どうにか年度末に 

事務仕事も上は環境省のものから下は
子供たちのものまであっちこっちと様ざまで
それぞれが年度末に片付けたかったものが
どうにか片付いたのでホっと一息。

あとはD協会の役員を降りれば
エコツーしか残らないので
とっても肩の荷が軽くなる。

軽くなれば必然的にフットワークも軽くなる。
と思っているのだけれど、果たしていかがなもんか・・・。

身軽になってもう少し調査をし写真を撮り
ガイド業に専念したい。今年の目標です。

amamisuzumedai_yg110326.jpg

アマミスズメダイの幼魚が
あちこちに出現し始めました。
まだ1cm~2cm程度のものが多いけど
目の上のライトニングブルーが爽やかな
イカした子です。

見かけたらバシバシ撮ってね。


テッポウユリとウミウサギ 

新緑も終わりに近づき連日20度をこす暖かさに春を
通り越して初夏・・・までは行かないけど
五月晴れちゅ~感じですかね。

ランニングコースの山の斜面には
白いテッポウユリが咲き誇っています。。。
うちの裏庭の小さな花壇にも
毎年ちゃんとテッポウユリが出てきて
4月初めには咲いていたのに
悲しいかな今年は1本も出てきません。

あまり出てこないので掘って球根の確認をしてみたら
・・・見事に1つもありませんでした。なぜじゃ~(T_T)
毎年楽しみにしていたのに・・・悔しいからまた買ってこよっと。


umiusagigai_sp110324.jpg

この赤いのはリュウキュウイソバナというサンゴの仲間。
下手くそなダイバーや生き物をいたわらないダイバーに
踏みつけられえたり手でシゴかれたりして
その数は年々減少の一途をたどっている。

そんなイソバナに棲みついているウミウサギ貝の仲間が
枝に卵を産みつけていた。
一体どれくらいの期間で孵るのか、どんな形なのか、興味も尽きないですが、
ウミウサギ類が見られるよう、いつまでもイソバナがありますように。

海の小枝も大切に!


遠くからデビッドギルモア 

知り合いに勧められて・・・っちゅうか
半分仕方なしにフェイスブックに登録してみた。
名前や住所、仕事、趣味などの入力をすますと
途端に「お友達」候補の写真が出てくるんだね。
何名かとお友達になってみました。

sakubaru_yagi_sp110326.jpg

海に潜っていて、きれいな景色やダイナミックな景観などを見てると
自分の好きな歌や影響を受けた楽曲が頭の中で時々聞こえてくることがある。

阿嘉の港から船で数分の所にあるサクバルの鼻というポイントの
20m以深には写真のような黄色いイソバナ類が群生している。
尾根の稜線を覆い尽くすように広範囲に生息し
ジッと動かず、モノも言わず何十年もそこで生きてる。

深い海底に潜り自分の呼吸音に耳を傾けながら
うねりで揺れる彼らの姿を見ていると
ピンクフロイド「タイム」が頭の中で響き
遠くの方からデビッドギルモアのむせび泣くような
ソロが鳴り渡ってきたりするのだ。

”カチカチと刻まれる一瞬一瞬が 退屈な一日を作り上げるけれど
 お前は何の準備もせずに時間をつぶしムダにする
 地元の狭い土地をうろつきながら
 誰かか何かが 行くべき道を示してくれるのを待ちながら ”

言わずと知れたピンクフロイドのギタリストでコンポーザー。
68年からの加入したけど、ジェフベックに断られたからという噂もある。
ちょっと見はただのオッサンだけど
彼のストラトキャクターからは驚くようなフレーズが飛び出し
オヤジをシビレさせてくれるのであった。

中2でピンクフロイドと出会い
人生において1度もライブで体感出来ていないことが
悔やまれてしかたない。





 

慌ただしく 

お客さんもいないし

天気も芳しくなく

子供たちも家にいて春休みの課題とか

やってるし。。。

オヤジはPCに向かって
ダイビング協会の通常総会に向けての書類を作成。
いつもは4月中旬か5月初めなのでノンビリやってっけど
今年は4/4にやるというので急いでるのでした。

協会の役員を全トッカエ(取替)するので
いろいろ引き継ぎもあるし、とっても慌ただしい。
でも今がんばれば、このあと2年は平民として暮らせると思うと
ウキウキしてきちゃう(^。^)

