大晦日だねぇ~ 

今年の年末年始
ゲスト数は多くはないけれど
ちょ~短期の3日間で
毎年天候が崩れるので気が気じゃなかったけど
雨は30日朝だけで
あとは曇り時々晴れが続いている。

晴れる→大陸の移動性高気圧=北風
という図式が成り立つので
晴れてると寒いのである。
高気圧自体の勢力が強大な時は
東~南東の風が吹いて
夏のように暑くなるけど
2週間に2日くらいかしら。。。

繁忙期はポイントも混んでいて
EN時は4~6隻の船がいたりする。
潜水時間の長いオケアノスは
上がるといつもだ~れもいないのでした。

今日はサクバル~アマB~アダン下の3本。

いまひとつパッとしなかったけど
ミヤケベラや久しぶりのコガラシエビなど
そこそこ楽しめた・・・とおもふ。

akahoshi091231.jpg

アマBにいたアカホシカクレエビ南方型(笑)
スナギンチャクのようなものに挟まって
なんだか気持よさ気である。

本日大晦日。
みなさまはどのように過ごす予定でしょうか?
うちは例年通り0時初詣のち解散です。

1年間のご愛読ありがとうございました。
さらなる努力をし、楽しいブログになるようしたいと思います。

来年も引き続きご贔屓のほどお願い申し上げます。

良いお年をお迎えください。

風まわる。 

朝は雨、風は弱い南東。
出航後雨はあがり気温が上がってきた。
インターバルの間に
太陽が顔を出し暑くなる。

2本目は太陽がずっと出ていて
夏のような透明度を味わえた。

お昼・・・うちはタコライス。

食後家族で昨夜TVでやっていた
「クリスマスの約束」by小田和正を
途中から録画したの見る。
ちょっと感動ものでした。

そろそろ行くかぁ~とか言って
空見たらポツポツしてきた。

北の空が真黒じゃん!
辺りも暗くなってきたので
3本目はニシハマの浅場へ。

いろいろ見れたけど
ちょっと暗かったなぁ~。
残念。

PICT0021.jpg

1本目ENして間もなく
タイマイの食事中に遭遇。

みんなで囲んで見せてもらいました。

この場面の右20mには
でっかいアオウミガメがおったそうな。。。

本日のカメ遭遇は
タイマイ4匹
アオウミガメ2匹でした。

まあまあやね。



残すはあと僅か 

1年なんて
あっという間ですね。

またひとつ年をとりますなぁ~

とった分だけ利口になれば良いですが
衰えて行く方が目立っちゃって
利口というより変な知恵がついて
先に進もうとしない癖が付いてる。。。

そんな気がするので
来年の目標は「ずんずんと突き進む」。

積極的に行動しよう。てぇことっす。

ポカポカ陽気の本日は
嫌がる子供たちと大掃除。
腕と腰が重い。

明日からまた少々崩れ気味とか・・・。
ガンバリマ~ス

hana_fumei.jpg


近所に生えてる
名前の判らない花。
小さいです・・・花の直径は5mmくらい。

三脚持って散歩の途中で見つけた
そこらにいっぱいある小さな花です。

ちょっと撮って
家で見ることが出来る。
デジタルカメラって素晴らしい!

100mmマクロ/開放/AUTO 

小雨止まず 

結局朝からず~っと降っていて
船の燃料も入れられず
な~にもしないで終わってしまいました。

それにしても
寒すぎないですか?

明日から年末年始を
阿嘉島で過ごすお客さんがやってきます。
毎年毎年ありがたいことです。

年毎に寒さ厳しくなっていくような
そんな気もしますが
年のせいにして笑ってごまかしてる。

明日天気は回復するようだけど
年末年始は弱い気圧の谷が通過するようです。

さ、がんばるぞ!

今夜は冷えるのでカレー鍋。

hanaguro_isohaze090613 (1)

ウミヒルモにちょこんと乗った
ハナグロイソハゼの♀。

こんなシーンがとても好きです。

飲み疲れですか? 

