寒さよぉ~ 

天気は良くは無いが悪くもない。
風が北なので気温が低いから
とっても寒い。

うちなぁ~は
「暑くってしょうがねぇ~」ってのを
「暑さよぉ~」の一言で言い表したりするので
この場合、「寒さよぉ~」でいいのだ。

「だからよぉ~」と共に
便利な使い方です。

さて、本日は
サクバル~さばく~アダン北の3本。

大きくなったハナゴンベやクロオビスズメダイ
全然引っ込まないヤシャとネジリ
ツキノワイトヒキにカメンタマガシラなど
実に様々な生物のガイドをすることが出来ました。

楽しかったけど

本当に寒い。


kirinmino091126.jpg

キリンミノカサゴの胸鰭。

この仲間はみな胸鰭が特徴的で
種の識別にも役立っている。
そして鰭の棘には猛毒。

小さな子供でも大人と同じくらいの
毒があるらしいので
小さくて、美しいからと言って
安心してはいけません。

食したら
美味しそうだけどねぇ~




白昼堂々 

昨日の披露宴は受付開始12:30
場所はロワジールホテルだったので
そこで働く旧友に面会し
12:00過ぎには会場へ着いてしまう。

新婦家の控室で着替えさせてもらい
荷物もその部屋に置き去り。
早速受付して入場、指定テーブルへ。

凄い数のテーブルが所狭しと並んでいる。
招待客は300名を越えているらしい。
驚くなかれ、
沖縄の結婚披露宴では
200名超えはごく普通なのである。

テーブルに着いた途端
「お飲み物は何がよろしいですか?」
と聞かれたので「ビール!」
内地では乾杯まで我慢してるけど
沖縄ではドンドンヤルのである。

もっとも沖縄特有な事と言えば
大きなステージがあって余興はそこで行われる。
その余興が盛り沢山で楽しいのが沖縄であるわけさぁ~。
飲んで騒いで歌って、目出度い席で良い気分。
宴会は2時間半ほど続き
気がつけば・・・まだ15:30であった。
白昼堂々はキクなぁ~(笑)

kanzashi_sp091125.jpg

先日リクエストされた
カンザシヤドカリの1種。

久しぶりに見たけど

なんか、はっきりしない子ねぇ~


何かとお忙し 

娘の誕生日もあって
学習発表会が今日でぇ
撮影ロケハンも終わって
ゆっくりしたいんだけど

明日は島の娘の結婚披露宴に
呼ばれてるので那覇へ1泊。

お客さんとQZ1で一緒に帰ってきて
午後から2本潜ります。
そのあとも続くので
12月5日までは
何かと忙しいオヤジであります。

akasujikakureebi091121.jpg

美しい
アカスジカクレエビ。

これがニシハマにいるなんて
知ってる人はあまりおらんだろうなぁ~。
うひょひょひょ。



子供たちの植えたサンゴ 

東風が心地よい本日は
TV撮影の水中ロケハン。

天気も良いし
波もあまりないし
他のボートもほとんどいないので
とっても楽しいロケハンでした。

子供たちが3年前に移植したサンゴを
見に行ってみたら
20cmを越えてる個体がゾロゾロあって
全部で22個体のサンゴを数えた。
いくつ植えたかは定かでないけど
かつて名前が書いてあったタグもちゃんとあります。

ちょっとした感動です。

サンゴ産卵だと言って
あれだけの数のダイバーが・・・初心者もいるし
入ってるのに、ちゃんと残ってるなんて

奇跡に近い!

サンゴ移植071022 (13)