とか言って何が出来るわけでもなかったりするんだけね。


konpeito_umiushi_H110326.jpg


コンペイトウウミウシの交接。

最初は向かって右の小さいのを観てたら
下から大きいのがムニョムニョっと出てきて
近づいてきて交接し始めた。

なんてラッキーなんでしょうか。

しかし、白昼堂々とステるなんて・・・。



明日から暖かいって 

今日も真冬のような寒さでしたね。
久しぶりに走ってみたけど
またしても北風に行く手を阻まれ
非力なオヤジは前へ進みませんでした。

春休みに入って
子供たちがずっと家にいるので
ずっと五月蝿いのよ。
オヤジも休みだもんだから
お互いイライラしちゃうんだろうか(ーー;)

那覇にでも連れていこうかしら。。。
沖縄プロレスやってっかな?


世界に名だたるミュージシャンや歌手たちが
壁を越えてSongs for Japanという
チャリティーアルバムをiTunes Store で販売している。
38名38曲で¥1,500はお買い得だね。
18カ国でランキングが1位(英国2位)だそうだ。
相変わらず素早くてスケールでかいなぁ。

日本も真似してるかしら(笑)

songs_of_japan.jpg

「引き」の強弱はあるのか 

今日も北風がビュービューと吹きまくり
船に上がると地獄のような寒さである。

船に上がってタンクを下し
速攻でお湯をスーツの間に流し込むと
鬼の形相が一瞬にして布袋様のような笑顔に
変っていくさまは笑えますがな。

クジラが見たいコブシメが見たい
いろんなウミウシが見たい・・・
と言われてみても飼ってる訳じゃないから
見られるような環境へ案内して一所懸命に探しますが
見られないこともありますよ。・・・ってあるでしょ?

でもリクエストしたものを短時間で全部見られて
更にレアものが続々現れちゃって・・・
毎日良い天気だったし、とっても楽しかったわ。
なんて言いながらお帰りになる方もいるんですよ。
真逆の方も勿論いらっしゃいます。

これって所謂「引きの強弱」なんでしょうかね?

セレブなくせに懸賞に良く当たる人とかもいて
悔しいのを通り越してあきれちゃったりします。

で、今回のお客さんは・・・
結構「引き」は強いのではないかと思います。


tsunozaya_umiushi110326.jpg

1本目に見せたかったツノザヤウミウシ。
しかも3匹もいて、こんなシーンにも出会えた。

2本目に行く途中のハンタの崎では
今回2回目になるザトウクジラとの遭遇。
オケ号のすぐ近くでボアって浮上してきて
びっくりしちゃった。

そして2本目で見たいと言っていたコブシメ。
しかも交接シーンに出会えるとは・・・
やっぱり引きが強いと思います。

kobushime_kousetu110326.jpg

3本目はピンクフラッシャー♂のディスプレイを
ゆっくり見たり、コンペイトウウミウシが交接したり
たっぷりとご堪能したようでした。

明日からはしばらくお休みでござる(ーー;)

シビレるぜぇ~ 

まったくもってケシカランくらい寒い。
もう学校も終了式を終え3月も終わりだのに
気温16度の北風12mとは何事じゃ。

60分も潜ってれば
手足の先は感覚もなくなり
冷えた手をぬるいお湯に浸ければ
次第にジンジンとシビレてくるのであった。

3本目のあと家帰って湯船に浸ったら
全身が軽くシビれてきて
ん?これってアレかな?
なんて疑ったけど全然違いました(^。^)

そんな北風ビュービューな中
いろんな楽しいものを見てきました。

zouge_iro110325.jpg

まずは3本目で出会ったゾウゲイロウミウシ。
ウネリで触角と2次鰓が
ピュ~ってなってウサギみたい。
美しいですね。

shichisen_cho110325.jpg

チョウチョウウオ好きには堪らんシチセンチョウの幼魚。
3月にこのサイズ(5円玉くらい)は
見たことないけど、かわいいねぇ~。2本目で会いました。

panda_egg110325-2.jpg

そしていつも見ている
メオトのパンダダルマハゼ。
PCで拡大したらタマゴを産み付けていた。
3月に産んでるなんて驚き・・・
いつもの産卵床だし、これって卵で良いんだよね?

寒い中シビれたダイビングでした。

だんだん撮れるようになってきたでしょ?(*^^)v




オキノスジエビがいた 

きょうの船の運航は全て通常通りだけど
とっても冬型で最高気温も17度しかなくて
やがて4月だっていうのに
一体どうなってんだ!