3日に渡って降り続いた雨も止み
気温も20度近いとこまで回復したので
なにか作業でも・・・と思ったのだが
今日もノホホ~ンとした1日を過ごしてしまった。

海外ツアーの件や
自分自身の上京などもあって
PCから離れられずにいたのも原因だけど。
まさに「下手な考え休むに似たり」!
あぁ、明日は年末年始の体慣らしがしたいが
天気予報を見ると朝は雨のようで
ヤル気がおきないにゃ~。。。

あ~なぜ「全国エコツーリズム推進セミナー」の
講演など引きうけちまったんだろうか。

もうあと4日で新しい年を迎えます。
しかし早いねぇ~1年。


isoginmodoki_yg090826 (2)

8月の終わりごろに撮ったエビ。
最初何だか判らなかったけど
何度か行って見てたら
成長したことも手伝って

ようやくイソギンチャクモドキカクレエビの
子供だと判った。

鉛筆の先の左側の
白い点が目で
T字が頭胸甲の斑紋です。
判り難い?(笑)


変わった土産 

こんな沖縄のいなかぁな離島に
来ていらしていただけるだけでありがたいのに
お土産を持って来てくれます。

きっと「こんな美味しい菓子は見た事も
食ったこともないだろう。ひとつ食わしてやろう」
という親切こころに違いない。

その甲斐もあって
様々な美味しいお菓子を頂き
地方の名物などを賞味出来て
ありがたい感謝の気持ちでいっぱいです。

中には食べ物以外のお土産もあって
いろいろと便利に使わせていただいていますが
先日変わったものをいただきました。


なんと
白衣の天使の「白衣」(笑



全部で3着あるので
島の宴会の余興などに
使わせていただこうと思っております。

が、取り敢えず
こんなことにも使ってみました。











介抱されるオヤジ。








kaigo091220.jpg


ログもろくに付けず
ろくなことしてません(*^^)v

ご希望の方は
遠慮なくどうぞ(笑)

*尚、写真の天使は本人と異なります

いよいよ放映迫る! 

みなさん、Xマスイヴは楽しく過ごせましたか?
うちは毎年恒例のステーキが振る舞われましたが
今年は那覇へ買い物へ行くことが出来ず
冷凍の薄くて小さなヒレ肉で我慢しました。

イヴは快晴ベタ凪の夏日だったのに
翌日・・・今日は朝から大雨。
船検の検査済ステッカーと
軽油免税券の受け取りがあったので
この雨の中那覇へ行きました。

靴びしょびしょ。。。



12月の初旬にTV撮影協力をした
「仲間由紀恵の蒼い地球4」が
http://www.tv-tokyo.co.jp/blueearth4/
いよいよ1月6日夜10時よりTV東京で放送です。

沖縄・阿嘉島の部分を森山が陸に海に取材協力で大活躍(笑)
仲間由紀恵さんと40cmの距離で会話し
あの真っすぐで涼しげな眼差しにイチコロ秒殺され
気が動転してな~にも憶えてないのでありました。(^^ゞ

わたしのカッチョ悪い姿もお楽しみに。

でも水中カメラマン長田勇さんと
頑張ってきれいなニシハマや子供たちの植えた
サンゴの成長具合などバッチリ撮ってますので
是非ご覧ください。

表紙の集合写真の最後方にはオヤジの姿が・・・。


osada_isamu_satuei091127 (3)

子供たちの植えたウスエダミダリイシは
当初の5cmから2年で20cmにまで成長しました。
ここのは(まだ何箇所かあるので)22個体現存してます。

来年はここのが産卵するはず。
ちょっと深いので子供たちには
見せられないけど、大人たちの楽しみになっています。

*サンゴを撮影中の長田勇氏
 11月後半でも半そでなのだ。

空いてるって素晴らしい! 

一夜明けて天気は好天。
何と言っても風がほとんどないのが良い。

張り切ってクバ島の南へ向かう。

平らな海水面を滑走するオケアノス号~。
良い気持ちだなや。
クバ島までしぶきの1滴もかからんほどベタ。

クバ島南はクジラの歌とカレハスズメダイ狙い。

期待していたザトウクジラの声は
最初は弱くて聞きとりにくかったけど
一時大きな声で連続的に鳴いてくれたので
しっかり、たっぷりと聞いてもらうことができた。
カレハも2匹登場して全然動かない良い子でした。

ガイドもゲストも大満足な1本。

2本目はニシハマの浅場へ。
だ~れもいないニシハマはとっても気持ち良い。
船の上にいると暑いくらいになる日差し。
あぁ、毎日こんなだったらいいのに。

3本目はさばくへ。
ここも1組しか入ってなくて
ヤシャベルト地帯には
いつも無数にある引きずり後(わかる?)が
数本しかないのでヤシャもネジリも元気一杯で
あちこちから出てるのだった。

・・・こんないっぱいいたんだね。

ダイバーが少ないこの時期は
天気さえよければ天国のようなのでした。

oran091221.jpg

先日新たに発見したオランウータン。

なんか小さめで小綺麗な
イソギンチャクに棲んでいて
良い感じでしょ?