これは2007年10月に
みんなで植えた時の写真。
4~5cmの可愛いサンゴでした。

これが2年後の2009年11月では


ishoku_sango091126.jpg


3倍以上に成長しています。

サンゴの育つ海が
保たれている証拠だね。

来年の産卵が楽しみだわぁ~。

ぽかぽか陽気 

お客さんがいなくなると
太陽が顔を出し
風が弱まり暖かくなる。。。

毎度のことだが
まったく癪に障る。

27日は阿嘉小中学校の学習発表会だけど
水中ロケハンと差し込み映像の撮影があって
行けそうにないので
今日リハーサルを見学しに行った。

意見発表や英語劇、創作ソーラン節や
自主制作映画、合奏と合唱
みんな一所懸命で
どれも楽しいものばかりでした。

azami_sango_ebi091123.jpg

やっとのことで撮れた
アザミサンゴカクレエビ。

なんかね、アザミサンゴはたくさんあるんだけど
エビが生息するものはある条件がある。
この条件にあったアザミサンゴがケラマは少ないのだ。

もう少し探して見たいけど
中々ないのでした。

同じような条件のアザミサンゴには
チンヨウジというこれまた撮れない魚がいますが
このエビのカラーリングと全く同じなのです。

不思議がいっぱいだね。

激しかったなぁ~ 

朝から大雨降ってて
こりゃ、1日どうすっぺ?
なんて思ってたら
出航する前になったら
太陽まで顔を出して爽やかな天気。

海も凪いできて
アダン下~ニシハマの2本。
トウアカクマノミの棲むイソギンチャクが
最近縮んでることが多いと聞く。

朝1番だと正常に広がってるし・・・
ん~、やっぱり蹴飛ばすんじゃないだろうか?

昼はTV撮影のロケハンが来て
いろいろ打ち合わせをして
(詳しく知りたい人にはそっと教えます)
3本目にギナへ行きました。

雲行きが少々怪しかったのだが
50分くらいは持つだろうと思って・・・。

タイマイを立て続けに3匹見たあたりから
くら~くなってきて・・・
フードを被っていても聞こえるほどの大音量的雨音。
船が心配になってアンカーのとこへ戻ってみたら

ooame091125.jpg


んなことになってました。
あまりにも激しい雨脚のしぶきで
海面下が真っ白になってます。

ひぃぃ~~~。

恐ろしいです。

が、17時過ぎには
晴れちゃったりするのでした。

転じて福となす 

朝1でアザハタへ行くつもりが
やっぱりブイは空いてなくて
仕方なしに「~~でも行ってみんべか」
と半分投げ槍な感じで行ってみたら

アカホシカクレエビは大きな個体がたくさんいて
巨大なオオモンイザリ・・・あっ、オオモンカエルアンコウ。
カイメンカクレエビやら見たりできた。
しかし何と言ってもアザミサンゴカクレエビを
初撮影出来たことが最大の「福」でした。

ツイてるお客さんは
やっぱりツイてるんだね。

3本目にサバクを選んだけど
雨模様で薄暗かった。
ダイバーがほとんどいなくて
ヤシャもネジリも撮り放題。
ついでにコブシメも現れた。

yosuji_ryukyu091122.jpg

初夏あたりからずっといる
ヨスジリュウキュウスズメダイ。

前浜にもいるけど
この子もずっと頑張ってほしい。

ヨスジは結構強いんだよね。
いじめられても、いじめられても
健気に生きてることが多い。

ちばりよぉ~





天気良ければ全て良し! 

だいたい海の色が全然違うし
暖かいので体がとても楽。

気分が良いので鼻歌も出てきて
なんでも楽しむ余裕が出てくる。

やっぱり晴れて暖かいのが良いね。

海は少々荒れてるけど
アマB~アダン下~東牛の3本でした。

久しぶりの黄色いタカノハ
ダテsp1-3がやたらいて
ダテsp1-4もいたけど
クサが全然いなかったなぁ~。

アダン下は新しいルールでやっていて
いつもの浅場はボート侵入禁止になったから
安心してオジロやミナミイソの撮影ができます。

あがり牛は相変わらず魚が多くて良かった。
四筋は健在で例のキモカワイイのはまたピンボケじゃった。

今夜遅くに風が回って
天気が崩れて雷雨になるかも・・・。
明日も頑張ります。

aogihaze_nup091120.jpg

アオギハゼの写真です。

ちょっとした暗がりには
必ずと言っていいほど生息している。
いざ撮ろうとすると
徐々に穴の奥へ移動して行き
気がつけば手の届かないところへ。

しかも、大きな♂ったら
逃げ足一番だし
撮り難いったらありゃしない。

なぜかこの日の前浜のアオギは
逃げなかった。。。
おまけに婚姻色を出しっぱなし。

こんなこともあるんだねぇ~

女神は微笑まず 

未明に大雨が降って
朝から想像以上の強風。
ん~こりゃQZ欠航するかも・・・
案の定2便は欠航になってしまった。

北東の風が12m/s超え。
北よりゃまだ良いが・・・それでも大変です。
ゆっくりスローでニシハマ向かったら
1つブイが空いてた~!
トウアカコースにて久しぶりにトウアカの
イソギンチャクがまともに全開だった。

