へぇ~ぬかじ 

今日は天気予報通りの
南風となりました。

阿嘉島では「南の風」のことを
へーぬかじと言います。

東西南北は順にあがり、いり、へぇ、にし。
もともと母音があいうの3音なので
「の」はNO→O→Uと言う具合に変換されて
NU・・・ぬになります。
かぜのぜはZEのEがIになって「じ」。
で、ヘェ~ヌカジ。

とっても暖かくてちょっとムシムシ。
南国ちっくな暑さが戻ってきた。
水温も26度と高めのキープ。

でも、1時間を超えると寒気が
襲ってくるのが不思議だ。
夏とさほど変わらん水温なのに。。。

全体的には結構濁ってます。透視度15mくらい。
それでも水は悪くないので
どこへ行っても魚で溢れ返っているし
とっても楽しいっす。

akaboso_benisanngogani081023.jpg

ちょんちょんと触ると
ささっっと出てきてくれて
ジっと動かない。

とっても良い子な
アカボソベニサンゴガニは
水深19mと浅いぜ。


 

ベタは気持ちいィィ~。 

緩やかな東の風に
吹かれながらQZ1を待ち
13:00に出航した。

海面はべたべた
迷わずクバ島へ向かった。

まずは南のトンネル
キンチャクガニが4匹出っぱなし。
2匹はおなかに真っ赤な卵がいっぱいでした。

ゼブラヤドカリが3種。
美味そうなカノコイセエビなど。。。

船の上で休憩していても
すぐ太陽でポカポカになるのでとっても楽である。

次のダイビングは
満開のイソバナだらけの根を
気持ち良く潮に流されるつもりだったけど
予想外に流れが強烈で。。。変更。

キビナゴの群れがキラキラしている岩盤へ。
見つけたと思っていたWバークロミスの成魚が・・・
よく判らなくなっちゃいました。(笑)

明日は南風。波1,5m。くもり夜は雨。
暖かくなるけど夜は蒸すかも知れないねぇ。

kanzashi_sp081021.jpg

一時流行ってポンポンと見つかった
カンザシヤドカリの1種。
普通のとは鋏の模様がちがうので
一目瞭然でございます。

寿命がながいのかしら?
4~5年は鉄板でガイドできます。

ありがたやぁ。


秋深し 

隣は何をする人ぞ。。。

世間では晩秋であり
北海道では先日初雪が降りました。

ここ阿嘉島は高気圧のど真ん中で
今日も今日とて焼けるように暑かった。

陸揚げしたオケ号修理の1日。
過去に経験のない場所の修理で
不安だらけだったけど
同形の船主の人に聞いたり、見てもらったりしながら
やっとのことで終了できた。

やっぱり助け合いは大切なことです。

明日から久し振りに仕事でござる。

pyg_dora♀081025

先日初めてリクエストされてガイドした
ピグミーシードラゴン。

コンデジでもこれくらい撮れますので
諦めないでシャッターいっぱい押してください。

この子は体中央がやや幅広になっている。
育児嚢か・・・?
タツノオドシゴの仲間なのか?

体の形状から見るとタツノオトシゴ系なので
育児嚢があるこの子は♂か・・・

雌雄の雌が現在行方不明だし
この雄も正月までは・・・もつかしら。

もっとほかの場所で複数の個体を
見つけたいのだけど
いかんせん・・・この大きさと容姿だで
見つけるのは大変です。




擬態 

冬みたいに寒かったのは
1日だけで今日はほかほかな
小春日和のような爽やかな天気でした。

船のキャビンをワックス掛けてきれにして
排気口錆を落としてコーティングしてたら

・・・ん?油?
げげっ、オイル漏れてんじゃんか!
アウトドライブのオイル覗き窓が
錆で浮いたのか?
その窓からオイルが漏れていた。

早速南西ヤンマーから部品を届けてもらい
明日朝から修理をすることにした。

しかし、知らずに船を下ろしていたら・・・

やっぱりチェックがてらの清掃は大切です。

takaragai_fumei081024.jpg

こんな赤いイソバナには
赤い貝が着いていたりして
しかも、イソバナのポリプそっくりな
外套膜でカモフラージュしている。

素晴らしい出来だと思います。
貝の名前は判りません。(笑)


