毎年出場しておるのです。

1輪車競技大会そのものは19回目で割と歴史はあり
県内から大勢の団体が出場します。

↓開会式の様子
ツールドおきなわ2011 (16)

80mスプリント、50mスラローム、400mリレー、演技。
この4種目で争われれますが
そのほとんどの種目で阿嘉小は金銀銅をかっさらっていきます。
うちの6年生の愚息は今年が最終出場。
種目は得意の50mスラロームで過去に金銀銅を1回づつ獲っているし
今年は金に期待がかかりましたが・・・・
コーンに接触してしまい敢無く失格(ーー;)

ま、いいか(笑)

圧巻は演技部門でした。
完全な練習不足で直前まで落車の連続。
ラインも不安定で、このままじゃ駄目かも・・・
とみんな密かに思ってました。

いざ本番となったら落車はゼロだし
ラインは安定し、抜群の演技を行ったのです。
ん~~本番にめちゃ強いタイプなのね。

たぶん演技は6だか7連覇なはず。

engi_renshu111112.jpg

↑交通警備の人に頼み倒して空けてもらい
 直前練習をするも落車が相次ぎ
 周囲の親からは落胆の声が上がっていたのでした。

優勝して今朝の朝刊に載ってましたね。
怪我もなく良い成績を上げられて万々歳。


明日はちょっとだけ海へ。

帰る前に愚息と。 



今宵はこれで。なぜか\1300だった 



ベックとイメルダ 

今日も保全活動へ。
晴れてたのでもう少し集まるかと思ったら2名しか来なかった(笑)
ひとりは新人さんで2週間前に来島したらしく
初々しく船に乗り込んできた。
話したらおいらの隣中学出身の子だった。
がんばれよぉ~。


さて昨日WOWOWでジェフベックのライヴが放映された。
なんでも亡きレス・ポールへのトリビュート・ライブで
95回目の誕生日である6/9にNYのジャズクラブにて
140名ほどの招待客の前で行われたようだ。

内容は大ロカビリー大会で
ベックとイメルダメイ・バンドとの共演。
このイメルダメイは初めて見て聞いたんだけど
とても美しい女性で声質もちょ~素敵。
なにしてもカッコいいし・・・惚れてしまいそうです。

冒頭は普通にロカビリー
イメルダ出てきてノリノリになって
ベックがギブソンのフルアコなど色んなギターを
トッカエヒッカエ弾いてるのも面白い。
そしていつもの白いストラトになると本領発揮。
それは素晴らしい演奏でございました。

途中からストレイキャッツのブライアン・セッツァーも出てきて
そりゃ結構なロカビリー大会でした。
あとで調べてみたらDVDが発売されているようです(^。^)

ジェフベック ロックンロールパーティー

YouTubeでも見ることができてしまうのでした。
Jeff Beck - How High the Moon


先日島の漁師さんの網にかかってしまった
運のないネムリブカ。

nemuribuka111107.jpg

サメも可哀想だけど網の中の魚も食われちゃうし
網も破けちゃうしで漁師さんも大変だ。

でもどこかの経済大国の人みたいに
ヒレ取って捨てちゃうようなことはなく
ちゃんと食べるのでした。

明日からツールドOKINWAの1輪車大会へ出発。
愚息の出場が今回最後となるのでシッカリ応援します。

また雨かなぁ~(ーー;)


激雨の保全 

今日は保全活動~潜ってオニヒトデやシロレイシを獲る~の
年に2回ほど回ってくる当番である。
いつもショップ名の昇順で回すので
必然的に初めの方になるのだけど・・・
なぜか雨ふりがおおいのでありますよ。

いっつもヘリハンの合羽着て
お揃いのヘリハン長靴を履いている気がする。
そして、寒い(笑)

今日も朝から激しい雨が断続的に降り
QZ1の送迎をしたあとの10:30出航で計画。
この中途半端な時間と悪天候で
やってきてくれたのはアヒコダイバーズだけだった。
あぁ、よかった中止にならなくて(笑)

最近マジャの移植したサンゴにシロレイシが
たくさんついていたのでそっちに専念してもらいました。
作業の間船上のオヤジはずぶ濡れで突っ立って待ってます。
船上で激しい雨をずっと見ていたら
ディラン「激しい雨が降る」のレオンラッセルが
カバーした歌声が頭に浮かんできて離れません。