明日からは・・・。 

ちょっとは良くなりそうだね。
クバ島へ行ければ・・・
すでにクジラは鳴き始めているらしいので
是非聞かせてあげたいなぁ~。

今夜はダイビング協会の忘年会です。

どんなことがおこることやら・・・

togari_moebi_sp090831 (1)

我がダイビング・ガイド人生において
これほどたくさん見たことないぞ!

っちゅーくらい今年はたくさん見た
トガリモエビの1種。

消えては現れ
また消えては現れ・・・
一体何匹出現したのであろうか。

流石に11月からは見なくなったけど
10月まではいたからねぇ。

すんばらしいことです。

久しぶりに潜ってみれば 

先週の保全活動以来
10日ぶりのダイビング。
QZが全便欠航するこの上ない寒さの中
水飛沫を浴びながらボートを走らせ
ポイントへ向かう・・・。
向かうのは良いが帰りの寒さったら
涙が滲んできそうだす。

お客さんも寒いから
「近いとこでお願い」というリクエスト。
で、アザハタ~ゲルマ~アガリ牛の3本。

水温は23度前半くらいで
1時間くらいは耐えられる(笑)
1時間を越えると・・・急激に寒くなっていく。
あぁ、こんな時でも○n○22は
70分も80分も潜ってるかと思うと
間違いなくアンビリーバボーな超人だ。

アザハタではフタイロハナゴイの
婚姻色狙いで入ったけど
フタイロだけ出していなかった(ーー;)
カシワの婚姻色は美しいねぇ~。

まぁ、寒いとは言いながらも
66分、60分、70分と潜ってたし
楽しいダイビングが出来ました。

あしたもがんばるぞぉ~

chin_youji091220.jpg

これぞ珍魚チンヨウジウオ。
日本では3種ほど生息している模様。

ガイドのたびに繰り返し撮るけど
しっかりと撮れた試しがない。
サンゴの合い間をクネクネと
割と早い速度で移動するのですぐに見失う。

今日は1眼レフを借りてみたが
ひとりじゃどうも手に負えない感じだ。

やっとのことでこんなのが撮れた。
この子のカワキモイ感じは出てるだろうか。
おらが海じゃ数すくねぇから
早く撮っておかないとなぁ。



なんじゃ!この寒さは。 

暑いとダラ~っとして
「暑いねぇ~」などと言いながら
へらへらしてられるけど

寒いのは「寒いね」などと言ったら
「冬だし!」とか「・・・・!」とか
寒くて体が硬くなって気も短くなっっちゃって
叱られそうな気がしますな。
18時も過ぎれば真っ暗だし。

でも冬は食べ物がとても美味しくて
嬉しいイベント事も多いので楽しいではあります。

先日「トマト鍋」というのを初めて食しまして
最後のチーズリゾットに偉く感激をしました。

Xマスプレゼントにと予約していた
Wiiのマリオがギリギリ間に合うようで
これまた嬉しいことでございます。
因みに愚息の”お願い”は「グローブ&バット」。
子供らしくて良いでしょ?

