リサーチはさらに続く 

今日日曜日は快晴に恵まれ
風も弱くて海も落ち着いた感じ。

島の青年たちは昨夜の勝利の美酒に酔いしれ
二日酔の人ばかりである。(笑)

そんな時にこそ、ポイントリサーチをやるのだ!

5月いっぱいはリサーチ月間としたんで
今日がラストになりますな。
最後にふさわしい~ところ・・・
そうです。魅惑のディープ。

目指すは水深45mのヤリイトヒキベラ!

はやる気持ちを抑えながらポイントに到着すると
うげぇ!まだ潮ハシってるし
しかも、反対じゃん。。。ENすら危うい。。。
ま、駄目なら浅場でニシキイトヒキ狙うか。

入ってみると抜群の透明度で魚が溢れ返り
ズンズン進んでいくと・・・なんとダウンカレント(T_T)
引き返そうか悩んだけど・・・突撃です。
ずんずんとオキナワサンゴアマダイをカキワケ進む。
ウイゴンベがラインダンスを踊ってるように並んでいる中・・・

おぉぉ~!ベニハナダイが婚姻色をだしているぅ~。
ゆっくり近づいてパチリ。。。。とやる前に褪めていくのでした。
でも立派なオスが何匹もいて
楽しいったらありゃしません。
周囲にはフカミスズメダイがゴッチャリと泳ぎ
紅鰭糸引ベラが婚姻色を出しブンブン飛んでいます。

ダウンカレントの中頑張ってさがしたけど
ヤリイトヒキベラは探せませんでした。残念。。。

で~も、ベニハナダイやフカミ。
戻ってニシキイトヒキ婚姻色が撮れたし
ここの名物トモシビイトヒキ♂の婚姻色風(笑)が
とれたんですよ~どすこい姐さん!
全開じゃありませんが、うれPっす。

nisiki_itohiki_nup090531.jpg

サンゴの発達したリーフ浅瀬に
普通に生息するニシキイトヒキベラ。
オスの婚姻色は非常に美しいが
やっぱり弾丸のように早いのが難点。
伊豆大島のTheイトヒキ同様に
綺麗なのに誰も撮らない見ない教えないベラ。

fukami_suzume090531_3.jpg

30m以深の深場に生息するフカミスズメダイ。
稀に20m台で現れることもあるが
色彩は深場のほうが断然綺麗だと思う。

チビちゃんは特に可愛いけど
今日現在ではフカミ・アオスジ両種とも
確認できていません。。。出現は6月半ばかな?


ベニハナダイとトモシビは
また今度。。。



前でリサーチ 

今日は座間味村バレーボール大会。
各島で2~5チームを作り
トーナメント形式で戦います。

なぜかみんな・・・燃えるんだよね。

今年は男子の部で阿嘉青年会が優勝!
おめでとうございます。

観戦一方のオヤジは
午前中は阿嘉のチームの応援をし
愚息と昼飯のチャーハンを食べ
昼過ぎからポイント・リサーチ。

今日は前浜なのでスキンダイビングの軽装。
まだ水温が低くて
5mmワンピだけでは寒いです。
それでも頑張って75分間ほど
ウロウロと泳ぎ回ってみた。

入ってすぐにコバルトスズメのちびが目につく
1cmにも満たない子たちがたくさんです。

kiobi_ygAd090530.jpg

ここでしか見ることがない
キオビスズメダイも気になるので
必ずチェックする。
チビちゃんはまだなようです。

nezu_suzumedai090530.jpg

ネズスズメダイの頭部の線が残ってる
若いのがこっちを注意深く見てる。

ichimon_yg090530.jpg

これは
イチモンスズメダイの子供ですな。

kakure090530.jpg

阿嘉島最強
水深1mのカクレクマノミ。

yosuji_ryukyu090530.jpg

そしてそして・・・・
去年見つけたヨスジリュウキュウ。
ミスジがほとんどいなくなっていて
もう駄目かと思ってたら
生息場所をやや変えて健在!

すっげ~、嬉しかった。

ガチピンで撮れたしね。

前浜は素晴らしいススメダイビーチなのでした。
全スズ振の会員は
残タンで潜ってもいいよぉ~。

写真出し過ぎた。







リサーチの続き 

以前行ってみたけど当たらなかった
場所が1箇所あって
ヒドイ北風の時にいけるので
もう1回チャレンジしようと思っていた。

昨夜から吹き続いた風で
北側が相当荒れているので
条件はぴったんこ!

また外してもなんだから
から~い大島に詳細を尋ねに行き
万全で行ってきました。

今度はちゃんと当たりまして・・・
しっかりと調べてきましたよ。

結論的には、一押しポイントにはならないけど
スズメダイが多くいて潮あたりも弱いし
水深も最大16mで安全。
目玉生物が3つくらいでしょうか。
夏のずば抜けた透明度の時に行ってみる?
・・・って感じのポイントです。
でも冬の大時化には大活躍だよん!

