せっかくだし 

20090130175221
博多にいるので
ラーメンを食べた。

ここのはドンブリが四角でカウンターが個室のように仕切られていた。

孤独感があって妙だけどラーメンは旨い!

今日から 

常連的顧客および新顧客獲得的営業
そして本人の慰労も兼ねて
しばらく島を留守にします。

毎年のことではありますが
ブログも携帯からの更新となり
現在オヤジがどこにいてなにをしているのか
だれよりも早く知ることができます。(笑)

愛読していただき
コメントまで入れてもらって日々感謝しておりますが
コメント管理が出来ないことから
コメント及びトラックバックを2月末まで禁止にいたしました。
なにとぞご了承くださいませ。

それでは、東京や海外で
お会いいたしましょう。

aoumigame080406 (1)

両翼のないマンタ?

新鮮な空気を求め
水面に向かうアオウミガメ。




いよいよ。 

明日から島を離れひとり旅。
おかげさまで天気も上々で
船の欠航もないようです。
でも午後から雨みたいだね。。。

まぁ、東京その他でお会いする機会も
あるかと思いますが
田舎者なので優しく労わりながら接してください。(笑)
道に迷っていたら
手を取って連れ行ってね。

kebori_sp080627.jpg

赤いポリプに赤いケボリ。

伊豆などに比べるとわがケラマ海域では
それほど頻繁には見掛けませんので
一度発見すると、とても大切に扱います。

丁寧に取り扱っても
1ヵ月・・・2ヵ月も見れたら
すごい長期間的観察記録です。

ウミウサギなどは割と長くみれるんだけどねぇ~。

こういう可愛いのが好きっす。

1眼レフでちゃんと撮りたいけど

例によって
持って行くといなくなってるんです。


隣島へ 

PTAの理事としては
学校行事を欠席するわけにもいかないし
「学力向上実践発表会」というのに行って来た。
会場は座間味小中学校体育館。

この学校へ来るのは久しぶりで
前回は球技大会(バレーボール?)だかで
雨が降っていて校庭がドロドロだった。

今回は雨も降っていないし
南東よりの風が爽やかなポカポカ陽気。
足取りも軽かったのに
ついでに寄った役場にコンデジ忘れてしまい
取りに行ったら茶化されてしまった。

村内各学校の取り組みなどを紹介し合う会で
座間味小では「早寝・早起き・朝ご飯」
というのを実施していたりと
それなりに勉強になるのでした。

奥さん連中が帰りにスーパー105へ
大挙?押しかけ買い物をしているのが
印象的だった、みたいな的な。

seboshi080719.jpg

奇跡のヤギについていた
セボシウミタケハゼ。。。だよね?

おれには背★が見えないですが。




旧暦の元旦 

今日は旧暦の1/1でした。
横浜の中華街では賑やかにお祭りでしょうか?
昨夜の大みそかだけど最近は爆竹やってるの?
懐かしいなぁ。

もうすぐ内地へ行くので
揚げてある愛艇の整備をやっておくのだ。
今日はエンジンを冷やす冷却水(クーラント)を
冷やす為に海水をくみ上げるポンプ(インペラ)を交換。

こいつがまったく取り辛いったらありゃしない。
交換に2時間も掛かって腰が痛いぞ。
キャビンも綺麗にしてカバーを掛けて
船台のタイヤが痛むのでちょっと浮かせた。

以上で1日の作業終了。

明日の旧暦1月2日は年頭の豊漁祭り「初起こし」。

漁師は船に若松や若木を立てて船魂をまつって
航海安全と豊漁を祈願した後、
船主たちが酒と料理を用意して船上で祝宴となる。

しか~し、明日は「学力向上実践発表会」のため
座間味島へ行かないとならない。
PTA理事はつらいねぇ~。

ao_beni.jpg

ベニハゼの1種であるけど
もう、かれこれ20年近く「1種」のままである。

もっと後から出てきたベニハゼには
ビシッとぉ名前付いてんすけどぉ~。

どこか決め手に欠けるんでしょうね。

見た目が青いのでアオベニと呼んでいます。
目が黄色いのも可愛い。
水深も浅い所で5mから見ることが出来るし
人馴れしている個体も多いので
安全停止時などにお勧めです。