ブイが出来て人が多く行くので
意識的に触ったり、無意識に蹴ったりするんだろうね。

帰りもハンタの崎がえらいことになってたので
あとの2本はゲルマと前浜。
だ~れもいなくてエガッたよぉ~。

オドリハゼが4個体出てカメも置物のようだったし
アオギハゼは婚姻色出してるは
カノコイセエビはうまそうだは・・・。
強風で寒くても、楽しいダイビングでした。

iseebi_ADyg091121.jpg

アメリカザリガニの親子のように
背中に子供を乗せてる場面。

オヤジは今日初めてみて結構感動して
島の後輩ガイドに言ったら
「何回か見た事ありますよぉ~」とか
「2匹乗ってるのも見た事ありまっせ」とか
返されてしまった。

まったく優しさってもんが
感じられん。

ふんっ。

陽気よ~し 

まったく太陽の神・・・天候の神は
実際いるのかと思ってしまうほど
絶対に晴れる女性が二人も来島した。

予報では曇りで
朝からちょっと雲行きまずくねぇ?
みたいな感じだったのに
二人がQZに乗った途端
太陽が顔を出し照らし出す。

気温もぐんぐん上昇し昼前に25度に到達。
出航の13時には26度になり
汗ばむ陽気になってしまった。

勿論海もあったかいし、透明度も30mを越え
ハナヒゲウツボも2匹も現れて
諦めていたカメも3匹見ることが出来た。

海中でもツイてるんだね。(^-^)

まったくもって素晴らしい~

shimaisohaze_sp1-1_091120.jpg

砂漠の浅瀬にポツンといた
シマイソハゼ属の1種の1。
全長は約20数mm。

生息数が少ないわけではないけど
とてもシャイでガイドするのが難しい魚のひとつ。
ここの子はとっても度胸があって
全然逃げませんでした。。。

こんどガイドしよっと。

banana091120.jpg

今日となりからバナナの子供を貰ったので
OCE shopオケラに植えてみました。
早く大きくなって島バナナ食べたいなぁ~。

目指すは
「バナナの木陰でハンモック」
おぉ、南国チックゥ~。

普通が良い。 

船も全便通常運航

学校も通常登校

旧港の工事も終了

そしてオヤジは明日から海へ出る。

めでたし、めでたし。

lemon_kousetu090507 (1)

もうすぐウミウシの季節だね。
写真はレモンウミウシの交接シーン。
なにが一体どうなってて
あれがこうなって・・・よく判らんけど
ちゃんと接しております。

この子は通年見られるようになった気がするなぁ~
黄色いカイメンを召し上がるらしいす。

触るとカチカチになって
1時間経っても戻らないので

おさわりは厳禁です。

今日も孤島となり 

本日も予想通り全便欠航。
離島が孤島になりました。

日中もくら~くて
風がビュービューと鳴ってる。
でも雨はあまり降りませんで
相変わらずの水不足。

どうせなら大雨になればいいのに。。。

明日からは
風も弱まり通常運航が続きます。

学校も再開。

pochi091110 (2)

ヤカビ島のイソバナ群生。

ちょっと前の11/10撮影で
それほど晴れてるわけもなかったけど
良い感じでケラマらしい風景だった。

あれから1週間で
こんな冬になるなんて(T_T)

夏よ、また来い!



自堕落となり 

朝から風が強くて
やっぱり全便欠航になった。
みんな那覇に行ってて良かったです。

明日も全便欠航かな~。

子供たちも新型インフルの流行りで学校閉鎖。
・・・といっても全校で20数名足らずなので
閉鎖になるには訳ないのだ。
で、外出自粛中で外に出れないから
フラストレーション満タン状態。
しかし、宿題やらんといかんので机の前から
動けないのでした。(笑)

その隙にオヤジは家で録りためた映画鑑賞。

「光の6つのしるし」と「ダーウィン・アワード」の2本。

「光・・・」原作は英国の伝統あるファンタジーらしいが
米国がハリポタのパクリのような映画にしてしまった。
竜也と見るには良い感じ。

「ダーウィン・・・」ウィノナ・ライダーが好きなので
何気に見たけど、とってもおもしろかった。
おバカ映画ではあるけど、よく出来た秀作でした。

ひとりTVの前で
ボケッとしてたら
もう薄暗くなってきて

雨も降ってるし・・・。

さっき昼ごはん食べたのに
あらら、もう晩ごはん。

yogore_hebiginpo091110.jpg

ヨゴレヘビギンポ。

目がクリっとして
可愛いよねぇ。

婚姻色は別種としか思えない
色合いになる。 図鑑参照(笑)