もう夏は終わりました。 

週明けの月曜日から
急に小雨混じりの曇り空になり
やや肌寒い感じになってしまいました。

ま、お客さんもキレちゃったし良いか。

昨日は休載するつもりもなかったのだけど
FC2の管理ページに全然つながらなくて
面倒なので止めてしまいました。

小雨ちらつくので
陸揚げした船の整備も清掃も出来ず
人からもらったPCをいじってたら
余計変になってしまって・・・肌寒いのに汗かいた。

したら、もうお昼で御飯の時間になっていました。
あぁ、まるで老人のようなだ。(笑)

ご飯食ってからは雨の日恒例の
撮りためた映画鑑賞である。
今日はWアレンとスカーレット・ヨハンセンの
「タロットカード殺人事件」というコメディ仕立てのミステリー映画。
原題は「scoop」。

記者志願学生のヨハンソンとチンケな手品師Wアレン。
ふたりがロンドンで起こった連続殺人事件の犯人を追うんだけど
全体的にのんびりとしていて、好き。

オヤジはヨハンソン大好きなので出てるだけで満足!
でも、CDは聞いたことがありません。どうなんでしょうか?

akaobi_bera_♀080716

アカオビベラの♀。

「ベラですかぁ~、全然わかんない」
ってよく言われちゃいます。

どれも同じように見えて名前が分かり難い。
これがベラの不人気最大の要因かな?

確かに判りずらいよね。
上の写真も撮った時はオニベラ♀だと思ってた。(笑)

可愛くないし、色も地味だし、形も同じ。。。

この5~6年でスズメダイも認知度が高まってきたし
フラッシャーやイトヒキベラ、ナポレオンが
頑張っていますが、もう半歩突き進んで欲しいなぁ。

あぁ、もうお風呂の時間だ・・・。



週末はお休み 

昨夜、突然の大雨になって
心配したけど、なんてこともなく快晴です。

やや東の風が出てきたけど
波も低くポイントに困ることはありません。
今週はずっと夏のような日差しが続いて
沖縄に来た人はご満悦だったでしょうねぇ。

さて、ワイドなお客さんには
ワイドな目線のガイドで案内しつつ
クダヤギクモエビや笑いボヤなどを
さり気なく押しつけつつ

ピグドラを初リクエストされて
ガイドしてしまいました。。。
ペアでいたはずなんだけど
♂のほうが行方不明になってしまいました。

他のポイントでも是非見つけておきたいよな。。。
自力で見つけたチャツボに棲む
カイメンカクレエビspも
居なくなってしまったので
ちょいとガックリなオヤジなのであります。

aji_fumei080924.jpg

9月のある日のヤカビ島。

いきなりこのような
メアジのみたいな・・・のに
囲まれて

ちょっと幸せだった。

一斉に向きを変える時って
ザザッ!って音が凄いよね。

こんなのも大好きだぁ。


秋風が身に沁みる 

水温は27~26度なんだけど
船に上がると北風があたり
寒いっすねぇ~。
防寒ジャケットの季節になってきましたな。

午前中は太陽がサンサンとしていたけど
15時過ぎてからは傾いちゃって・・・。
また来てねと、いらっしゃいませの狭間で
4ダイブをコナした今日オヤジは頑張りました。

あまり潜ったので
何をガイドしたのか
忘れちゃいますた。

いつもは毎日聞こえるケラマジカの鳴き声が
時々にしか聞こえてきません。
何か問題があるのだろうか?

fukami081024.jpg

先日、大型潜水総合株式会社勤務で
スズメダイ好きののAくんが
「もりさ~ん、良いの見つけましたよぉ」
と言ってメール添付で写真を送ってきた。

開けて見たらフカミスズメダイだったけど
ん~、この水深でフカミは価値あるし
「デカしたAくん」と褒め称えた。

で、見に行ってみたら
とっても良い子で
横向きっぱなしなので
何枚か撮ってみたら
これが、当たってた。(笑)

できるだけ長生きして欲しいよね。

因みに、上記のAくんは
「全スズ振に入れてください」って
言わないんだよねぇ~。




絶好調的 

連日の真夏日。

気温は30度を超え
透明度は20m、海面はペッタペタ。

潮は緩いし、魚は溢れんばかり
でも人は少ない。。。

これって、理想でしょ?