気温が一桁 

最低気温の予想が8度だったが
太陽がひょいと出てきて
日中はやや暖かい日となりました。

愚息は友達と近所で大声を張り上げながら
夢中で遊んでいて、とても健全である。

そのころ
娘は家の中でWiiで動物の森をやっていて
オヤジは1時間ちょっと歩きまわっていた。
のんびりした日曜日を過ごしたかな。。。

風があまり吹いてないので海も静かだけど
また週末に向けて荒れてくるのかな?
29日には那覇にいないといけないので
時化て来たら28日に行かねばならんなぁ。

eviota_sp_kisei080608 (1)

げ~、なにこの子?
って思うでしょうが目の周りに着く寄生虫らしい。
オキナワベニハゼなどでは時々見たけど
イソハゼ類に付いたのは初めて見た。

これだけ腫れてると何イソハゼだか良く判らんね。

痛々しいぃね。




寒波じゃ 

足の先が痛いくらい寒い。
昨夜からどんどこ寒くなってきて
今日1日ずっと寒い。
明日はもっと寒い。
最低気温が10度を切るらしい。。。

おまけに大時化だい!

日中雨が降らなかったので
散歩してみたけど
歩けど歩けどドンドン寒くなる。

海はあんなに青いのに。

ところで、
エリカさまが
嫁に行っちゃいました。
行くのはいいんだけど
あんなおっさんのどこが良いのだ!
金か?あん?

akahosi_m_080330.jpg

アカホシカクレエビ。

この子の腹節の頂点の橙色の斑紋は
ちょっと前には青紫の3つの斑紋でした。
よ~く見ると癒着した形跡が認められます。

伊豆などの温帯域ではこのような現象はないのに
ケラマ海域や屋久島などでは青紫の3つの斑紋を持つタイプは
月日の経過で橙色に変色し、癒着する個体がいる。

そのまま青紫の斑紋のまま
成熟し、抱卵する個体も多くいます。
一体何が原因で(キッカケで)そうなるのか・・・
途中経過も撮影したけれど
不明な点がいっぱいなカクレエビでございます。





また冬になった 

昨日今日と協会の会議等が忙しくて
ブログの更新が出来なかった。

また明日も会議があるし
雑用が本番を迎えちゃったかも。

うちのハルちゃんの手術は成功し
術後も良好でいつ受取に行くか。。。
ってなことだったのに
お腹の縫い糸を噛み切ったらしく
開いてしまったらしい・・・。

え~っ、パラボラアンテナみたいなの
しなかったのか?
ちょっとショック。
そう言う訳で退院は週明けになる模様です。
ま、今日から大時化で全便欠航だから良いけど。(笑)

PICT0040.jpg

こういう場面では
ある程度の流れがあった方が
魚の出方の勢いがよいよね。

あぁ~早く夏にならんかなぁ。

な訳ない。 

午後からやっと降ったけど
ショボショボな雨で
17:30には止んでしまった。

お~い、もっと降れよ。

やっと重い腰を上げて
内地行きの準備をやり始めた。

なんか・・・荷物が軽い・・・少ない?
いっつもパンパンになるのに。
そのうち気がついて事なきを得るか
セブに着いてから冷汗かくか。

数年前のセブでは
持って行ったスーツに乳下がりがあって
良くみたらうちの奥さんのスーツ。

Yoshiさんに思いっきり笑われたっけ。

今回は何事もなく行くよ~に。

isobana_kakureebi081024.jpg

やや内湾な砂地にある
オアシスのようなヤギに棲んでる
(マキノハヤギ?)イソバナカクレエビ。

3匹並んで(並ぶわけない?)
じゃ、並んでもらって1枚記念撮影。
でも真横から撮らせてもらえなかった。

バロンもいればもっと素敵だね。


ん?これ使ったっけ?





家族愛 

ポカポカ陽気もまだ続いているが
明日は曇りで夜は雨との予報。
明後日も曇り一時雨。

もっと降らんかい!