またしても時化て・・・ 

またまた大陸高気圧の張り出しで
狭い等圧線が現れて
明日の波高2.5m~5m
明後日は5m~3m。
大事を取って那覇へ戻ってもらいました。
5mじゃフェリーも出ないよね。

オケの売り上げがどんどん減ってゆく。

それにしても
天気は抜群に良いのが
妙に腹立たしい。

浮いたダイビングフィーで
美味しいもの食べてください。

すんません本当に。(T_T)/~~~

momoiro_sango091115.jpg

昨日ガヒ島で出会った
小さな桃色サンゴ。

無事に
立派に成長してね。

ダンスゴビーって呼ばないで。 

風も弱まって海も静かになった。
太陽が出てくれるとポカポカになる。
太陽って偉大だね。

それに合わせたかのように
流れも弱まってきました。

アマB~ブツ~前浜の3本。

近頃北風の吹きだしてアマBの人気が高まったら
途端にクサハゼその他がグ~ンと減り
ブツのイソバナは先端がポキポキ折れてる。

この先、どうすっぺか?

オドリハゼ狙いでの前浜は
全部で4匹のオドリハゼが見られ
2個体は引っ込みませんでした。
やっぱりオドリは夕方に限るね。

しかし、ダンスゴビーシュリンプってのは
いただけないねぇ~。

isohaze_sp-8_091115.jpg

久しぶりに見たイソハゼの1種-8。
ピンク系でとてもきれいですが
オスは背びれがピコ~ンと伸びて
更に美しいのでございます。

バリにいる「背びれちゃん」のことですね。
おらが海では あんまり いねぇ。


女神はお戻りに。 

晴れた気持ちの良い朝だったけど
未明から吹いた風のお陰で
波は4mnなりQZは全便欠航した。

海も強烈な時化で
熱烈なリクエストにより
海底砂漠に行ったけど
北からのウネリが相当凄くて
アンカーを3本も入れて潜りました。

水中は快適に過ごせて
ヤシャハゼもネジリもちゃんと撮影出来た。

が・・・・他の店のお客さんが
ガイドされた後なのに
ガーデンイールの巣穴真上に何名も乗っていて
その光景をガイドも見てるのに注意しないし
見てて呆れ返ってしまった。
普段やたらとカンカン五月蝿いくせに。

お作法はちゃんと教えないといけませんよ。

明日からはやや弱まり
晴れるけど気温が24度程度らしい。。。
ん~・・・寒いなぁ~。

ま、張り切って潜りましょうか。

yarikatagi_yg091114.jpg

午後の2本目に潜った
アダン下で見つけたヤリカタギの赤ちゃん。

こんな11月にも現れるんだね。

可愛いねぇ~。


恵みの雨をもたらす 

何時降るか
いつ降るか・・・と待ってたら
昼過ぎに降り始めました。

2本目を終了のころには
すっかり雨模様で
夕方にはやや強目に。

とても良い雨です。

このまま朝まで降ってほしいなぁ~。

風が北に変わったけど
全然強くないから
ちっとも寒くないので快適。

yaitoginpo090901 (2)

今年とあるポイントの〆に
ガイドしまくったヤイトギンポ。

水深が3mを切るほど浅いので
安全停止終了後でしか行けないのが辛いが
この子の威嚇行動が必ず見られたので
最高に面白かった。

ヤイト=灸
顎と腹ビレの間にある黒点を
お灸痕に見立ててのものかしら?

とってもキュートなギンポです。


週末はやめてぇ 

大陸から1040超えの高気圧が
張り出してきて通り過ぎて行く。
時に前線を伴っているが
阿嘉島には全然雨は降らない。

でも風はビュービュー吹いて
時化ていく。。。これがいつも週末だ!