マリオはオヤジも楽しみたいのでした(笑)

date_sp3_091121.jpg

ダテハゼの1種3という名で
「日本のハゼ」p340に載ってる。
腹ビレに赤っぽい線が1本入ってるのが
特徴的で見間違うことはまずない。

しかしながら
アマBというポイントに生息している個体は
この線がとても薄いので見分けられない時があるけど
体にある横帯の微妙な色の違いで見分けるのだった。

しかしながら
今度は「日本のハゼ」p340の下段の1種4と
見分けがつきにくくなったりするし。。。

ガイドってのは
目と勘がよくないと
成り立たない商売なのでした。

明日から3日間海仕事でござる。



おじぃおばぁのXマス会 

今日は島のおじぃおばぁのXマス会。
10時30分開始なのに
10時に行ってしまったオヤジ・・・。

沖縄タイムと逆行しているが
気の短い横浜気質がいまだ抜けないのだ。

ま、沖縄タイムスという新聞の通信員もしていて
このXマス会は記事にして投稿しようと思っていたので
少しくらい早い方がよいのである。

毎年幼稚園のXマス会と共催で行われているが
今年は園児が3名しかいない。
1名しかいない1年坊主をゲストに呼んで
来年入園する3名も加え
なんと数は揃えられた。
あんまり少ないのも寂しいからねぇ。

歌あり、ハンドベルあり、小芝居ありの
多彩なプログラム。
司会は天然記念物のケラマジカである。
玉入れゲームなんかもやったりして
おじぃおばぁも喜んでおりました。

サンタも来てプレゼント貰ってたなぁ~
羨ましい。

おれにもサンタがやってきて
オヴェーションのウクレレとか
新しいBCとか最新なデジ1とか
フルハイビジョン42型TVとか
プレゼントしてくんね~かしら。

Xマス会091218 (12)

すっかり忘れられて 

いよいよ本格的な冬の到来ですな。
各地の雪便りをTVで眺め
「急に降られて大変だなぁ」などと
対岸の火事を眺めております。

こっちはこっちで寒くて
北風が10m以上吹いて落ち着いたかと思ったら
シトシト雨が降り気温がガク~ンと下がって17度。
足の先が凍るように寒いっす。

そろそろ交換時期なので
先週注文しておいたアウトドライブのオイル。
すっかり忘れられちゃったようで
一昨日担当者にバタったり会って催促しても
一向に手元に届かない。

今日漁協にいたのでまた催促。
「あぁ~すっかり忘れてるさ~」だと。
頭来ちゃうぜよ。
もう明日にも船を降ろさんといかんので
今日の村内航路で座間味から送ってくれと頼んだ。
「14:30の便で送ります」と言いきったね。

時間が近づきツナギに着替えて
オイル交換の準備(オイル受けやウエス等)をし
さっそうと受け取りに言ったら携帯が鳴った。
「森山さ~ん、また忘れたぁ~」

ヤラレタァ~~。

nishihama090926 (2)

9/26のニシハマ。
この日はすんばらしく透明度が良かったっけ。

あぁ~早く夏になんねぇかな。


*オイルの話の続き*

結局、阿嘉島の住人が今座間味にいるから
その人に持たすという荒業を使い
やっとのことで手元にやってました。

おれは14時から今の今も
ツナギ姿のままである。



日本全部が真冬 

こちらは強風でQZもフェリーも
全便が欠航になりましたが
あちこちで大雪になっているのを
TVのニュースなどで見ていると
「あぁ~沖縄で良かった」などと
不謹慎なことを思ってしまうのでした。

明日は冬型が強まるようで
九州北部の平野部でも降雪があるみたいです。
こっちも最高気温が17度などという
とんでもないくらい寒い日となりそうです。

どちらさんも
お風邪など引かぬよう
ご注意くださいませ。

basara091130.jpg

ウミシダという棘皮動物の中に
棲んでいるバサラカクレエビ。

赤と黒と茶のウミシダには赤と黒のエビ
黒と白と茶には黒と白と茶のエビ
で、黄色には黄色のエビが棲んでる。

何だかお腹には卵があるような膨れ具合。
最近は海水温度の上昇で
魚や甲殻類の産卵期がボーダーレスになりつつある。
いわゆる地球温暖化現象のひとつだね。

先日TVで日本の果物に異変があって
地球温暖化の影響だと言っていた。
本来の色が出なかったり
やけに腐りやすかったり・・・

採れなくなったら買えばよい!