で、昨日も冬だったし
お客さんが午前午後で2DIVE希望なので
朝はのんびり10:00出航。
近くの砂地へ行ったら・・・
見慣れないエビが10数匹でタムロってる。

どこかで見たことあるエビだぞぉ~
このなが~いヒゲ
ピンと伸びた胸脚
そして何よりも体にある2本の白線

オキノスジエビに間違いなか!

沖縄にもいるんだね・・・っちゅ~か初めて見ましたがな。

IOPや伊豆大島では良く撮影されているけど
沖縄じゃ~ちょっとレアなエビかも知れないねぇ。
しかも水深20m台と信じられないくらい浅い。

デジ1でちゃんと撮りたいし
もう少しそこにいてください。

okinosujiebi110324-4.jpg

なれないカメラで
まともに撮れてなくて申し訳ない(-_-;)


時化時化のパァ~ 

QZは欠航したけど
フェリーは通常運行だった。。。
なんだヤレば出来るじゃん(笑)

海も休みにしたし時間があったので
録画してあった「剣岳 点の記」を観た。
あの「八甲田山」の撮影キャメラマン木村大作氏
初監督作品で御歳70歳だという。

ひとを寄せ付けぬ極環境・・・
本当の自然の美しさはそこにある。
なんとも素晴らしい壮大な景色が画面一杯にあり
測量士柴崎一行はアリンコの行列のようである。

映画としては今一つだけど
景色の素晴らしさと香川照之に拍手。
松田龍平って演技がヘタッピなんだろうか?とか
頂上手前で画面がカットされた変な編集 とか
陸軍測量部長役がミスキャストだ とか
いろいろ苦言もあるでしょうが
さまざまな賞を総なめしたのもうなずける。

柴崎の妻を演じた宮崎あおい・・・
ギュっと抱きしめたくなるほど
繊細で純粋な日本女性だった。。。

おっと剣岳で終わってしまった(^。^)


剣岳の美しい夕陽を観て思い出した景色。

kushibaru_camp080503 (1)

2008/5に愚息タツヤとふたりっきりで行ったキャンプ。
そこで見た夕陽がまた美しかったなぁ~。

♪とおく離れてもぉ~黄昏時はぁ~
 熱いお~もかげがぁ胸にせまるぅ~♪

泣けちゃうぜぇ~




また大時化が来たぞ 

朝はよわ~い北風で小雨がパラつく程度が
午後から雨足もつよくなり風も強くなった。
QZは全便欠航になり
フェリーは折り返し運行と予想通り。

でも気象庁の予報は
時化るのは昼からだと言っていて
実際その通りになったのだし
QZの1便は出してもよかったのではないか?
とおもふのであった。。。

最近の欠航決定はあっさりし過ぎないかな?
もうちょっと頑張ってくれないと
島の経済にも大いなる影響が出てきそうだけど。

あすの予報は4~3m。
最高気温は16度・・・また冬に戻るのね。

浅草の三社祭も中止になるらしいが
なんでもかんでも中止延期でいいのだろうか?
悪魔の火の問題が解決しないと・・・だね。


oran110321.jpg


のんびりムードを醸し出す
オランウータンクラブ。

いまだ正式名のない彼らは
全身は毛のようなもので覆われていて
赤い目の他に合焦確認する場所がない。

その目でさえボヤっとしていてよくわからん。
ローガンズ泣かせのカニなのでした。

狙いは当たったが 

連休も今日で最後。
その最後の日が一番の天候となった。

朝1本目は・・・悩んで久場島の東へ。
コブシメの産卵を狙っての選択。
弱い南風を受けながら快適に走るオケ号。

ポイントの50mほど手前に来た時
「ブフワァッ」っと飛沫があがった。ザトウクジラだ。
間髪いれずにクジラが海面から飛び出てきた。
いきなりブリーチングである。
すぐにもう1度飛び上がってきた。
良く見るとやや小さい・・・子クジラだね。

すぐそばには母親がいて、その横で遊ぶように飛び跳ねている。

子クジラながらも幾度となくブリーチングを見られ
10数mの母親のブローも近くで見れて
エスコートと呼ばれる母子に寄り添う♂クジラも見れた。

せっかくだから・・・是非見せてあげたい。
そんな気持ちが通じたようでとても嬉しい1本目でした。

あら?潜ってないのかって?
潜りましたよ。コブシメは見事に外れました(ーー;)