予想天気図を見ると
等圧線の狭い大陸の高気圧が
金曜あたりから近づいてきている。
雨も期待できるけど
土曜あたりは大時化になるかもしれないなぁ。

森山ハルの「膀胱結石」手術は無事終了。
術後の経過を見て退院するそうです。

猫といえどやっぱり家族の一員で
家にいないと寂しいです。
ちょっと食欲が落ちていて便秘気味らしい。。。

早く元気で帰って来てね。
快気祝に炙ったスルメイカあげるからね。

hadakahaokoze_dappi080921.jpg

後ろ姿で失礼します。
ご存知ハダカハオコゼ。

後ろから見ると更に薄さを実感しますが
体の表面がちょっと変なのに気づいていますか?

気づいた人は・・・流石です。
これが何なのか判った人はもっとすごいです。
さぁ、何でしょうか?

これはハダカハオコゼの皮膚。
風体も魚離れしてますが
この魚実は脱皮することで有名。

今まさに脱せられようとしている皮なのです。

次の瞬間
この古くてブヨブヨな皮膚は
一気に体から離れていったのでした。

こんな瞬間に出会えたのは
勿論初めてで、ちょっとした感動でした。

2008年の9月21日アダン下での出来事。
ただ泳いでいるだけじゃ、見れまへんでぇ。













キーマって何? 

数日続いたポカポカ陽気も
今日で最後な感じですなぁ~。
明日からは曇り空が続いて
あさってあたりから雨と予報されています。

阿嘉島は雨が全然降っていなくて
このままだと夜間断水になりそうだし
ここらでドドッと降ってもらいたいものです。

さて今日の昼飯何にする?
ってな会話のあと
「キーマカレー」にしようということになった。

なに?キーマって?
前にも食ってるけど・・・。
「ほら、挽肉のカレーだよ」

調べてみたら
キーマ=ヒンディ語で挽肉のことなので
本当に「挽肉のカレー」だった。。。

スパイスなどがもう混ざっているソースと
挽肉まで入っている冷凍セットものがあった。

まず玉ねぎの微塵切りを炒めて透明になったら
挽肉入れて良く炒めてソースを入れてひと煮立ち。
これで終了。

オヤジはこれに
タカノツメ、生姜、ニンニク、トマトの微塵切りを加え
赤ワインを投入して少し煮込んでみた。

・・・が、あまり変わらなかった。(笑)

マギーブイヨンのスープにワカメを入れて
キャベツの千切りを飯の隣おいて
キーマカレーかけて・・・一丁上がり。
お安く手軽なお昼ごはんの出来上がりでございます。

oshare_kakure_yg080808 (1)

テナガエビ科の1種で
オシャレカクレエビに良く似たヤツ。
はさみ脚が縞模様。

最初に見たのが前浜-18mだったので
それくらいの水深ばかり探してた。
なかなか見つからんなぁ~と思ってたら
-28~30mにいっぱいいますた。

こんなことって、良くあるんです。











用事はまとめて 

週末一家で那覇へ出た。
いろいろな用事を一気にやってしまいたい!
という貧乏ったらしい気持ちあって
レンタカーまで用意した。

ダイハツ・ムーヴ。
軽だけど車内は広いし
パワーもあるしで中々良かった。
これで24時間¥3,300は安いぞ。

用事1
うちの飼いネコのハルちゃんが
ボケちゃったみたいにおしっこが垂れ流しで
非常に困っていたんだけど
ついに病院送りとなったのであった。

「膀胱結石」ということで手術らしいです。
那覇の病院に預けてきました。

用事2
今沖縄ではポップサーカスがやってきている。
年末に「サーカス行く?」って聞いたら
行く気があるんだかないんだかの生返事だったから
詳細に計画を立てていなかった。
そしたら正月過ぎに愚息が「サーカスはどうなってんだ?」
と聞くので「行きたいの?」と返したら「行きたいよ」。

じゃ~行くか。ってなもんで行ってきました。
実はオヤジも初めて見るんだ。
ナマで見ると迫力あって面白かったなぁ。
レンタカーの主な使い道はサーカス会場が
遠いからなのであった。

用事3
車を借りたので船のクーラント(冷却水)の
交換のため新しいのを買いに行くことにした。
行ったは良いが・・・売ってなかった。とほほ・・・。

まぁ、そんなこんなで
20度を越える陽気の中
一家で楽しんできました。。。

pop_circus090117.jpg

たまにはオヤジも出演。
ポップサーカス会場テント前駐車場にて。

これNo.888らしい。 

悪夢のような悪天候も
ようやく過ぎ去り
ポカポカな沖縄が帰って来た!