朝起きたらアゲハチョウらしき幼虫が
子供の1輪車スタンドで
サナギになろうとしているではないか。

何も好き好んで、このような所で・・・

ageha_sanagi081023.jpg

無事に孵ってほしいなぁ。

連日の夏日ベアなぎでどこでも行ける状態だと
みんな下曽根に行くけど、オケアノスは砂漠です。(笑)

人が少ないっていいねぇ~
ヒレナガネジリの生息数が正確にわかる。
1,1,2で全部で4匹だった。
寄って引っ込んでも迷惑掛からないし
どんどん寄ってもらいました。

浅場に移動したら
砂に光の筋がきれいでした。

hikari_suji081023.jpg

コンデジじゃ、うまく表現できないなぁ~

砂漠の浅瀬のハマサンゴ。。。

gahi081023.jpg

船の上から撮ってみた。。。今いち!

その後ツバメウオに戯れ1ダイブと
昼食~昼寝の後
金魚ハナダイの乱舞に心奪われ1ダイブ。

でした。

明日からはすこしづつ風も出てくるようです。







久し振りで真夏日 

風が南東から南寄りに変わった途端
猛暑に近い状態になり
ちょ~快晴で海はベタ凪。

朝の爽やかな風を受けながら
リクエストのハナゴンベygを見に行きます。
最近は水深25mの場所へ良く行く。
ここのは浅いし、オーバーハングが小さいので
撮り易くて気に行っている。
何よりも、足をつけて撮れるところが最大の利点。

でも成長しちゃって2cm超えてきました。。。

2本目はピンクドティバック。
通常この季節は行きにくいけど
今日は南向きの快晴ベタ凪なのでOKです。

天井から差し込む光が
鋭くてとても美しい。
魚も多いし、甲殻も充実しているので
海外の○○ホールとかより数倍良い!
と自負しております。

ピンクは2匹見つけましたけど
なかなか出てくれなくてちゃんと撮れなかった。

しかし、青ベニだらけだったり
でっかいシモフリタナバタだったり
ラジバンダリ・・・。

*先日の女子高に全く無反応だった・・・ほんとに流行ってるの?

さぁ、明日も夏日の快晴ベタ凪だぜぇ~!

kurosora_yg081021.jpg

この時期でまだ出現してるぞ。
クロソラスズメダイのyg。

やっぱり目の下の青紫の
斑紋が好きです。

sumire_naga_yg081022.jpg

この子も「10月に出てきたっけ?」と思わせた。
本日ハナゴンベの近くの根に出てきた
スミレナガハナダイのyg。12~13mmほどかなぁ。
脊椎が透けて見えてます。

どっちも可愛いねぇ。



カエルも肥ゆる秋? 

朝は昨日洗って干してあった
大量の3点セットを倉庫にしまって
15枚のライフジャケットと
予想以上に早く修理から上がってきたラダーを
車に積んで船を出して
しかるべき設置場所へ納めた。

したら、汗だくじゃないの!
真夏並みに暑かった。

QZで到着したお客さんと
午後からゆっくりと1ダイブ。

明るくて浅い砂地で
エビ、カニ、ハゼ、スズメダイやウミウシを
堪能しますたです。

天気もちょっと不安定な感じだね。
遥か南海上で大雨が通過中だった。
水温は変わらず27度、透明度15mくらいのやや濁り。

indokaeru080723.jpg

夏のある日見かけた光景。

インドカエルウオが仰向けになってる。
しかもお腹パンパン。。。食い過ぎで休憩か?
約1分ほど、このままでした。

もうすぐツール・ド・オキナワ。
ディフェンディング・チャンピオンの阿嘉キッズは
例によってターミナル前の道路で練習してます。

思い出すは、昨年の「DS事件」。
今年は絶対安易な約束はしねぇぞぉ。

怪我しネェでチバレェ~。


若いって素晴らしい。 

高校の修学旅行に沖縄を選んで
来る学校が非常に多くなっている。
沖縄へ来て、何してる?