2本目もコブシメ狙ったけど
遠くに1匹いたけどすぐ見失い、結局は卵だけ。
3本目は潮を読んでイソマグロとかの回遊魚を狙う。
グルクンの数はすごかったけど
その場には現れず、あきらめて根から離れたら
でっかいホシカイワリ2匹とカスミアジ2匹が
ドヤ顔しながら通過して行きました。。。

zatou20110321_2.jpg

子どもと言っても
5~6mはありそうな感じでした。
とってもかわいいの。


ayukawa110321.jpg

大きなクジラから
小さなウミウシまで。
アユカワウミコチョウ約2mm。
立派な大人です。

明日は波が1.5~4m。
全便欠航か!

唄声には包まれるが・・・ 

本日も南向きの風・・・やや強いけど
ヤカビ島へ行くには難儀しません。
またもやクジラ狙いです。

ついでにコブシメも見れたらいいなぁ~
とウキウキしながらEN。
クジラの唄はすぐに聞こえ始め
数頭でなにやら会話のように掛け合いしてる。

今日は昨日より激しくて音も大きい。
大きい=近い という錯覚に陥るけど
デカい鳴き声聞けば近いと思っちゃうよね。
すげぇ~期待感が湧きました。
が、唄はダイビング中途切れもなく聞けたけど
実際には2~3kmは離れていたかな。。。
コブシメは卵はたくさんあったけど
現物には会えませんで。。。こっちも残念。

ヤカビ島はオニヒトデが多くなってきたなぁ~

2本目はずっとヒレナガネジリンボ撮ってた。
3本目は金魚ハナダイとか撮ってたみたい。
ウミウシいっぱいいますな。
巨大トウモンウミコチョウをいくつも見たけど
今年は栄養状態がよろしいのだろうか?

murasaki_umiko110320.jpg

自らパタパタと羽ばたいて泳ぐことで
ちょ~有名なムラサキウミコチョウ。
今は旬で、あちこちにいっぱいいる。

こういうのだったらピントが合うなぁ~

陸撮だとシビアに合うのに
水中だと合わんってことは・・・致命傷か。

クジラの唄につつまれて 

南東の弱い風で暖かくて海も静か。
久場島へ行けばきっと聞こえると思ってた。。。

震災によってさまざなイベントが自粛
レジャー産業はことごとく打撃を受け
うちでもお客さんが半分になりましたが
来てくれたお客さんには十二分楽しんでもらいたいと
季節柄ザトウクジラの唄声を聞いて欲しかったのでした。

EN直後から聞こえていて
その後20数分は聞こえたいたけど
とのあとプッツリと途絶えてしまいました。
EXしてから周囲を探してみたけど
ウォッチング船も遠い場所でした。

ん~見せてあげたいなぁ~
っていうか自分も見たいし。

2本目3本目はクジラの声が聞こえそうもない
ポイントだったので明日に期待したいと思います。

tsumaguro_matsukasa110319.jpg

ツマグロマツカサ。
やや黒ずんでいて鰭の淵が黒いのが特徴。
実はこいつ、ケラマでは結構なレアもので
数か所まばらにいるくらい。

パラオにグッチャリいたのには驚いたっけなぁ~

体長は25cmくらい。
魚までの距離1m。
オートの強制発光でこんな感じ。

これくらいのサイズなら難なく撮影できるけど
こんなのになると・・・微妙にピントが合わない(T_T)

nise_akahoshi_egg110319.jpg

手中に納めるにはまだ時間が掛かりそうです。

明日も南向きで気温24度!

正義の味方 

お江戸は浅草に投宿し
毎日のようにウロウロ。

そん時見つけた
正義の味方


bandai_2.jpg

ご存知ウルトラマン。

道の横にいろいろと並んでたので
不思議に思って近づくと
そこはバンダイのビルじゃった。


bandai_1.jpg

こんな感じで並んでいて
仮面ライダーや
ドラえもんもいました。

こんな時にこそ
ウルトラマンがいてくれたらいいのに。。。(T_T)

ちょ~久しぶりじゃぁね 

なにがって・・・ダイビングです(笑)