稀なセイテンベラの若魚♀がいました♪

明日は座間味村バレーボール大会。
オヤジは観戦奥さん選手。怪我せずにちばりよ~!

tibi_ika090502.jpg

ポイントで船を止めて
潜って帰ってくると
船の下にはイカの赤ちゃんがいっぱい!

すげぇ~可愛い。

みんなぁ~大きくなって
おれに釣られろよぉ~って叫んじゃう。

適当にシャッター押した写真。






クロスジの不思議行動 

先日の健康診断で不本意な成績になり
7日間の断酒と適度以上な運動
麺のスープは飲み干さず、馬の如く草を食べ
油は口にしないように、絶え間なく水を飲み
早寝早起きボランティアと出来ることはやって
再検査と望んだ今朝である。(満点大笑い!)

結果は明日には来ているので楽しみである。

あぁ、これをjoyさんが読んだら
「普段の状態を検査しないでどうすんの!」
などと叱られてしまいそうだけど
今日本にいないから良いや。(笑)

表題の「クロスジの不思議行動」だけど
正確には、クロスジリュウグウウミウシの・・・です。

ある日のモリズウォールにて
例によって壁を舐めるようにして探してると
クロスジリュウグウがホヤの上に乗っていました。

kurosuji_ryuuguu_hoya090429_1.jpg

ま、ありふれた光景ですし
パチリと1枚撮って縦穴へ・・・

立派なアカネテンジク撮って戻ってきたら


kurosuji_ryuuguu_hoya090429_3.jpg

奥の方に顔を突っ込んでいた。
なにか・・・食べ物でもあるのかしら?
取り合えずパチリと撮って様子を見てたら


kurosuji_ryuuguu_hoya090429_4.jpg

更に奥の方へ顔を突っ込んでいく。。。
よ~く見ても
口を動かして何かを食べてるようでもないし
こりゃ、一体どんな行動なんべか?

気になったので隣島の巨匠22へ・・・
と思っていたら3週間経ってしまった。
今更でなんだし・・・

ブログに出しちゃえ~~~。

誰か知ってたら教えてください。





子供達のスノーケリング 

いよいよ始まりました。
本年度阿嘉小学校の
サンゴ産卵観察会です。

今日は3年生と4年生のスノーケリング教室。

器材名称~準備と使い方~マスク・スノーケルクリア
~水面位置保持~立ち方~片付け。

ざっとこんな感じで進行していきまして
初めてなので心配していた3年生も
とっても上手で安心。

2回目の4年生は愚息を始めとして
悪たれなワラビンチャ~(ガキども)は
普段からの遊びの延長だし、無問題。

このあと6月2日にリハーサル。
これは本番と同じ時間に産卵すると想定し
全く同じことを行います。
去年失敗した連絡網が
うまく機動してくれれば良いですが。

産卵観察会は6日~12日の設定です。
この期間に是非産んでくれるように
あとは祈るばかりでございます。

komon_umiuis_g090502.jpg





ちっちぇ~でしょう~。




スノーケラー対策は如何に 

シトシトと雨が降り少々肌寒い。
梅雨・・・って感じの天気です。

こんな時にも元気よく保全活動をします。
参加したのは4名。
18店舗あってたったの4軒でっせ。。。
忙しいんでしょうね~。

で、昨日に引き続きニシハマとマジャビーチ。
どちらも昨日とは違う区域で行いましが
あまり見つかりませんでした。。。

っていいますか、ニシハマに関しては
辺り一面の枝状サンゴの90%が
死滅しており暗黒の世界でした。
それでもアオバスズメやクロソラ、オジロスズメは
元気いっぱいに泳ぎ、繁殖しておりました。

やっぱりスズメダイは偉い!

マジャに関してもそれほど多くは見られなくて
今日はアツクチ区域へ行きましたが
黄色と緑色の枝サンゴが元気いっぱいでした。
昨年に比べて1.5倍にはなっているかと思います。

そんな元気な枝サンゴですが
海底には折れたサンゴがたくさん落ちていて
いちいち上に戻してはいたんだけど・・・

これって、たぶん、、、恐らく、、、ほとんど
スノーケラーがやったことです。

大潮の干潮時には水深が数十センチになるので
下手なスノーケラー独特の、仰向けバタバタや
方向転換膝まげ自転車漕ぎかなんかの時
フィンキックでボキッっとやったってこと。