激しい雨が降る

どこにいたの 青い目の子よ どこにいたの 可愛い息子

12の霧の深い 山でつまづいたよ 6つのハイウエイを 這って歩いたよ

7つの悲しい 森に入って行ったよ 12の死んだような 海にたどり着いたよ

墓地の入口まで 1万マイル歩いたよ

激しい、激しい、激しい、激しい、激しい雨が降るよ


読んだらすぐ判る思いますが、雨=核爆弾の黒い雨 です。
1962のディランの作品だけど
戦争に使えば「hiroshima」になるし
平和利用してもチェルノブイリや福島になるのでした。

保全だったのに核の話になってしまった。

核といえば核拡散防止条約(笑)NPTっていうのだが
今Eテレ(昔の教育TV)で0655
と言う番組をやっていてなかなか面白くて
なかでも「あたし、ネコ」や「吾輩は犬」のコーナーは毎日の楽しみである。

その番組の中の歌コーナーも秀逸で
現在「これを知ってるといばれるの唄~時事経済用語編」をやってる。
これが結構な傑作で、GDPやASEAN、INFなどの正式名をメロディに乗せて歌うのだ。
毎日聞いているとオヤジでも少しづつ憶えていって
少し威張れるのでありました。いまをときめくTPPもあるよ。

番組じゃないと見れないようなので録画してみてね(^。^)

anzu111103.jpg

近頃阿嘉島にやってきて人気大爆発な
ジャックラッセル・テリアのアンズちゃん。

こういうのと遊んでると犬欲しくなるんだよねぇ~







ビバ初体験 

9日間続いた海仕事も今日で終わり。
立冬とはいえ曇りがちの空でなんだか肌寒い。

お客さんもおひとりさまですし
近場でハナゴンベygや珍種甲殻類をガイド。
船にあがるとやっぱり寒い。

少々休憩してから
リクエストのパンダダルマハゼを撮りに行ったら
アンカーポイントが塞がっていて空く気配がない。
仕方なしに「さばく」でヤシャ狙いに変更だす。

ひとしきり撮り終えて
ガイドしながら浅場へ移動していきたら
なにやら変な振動を感じた。
まるでざまみ丸級の大きな船が近づいて来たかのような
身体の中心に響き渡る鈍い振動。

その強烈な振動は感じ初めから数秒で最強となり
12秒ほど続いただろうか・・・急速に消えていった。
一体何が起こったのか?
ゆっくりと水面顔をあげてもそれらしき船は見当たらない。
ふと「地震」が頭をよぎった。

船にあがって携帯を開けたらEメールが2通来ていた。
どちらも「沖縄で地震ですが大丈夫でしょうか?」という内容。
あぁ、やっぱり地震だったんだね。
心配してメールくれてありがとうございました。おふたりに感謝。

座間味島の防災放送で「津波の心配はありません」
と聞こえてくる。
震度4だったらしい。
沖縄じゃ4は滅多にないのでみんな怖かったに違いない。

水中での地震初体験。
なんとも言えない恐怖を感じましたが
被害もなにもなく気付いた人も少なく(笑)
話ネタがまたひとつ増えたのでした。

パンダは3本目に達成したしました。

hakusei_hagi111106s.jpg

ハクセイハギ。
この歯でサンゴをかじって食っちゃうやつ。
児童生徒の移植サンゴの敵。
でも釣って食したらとても美味いはず。


umigumo_sp111106.jpg


こちらはウミグモの仲間。
こんなに大きな個体は初めて見た。

娘は幼いとき時折現れる大きな蜘蛛を
「ジュモ」と言って
恐れていたっけなぁ~

あすは保全活動です。

充実のベラベラマクロ 

ちょっと前まで18:00なんて
昼間のように暑く明るかったのに
いまではすっかり夕方も終わり夜に近い。
これが冬っぽくて寂しいのよねぇ~
そしてケラマジカの悲しげな鳴き声が聞こえてくる。