1/4以来ですからサボりにサボって約2ヶ月半ぶり。
明日から仕事になるので
近場で1本軽く行ってきました。

戴き物の中古Fuji Finepix f50も試してきました。

慣れていないので中々小さいものが撮れませんで
↓こんな感じで撮影してきました。



dandaradate110317.jpg

動かない共生ハゼは
撮れない機種はないですな。
やや赤味が強いかも知れません。


hanagonbe110317.jpg

やや成長したハナゴンベ。
これくらいゆっくりな動きならば撮れますね。
ちょっと暗かったけどピンはきたので
暗いのに強いのかな?
やっぱり赤味が強いみたいです。



lemon110317.jpg

船の下でめっけたレモン。
近くてストロボ光がオーバーになったけど
まぁまぁ良い感じだね。
これより小さいもの・・・ウミコとかは
レンズが必要かもしれない。

どちらにしても使いこなすまで
時間がかかりそうじゃね。
どなたかご教授願えれば有難いです。

水温は20度と示し
透明度は30mちょっとくらい。
明日明後日と晴れ。。。だとおもふ。

楽しみだね。


*今週末に予定していまして「くじら音楽祭」は
 中止となりましたのでお知らせいたします。

強風で進まん 

やっぱり全便欠航となって
文字通り孤島となっております。

14mくらいは吹いてんでしょうね・・・
阿嘉大橋からゲルマまでのジャギングがキツイこと(笑)
強風のあたり具合によって全然進まないんだもん。

福島の原発も恐ろしいですが
都心の買いあさりも恐ろしい。
どっかの国のように暴動にならんから良いけど・・・
年端もいかない子が薄暗くて寒い避難所で
お腹空かせてると思うとかわいそうでなりません。
まして孤立していたりしたら尚更です。

取り敢えずはみんなの意思で
あか・げるまダイビング協会から
僅かではありますが義援金を送らせていただきました。

ちょっとづつの協力が大きな力になると信じています。

*義援金詐欺等には充分ご注意願います



kusa_sp101031 (1)

アマビーチにおいて、
1シーズン幾度となくダイバーに踏みつぶされ
つらい思いをしているんだろうなぁ~と
思われるヤツシハゼの1種。

ケラマじゃ相当レアな部類だ。

大しけでんがな 

昨日までの快晴べた凪は
一体どこへいったのかしら?
いきなり1.5mのち4mという波高予報で
QZは全便欠航でフェリーは折り返し運行となった。
あすの波は終日4mなので
おそらくQZもフェリーも欠航ではないだろうか。
都会は電力不足で電車や止まり
田舎は自然現象で運行を取りやめる。
改めて・・・妙な再認識をしました。

都会でも物資が品不足と聞きますが
こんな田舎の離島で船が欠航しちゃうと
な~にも届きません。
物価高と品不足は常なのでありました。


ebi_fumei100429.jpg


ところで
このエビの名前をご存知の方
いらっしゃいますか?

フトガヤで2個体観察したのみで
他のホストでは見かけていません。

知ってましたら教えてください。

日焼けで真っ黒じゃ 

昨日今日と朝出港して
帰ってくるのが夕方(今日は13:30)
1日中船にいるので海面からの反射もあって
とっても日焼けして真っ黒になった。

冬で白々としていたので丁度いいかもしれんね。

あとは髪も焼けて赤くなれば
ガイドダイバーの出来上がり。

海草分布調査の用船なので
決まった地点に調査人を連れていけば良いから
気楽でいい仕事じゃんなどと思っていたけど
知らない場所の浅いところまで入っていくし
神経相当使うのでえらい疲れるのですわ。

日焼けも結構疲労するのよねぇ~。
1日やるとグッタリしちゃったりしました。

でも知らなかったウミクサのことが
すこし分かったりして良い勉強になりました。

↓勉強になったウミヒルモ

umi_hirumo20110314.jpg


左から
オオウミヒルモ、ウミヒルモ、ヤマトウミヒルモ
ウミジ(ウミヒルモじゃないけど)
4種あるうちの3種。
生育水深が種によって違うことや
雄花・雌花があること、花の着き方や
見分け方を習いました。

ご希望の方にはガイドいたします(笑)

もう1種のウミヒルモはトゲウミヒルモという種で
強い太陽光線はだめらしい。。。深場ですね。

今年の目標がひとつ増えて
「ウミヒルモの雄しべ雌しべの観察」
楽しみですねぇ~。


調査は順調に進んでいる 

朝も8:00から渡嘉敷北部のギシップ島へ。
その後座間味の裏側の浜へ行き
村外船でごった返す唐馬、阿護の浦。
昼食後に安室島、阿嘉のギナ、クシバルと行って
最後にやや深場のウミヒルモを求めて
マジャや新港へ行ったが生えてなくて
結局前浜の-15mでウミヒルモをゲット。