オヤジは部屋の片付けをし
カビカビな風呂を掃除し

昼飯の作成に乗り出す。

昨日はカレーラーメンだったので
今日はパスタにした。

冷蔵庫を覗くと・・・・
クレソンがいっぱいある。。。それとキャベツの残党。
玉ねぎが半分あって・・・。

「残党キャベツとクレソンのパスタ」
~春っぽいアンチョビ風味~
材料/キャベツ、玉ねぎ、クレソン、豚バラ、生卵
   ニンニク、タカノツメ、イタリアンパセリ
   オリーブオイル、アンチョビソース

オイルを引いてニンニク、タカノツメをいれ温めて香りを出す。
香りが出たらニンニクもタカノツメも捨てます。(食べても良いけど)
豚バラ肉を入れ炒めながら玉ねぎを投入する。
玉ねぎが半分くらい火が通ったら適当に切ったキャベツを入れる。
何となくシナッとなって来たらアンチョビソースを(大さじ1位)入れる。
(本当はここで白ワインだが我家は切らしていた)
パスタの茹汁を大さじ3~4入れて味を整えてから
クレソンをお好みの量投入し~、茹であがったパスタをぶち込み
軽くアオってから火を止めて掻き混ぜた生卵を
ドヒャとかけて混ぜて出来上がり。

*クレソンはたくさん入れると苦いのでほどほどに。
 具ソースは手順良くやって6分~7分掛かるので
 パスタはそれに合わせて茹でてくだシャイ。。。手軽で安くて美味しいよ。
 写真は撮り忘れた。

今夜は初体験の黒豚しゃぶしゃぶ!
どうやったら美味しいんだろうか?
*今親切なIさんが本場の食い方教えてもらった~。

yuki_minogai080427.jpg

岩をめくると出てきたりますユキミノガイの仲間。
口をパクパクしながら
暗がりへ逃げて行くのが面白いですね。

でも触れたらアカン。
やたらと触れると赤い触手がポロポロと・・・





憂鬱な作業 

やっと激しい北風から解放され
太陽がひょいと顔を出し
ちょっとポカポカになった本日。

揚げていた船に行き
交換すべきパーツを書き出す。
そのパーツの中にオイルフィルターってのがあって
エンジンオイルを濾してる部分なんだけど
2つあるうちのひとつが横向きに付いている。

この”横向き”が非常に不便極まりない。

だって、外すとオイルが出てきて
エンジンルームがオイルだらけになるんだもん。
拭いても拭いても取れないし
爪の間に入ったオイルは洗っても洗っても・・・。

どうにかして
被害を最小限にしたいんだけど
エンジンと床の隙間が3cmあるかないかで
非常に狭くて受皿をおけない作りになっている。

今度こそ、なんとかして
こぼさないように・・・
被害を最小限にして交換してみせるぞ。

akahoshi_isohaze080401.jpg

わりとどこでも見られる
アカホシイソハゼ。

3cmくらいの魚ですが
よ~く見てると愛嬌もあって
なかなか可愛いもんです。


*お知らせ

 2008年にこのブログで使用した写真を
 スライドショーにしてみました。
 是非ご覧くださいませ。左のリンクからどうぞ。

不思議な言葉2 

にっぽん列島-6°の寒気で覆われ
本当に寒いですね。
阿嘉でも「冬ってこんなに寒かったっけ?」
などと言い合っております。

このようにひどく寒いことを
「死に寒い」と表現します。
しかし、これは現代っ子の表現で
おじぃおばぁは使いません。

「でーじ」よりさらに凄い時に用いるようで
「でーじ寒い」より「死に寒い」ほうが
より寒いことになります。

「~しましょうねぇ」というのがある。
普通「帰りましょうねぇ」と言われたら
帰ることに同意を求めてる。
或いは、一緒に帰りましょうと誘われてる。
と解釈しますが
沖縄では「帰りましょうね」は
ただの「帰ります」だったりします。

以前「この荷物持ちましょうね」と言われて
持ってあげたら「あい、なんでぇ」と言って
自分で持って行っちゃった。(笑)

いろいろと面白い言葉がまだまだあるので
また思いついたら書くさぁ。

umitengu_yg080803 (2)