そんなことばかりやってるから
日本はどんどん駄目になるんです。


なぜか速攻でやって来た 

船には検査がある。
車に車検があるように
船には船検なのだ。

先日「中間検査のお知らせ」が郵送されてきたので
ゆうちょ銀行から検査代金を振り込み
検査申請書を金曜日に郵送した。
検査の期間は12/29~6/29で
阿嘉島なんぞの離島はそうそう来ないので
ゆっくりと構えていたら・・・

月曜日に電話が掛かってきて
明日2~3隻検査があるので
一緒に検査したいとの申し出があった。

この速攻検査に勿論異論はなく
本日無事に検査が通ったのであった。

小型船舶検査機構というところでやってるのだが
言わずと知れた「○下り」の受け皿である。
弱い庶民は文句の一つも言いながら
大枚を支払うのであった。

あぁ~おれにも毎月1500万振り込んでくれる
母が欲しいものである。
税金はちゃんと払います(笑)


azahata091201.jpg

ニシハマはケラマの宝だ。
この砂地が只者ではないことを
知っているガイドはあまり多くはない。

1番フェイマス有名なアザハタの根は
夏の間数知れないダイバーのお陰で荒れに荒れてる。
それでも悲しいかなアザハタへ向かうガイドは後を絶たない。

オヤジは天邪鬼でもあるし
冬はあまり好んで行かない。
アザハタ以外の方が何十倍と面白いからだ。

でもリクエストがあれば
素直に行くおやじなので
先日久しぶりにアザハタに会いにいった。
2匹とも元気そうで安心した。

鹿児島の○島みたいに祝いの席に
出された日にゃエライこっちゃ(笑)


もうすぐやってくる 

平穏無事な

夏のような太陽や
静かな海面。

本日夕方から寒くなってきた。
そして今週は
ず~~~っと曇りや雨の予報で
週末はなんと最高気温が
20度を下回るというではありませんか!

・・・さすがです。
お客さんの来る時に限って
冬になるのはもう止めてほしいものです。

kobushime091130.jpg

ご存じコブシメ。
そろそろこの子達の季節到来。

運が良ければ
交接~産卵を間近で観察出来ます。
ワイド系で撮って欲しいとです。



帰ってきたぞDVD 

子供の歯医者につきあって
オヤジも散髪しに那覇へ出た。
映画なんぞも見たけれど
目的のひとつは新規開店のyanada電機。

おれはエビも好きだが
家電も大好きな家電ダイバーである。

地デジがどんどん迫ってきているし
そろそろ決めないといけないしね。

狙っているのは37インチ・ヴィエラと
370GBのブルーレイレコーダー。

実際売り場で見比べると
LEDアクオスやレグザがすげ~きれいに見える。
HDD内蔵型も捨てがたくなっていく。。。
内蔵型ならレコーダーいらないのかな?

ディスクに残さないのならいらないね。
TVなら基本「見て・消す」だし。
32のヴィエラは内蔵型がないから
37なんだけど、うちのラックにはいらねぇかも(ーー;)

全体的にヤマダ電機だろうが
ベスト電機だろうが店頭価格は
ネットに比べてどこも高めである。
やっぱり店頭で見比べてネットで買う!
ってのが利口だろうなぁ~。

みんなは何にしたのでしょうか?

あっ、修理してたDVDレコーダーが
無事に帰ってきた。
¥100のベルト交換に技術料¥5,000!

kamenushi_sp.jpg

名前は判らんが
カメムシの1種。

危険を感じると
パクチーに似たクサ~い匂いを出す。

パクチーは臭い?

良く晴れた日などカメラ片手に
散歩しながら虫や花を撮るのも楽しある。

Pentax *istDS 100mm f2.8 1/1600

那覇にて 

20091212140920
今日は家族全員でこれ。

ダラダラと 

ヒマこいてダラダラとした日中を
過ごしたいと願ってやまないのに
雑用が追いかけてくる。

本来映画三昧していたりするけど
悲しいことに
DVDレコーダーが故障修理中で
録りためた映画を見ることができないのだった。

仕方なしに雑用を片付けしていると
後から後から舞い込んで来た。

遊んでる暇はやんねぇよぉ~
って天の声が聞こえた気がした。


kamen_tamagashira091130.jpg


カメンタマガシラっていいます。
イトヨリダイの仲間で
go/stopを繰り返す独特の泳ぎ方をする。

The魚の体型、地味な色彩、
さして話題にも上がらず
特に珍しいわけでもない。

ケラマ海域だと20m以深で良く見かけるが
アダン下では12mあたりから良く見る。

幼魚は小さくて青くて可愛い。。。
見るとついガイドしちゃいうけど
あまり反応はよろしくありません。

近い種の屋久島キツネウオの幼魚は
食いつき良いんだけねぇ~

連日の保活でござる 

快晴ベタ凪なので
連日行っても楽ちんなのだが
1mとか1.5mなんて水深で
サンゴの奥の貝を採ってると
腰が痛くなって、堪りません。

でも何百個と採れていると
達成感のようなもので充実しますな(笑)