頑張ったなぁ~。

聞いたら、なんとウミヒルモは4種類もあるそうだ(+o+)

残すはあと4地点。
明日で終わりに出来ます。

連休はお客さん来てくれるかしらねぇ~。

konohagani080808.jpg

この植物がウミヒルモ。。。
正確には、オオウミヒルモっていうらしい。
ウミヒルモは海藻ではなく海草(うみくさ)で
花が咲いて結実し種を残します。

その葉っぱにそっくりなカニが
より葉っぱに似せようと懸命。
カニの名前はコノハガニ。

2008/8の撮影。


大変なことになっちゃったもんだ 

昨日は朝8:30から海へ出て
昼も戻らずに船で弁当食べてまで
時間を惜しんで海藻の調査に出てました。

まずは渡嘉敷の東、渡嘉敷港の南から始めて
南下していってシルイワ回って阿波連まで行った。
途中モズク漁師に睨まれながらも作業をしてたら
突然メールやら電話やらが入ってきて・・・。

その後はみなさんの想像する通り
急いで帰って現状を把握して緊急措置。
明日明後日の燃料がないから入れようとしたら
阿嘉漁港は地震で早期閉店しちゃっていて
仕方ないので座間味まで入れに行ったり
家族は軽食と飲み物もって学校の体育館へ避難。

沖縄は17:40~18:00に1mの津波が到達というから
その時間から船で沖へ・・・って言っても前浜のブイだけど(笑)
18:10過ぎにはもう港へ帰り始めて18:30には家に着き
この時初めて地震と津波の映像を見た。
津波の生中継っていうんでしょうか?すごかった。
まったく言葉をなくすとは、このことです。

みなさんのご無事を祈るばかりでございます。

今日の15:00までは津波警報だったので
調査の仕事は出来ず仕舞い。
明日はちょっと風が出てきて天候悪し。
上手くいかんもんですな。

yuhi_110311.jpg

すごい地震があってデカイ津波で
とんでもない被害があった。

という以外なんの情報もなく
ボ~っと沖で避難しているとき

きれいだけど。。。なんとなく悲しげに見えた夕日。



あすは卒業式だから・・・ 

♪これが最後のチャンスだよ~~♪

って歌っちゃった人はお友達です(笑)

明日は阿嘉小中学校の卒業式。全国的にかな?
中学生は3名、小学生は2名が卒業し
中学生は高校へ入学するので島を出ていき
寮に入ったり、アパート入居したり
親元を離れて一人暮らしに近い状態になる。

うちの子バスにも乗れないのに大丈夫かしら?
などとアホな心配してる人もいますが大丈夫に決まってます。
そんなことより悪の溜まり場にならんようにしましょう。

うちの娘もあと2年したら・・・(ーー;)

いつもだとPTA広報及び沖縄タイムス記者として
カメラ片手にバシバシと撮影するんだけど
今年はウミクサ調査が入ってしまい
残念ながら列席できないのでありました。

調査の方は海も明日から3日間ほど静かそうで
順調に進捗して行きそうで何よりでございます。


kurohira_aji100712.jpg

水温が上がってきて砂地にアミが大量に発生すると
写真のクロヒラアジは何処からともなく群れでやってきて
アミをパクパク食っては去っていき
戻ってきてはパクパクと食べてるシーンをよく見かけます。

このクロヒラアジ
一見すげぇ~美味そうに見えるけど
臭くて不味いともっぱらの噂ですが、真相は・・・。


関連のまったくないもう1枚

kuramae_shobou.jpg

江戸見物をしていた時
浅草の宿に投宿していたんだけど
最寄りの浅草橋駅そばにあった
古本屋の御蔵前書房

いつからあるのか定かでないが
積まれた本も斜めだけど
おうちそのものも斜めなのでした。
江戸時代からの相撲の書籍資料や
江戸幕府の諸資料から庶民芸能など
素晴らしいものがあるそうです。

興味のある方は是非お出かけください。

しかし、シブいねぇ~。

あっという間に時は経つのだ 

本日も朝から気持ちよく晴れている。
昨夜、ダイビングガイドの後輩から
誘われ久しぶりにテーブルを囲んで雑談に耽ったが
それほどの酒量でもなかったからか
目覚めも快適である。