球状ヒメアナサンゴモドキの天辺に
足跡があるくらいですから。。。

これってどうしたらいいでしょうかね?
取り合えず注意喚起の看板を設置しようかと思いますが
何かよいアイデアがあったら教えてください。

umishida_kakureebi090501.jpg


ウミシダに棲む
ウミシダカクレエビ。
茶色いのには茶色、黒には黒。
白いのには白いエビがすんでいます。
この子たちは自分たちの
見た目で体色を変化させます。

この白いウミシダはベラ地獄にいて
このエビも去年からここに住んでいる子なので
すげぇ~愛着があります。

このような愛着のあるウミシダがあちこちにあって
棲んでるエビをよくガイドしますが
時々ダイバーの太ももなどにくっ付いて
行方不明になることがあります。

とても悲しいです。。。





ゴシキとクジャク 

朝、保全。

ニシハマとマジャビーチへ行き
チェックしてみたましたところ
オニヒトデはゼロ。
シロレイシもポツリポツリといる程度で
コモンサンゴなどに集団で食ってることは
ありませんでした。

これって駆除の成果なのでしょうか?
浅瀬にサンゴがほとんどない
ニシハマはさておき

多種多様のサンゴが生息し
キラキラ輝くマジャビーチにおいても
同様にまとまっていることはなく
食害の範囲も小さいものでした。

やっぱりこれって駆除成果だと思います。

午後から行ってきましたベラ地獄。
到着直後は激流で泳ぐのにやっとこさ。
ヒーコラしてたどり着いても
ヤツらは中層を弾丸のように泳いでいるので
見つけるのさえ無理でした。(T_T)

20分後くらいから段々と弱まってきて
どうにかまとまり始めたけど
婚姻色は出しません。。。

それから10分後にニシキがやりだすと
途端にゴシキがぶんぶん飛び始め
ツキノワも真っ黒になりながら飛んでます。
そのうちクジャクも緑色になりながら
ガンガンとフラッシングゥ~(古い!)

60分休まずほとんど泳ぎ
60枚くらいの写真を撮ってみましたが
御見せ出来るのは数枚でございます。

やはり・・・難しいでございます。

goshiki_nup090525.jpg

これゴシキイトヒキベラの婚姻色。
弾丸のように泳ぐのでとてもムズいです。(T_T)

また頑張ります。

そして・・・・











kujaku_nup090525_2.jpg


クジャクベラ。俗称ピンクフラッシャー。
フィリッピンが本場のこのベラは
沖縄の場合普通30m以深で見られますが
この写真を撮ったところは15~18m。
信じがたい水深です。

しかも婚姻色が狙えるので
フラッシャー好きには堪らんのです。

みんな撮りに来てね~。







有難いことに。 

もう5月はお客さんの予約がないので
今月いっぱいはポイント調査や
中々撮影しにイケないモノなどの撮影を
するつもりでいる。
うまく撮れたらここでも紹介していきますが

こんな時の昨日、
「あんた暇なら体験するね?」と
ある宿の女将に体験ダイビング客を紹介された。
しかも2名で・・・更に若い女性なので
「はい。やりますやります、やらせてください」。

好天に恵まれたアダン下で
楽しませていただきました。

そして今日も・・・。
「あんたダイビングできるか?」と
これまた別の宿のおとぉから紹介。
レンタル器材で女性1名AM2ダイブ。
「はいはい。やりますっやります。」

こんな暇な時に紹介していただいて
本当に助かります。
この場を借りてお礼を申し上げます。

今日は久し振りな梅雨っぽい空で
5mm+2mmフードベストじゃ寒いっすね~。
明日はAM保全。
PMから激写だよ。ドスコイ姐さん!

umishida_ubauo090515.jpg

ウミシダに棲んでるので
ウミシダウバウオ。

ひとりで撮影するのは苦労しますが
オケアノスならナイスアシスト!
エビもウバウオもちょいちょいって撮れます。

腰と首のギュってところが
キュートだね。




カラ梅雨か? 

昨日も今日も予報は雨だったりしたけど
一向に降る気配もなく
太陽は元気いっぱいに出てきて
暑い光線を放つのであった。

あれ~?これって空梅雨かい?

引き続きポイント調査をしていて
本日はワイドで綺麗な場所を見つけた。
通ってマクロも良くなったら最高です。

22年間というものの、前会社の社長から叩き込まれた
「常に新たなポイントを開発せよ」によって
幾多のポイントを開発し他店に供給し続けたか・・・。

影で「真似された」などとホザかれても
常に開発しているんだけど、
あるもんだね~知らない場所って。。。

やっぱり阿嘉島って素晴らしい。

kanzashi_yado2_090622.jpg

前にも見た記憶があるかも知れませんが・・・

今度は1眼レフで
ちゃんと撮ってきました。
2匹のカンザシヤドカリにピントが来る位置で
2匹の触角が触れ合う瞬間を狙ってみました。

軽いウネリの中
頑張ったんですけど

・・・難しいですわ~。


増えたオモチャ。 

梅雨の合間の晴れを逃さず
久し振りに調査潜水へ行ってきました。

到着する荷物があったので
近所のポイントで1本65分&船底掃除。

去年は見た記憶のない
デルタの極小ygが入っていたり
アカスジウミタケが何やら産卵っぽいし
水深15mでマルスズメ極小を見つけたり
家でボ~っとしているより
明らかに有意義な時間が過ごせた。