そいでも日中はまぁまぁ晴れて
水もまだ透明できれいです。
水温もちょっと上がって26℃ある。

快適潜水。

今日も今日とてベラベラしに
浅瀬サンゴやガレ場斜面、最後は内湾泥砂底。
それなりに満足していただいたようでちょっと安心。
ベラベラしながらのマクロネタガイドも充実。

yakushima♂♀111107s

とあるところのヤクシマカクレエビ。
撮ってみたら♂が一緒に写ってた。
よ~く見ないと判らんよん。すげぇ薄いから(笑)


akaobi_bera111107s.jpg

おいらもベラベラしてみたけど
これが限界っす。

アカオビベラの♂。
きれいだと思います。

先日ハラスジの♂を見掛けたので
こいつとセットでちゃんと撮りたいなぁ~。

世の中上手くいかんぜよ 

朝起きたらすげぇ~快晴で
眩しいくらいの太陽光線。
こりゃ幸先いいぞ~~なんて思ったら
北の空は、真っ黒。

次第に雨が降り始め、あっという間に冬になった。

昨日の見つけたシラタキベラダマシを求めて
全く同じ場所へ行ってみた。
潮的にやや早いとは思ったけど後半に期待が持てる。

しかし待てど暮らせど現れず。。。
昨日現れなかったトモシビイトヒキの♂で我慢。

2本目はブツ西へ行ってみたけど
これといったベラは現れず
ハゼや甲殻類のガイドでした。

3本目は迷いに迷った挙句のクバ島東。
以前シラタキベラダマシの目撃例もあり
幼魚はよく現れるし・・・薄い期待を胸にEN。
EN30分後に潮が動き始め
グルクンの群れが止まらすカスミアジや
大きなイソマグロも現れたけど・・・駄目でした。

ん~~~ムズい。


togetosaka_teppou111106.jpg


後輩に先を越されて慌てたけど
ちゃんと見せることが出来た
トゲトサカテッポウエビ。
体は幹にそっくりで目は砂にそっくり。

oomon_kaeru111106.jpg

久しぶりに出会ったなぁ~
オオモンカエルアンコウ。

どこがどうなってんだか判らんし。。。

あすはさらに良い天気で海も静か。
ベラベラしますよぉ~~。

鋭い眼力は天性か 

朝起きて空を見たらドンヨリしてる。
雨もパラパラ来てるので合羽持って出勤。
でも出航するまでには晴れ間が覗く天気になった。

昨日船がいっぱいだったサバクへ。
ヤシャハゼのリクエストもいただいていたのだが
ベラ好きの人もいて、サバクが最適なのね。
5名のうち2名がハゼで3名がベラ(笑)

ハゼの2名はジッと動かないし
ベラの3名はあっちこっちのバラバラ。
透明度が40m近くあって経験本数もみな600超えで
潮もヨワヨワだったから出来た芸当。
ん?これっていわゆる放牧ってやつですか?

ベラのお目当ては見当たらなくて
ウロウロしていたのだけど
40分を経過したあと、カンカンとタンクを激しく叩く音
レギからは大量の排気(笑)
スレートには「シラタキベラダマシ?」とっ。

見たら♀が中層を泳いでいるではないか。「♀ですっ!」
それから激しい追尾が始まったのであった。

しかし、好きとはいえここ最近全く見掛けない
シラタキベラダマシを見つけるとは。。。
3本目でもあれやこれやと見つけておりました。流石である。
ってことで明日も行くのであります(^。^)

甲殻類ばかりなので
たまには爬虫類。

taimai111105s.jpg

美味そうに食事をしたあと
軽快に去っていくタイマイ。

こちらは
ツユベラがひっくり返した岩の下を
セコく突きに来たオジサン。

yotte_takatte111105.jpg

陸でも海でも
オジサンはセコく見られて
悲しいものである。

頑張れオジサン。




風がキツい 

毎日と~っても良い天気で
夏のように暖かい。
しかも透明度が抜群でどこでも30mはある。
太陽光線が強い分透明感は素晴らしく
最近では群を抜く良さだ。

しかし・・・東の風が強くて
ハンタの崎の波が相当高い。
まるで夏至南風(カーチベェ)。
 * 6月末の梅雨明け時に吹く南西風で引き潮時
   風と潮が逆になると恐ろしい波が立つことがある


朝さばくへ行くも船がいっぱ~い。
諦めてブツブツへ。
2本目は40mの透明度のギナでのんびり。
3本目・・・アゲナシクでエビ責め(笑)