戦跡巡り?
美ら海水族館もいくんだろうか?
今阿嘉島に来ている学校は
海で体験スノーケルして1泊して那覇へ戻る。

今日はBBQらしい。。。

楽しい旅行であって欲しいものです。

今回オヤジはその高校生の体験シュノーケルで
午前も午後も、女子の担当であった。

いやぁ~、普段おじさんの相手が多いし、
すっげ~楽しかった。
とっても素直に話を聞き
サンゴも魚もちゃんと見てくれて
それなりに感激してくれて
午前も午後もアオウミガメがちゃんと出てくれたし。

幸せな1日じゃった。。。
やっぱ、若いってすごいな。

hakusen_yg080816.jpg

で、こっちもキャピキャピな
ハクセンスズメダイの幼魚。

潮あたりの良い岩盤の水深1m前後に生息し
砕ける荒波でも涼しそうな顔をしています。

目の下の青い斑紋が好き。


またしても自堕落な 

10日ぶりにお休みなので
家ですっげーゆっくりしちゃった。

朝飯9:30
メールチェックしてから
ずっと部屋でギター弾いて遊び
13:00に腹も減ってないのに
簡易長崎チャンポンを食べ

いつもの癖で、食ったら眠くなり
眠たくなったので寝て
起きてTV眺めながら
録画してあったチームバチスタを見~の
衛星でやってたカーペンターズなんかも見ちゃって

夕方からは明日の修学旅行の打ち合わせなので
PCの前に来てこれ書いてる。。。

こんなんだで、1日終わるの早ぇわな。

darumahaze_fumei080911_2.jpg

名前が分かったら・・・っていうか
別種とか、不明種とかもハッキリしないので
表紙にも出来ないこのダルマハゼ。

いろんな人に聞いてみたけど
お手上げ状態が続いている。

でも、いつもペアで元気一杯だ。

いつかは居なくなってしまうのなら
いっそのこと自分の手で・・・
とも思う今日この頃でござる。


意外と 

今朝はフェリーで帰る人が
午前1本でした。。。
キンチャクガニが大好きなので
70分キンチャクガニの撮影。すごい。

そのあと昨日言ってた
ピグミーシードラゴンの撮影に行って参りました。

1眼レフで覗いたピグドラは
意外に微妙な細かい動きをしていて
真横になることは滅多にありません。

常に尻尾を同色のヤギみたいなゴミのようなのに
巻きつかせていて、採餌しているようです。

とても不思議な魚。

頭ともう1箇所についてる赤いヒモ・・・これは皮弁?
背びれの前にある直立した棒状のは何?

見れば見るほど可笑しい。
だいぶ遅れましたが今が見時かな・・・。

pygmy_seadora081018_2.jpg


巨大魚から極小魚まで 

昨日は4ダイブの日で
終わったのが18:00.。。

風が回って(前線通過)大雨降って
4本目は最大水深5mの浅場でも暗かった。
そのうち晴れてきて太陽光も射し込んできた。

細い路地を抜けようとしたら
でっかい影が通る・・・

rounin081016.jpg

1mをゆうに超えるロウニンアジ。

わおぉ~。
こんなでかいの久し振りだ。
通路を行ったり来たりで全然出ていかない。
ちっさなコバンザメも一緒である。

辛いダイビングが最高のダイブとなりました。
こんな大物も・・・喜ぶオヤジである。

で、今日は
念願だったピグミーシードラゴンを
やっと、やっと、観ることができますた。

嬉しさいっぱいだけど
嬉しいというよりも
悔しさ一杯だったので
ホッとしたってのが正直な想いでございます。
  *HP表紙参照


食えるものガイド。 

早朝、飼い猫のハルが
トイレの砂をガサガサと
掻き集める音が鳴り響く・・・。

時計見たら6時前だった。。。あぁ、眠い。

毎年来てくれる仲良しグループさん。
お互いに段々歳とってきた。

「もう、見えないから大きいものね」
・・・やっぱり。

たくさんのカノコイセエビとグルクン。
船の下には大量のアオリイカ。
グルメちっくなダイビングでしたな。

午後からアダン下。

のんびり、ゆっくり、、、が良いです。

特殊な耳栓でダイビングした人がいて
「快適~~」と言っていた。
耳抜きに不安がある人には効果がありそうである。
明日自らお試ししてみます。

外はビュービューと風の音が聞こえてる。
嫌な感じ。

kebori_sp080627.jpg

けぼり宝貝の仲間・・・?