庭の草木の手入れをしたり
本を読んだり、録画したブラタモリを見たり
 *江戸のゴミ問題に焦点を当て、本所深川の埋め立てなどとても面白かった
あっという間に時間は過ぎ去り
気がつきゃ夕方になっている。。。
こいうのを自堕落っていうだろうね(笑)

20度近い気温の中、のんびり走ってると
海からのさわやかな風が実に気持ち良いんだわ。
このまま続けられるように頑張ろうっと(^。^)

ootemon110214.jpg

今年の江戸見物の第1目的「皇居」

その皇居の数ある門の中の大手門。
お堀に浮かんで優雅に泳ぐ水鳥が
とても幸せそうに見えました。

白鳥の右斜めにいるのは
キンクロハジロとかいう水鳥かしら?
鳥の名前は詳しくないので
機会があったら勉強したいもんです。

やっぱり海はいいもんだ 

約2カ月ぶりに愛艇を海に浮かべた。

11日から海草(ウミクサ)及び海藻の
生息調査の用船のためであるが
久しぶりに船を運転して
海風をあたると気持ち良い。

やっぱり海は良いもんだなぁ~
とか思いながら海原を走ってると

世代的に加山雄三が出てきちゃうんだよねぇ~(笑)


kirinsai_sp100329 (1)

キリンサイという海藻の仲間で
今度の調査でついでに調べてもらいたい
いくかの海藻のうちのひとつ。

写真は再登場。



お江戸カッパ橋 

今年のお江戸紀行もいろいろとありましたが
なんといって浅草はカッパ橋が感激しました。

なんせ横浜時代は飲食業に携わっていたくせに
カッパ橋ってとこに足を踏み入れたことがなかったもんで
噂には聞いていたけれど、どこもかしこも食器やら
鍋やらの店が軒を連ね、1軒づつ回った日にゃ日も暮れちゃう。

1日目は道路を挟んで浅草側を、
2日目はもう反対側をゆっくりと歩き回りました。

よかったねぇ~

特に看板屋とかメニュー屋なんかは
使ってたけど売ってるとこは
初めて見たし楽しかったねぇ。

kappa_tarou.jpg

合羽橋に凜として立つかっぱ橋太郎。


世界に名の知れた食品サンプル。
同じようなのが何軒もあるけど
細かいところまでちゃんと作ってるのは1軒だけで
ここのは他店に比べて40%ほど値段が高かった。

おいらもキーホルダーとか携帯ストラップを
買ってしまいました。・・・店名忘れちゃいますた。

sushi_sample.jpg

美味そうでしょ?



3次会は 


民謡酒場。
なかなかいいもんだ。

追記:

写真中央で歌っている人は
我如古より子さんといい、この店「歌姫」のオーナーで
沖縄民謡界の大御所です。
坂本龍一と結構絡んでたり
ブームの宮沢和史から楽曲を受けたりと
幅広い活動をしています。
興味がある方は是非足を運んでみてください。

因みに、写真右のラフな男性は
「あ~まんハウス」のご主人ヨシアキさんです(笑)

新緑とストーンズ 

最後の寒波(笑)も無事にやり過ごし
これからはどんどん暖かくなっていく。。。
庭の草木にも活気が戻り、山肌には目映い新緑が目立ち始めた。

沖縄では1番春を感じる季節かな。
風も南東の弱い風でとてもすごしやすい。

そんな新緑に誘われて昨日から走り始めた。
といってもポンコツだし、急に走り始めて倒れたら元も子もないので
ウォーキングのようなジョギングを阿嘉大橋を渡って隣のゲルマ島の途中まで
時間にして30~40分の軽いものである。

風にあたると気持ちも良いし、大型連休に向けて体力作りのために
しばらくは続けようと思う・・・いや、思ってる(笑)

ジョガーがよく耳にイヤホンをしながら
走っているのを見る・・・あれ音楽聞いてんだよね?
志の輔落語だったら面白いけど。

オヤジも真似してiPod shuffleなんぞを持ち耳に差し込んで走ってるが
音楽聞きながらってどうなのよ?
と思っていたけど案外良いもんであることが判明した。

特にローリングストーンズの曲が
オヤジの緩い走りとよくマッチするのである。
気だるいアップテンポのStart Me Up とかBrown Sugar、
Honky Tonk Womenが聞こえてくると足が自然と前へでるのだ。