雑用ばかりしていたら
こうこんな時間になってしまいました。

腹へった~~~。

hozen09110030.jpg

こんな状態に
食べられてるサンゴから
*奥に貝がいるの判りますか?

hozen09110029.jpg

こんな感じで採ります。


hozen0910007.jpg

大体、4~8名くらいで
一人50~100個ほど採れると
これくらいっす。

こいつらが夜な夜な出てきて
サンゴを片っ端っから食い荒らします。
オニヒトデは全部食べなかったりするけど
このシロレイシは食いつくしてしまう
始末のわる~いヤツです。

放っておくと
食うし
産むしで
そりゃ、一大事。

快晴ベタな夏日 

し~んとしてる阿嘉島だけど
天気は抜群に良いのが何とも虚しい感じ。

今日も保全活動。
憎きはシロレイシとヒメシロレイシ。
*ガイとかカイはつかなくなりました
ニシハマとマジャの2か所を駆除し
7名で800個ちかくとりました。

常に雑用に追われる私は
ず~っとPCの前にいたりいて
体がなんだか変になってきた。


hanahige_yg091120.jpg

サンゴがまったく酷いダメージを受けていたころ
ハナヒゲウツボはどんどん居なくなっていった。
ケラマはかなり多かったけど
ほとんど見られなくなるまで激減していました。

ここ数年すこしづつだけど
サンゴが戻ってきたら
ハナヒゲウツボも戻ってきました。

餌になる小魚などが戻ってくるからでしょうけど

サンゴが無くなれば魚もいなくなる
の象徴的な出来事かな?って思いました。

快晴です 

日本のほとんどの地域で
最低気温が一ケタになり
0度などという場所もちらほらと。

こちら沖縄は最低17度の最高22度。
明日は何と・・・25度で夏日の予報。
ん~、みんな今くればいいのにね~。

明日は海もベタ凪。

日本の学校ってお金がないの。
特に阿嘉島などの学校はお金がなくて困ってる。
困っていてもドンドン削られちゃうので
子供たちがあっちいったりすることが
出来難くなってます。

そこでPTAは12月にバザーをして
その収益をPTAに寄付します。
バザーへの出品はPTA会員の持込品や
島の住民の寄付で成り立ちます。
もちろん無料提供です。

男・森山は趣味の園芸を生かし
大切に育てているハイビスカスの
ミセス・ユミを2鉢提供。
いか程の値が付くんでしょうか。。。

haibisukasu091207.jpg

実はこれ
9年前ほどに遊びに行った
伊江島ダイビングサービスから
頂いてきたハイビスカスです。

恭子さん!
あれから大事に育てております。


ハイビスカスって赤系ばかりじゃ
ござんせんでございまして
苦節3年目にしてよ~やく根づいて
花が咲くまでいった白いハイビスカス。

優雅~な感じでしょ?

haibisukasu091207 (1)

これは出品出来ません。

モニタリング1000 

というサンゴの被度の調査。

今日は渡嘉敷島の
ヒジュイシとアリガー。

座間味島のアゴノウラと
安室島の東のリーフの
計4か所を調べました。

まぁ大雑把には去年と変わらない感じ。

アゴノウラは悪化してました。

明日はガヒやニシハマなどの調査っす。
天気が良いとやり易い。

yaruu091207.jpg

近頃我家に現れた
ヤモリの子供。

竜也の親指に乗せて撮影しました。

痩せてるねぇ~
でも可愛い。

広げた前脚の指がなんとも言えません。

飼い猫のハルに食べられないように
しっかりガードしないとね。

マラソン日和 

朝からとっても良い天気
今日は那覇マラソン。
走る人にとってどんな天気が
都合良いのか、良く判りませんが
晴れてることは良いことである。

フルマラソンには暑いのかもしれん。

みんな怪我なく頑張ったことでしょう。

良く晴れた日にゃ
船を揚げるのに丁度よい。

アヒコ号を揚げるというので
ついでに揚げさせてもらいました。

もうXマス前まで使わんもんねぇ~。

今日1日年賀状制作。
オケアノス用と森山家用の2つを
1日掛けて作りました。

時間掛ける割に良い物が
なかなか出来ないのでございますが
もう気にしないことにしています。

元旦に到着してのお楽しみということで。

muchikaramatuebi090927 (1)

ムチカラマツに生息するエビ。

ずばり・・・ムチカラマツエビ。

そのもの過ぎるのもいかがなもんか?
の代表選手であります。

自然にはこのように
整列するわけはないと思ってる?