伊豆や八丈みたいに沢山いませんが
ごく稀にトゲトサカについております。

見つけるとすごくうれしい。

そして、1度着くとしばらく見れるから
なお嬉しい。




秋も深まり・・・ 

朝晩の空気が冷えて
おいしくなってきました。

昨日17:00過ぎに
サシバが阿嘉島にも飛来。
目視で40羽ほどのサシバが
上空を旋回していました。

でもね、まだケラマジカの鳴き声を聞いてません。
噂では、病気が流行っていて
バタバタと死んでいる。。。
なんてことを耳にしてます。心配だねぇ。

食い物が美味しくなって
労働が減少していく・・・妙な感じです。

barasa_kakureebi080829.jpg

秋っぽい
色合いのエビです。

こんなのがゆっくりと撮影出来る。
そんな季節になってきました。

これからは
連続的な仕事もなく
トビトビになるので
海況を見ながら撮影に出かけたいなぁ~。






快適な連休となった。 

秋風が漂う10月体育の日。
昔は10日と決まっていて
その日に運動会の開催が多かったね。

10/10に誕生日だった友人は
いつも次の日の代休に誕生日をやっていて
いつも理不尽さを訴えたことを思い出す。

体育の日には各地で
体力測定などの催しがあって
行かれた方も多いかと思います。。。

頑丈な体になっても(しても)
峰岸徹さんのように病魔にやられてしまうこともあり
緒形拳のこともあって、複雑な想いがいっぱいの今週。

峰岸さんとは1度、田園調布のスナックで偶然お会いして
グラスを重ね、他愛のない話をしたことがあります。
やはり海がとても好きで、友人とヨットを所持していると
海の話で盛り上がり、カラオケ歌ったです。

ご冥福をお祈りいたします。。。。

さて、団体さまがいよいよラストダイブです。
終始天候に恵まれ快適なツアーになりました。

1本目クバ島南でハナゴンベygを狙いに行き
あまり小さくなかったけど2匹の幼魚。
途中で新たなカレハスズメを発見し、
この時期に出現した覚えがないヒ1cmのオドシベラyg。

hiodoshibera_yg081013.jpg

片目のカクレクマノミも元気いっぱいで安心。

2本目は安全停止ダイビングで最大水深6.5m。
クラカケモンガラの幼魚を久々に見た・・・かも。
モンガラの幼魚はどれも可愛いねぇ~。

kurakake_mongara_yg081013.jpg

ラストはケラマらしく
真っ赤なイソバナと茜ハナゴイの乱舞で
終了いたしました。

akanehanagoi081013.jpg

お疲れ様でしたぁ。
またみんなで来てねぇ~。





これも運か? 

北風が吹きつける季節に
連休となって
どの店も大勢のお客さんがいる。

北風って潜るポイントの選択って
案外狭いんだよね。
で、ひとつのポイントに集中しちゃうんだけど
1隻の人数が多いから水中で大変な混雑。

朝のサクバルの鼻は凄かったっす。
うちも含めて7店舗がENし
約60名があの狭い場所でウロウロしてるのだ。

ガイドダイバーがどんな風に
引率してるのか・・・見てたら結構面白かったな。

2本目っはガヒブツ行ってみたら
思ってるほど居なくてサラっと潜りますた。

昼食後はいよいよアザハタです。。。リクエストされてましたし。
昨日は15時出航予定が・・・
落したダイコン探して10数分。。。行ってみたらブイは取られ
「入ってから10分くらいかな」と言われちゃう。

え~、じゃダイコン事件がなければ・・・・。
誰しも思うことですじゃ。

この教訓を活かして?今日は14:50出港。
とってもスムーズに集合し何事もなく出発しましたら

ブイは空いてないじゃないのぉ~
船長に聞いてみら「あと10分位で上がってくるよぉ」だって。
じゃ、15:00出港で良かったんじゃん!

これも運でございますかね?

obi_isohaze081005.jpg

周囲から
笑いの種にされている
オビイソハゼ。。。

1眼レフでもっと上手に撮ったら
もっと面白い画になったかも・・・。


本格的に吹いてきたぞ。 

朝・・・寝坊した!