世の中の不思議な魚のひとつ
ウミテング。

鰭を広げて砂地を張って移動する姿は
ゼンマイ仕掛けのおもちゃのようだ。
腹ビレを使っているみたいだけど
長い口といい
凸凹して鎧のように堅そうな背中といい
これが魚だとは到底思えませんよね。

でも・・・それが可愛いと
絶大な人気がある魚の1種でもあります。










不思議な言葉1 

沖縄には「うちなぁ~ぐち」と
呼ばれる方言があって
それに現代語や標準語が混ざったものを
「うちなぁ~やまとぐち」といいます。

沖縄は母音があ・い・う しかなく
え→い お→う に変換されることが多い。
このことは沖縄の言葉の基本となりますので
よ~く覚えておきます。(笑)

よっておきなわは、うきなあ→うちなぁとなる。(私見)

以前、とても便利な「だっからよぉ」を
説明したので今回は「~から」を少々。

ある日のとある会話~
A「あい、ひさしぶりだね」
B「クィ~ンから!」
A「ゆれなかったねぇ?」

これを翻訳すると
A「おぉ、ひさしぶりじゃん」
B「今クィーンざまみで着いた」
A「揺れなかったか?」

ってなことになります。

上の「~から」というのは
「那覇からクィーンざまみで着いた」
というのを「クィーンから」と略した言い回しで
そこで力強く切ることによって
遅刻せずに上船出来て
揺れなかったことなど全てを言い表し、
またキッチリ通じています。(笑)

とっても便利なので
みなさんも日常でどんどん使ってみましょう!

kuroobi_suzume_yg080801.jpg

昨年の8月1日に前浜で確認した
クロオビスズメダイの幼魚。
ピントが今ひとつですが
近くのトゲサンゴと比べると随分小さいのが判ります。

次に前浜に行ったのが半月後の
8月16日になっていて
この時以降クロオビスズメダイは
ここで確認出来ませんでした。

一旦入ると成魚になって
長期間見られるので。ちょっと残念です。

クロオビスズメダイはとても好きなので
素通りは出来ません。
また今年も何匹か来てほしいですね。

「黒潮から!」










この隙に揚げちゃうよん 

昨日までのちょー激大時化も
まるで無かったかのように
今日は静かである。

風もそよそよ
太陽もにこやかに顔を出し
ガラス越しがデージ(とても)暖かい。

子供たちも3連休で
家中でどなり声が響きわたっている。(笑)
天気予報を見たら明後日からまた崩れるようで
いつまでもズルズルとしてられないし

この晴れてるこの隙に
船を陸揚げしちゃえ!
ってなもんんで大きなトラックを
所持してる店に手も貸してもらい
陸揚げしてきました。。。これで一安心。

このあと内地に出発するまで
ゆっくりと整備するのであります。

sesoko_teguri081231.jpg

たぶん・・・きっと、セソコテグリ。
第一背鰭が第二背鰭より小さい
(ミヤケはメスでもこんなに小さくない)のと
白斑紋模様が若干異なることで区別してます。
あと、顔が違う。(笑)

でも「これ!」っていう識別法が
見出せないままでいます。
誰か教えてください。

びっくりした顔してるように見えて可笑しいね。



なんだ、この寒さは! 

寒すぎてとてもじゃないが
雑用などやってられない。
・・・特に2階のこの仕事場が寒い。
まるで90分潜水をしたあとのようだ。(笑)

海も大しけで予想通り
全ての交通手段は止まってます。

今日から3連休で
ザトウクジラを見に来た人も
居たんでしょうに。。。可哀想に。

オヤジは今日家から1歩くらいしか出ませんでした。
部屋でグズグズしたり
TVをぼーっと見てたり。

娘が同級生を呼んで来て
Wiiの森の動物たち?とかのゲームをやりだして・・・

部屋にいってPCで遊んでおりました。

PICT0047.jpg

数か月振りに
愛用のマーチンDMの弦を張り替えた。

最近かなり乾燥してたのもあるけど
やっぱり新しい弦は良い音である。




雨のあとは 

大陸からの強い高気圧で
海が大時化になる。

今日の波高予報は4mで
高速船QZは全便欠航。
フェリーは折り返し運航となった。

明日の波高予報が4~5m。
じゃQZもフェリーも全便欠航じゃん。

こんなんで足止めくらったら
来るの止めちゃうよね。
こうなったら原子力潜水艦じゃ~。
そしたら台風でもOKさ。(笑)