酒もしばらく抜いて
1.5kg(出来れば2Kg)体重を減らしたい。
そして明日も明後日も
調査潜水は続くのである。

楽しみだねぇ~。

hoshikuzu_beni090622.jpg

地元海域では初めて1眼レフで撮影した
ホシクズベニハゼ。
両目の間…こめかみ?に
模様があるので区別は簡単。

lemon_yg090622.jpg

いつものレモン。
1cmほどのチビちゃんっす。
きゃわいい~。

omocha090622.jpg

問題の新しいおもちゃ。
YAMAHA-APX500。
中古品だけど上等です。

エレクトリックアコギで
・・・アンプに出力できる・・・
ご機嫌な音が出ちゃいます。
後ろのマーチンかどちらかを
変則チューニング専用にしよっかな。




すげぇ不快指数 

朝から晴れてくれるのは良いけど
湿気がすごくて
空気重いし
不快指数は相当高いはず。

昼食後オケラにハンモックを設置して
読書しつつ居眠りをしていたら
娘の夏菜がやって来て
宿題をやり出した。

そのうちハンモックに乗って来て
父娘でギューギューになって汗かいた。

これじゃちっとも気持ち良くないじゃん。

でも、こんなこともあと数年間で
出来なくなるしね~。(T_T)

oosiraitogokai090507.jpg

オオシライトゴカイ。

その名の通り
ゴカイです。

きれいだよね。

この細くて白い石灰質の
管の中にゴカイが住んでいて
ピューって鰓冠を延ばして花のように広げて
呼吸と餌のプランクトンを採っています。

勉強になったねぇ~。





島ならではです。 

今日は阿嘉中学校生徒の
体験ダイビングを行いました。

これは授業の一環として行われるもので
決してお遊びではありません。
1年からやるので卒業するまで最低3回は
地元の海で潜るわけだ。

小学3年からサンゴ産卵観察会をやり
中学からは体験ダイビング。
合計6年間は海のことを勉強します。

「あなたの育ったところはどのようなところですか?」
この問いに、あなたはどれだけ答えられるでしょうか?

しっかりと答えられるように育てる!
これが大人の責務であります。

朝はどんより梅雨空だったけど
昼前からは晴天になり
開始の14:00には太陽も出て
最高のコンディションのニシハマで
12名全員が無事終了いたしました。

お疲れさま!

seito_taiken090520.jpg

ほらね
授業っぽいでしょ?

seito_taiken090520 (1)

でも何だか
楽しそうで
遊んでるとしか思えませんね。



宝の持ち腐れ 

晴耕雨読っちゅ~のは難しいもんだね。
雨読は得意で癖になるけど
晴れても仕事したくなくなったりするもんね。

元来の怠け者か。

今日は「クライマーズ・ハイ」を観ました。
いやぁ~面白かったよ。
主演の堤真一が好きなので抵抗なく入れたし
堺雅人がいい味だしております。
もともと邦画はあまり見ないのだけど
これはお勧めっすな。

もう1回観てもいいぜ。

お、明日は阿嘉中学校生徒の体験ダイビングです。
天気がいいと良いですな。

yasha090516.jpg

先日撮影したヤシャハゼ。

かなり寄っても全然大丈夫。
こんなヤシャハゼがいるのは
座間味村の宝物です。

大事に使っていこうよぉ!
なっ。

頼むわ。






妙な充実 

沖縄がやっと入梅しましたね。
30年間で2番目に遅いそうで
例年より10日も遅れた梅雨入り。

今日は昼前からずっと降り続いていて
昼からは本格的にザーザーと降った。
これで水瓶にすこしは貯まったことでしょう。

オヤジはこの時とばかりに
録り貯めた映画なんぞをじっくりと鑑賞。
今日は、サミュエルLジャクソンの
「ブラック・スネーク・モーン」。

南部の田舎に暮らす元ブルースマンが
ある少女を救う話であるんだけど
サミュエルジャクソンンがあんなに歌ったのを
初めて見た。。。ギターも本当に弾いてるのかしら?
中々良い感じなのでサミュエル好きならレンタルで。

そのあとはクラプトンジャパンツアー2009。
35年来の大ファンである。

2月開催なので横浜にいたし、いけたんだけど
武道館の天井桟敷で¥9,000は高すぎで
クラプトン以外のツアーメンバーは知らんし
ネットでしか売ってなかったしで止めたのだった。