帰りは波かぶってビッショビッショ。
それでも天気が良いので気分も良いのであった。


togenashi_kakureebi111104s.jpg

透明度が良いと
トゲナシカクレエビも涼しげだ。


komachi_koshioriebi111104s.jpg

自分から出て来たのに
そんなに威嚇しなくてもいいじゃん。。。

白地に黒線の
コマチコシオリエビ。

明日はいよいよ雨かしら。


予想外の晴れ 

連休は天気が悪そうでイヤだなぁ
なんて思ってたけど
初日の今日は気持ち良いほどの快晴。
昨日も30度、今日も・・・29度らしい。

透明度もかなり良いと思われ
1本目のアザハタでは30mは楽に超えていました。
スカシテンジクなどもバリバリ健在だし
根の賑やかさは相変わらずで太陽光線ガキラキラで
まるで夏のようでした。

よ~しそれなら2本目は
癒し系浅瀬サンゴ群で
ノックアウトだぁ~(笑)

enma_kakureebi111103s.jpg

夏のような日差しの中
ショウガサンゴを覗くと
エンマカクレエビの子供と目が合いました。


panda_tsunoumiushi111103s.jpg

久しぶりに出会った
パンダツノウミウシ。

さてさて明日はどんなものが
見れるでしょうかねぇ

東の風くもり。。。夜雨だって。

2枚重ねで撮ってみた 

お客さんの泊ってる宿の主人が
誕生日だとかで大いに盛り上がった昨夜。
しかし、22:30過ぎにバケツを
ひっくり返したような大雨にヤラれてしまう。

明日朝雨だったら潜らないかも・・・と寂しいお言葉。
しかし朝になってみれば太陽がサンサンと輝き快晴。
日中もグングン気温が上昇し30度になり
まともに夏日となりました。

透明度も昨日に比べ2.5倍(当社比)くらい良かった。

今日はリクエストのヤシャハゼと
HP表紙のマルミカクレモエビの2本。

午後は前浜でスノーケリングして
先日移植したサンゴを見るという。
こういう真面目な生物観察型ダイバーは本流であり、
頼もしい顧客と言える。

さて、現在使用しているコンデジは
FUJI FinePix F50という機種。
画像はきれいで、ワイドはとても素晴らしく撮れるのだが
こと小さいものと動くものになると全然駄目なのだ。
このブログに掲載される写真が甲殻類が多いのも
そのような訳なのです。

で、クローズアップレンズを2枚重ねて
ダークバスターなどで明るくして撮ってみました。

まずはアシビロサンゴヤドリガニ。

ashibiro_sangoyadorigani111102s.jpg

結構イケますでしょ?

ついでに照明使わずに撮った
サンゴ中に棲むシャコ

shako111102s.jpg

まぁまぁかな。


明日から連休だね。
沖縄を除いて晴れるようだし
みんなどこへ行くのかしら?

この連休忙しい訳でもないけど
楽しい連中がやってきます(^。^)



さぞ眩しかろう 

昨夜はとってもよい星空で
東の空に浮かんだオリオン座が
素晴らしく美しかった。

一夜明け今日の朝はまたドンヨリと曇り空。
いつ降っても・・・と言う間もなく降り出した。
雨の中を1本目出航すると更に雨脚が強くなり
辺りは暗く、海の中は夕方のようだ。

こんな時にハゼを撮ると
ストボロ光にビックリして
ビクっと飛びあがったハゼが撮れる。

hachimaki_date111101.jpg

驚いた表情してるでしょ?


その後は太陽も顔をだしてきたので
近所のショートドロップオフへ行く。
まんまとガイドの潮読みが当たって
グルクンの壁にm級のイソマグロが突っ込むシーンに遭遇。
珍種のエビと共にガイド出来て満足じゃ(^。^)

hoshi_kaiwari111101s.jpg

イソマグロの写真は間に合わず
代わりに巨大ホシカイワリ。


昼食後は浅瀬のサンゴ群へ。

砂の中から顔を出してたアナシャコの仲間。
名前は判りませんが
全く別のキャラクターになっております。

本日の傑作。

ana_shakko_sp111101.jpg


もう11月。
11月1日はすしの日。
あぁ~寿司屋で寿司たべた~い。