毎日やってる東京Jazz2008を
目をこじ開けて見ていた今週。
昨夜はジョージベンソンだった。。。

放映時刻が0:40って遅いために
録画しようとしたら・・・
緒形拳のドラマが予約されてるじゃねぇの!
0:00頃帰宅して
触りだけでも見たい・・・と思いつつ爆睡。

結果寝坊しちゃうなら頑張って見ちゃえば良かったぜ。

海は北風が強くてあまり遠くへは行けません。
リクエストもあって
・さばく
・ブツ西
・アダン下
の3本でした。

ところによっては26度に下がっていて
50分超えると寒さが一段と身に沁みます。

さぁ、明日も晴れて北風だぞー。

kakure_kumanomi_egg080924.jpg

でも、27度の所もあるし
まだまだ阿嘉島は快適水温でございます。

カクレクマノミも産卵し
卵のお世話に懸命であります。

真夏が来た(^O^)/ 

本当に暑くて苦しかった。
潜ってないとこんなに暑かったんだね。
知らなかったよぉ~。。。

この週末の連休に団体さんが来てくれた。
去年は台風で1泊3本しか潜れなくて
随分可愛そうなことをしましたが

今年はぁ、カンカン照りのベタ凪で
夜は満天な星空でござる。
・・・ごめん夜は雷雨かも知れなかったんだ。。。

でも明日以降
大陸の高気圧が張り出してくるので
風は北だが晴れて清々しい天気となりそうだ。

こういう時こそ
ガイド腕が試される!
と思い身も心も引き締まる
オヤジである。。。

本日は到着日で午後から2DIVE。

最近上げ潮で得意な
オーウ島~久場島という
黄金ポイントリレーでした。

newginia_yg081004.jpg

サクバルにいるニューギニアベラ。。。
同属のホクトベラ♀と仲良く遊泳してます。

先日ガイドしたとき
ず~っと遠くまで追いかけて
行ってしまった人の話をしたら
その人も案外遠くまで行っていました。

ベラって魔物!




秋になったねぇ 

秋って寂しい感じがする?

実りの成長著しくたくましい?

自分はどっちかな?

夏が終わり、寂しい中にも
充実した何かを感じますな。
産まれたばかりの幼魚や幼体が
暑い夏を頑張って生きてきて
オトナになって行く姿を見守れる。
昨日のモンspなんて2cmから知ってるし・・・

運のなかった子たちも多く知っている。

話かわって:

ミーニシのニシって北のことなんですけど
「なんで西が北なんだ?」という質問をよく受けます。

どこかのサイトなどに書いてあるかも知れないけど・・・

沖縄って実は朝鮮半島文化の影響を
物凄く受けている。。。イメージは中国だけど。
で、朝鮮半島は沖縄の北に位置しますので
北は「古(いにしえ)」で北=ニシ。
古来の沖縄人は陸続きだったころ
朝鮮半島から渡って来た・・・らしい。

オヤジはこの説がとっても好きです。(笑)