ま、ベックとのライブもWOWOW共催になっていたので
きっと放映はあると思っていたし。。。

で、やっと見ました。

1曲目のテル・ミー・トゥルーの頭のリフで
ちょっとしびれっちゃったけど
好きなワンダフルナイトが短くてちょっと残念。
アコギも少なくてこれも残念。
それでもスローからミディアムテンポのブルースは
さすがクラプトンでした。

ジョージのイズント・ア・ピティーは良かったな~。
アシストのサウスポーギターくんは
1曲ごとにギター違う?くらい頻繁に替えてた。

途中、島にボランティアで来ている美容師さんたちに
散髪もしてもらってさっぱりしちゃったりして
妙に充実した1日となりました。

joeegg090516.jpg

口いっぱいで大変そうです。
5/16の写真なので
・・・17日には出しちゃってるかしらね。

マブールは早朝の日の出前だと聞いたけど
ケラマのは一体いつ出すんだろうか?

見に行った人はいねぇ~のか?



あ~また違った! 

本当に素晴らしい天気が続いたもんだ。
北の国からいらしてくれた
おば様姉妹はふたり揃って晴れ女。

水温がやや低くて透明度が15~20mしかなくたって
ウミウシはたくさんいるは
コブシメは出てくるは
クジャクは真昼間っから激しいは
亀は観放題だし
ヤシャハゼは独占だはで・・・
海の中も相当ついていました。

毎ダイビングは50分程度と短目だったけど
内容はちょ~充実してましたな。
これで激安店(どこ?)と1000円くらいしか変わらんし
おれだったら絶対オケアノスに行く。(笑)

で、あれから毎日探してる
ヤクシマカクレエビ。。。
ついに見つけたぞ!!!!

と、有頂天になりそうだったけど
落ち着いて家に持ち帰って
PCでよ~く見たら・・・・またもや
ヒメイソギンチャクエビだった

しかし・・・ややこしい。
今度こそ頭胸の模様を覚えたから
間違えねぇ~ぞ!
ぜってぇ~見つけてやるもん!

siro_pika090503.jpg

ツノザヤウミウシ。
ケラマではやや普通に見られ
白ピカチューなどと呼ばれますが
本家ピカチューはまだ見たことあらへん。

どこにいるの?





さばくのアレが・・・。 

朝は曇っていても
10時過ぎると夏のようになり
夕方の西日もキツイ。
そして夜は外涼しいが、部屋は暑い。

これ、ここ4~5日の傾向。

梅雨って感じですね。

でも連日の快晴ベタ凪で
ダイビングは上等です。

やや濁って水温はまだ23度だけど
全然へっちゃらなくらい楽しい。

今日は、クバ島~ベラ地獄~さばくの3本でした。

マクタンへも行ってきたおば様は
ベラにご執心でらっしゃってクジャクベラの
婚姻色フラッシングにご満悦でした。

さばくではネジリンボウの前から動かず
ジッとしてましたのでさぞかし・・・と思いきや
全然出て来ないのぉ~って・・・オーラ強烈かもです。

私はひとりヤシャと戯れて
ド正面の良いのが撮れました。

気分よく戻ってきてセムシウミウサギの安否を見に行ったら
「うおぉぉ~~~!だ、だれじゃヤったのはっ!」と叫んでしまった。
セムシのついて居るホストを折ったヤツがいるのだ。
ん~、許せんぞ。このバカ野郎!

なんてこったい。
ガイドか客かは知らんが
もうちょっと気を使えよぉ~。(T_T)

明日はいよいよ最終日。
思いっきり楽しんでほしいものですな。

どこ行こうかな。。。

isoginchaku_modoki_kakureebi090515.jpg

先日ちょ~久し振りに出会った
イソギンチャクモドキカクレエビ。

このゴキブリやフナムシに通ずる独特のフォルム。
黄色い線に飾られたボテっとしたお腹。

堪りませんな~。

目の先端はピンクだす!



殖活? 

サンサンと輝く太陽のもと
とってもベタ凪な海を
エンジン全開で疾走する。

なめらかな水面に写る雲と空。

顔にあたる風が心地よい。

・・・夏っぽくって堪らんね~。

もうすぐ入梅かもしれんし
その直前に夏を味わっております。

水温も23度を超えて安定してきた感じだし
6半のフードが裂けたので
切り取ってしまったけど、寒くないもんね。

惜しいのは、ちょっと濁ってることかな~
12~15mくらいしか見えません。

スズメダイの子供達が溢れてきた。

ミツボシにガシガシ噛まれ始めました。
痛いっす(笑)これって初夏からの風物詩だよね。
みんながみんな子孫繁栄のための
繁殖活動が盛んでございます。・・・今風だと殖活?

そんな光景を見ていると
こっちもワクワクとしてきますな。

oyabicchaegg.jpg

卵を守るオヤビッチャ!
大迫力です。





水温上がって 

水温が23度以上になってきたので
とても楽になりました。

6半の脱着も
ジョンソンベビーパウダーは
使わずに水できています。

水中では70分超えても寒くありません!