悪ガキが集まってバンド作って
ちょい悪な楽曲を作り続けて今や最長にして最強のバンド。
そんな彼らの曲を聞きながら健康のために走ってることが
とっても面白い今日この頃です。

Sticky Fingers

初期の最高傑作「スティッキー・フィンガーズ」
発売当初の紙ジャケには本物のファナーがついてた。
この中の Wild Horses が大好きである。

明日は阿嘉小学校低学年時代から知ってる娘の
結婚披露宴列席のため那覇へ。。。




イタリアンな雛祭り 

毎年雛祭りはコック長となる。
女子のお祭りなので男子が厨房に入る。
元々料理好きなので作るのはな~んの苦労もないし
おいしいと言って食べてくれると嬉しいものです。

別段理由もないけど、X'masはステーキで
雛祭りはイタリアンってことになってる。
今年は常連さんがイタリア土産に
乾燥ポルチーニと怪しげなチキン用ハーブをくれたので
この2つをメインに作ってみました。


hinamatsuri110303.jpg

ヴァーニャカウダ、なすのオイル漬け、生ハム黒コショウ
ポルチーニ・ペンネ、チキンハーブソテー、野菜スープ
簡単パエリア・・・ワインはブルゴーニュ・シャルドネというやつ。
横文字にすっとBourgogne Chardonnay 2009 Domaine Roux
¥1280のスッキリ辛口の白。

ポルチーニ茸は初めてだけど
女子にはとても美味しいと好評でした
あと半分残ってるし、今度はリゾットにしてみよっと。

大いに飲んで食って楽しい夜でした。



先日那覇で見つけた等身大の
丹下段平。

danpei110226.jpg

ベリ~グッドでしょ?

ビューと吹いてグッときた 

昨日の夜あたりから北風がビューっと吹いて
グッと気温が下がってきた。
今日の最高気温は17度となっているが
体感温度は15度くらいではないだろうか。

暖房器具を仕舞った途端・・・また冬だ。
そんなもんだと言いつつ悔しさいっぱい。
少しくらい寒くても平気だろうと思ってたけど
いざ寒くなると暖房器具が恋しくなるのでした。

1日ボケっとしてしまった。。。

WOWOWで「落語家Xの快楽」という番組をやっていて
漫才芸人などに短期間で落語を教えて
高座で実演する企画なんだけど、これが案外面白い。

漫才芸人の葛藤も面白いけど
教えてる噺家師匠が高座でも1席やるのがこれまた良いのだ。

柳家三三はやっぱり巧かった。
お時間のある方は是非高座へ。

basara100424.jpg


ウミシダという
植物みたいな棘皮動物の中に
身を隠して暮らしているバサラカクレエビ。

見事に自身を同じ色に変えている。

足や尾の先を橙色系にしたとこなんざ
大したものであるが
質感まで似ているってのは
恐れ入谷の鬼子母神(笑)

こんな時にゃブルースじゃ 

天気予報に反して朝から太陽ギラギラで
とっても良い天気である。
昨日は南風風で25度近くまで上がり夏日だったけど
今日もかな?と思ったか知らんけど
外は洗濯物だらけだ。

午前中は、のんびりとメールチェックしたり
PTA新聞の構成チェックなどの雑用を
ノラリクラリとやって過ごす。

10時過ぎくらいに北の空に暗雲が立ち込めてきたので
洗濯物を入れて部屋干しにしたら・・・
しばらくしてまた太陽が出てきた(ーー;)

今日の昼ごはんは
大好物のソース焼きそばとトマト卵スープ。
一見合わなそうだけどね・・・美味しかった。

このころからさらに天気が怪しくなってきて
降り始めたかと思うと太陽が出たり
すんごく降りそうなのに中々降らなかったりで
イラついてきたので、もう部屋干し1本にして

こいつで気分転換。

Riding_With_The_King.jpg

CLAPTON&BB KING「Riding With The King」

ブルースって
「あぁ、あの女がいないと駄目になっちまうぜぇ」
とか、「俺のオヤジは道端で頭を撃ち抜かれたぁ」とか
日本人には理解出来ないことが多いし
決して気分転換にはならないかもしれないけど

ノリノリで聞いてるとスッキリするのであります。
向かって左のSPからがクラプトンで
右のSPからがBBキングのギター。

Three O'Clock Blues は最高じゃ!