この悪天候のお陰で
明日開催予定だった
「新春!阿嘉大橋トリムマラソン」は中止となった。
楽しみにしていたんですけどねぇ~
寒空で食べる豚汁が美味しいんだ。

残念。

酔った揚句の暴言の罰だとか
調子こいて大声出し過ぎだとか言われた
オヤジの声は現在85%ほど回復。

決して風邪ではありませんから。

togetoge081230 (1)

最近ニシハマに出没していた
トゲトゲウミウシ。

往路で見て、復路で消えてるのは
誰かがフィンで蹴ってると思うぞ。

触角の間にある白いヒダヒダは
一体なんだろうか。 鰓?




ちっとも治らん。 

風邪なのか?
イソジンでウガイもしてるけど
あまり効果がないような気がする。

のど飴のほうがスッキリする。

こんな時に限って
軽油免税の間税係から電話があったり
エコツー関連の電話があるのである。

喋れませんってば。

ほんと・・・不便だね。

大きな声が出せないので
子供に叱れないから叱らないことにしてる。
小さな声で注意をするんだけど
ちゃんと聞いてくれないので
注意をしようとも思わなくなった。

結果・・・気持ちがやや穏やかに
なっているような気がする。

あいつらにとてはラッキーなことだね。

wamon_tako081102.jpg

このタコは
アンラッキーなことに
存在がバレてしまった。。。

こっちのタコ(ワモンダコ)は
茹でるとどんどん硬くなる。
どうやったら美味しく食えるか
おばぁに聞いてみたら

「あい、茹でたのか?蒸すんだよぉ」

まったくもって年寄りは重宝である。

声が・・・出ない。 

昨夜は仲間うちで
新年会でもやろうかと
数人で集まって飲んだくれた。

黒コショウの効いた
仙台産牛タンの燻製をつまみに
良く冷えた八海山を
ハイペースで飲んでしまい
ベロベロになっちゃった。

最後の方で声カスれてきたので
こりゃ、明日ヤバそうだ。。。と。

朝起きたら相当ヤバく・・・声がほとんど出なくなっていた。
そして激しい二日酔だし。
一旦は起き上ったがまた寝潰れて
生き返ったのは14:30頃である。

あぁ、1日つぶれてしまったなぁ。
自業自得じゃけんども・・・勿体なかったな。
声は夕方になってほんの僅か戻ってきたけど
いまだ掠れ声しかでましぇん。

電話しないでね。

hiramushi_sp080812.jpg

ガイド中に見ると
つい撮ってしまうヒラムシ。
種の特定はできないけど
様々な色彩があってとっても楽しい。

最新情報の載っている
海洋生物の素晴らしい図鑑出ないかしらねぇ~。

声いつになったら
治るんだろか。




来ればわかる! 

何じゃかんじゃと
雑用が出てきてしまって
思ったほどゆっくりも出来ないので
出てきた雑用を
ハイペースでヤッつけて行くことにした。

出来た時間で録りためた映画をみるのだ!

今日は「F.R.A.T./戦慄の武装警察」
ってのを見ることができた。
ケビンスペイシーとMフリーマンが(あと若い俳優)
特殊警察隊の悪事を暴くんだけど・・・。

レンタルならいいかって感じで
ケビンスペイシーは何のためにいるのか
よく判らなかったなぁ。別の俳優で充分です。

kinchaku_egg081030.jpg

初夏から秋にかけて
この子たちはたくさんの卵を抱えます。
石の下のはすぐに隠れちゃって
よく撮れませんよね。

でも、○○だと全然逃げないので
楽勝で撮れちゃうのでした。

来ればわかるさぁ~。







悪戦苦闘の・・・ 

♪連続だけど~シャバダバ シャバダバ それ行くぞ~♪

とかいう歌を口ずさみながら
8分のスライドショーを作るのに
今日、丸1日掛かってしまった。。。

あまりちゃんとしてコンセプトもなく
材料もあまりないので
ヤッツケ仕事みたいな的なスライドショーですが

もし鑑賞の機会がありましたら
広い心で観てやって下さいまし。

matuba_suzumedai080618.jpg

今年は結構な数が入ってきた
マツバスズメダイ。

随分と寒くなってもアダン下に
何匹かいたんだけど
正月に行ったらいなかったなぁ。

どこいっちゃったんだろ?