ウミウシが最高潮に達してるような感じ。
どこへ行っても普通にたくさんいる。

でもウミウシ探してると
眼球に痛みを感じるんですけど。。。

ukonhaneoshare090429.jpg

モリズ・ウォールの竪穴の中ほどにいる
ウコンハネガイにオシャレカクレエビが
ド真ん中から動かない。。。

コントラストが面白いので撮ってみたけど

・・・今ひとつだった。


あぁ、なんて自堕落な 

昨日は日中晴れで
朝晩とかなりの雨が降りました。
おかげでジトジトと湿気が多く
寝付けない夜となってしまい
今でも眠たい。

今日は朝から爽やかに晴れ
気温も28度と真夏並み。
ちょっと動くと汗ばむ暑さでした。

水温も23度後半から24度になってきました。
ん?サンゴ産卵するかな?
あとでAMSLの巨匠に伺ってみましょ。

あ、今アゲナシクの海底に水温計が設置してあって
WEBで随時見られるので
あとでHPへ貼り付けておきますので
みなさん御活用くださいませ。

さて、暇にまかせてグダグダと
自堕落な生活を送ってきましたが
明日から本職の潜水業務となります。

頑張るぞ~。

maru_yg090507.jpg

大好きなマルスズメダイの幼魚。
2cm程度の子が
ちょろちょろと出現し始めました。

尾ビレが少し短いなぁ。残念。


ムンムンムレムレ 

朝から普通に雨が降った。
いやぁ~久し振りの雨だなや。

なんてちょっとホッとした気分だったけど
昼前には上がってしまい
なんと太陽まで出てきた。

こんどは暑暑の蒸れ蒸れになってきた。

ちょっと動くとジト~って汗が滲む
この不快感ったら・・・まるで梅雨。
現在もこの状態がずっと続いている。

今夜はきっと寝苦しいんだろうな。
いっその事早く梅雨になってしまえ。

sango_gani090503.jpg

枝状ミドリイシの股に棲んでる
サンゴガニの1種。

脚がとても可愛くて良く撮りますが
先日お客さんのスミちゃんの写真を拝見したとき
このような構図で撮っていたので
ちょっと真似してみたくて。。。
まったく同じサンゴの同じカニを
似たような構図で撮ってみました。

いかがでしょうか?




梅雨の遅れ 

全然雨が降らない。
GW中は良かったけど
終わってからも雨が1滴も降らない。

先の2号が近づいてきたら
雨が降っていいかもね~って
言っていたんだけど・・・。

予報によると13日に少し降るみたい。

時期的には完全に梅雨なんだけど
毎年遅れて行きます。
去年は22日に入梅宣言しましたが
今年はどうなるのでしょう。

少雨傾向はこのまま続き
野菜が不作になり続くと不味いよね。

igaguri_umiusi090429.jpg

背中の突起は可愛いピンク色
とてもかわいらしいイガグリウミウシ。

この突起柔らかそうだけど
触ると予想外に硬くてしっかりしてる。

毎年梅雨時期によく見る種類です。

イガグリ・・・もっと可愛い名前がいいなぁ~(笑)


好評!シリーズひとり飯 

家族がオヤジと猫のハルを残し
那覇へ行ってしまったので
ひとりで昼食を・・・。またパスタ。


簡単 シーフード・パスタ

材料:1人前
 スパゲッティ100gくらい
 冷凍エビイカミックス
 キューピーアンチョビソース 大さじ1
 マーガリン大さじ1
 イタリアンパセリみじん切り
 ニンニク半分、タカノツメ1/3くらい 
 塩・コショウ

● フライパンにオリーブオイルをいれて弱火で温めながら
  軽く潰したニンニクとタカノツメ輪切りを入れる。

  オイルがグツグツしてきたあたりでパスタ茹で鍋に火を付ける。
  
  ニンニクがこんがりキツネ色になって来たらタカノツメと共に
  取り出して捨てる。(そのまま食べても良いがフライパンには残さない)
  冷凍エビイカを投入。
  ゆっくりと解凍させる。(本来は事前に解凍させる)
  ここらあたりでスパゲッティを茹で始める。(うちのは8分なので7分であげる)
  エビイカが溶けてきたら茹で汁とアンチョビソースを入れ
  さらにエビイカに絡めていく。
  
  火が入り過ぎてエビイカが硬くなりそうだったら取り出す。

  ここにマーガリンを入れてコトコト煮詰めてとろ味を出す。
  とろ味が出て来たらエビイカを戻し、塩コショウで整えて
  茹で上がったスパゲッティを投入し絡めて出来あがり。

 制作時間 約10分。

 アチコーコーで召し上がれ。
 塩焼きそばのような感じだよん♪


20090510134030.jpg

  
  