ばかやろ~!

isogin_modoki091109.jpg

先日久場地という島で見つけた
イソギンチャクモドキカクレエビ。

頭胸甲の模様が違うことと
やけに白いこと
ハサミ脚がやや長いことから
「ヤクシマカクレエビ」かと思った。。。。が。。。

屋久島のしげるくんの写真と見比べてみたけど
やっぱりイソギンチャクモドキカクレエビのようです。

ん~道のりは遠いなぁ~。




時化ちゃった 

予報では雷雨だとか言ってたけど
雨もほとんど降らずに時化ますた。
なんで雨ふらネェんだべ。
雨降りが週末にずれ込むでねぇか!
いい加減にしてくれ。

折角来てくれたのに
北風で、雨で・・・なんて可哀想なんだ。

本日は前浜1本勝負。
のんびりと浅場から行って
ヤマブキハゼ幼魚やオドリハゼ
ベンテンコモンエビなどを楽しみました。

明日はお休み。

kamisori091110 (2)

昨日見つけたカミソリウオ。

サボテングサに
クリソツですな。

トウアカは絶倫か! 

具合のよい天気は続かんもんで
明日は前線の通過によって
波が2m~4mになる。
明後日が4m~2.5mなので
明後日は船の運航が微妙だね。

昨日は久場地という島のサンゴを堪能し
午前中はヤカビ島の先端で
弱流の中、ヤギとトサカの通路を楽しんだ。

午後からは鼓膜に負担の軽い
ニシハマの浅場へ。。。
緑色で産毛の生えたカミソリウオがいた。

最後にトウアカを見に行ったら
卵がいっぱいあった。。。
みんなで囲んで良く見たら
♂も♀も産卵管(♂は放精管?)が出っぱなし。

さまに今、産んでる状況に出くわしたってことだ。
♀が産みつけると♂がすぐに来て精子をかける。
(ような仕草をする。・・・見えないからね)
おぉ、ちょ~ラッキーなオケアノス。

toaka_egg091110.jpg

こんな営みな時
いつもの暴力的な威嚇はなくて
一所懸命に産んでました。

命をつなぐ・・・感動します。


ツールドおきなわ 

今年も行ってきました。

毎年雨混じりが多いんだけど
今年は快晴のドピーカンで夏日。
暑くて暑くて大変でした。

娘の夏菜は6年なので今年が最後の大会。
演技のチームリーダーとして役にたったかな?
竜也くん・・・練習では素晴らしいけど
本番はいつもズッコケるね(笑)

この暑い中、怪我もせず
みんな日頃の練習の成果が出せて
よかったよかった。

成績:
演技・・・優勝!(たぶん5連覇)
80mスプリント・・・高学年女子2位、高学年男子3位
50mスラローム・・・低学年男子3位
            高学年男子1位、2位
            高学年女子1位(夏菜)2位、3位
リレー・・・2位

阿嘉小学校は15名ほどの参加者で
どちらかと言えば小所帯チーム。

兎に角、怪我しないで一所懸命に競技して
この成績なら、ちょ~上等ぉ~です。
来年再来年とどんどん生徒数は減っていくけど
参加出来るうちは参加しようね。

演技では優勝できたけど
50mスラロームでまたしても
ヤッてしまった森山竜也。。。
普通に走れば優勝なのに、いつもドジる。
本番に弱いなんて・・・誰に似たんだか(笑)
ニンジンないと発揮しないらしい・・・。

でも黙って帰る訳にゃいかん!


お楽しみに抽選会で
いの一番に読まれた 51番!!


















tatuya_jitensha091108.jpg


自転車もらえて良かったね。


いよいよ出発 

明日、ツールド・おきなわ
1輪車競技出場のため那覇へゆきます。
現在6年連続で優勝し続けている
わが阿嘉Kid's(チーム名)。

愛娘のカナは6年なので今年が最後。
団体演技(フィギアスケートみたいもの)の
チームリーダーとして華を咲かせてくれるでしょう。

個人競技としては
カナも竜也も50mスラローム。
二人とも頑張って優勝して欲しい。
ご褒美は何が良いか?

みんなで怪我せず楽しんで
また勝利の美酒を味わおうぜぇ~!