若輩者は蛇行歩き 

本業のダイビング・ガイド屋も
昨日で仕事収め。
ボランティアでやった写真屋さんも
一応、無事終了し肩の荷もおりた。

夜は18:00から
お祝いのおうちへみんなで回って
太鼓サンシンをバックに
歌って踊って、食って飲んで大騒ぎ。

夕食を食べて行く訳でもないから
ビールだ泡盛だと飲むのも良いけど
つまみがイカの刺身ばかりなので
腹減っちゃって・・・。
これじゃ、ヘベレケにもなりますぜ。

で、恒例の「からは~い乱入」も済ませ
蛇行しながら帰ったそうです。(笑)

shukugakai.jpg

撮影した記念写真。

前列の女性と最右席の男性が85歳。
あとは全員72歳です。

みんな若いでしょ?


大急ぎで。 

ついにゲスト1名とのワンツーマン。
ま、ちょー常連さんで
いつものことなのでお互い気にしていない。

が、今日はちょっと事情が変わった。

1/3は島の合同祝賀会がある。
*60歳72歳85歳のお祝い
その祝賀会の記念撮影という大仕事を
任せられているのである。

「おい森山、その立派なカメラでおじぃおばぁを撮ってね」
なんて軽い感じで言われ
「OK,まかちょーけぇ」などと気軽に応じたのであるが
考えてみれば3日は仕事であるわけで・・・
撮影時間の変更はあり得ないので

出航時間を8:20にしてもらい
帰港せず連続で2ダイブ。
大急ぎの正月ラストダイビングになったけど
無事に記念撮影と個別撮影が出来ました。

Yさん、ごめんね。

ついでに今夜はお祝いの家をみんなで回るので
デレデレのヘベレケになって
会えないかもしれないことも許して下さい。

ayashi_kurakao090102.jpg

やっぱり温暖化の影響なのかな?
1月に見た覚えのない
クロスズメダイygがいたり
ミヤコキセンの1cm級がいたりしています。

写真は2日に見たクラカオyg。
でも体長が3cmほどなんだけど
尾ビレ外に黒線が見られないのと
体に黒横帯がほととんどないので
ニセクラカオみたいに見えちゃう。

で、怪しいクラカオ。

どんなして見分けんだ?


やっぱ毛だらけは暖かい? 

止まぬ強風
止まらぬ高波・・・
あぁ、なんて正月じゃ。

しかし、熱い情熱で溢れる
おじさんダイバーは
淡々と潜るのであった。

今日はホンの僅かマシでしたが
2回目のアマBと
やっと行けたニシハマの北。
そして砂漠の3本で
全部砂地になってしまいました。

大晦日から西浜のブイが空くことがなく
北風に強い人気ポイントだと改めて感じた。

今日帰ってしまったUさんの虫の目レンズで
巨大コノハガニとかツマジロオコゼとか
撮ったら面白いと思ってたんですけどねぇ~。

この強風のもとは
明日には北へ去っていくようで
爽やかなホカホカ陽気になるのは

お客さんが帰った4日あたりからなようだ。

なんだかねぇ~。

oran_utan081231.jpg

外気温が体感10度水温22度。
透明度は30m!
でも・・・50分過ぎると
途端に寒さで震えて来る。

そんな時ふと見つけた
オランウータンクラブは

毛だらけで暖かそうだったなぁ~。




迎春2009 

新年あけましておめでとうございます。
今年も変わらぬご愛顧承りますよう
よそしくお願い申し上げます。

さて、年末に向けて悪化してきたこの天候。
今日が一番の・・・最悪か!
最高気温はなんと15度。体感は12度以下。

風も強烈を通り越し、猛烈に吹いていて
行き場のなくなったオケアノスは
昨日に続いてアダン下を選択。

激しい風に翻弄され
オヤジは船が気になって
ガイドしても上の空だったことを
カミ~ングアウト。

もう怖いし危険なので
前浜とかの近所にしてもらいました。

毎年恒例の前浜の
慶良間大明神の神社へお参り。
お賽銭入れて安全祈願をお祈りいたしました。

初詣

みんなの分も祈っておきました。(笑)