台風2号が・・・ 

今日で潜水業務は終了。
来週は学校行事があって
週半ばから週末にかけてお客さんが
来てくれるのでまた潜水業務です。

終了した夕方に港をホケっとしながら
歩いていたら・・・アジサシが1羽現れ
オケのタンクのまわりをぐるぐると回った。

アジサシ・・・好きな鳥のひとつ。

大手潜水株式会社にいたころ
辛い時にアジサシを眺めて頑張った。
なんて思い出してたら
泣けてきちゃいそうでした。。。
青い空と青い海・・・白いアジサシ。
憧れの南の島の風景なのに
時にセンチメンタルな想いにさせることもあります。

ま、夕日を見て泣く夕焼け番長みたいなもんです。(笑)

toaka.jpg

かたやトウアカクマノミ。

か~わいい~~
などと寄って行くと
デコとかガブリと噛まれ
出血したりもします。。。

ときには遠慮も必要なようです。


あぁ、しかしGW終わった日から
連日の快晴ベタ凪で・・・日焼けして真っ黒っす!(*^^)v

あっ、忘れてた。
台風2号は石垣方面へ向かうよう・・・
な予報してたくせに
すでに熱低になり進行方向は東のままです。
お騒がせな予報でした。









ベタベタですやん! 

黄金週間が終わってからというもの
連日快晴ベタ凪で真夏のような日差し。
なぜ・・・お客さんがいる時には・・・

なんてことは昔からなので
気にしても始まらないのである。

あまりにもベタなので
サクバルの鼻へ行ってみた。
やや濁っていたものの、なかなかの出来。
次はさばくへ。
久し振りに「引きずった跡」のないさばく。
ハゼも元気に出ておりました。

3本目にまたしてもアダン下。
今日も今日とて80分。
昨日も80分なので合わせて160分。
どこかのDSの4本分である。(笑)

あぁ、今日はチョー久し振りに
イソギンチャクモドキカクレエビを見つけた。
嬉しかったぁ~。

darumaegg090508.jpg

ショウガサンゴの中に棲むダルマハゼ。
この子たちはサンゴの表皮をむいて
そこに卵を産み付ける。

卵があると必ず卵の所に戻ってくるので
卵にピンを合せて待っていると
綺麗に撮れる・・・はずである。

コンデジじゃちょっと
カッタルいかも。

あちこちで産卵行動が繰り広げられています。
もうそんな時期です。



快晴弱風低波少客! 

今日のタイトル
なんか最高な感じじゃないですか?

朝は屋久島隠れ海老で凹んでたけど

真夏の日差しを受け
海面を気持ち良く疾走するオケ号。
しぶきの1滴もかかりゃしませんぜ!

クバ島トンネル行って
ガヒの浅場で70分
午後は笠井ダルマハゼで80分。

まったり、のんびり、たっぷり。
まさにオケアノスのダイビングでした。
最近、似非類似店が多くて困っておりますが
惑わされず、本家本元へお越しくださいませ。(笑)

basara_kakureebi090505.jpg

目の先端がわずかに尖ってます。
のでバサラカクレエビ。

まるで1眼レフのような画像ですが
いつもの古いコンデジです。
ウミシダのふさふさがまだ残ってますね。
これ大事です。

あまり弄りすぎる(無理やり引っ張りだす)と
ふさふさがないばかりか
シダの腕が縮んでしまい
折角の写真が台無しです。

シダを上手に開いて
リラックスしてるエビを撮りましょう!






ヤクシマカクレエビじゃなかった(T_T) 

GWも終わると
島の中もがら~んムードが漂う。
高速船の1便・・・フェリー・・・
次第に人が去って行って
あとは・・・「祭りのあと」のように寂しい。

それでも今日来てくれたお客さんと
楽しく潜ってきました。

1本目は昨日のログで
「ヤクシマカクレエビ発見」と書いたら
早速リクエストを頂いたKeroさんと見に行ってきました。

そっと優しくエビを導くだし
バシバシと撮影したもらいました。(笑)
しかし・・・判りずらくて撮り難い。

当面はイソギンチャクカクレエビの仲間だったっけ?

あぁ~オヤジも1個くらい欲しいよなぁ・・・


yakushima_kakureebi090506.jpg


まだまだ全然駄目です。
顔の先の部分に赤い微細な点々があって
これがイソギンモドキカクレと
もっとも違うところだろうか。

雰囲気的にはメスだけど
オスは全く同じで小型・・・なの?

ケラマは初記録初撮影か?