・・・オヤジはロードレース観戦も
楽しみにしているのでした。
ゴール前はちょ~白熱しとるじょ~。

konohagani090720.jpg

5月過ぎあたりから
砂場の葉っぱによくいる
コノハガニ。

体が四角いので♀ですね。
オスは三角。

まだ水温が低くて
ちょっと寒いけど5月~6月の

梅雨の海は

生命のつなぎがとてもよく見えるので
大好きな季節です。

MVPだぁ 

アメリカへ渡って7年。
やっとヤンキース松井が
ワールドチャンピオンになれた。
ついでにMVPもいただきまして
身震いするほど感激しました。

松井が甲子園で4敬遠され巨人に入団した年
東京ドームで姿を見て以来の大ファンで
今年は結婚もしたけど
近年は怪我ばかりで心配してましたし
感激も一塩でございます。

ちょうど仕事もないし
風邪引いて引きこもってたので
家で衛星中継を見ていましたら
凄いのなんのって
7点中6点を松井が叩き出した。

試合も終わってないのに
スタンドではMVPが叫ばれてました。
日本人では初の事です。

これでやっと指輪ももらえるし
良かった良かった。

あのチャンピオンキャップとTシャツ欲しいなぁ。

awairo_koban090926 (1)


サンゴの中のハゼを覗くのが好きです。
一緒に潜った方は判ると思いますが
サンゴがあると覗いています。

このアワイロコバンハゼ
「日本のハゼ」p178にコバンハゼ属の
1種として掲載されいます。

おらが海では
サボテンミドリイシというサンゴによく棲んでいて
サンゴ表面の凸凹の間を行ったり来たりしている。
良く見てると一定のパターンで同じコースなので
一番撮りやすい場所で待っていて
撮影すれば、いとも簡単に撮れるのでした。

可憐で可愛い。。。
このサンゴが死んだら
この子も死にます。。。

みんなでサンゴが元気に育つ海にしようね。


健康って大事 

オヤジは風邪っぴき。
喉の痛みから始まって
鼻詰まりと微熱・・・愚息とまるっきり同じ症状だ。
しかし、一瞬でも38度を越えたので
診療所へ深夜診療へ行く。
お寛ぎのところ申し訳なかったけど
「ハッキリ」させないと「ダメ」らしい。。。

一晩寝て平熱近くに戻ったけど
まだちょっとダルい。
松井の試合は5日だったかしら?

あの寒波にツイテいけなかった・・・

shikoku_suzumedai_yg091101.jpg

最近の海水温上昇に伴って
通年見られうようになったシコクスズメダイ。
幼魚のうちは鰭の先やらがブルーで
美しかったりします。

シコク→四国なんだろね。
スズメダイには地名が多く使われていたりします。
沖縄もあって、フィリッピン、長崎・・・
イシガキってのも石垣なんだろうか?

オヤジはクタクタ 

昨日と今日の悪天候には
正直参りました。
風速18mの北風では
ハンタの崎を曲がっていく勇気がない。

本当に酷い風でした。

ついでオヤジは
息子の風邪をもらってしまい
副鼻腔が抜けなくて
潜ってる間上顎がずっと痛い。

無理やり鼻かむと収まるけど
またすぐ痛い。

痛いし寒し。。。
上がれば風が凄いし

今日はくたくたでございます。


umiushi_kakureebi091101.jpg

バイカナマコにいた
ウミウシカクレエビ。
正面から撮ってみました。。。


あぁ、明日からしばらくお休みで
いがったなや。

冬将軍だぁ 

昨晩NHKの天気予報を見てたら
大陸から張り出す高気圧に
冬将軍の顔が出てきた。

ん~久しぶりに登場したけど
もうちょっと威厳のある顔にしたら良いのに。
どこかやさしそうで好感持てるのか?

そんな冬将軍の影響で
こちらも大荒れの天気に
船は高速船もフェリーも全便欠航。
明日も波5m~4mという予報なので
全便欠航が予想される。
帰れなくて喜んでる人も若干いますが。。。

気温も22度と言っているけど
これだけ吹いていると体感は20度以下で
船に上がったら・・・チョ~寒いし、
急いで港に帰るのでした。。。

そんな天気でも
エビやカニ、回遊魚やオドリハゼを
たっぷりと堪能したのだ。

tobiginpo091101.jpg

砂地でピョンピョン跳ねる小さな魚をご存じか?
跳ねては隠れ、また跳ねては隠れるので
その姿かたちは見たことない人もいるはず。

それが写真のトビギンポ。
12~15mmくらいで細長い。
これがあっちこっちへ跳ねては隠れる。

目がいつも落ち着かなくて
キョロキョロしていて
ビッグバードの人形みたいで
とても可愛いね。



悪天候に見舞われて 

20091101175758
久しぶりに夏のような日差しと高湿度。

快適ダイビングだったのに。

予報通りの急変で暗雲立ち込め横殴りの雨。
おまけにネットは繋がらずお土産に戴いたじゃがりこでお疲れさま。