時々はあるんですってば。



島はガラガラ 

今日も保活。
マジャビーチを2diveし
365個のシロレイシを駆除。
まぁまぁですね。

だんだんとマジャビーチの浅瀬のサンゴが
目に見えて・・・減ってきています。
浅瀬のサンゴは干潮時のスノーケラーに
踏まれて蹴られて折られてる可能性がある。

ニシハマも干潮時のスノーケルリングに
疑問を持つ島の人も多いのです。

どうにかならんもんでしょうかね?

ご意見などありましたら
是非伺わせていただきます。

明日6日は那覇マラソン。
島からも出場する人がゾロゾロと出発しました。
結構多いし、観光客もダイバーも
ほとんどいない阿嘉島は、

ガラガラです。



sunagochi_kikei091121.jpg

何週か前に
ニシハマで出会った
スナゴチくん。

なんか変だと思ったら・・・

びっくり顔だった。



本日は保全活動 

保全活動・・・
今風に言うと「保活」(^-^)

ちょっと前までは
オニヒトデが大漁でしたが
現在はシロレイシというサンゴ食の貝が標的。
本日は4名で200個くらい。

不漁でした。

明日も保活です。


ao_umigame091121.jpg

阿嘉島周辺の海域でも
割と見かけるアオウミガメ。

ここは時々穴の中で寝ているのを見かける。

みんなで覗いて嫌がってか
穴から出てきちゃった瞬間です。

ピントも合ってないけど
躍動感いっぱいで
好きな写真の1枚となりました。

周りの子魚はスカシテンジクや
キンメモドキの幼魚。

・・・のような 

今日はダラダラとお休み。
本当はTV撮影だったけど
1日前倒しで撮影したので
休みになったのでありました。

で書類整理や
写真の整理などPC仕事を
ちょっとだけやって
あとはTVをダラダラと見てた。

あぁ~~
まるで
オオモンカエルアンコウのようだ。。。

などと思ったけれど

案外

たくさん考えていて
哲学的だったりして・・・。




oomon_kaeruanko091123.jpg

11/23ニシハマにて撮影。

アイム・タイア~ド~ 

3日本番のロケが天候不順で
今日になりバタバタで決行。
昨日の夕方から準備に追われ
本日も朝10時から18時まで撮影と
準備・撤収作業に追われました。

っていうか待機の時間が多くて疲れた。

有名女優と距離40cmで会話をし
緊張のあまりに記憶がありません。
とんでもないことをしゃべっていたり
目線が定まらんし
何と言っても、バサバサ髪でジャージ姿を
世間にさらすことになるのでございます。

終わってホッとしているのと
自己嫌悪で疲労困憊でございます。
放送は1月6日。お楽しみに。

091202_1141~01

遠目から見た撮影現場。
なんだか判らんけど
これが精一杯。

結局、握手もサインも
記念撮影もダメなのでした。

寒いながらも 

時々晴れ間も見れたりするし
無理くりにアザハタ行ったけど
相変わらず・・・夢中になる時期でもない。
梅雨から盛夏が最高です。

強風は一向に止む気配もないので
ブツブツサンゴへ行って
3本目は前浜で〆ました。
アオウミガメもいたねぇ。

3本目終わってから
TVロケの準備をする。。。
3日ロケが1日前倒しで2日になったもんで
あっちこっちでテンヤワンヤだ。

どうなることやら・・・。

顛末記は制作から
許可が下りれば明日にでも。

seboshi_umutake090925 (1)

赤いヤギにセボシウミタケハゼ
あお~く抜いてみました。

これにライトを持ったダイバーが
写り込んでいたら
どっかのD雑誌の表紙みたい。