なんて書いたけど
↓で指摘され良く良くみたら
ヒメイソギンチャクエビでした。
ん~、恥ずかしくて悔しい。

本物はこっち↓

ヤクシマカクレエビ

頑張って探すぞ~。

もう終わったGW 

5日子供の日でGWも終わりました。
なんだか最近はGWヒマなんです。
いつかは、家族で那覇ハーリー(5/5)見に行ったし
去年は体験Dを2組もして
竜也とキャンプにし行ったしね。

今年はわりとお客さんがいたので
良かったですわん。
明日からもまた来てくれるし。
有難いことです。

GWは本当に天気に恵まれて
みなさんキッチリと日焼けして帰りました。
世間では不況不況と言っていますが
阿嘉・座間味のダイビング船を見るかぎり
微塵も感じません。 素晴らしい。

ま、オケアノスは相変わらずでございますが。

今日は午前中2本で終了したのだけど
1本目でずっと探していた
ヤクシマカクレエビをやっと見つけました。
↑は最近和名が付いた新種のエビです。

ちょっとイソギンチャクモドキカクレエビに似てますが
別種のようです。。。写真・・・失敗したのでまた今度ね。
淡い色のホストに半透明なエビなので
古いコンデジだと難しいのでした。

この次はキッチリ撮ってお見せしたいと思います。

hebi_ginpo_sp090505.jpg

きれいなサンゴに乗ってるヘビギンポの仲間。

この子はなんて名前でしょ?







GWの褒美 

昨日から風が弱まり
今日はさらに弱くなった。
天気予報は晴れ、昼過ぎ雨。

ん?雨か・・・ま、最近降ってねぇし。

なんて思ってたけど全然降る気配もなく
サンサンと輝く太陽と青い海。
実に気持ち良く潜れました。

1本目・・・久しぶりにクバ島北
2本目・・・のんびりウルンの崎
3本目・・・やっぱりベラ地獄

ベラ地獄は凄いなぁ~
16:00あたりからフラッシングし始めたら
クジャク、ツキノワ、ニシキがあちこちでやり始めて
ゴシキまで始めちゃった。
まさに・・・ベラ地獄となったのでありました。

われわれ一般ダイバーは
エビとかカニを堪能していました。(笑)

3本目の帰り
やけに船が集まってるなぁ~
と思って近づいたら・・・

なんと親子ザトウクジラがいました。
大きな母と小さな子。

子供は頻繁に上がってきては
ブローして水面を泳ぎます。
顔が見えてすげー可愛い。

母はその下で子供の行動を監視してるみたいで
全然出てきませんでした。

こんなGWの5月にザトウが見れるなんて
座間味と阿嘉に来てくれた人への
ご褒美じゃないでしょうか。

遥か南海上に発生した台風1号。
なんと名前はKUJIRAです。

akahoshi_koyanagi_umiusi090429.jpg

最近多いらしい
アカホシコヤナギウミウシ。
8mmくらいの可愛らしい子で
他店で潜っていたひおちゃんが
教えてくれました。

が、上手く撮れませんでした。。。
ごめんね。








やっと止んだら 

GWが本番となる今日5/3。
吹き続けた風がやっと弱まり
明日からはポイント選びも楽になりそうだ。

が、オケはもうピークを過ぎてしまい
減っていくだけである。(T_T)

1つのポイントに何隻も船があって
水中で泡と人間しか見えないなんて
最低でありますな。

われらは全然違うものが目的なので
ちょっとやり過ごせば、だ~れもいないんですが
ダイビングスタイルがカブると
それはもう悲惨だとおもいます。

いつも利用するアマBは
たくさんのダイバーが横一列移動を
繰り返したばかりに
クサハゼ、ヤツシハゼ、フタホシタカノハ等の
泥系ハゼがほとんどいなくなってしまいました。

悲しいが、誰の責任でもなく
自分も含め地元のガイドの責任でござる。

me_ga_ippai090502.jpg

なんていう貝でしょかね?

近い場所で複数が
目を出して歩いていたので
ちょっと・・・接近してもらいました。

ついでに目をみせてもらって

全部で10の瞳。
みんなどこ見てるんだろ?







やっと行楽日和か 

吹き続けた東風も
ようやく落ち着いてきて
明日からはちょっと良くなりそうです。

GW本番での正常化ですから
みなさん良かったですね。

新型インフルエンザがフェーズ5になり
各地の行楽状況はどのような感じなのでしょうか?
ETCで高速料金が¥1,000なので
みんな車でお出掛けのようです。

さて、本日もバシャバシャと
波かぶる中
ベラ地獄(天国)~前浜~ブツの3本でした。
5月になって割と大きめな
コブシメがあちこちで出現し、産卵してます。

あぁ、コンニャクウミコとキイロウミコがいました。
でもなんだか今日はクジャクベラばかり
追っていた記憶しかないな。(笑)

ゴシキもいるよぉ~

kanzashi_yado090430.jpg

先日撮ったカンザシヤドカリ。
きれいなポリプのサンゴにいると
つい撮ってしまいます。

しかも・・・2匹対面になっていると
会話をしていそうで・・・楽しいです。

それぞれ
思い思いのセリフで
楽しんでいただければ
幸いです。