さっ、明日から1週間ほど仕事でございます。
天気も大崩れしないようだし、
がんばるぞ~。

isogonbe081005.jpg

こいつ・・・イソゴンベ。
波の荒い岩礁域の水深50cm以内に多い。
体長は平均30cm。
で、でかい!
ゴンベがこんなにでかいなんて・・・・可愛くない。

顔もこのようにコワモテだす。

実はもっとデカいゴンベも存在するけど
それはまたこの次。





ぶらぶらと徒然に 

朝起きて朝飯を食って
昨夜は大雨だったので
草木の水やりはさぼり。

仕事もないから
人のブログやHPを覗いてみたり
ゲームやってみたり
マーチン引っ張り出して弾いてたり
 *夏は湿気が凄いので仕舞ってある

天気が良くて日差しも強いので
じっとしていても暑いけど
風が強く吹く橋げたまで
納涼も兼ねてイカ探しに行ってみた。

夏、岸壁にあれほどいたキビナゴや
スズメダイの子供達はほとんど姿を消してる。

特別涼しそうな所に腰を下ろし
先日亡くなった緒形拳のことを想っていたら
「千と千尋の神隠し」の”いつも何度でも”という
歌を思い出した。

 ~閉じていく思い出の そのなかにいつも
  忘れたくない ささやきを聞く
  こなごなに砕かれた 鏡の上にも新しい景色が 映される~

今日10月8日は寒露。
沖縄の季節風ミーニシが吹き始め
猛禽のサシバが羽を休めに降り立つ。

もう秋です。

simaisohaze080808.jpg

ガヒ島の浅瀬に棲んでいる
名前のハッキリしないシマイソハゼの仲間。

直径約4mmほどの穴から
顔を出して様子を伺って居る様子が可愛くて、
このポイントの楽しみになっています。


ひまを楽しむ 

日中の天気予報が20%超えの
雨予報だったので
昨日使った17人分の3点セットと
ライフジャケット18枚を
夏のような太陽光線で乾かしながら
汗だくになりながら片付ける。

昼過ぎには
どよぉ~んとした黒い雲が
北の空に集まり出したので
家の中で「ゾディアック」という
猟奇殺人事件を解決するの映画を観た。
実話らしいけど・・・レンタルあったらどうぞ。
って感じかな。今ひとつ。

現在は
真っ黒な、ダークな雲集団が
やって来ていて
風ビュービューと吹き
雨も大粒の大降りとなってます。

前線が通過するのかしら。。。

こんな中、協会の話し合いがあります。
いろいろな議題もありそうで・・・。

basara_kakure080629.jpg

ウミシダに棲んでるバサラカクレエビ。
ウミシダの色彩に合わせて
自らの体色を変化させることで有名です。

よくいじりまわして
ウミシダの腕もモゲちゃって
さらにグルグルまわしてひっくり返して・・・・
可愛そうにねぇ~。

シダの腕のフサフサもなくなるし
出来るだけ自然な状態で
エビを表面に出すのがガイドの腕です。

沖縄海域のガイドで
ウミシダの海老をガイドさせたら
かなり上手かも。。。と自負しとります。

この秋一番のベタ 

朝からバッチリ真夏の日差し。
海はちょーベタ凪になって
どこでも行けそうな感じです。

が、仕事はFan Divingではなくて
体験スノーケリング。
高校生の修学旅行で阿嘉島に来て
海の中を覗いてみよう!という企画。

午前13名、午後17名の計30名の
高校男子を連れて泳ぎますた。

若さと勢いに溢れている彼らを見ていると
世間で言うほど酷くない気がします。

すげぇ~天気良かったので
こんなオヤジもすげぇ~
日焼けしちゃいました。顔イテェ。

mon_sp081005.jpg

昨日やっと撮れたモンスズメダイの1種。
まだ大人になりかけの若魚。

ちゃんとオトナになってしまうと
顔の線が分かりづらいので
このくらいが一番良いと思います。

幼魚は、青のとっても綺麗な子です。




秋にカレハなし 

もう良い頃かな?
と思ってクバ島へ渡ってみた。

思惑は東だったが
ウネウネな様子で楽しめないと判断。
南へ進路を変えました。

夏にカレハを堪能した彼らに
「カレハはどうしますか?」の問いに
「夏撮ったからイイや。」とのお答。

ふ~ん、余裕じゃん。。。

でも現場へ行ってみたら探してるじゃないのぉ。
おれも探して見たけど見つからず
何かの撮影に没頭しているので声は掛けなかった。
船に上がって「カレハ居なくなってるね」
「えっ?・・・じゃ撮ってたのはヒレグロなの?」

そのようです。

2本目は帰り途中の前浜へ。

葉っぱもなくなってタツノハトコもいなくて
オドリハゼも出てないし・・・減圧停止出ちゃうし
ん~、ツバメウオだけが慰めだった。

3本目はまたまた近所のサクバル。
モンスズメダイspを堪能しました。

明日は修学旅行の高校生の
スノーケリングツアーでござる。。。
これが結構楽しいのよ!

ruri_yakko_yg081004.jpg

昨日のガヒで見っけた瑠璃ヤッコの子供。
目がクリクリで
色もきれいで
可愛いっすねぇ~。

大好きだぁ~。




待ち合わせはサメ前 

わりとベタだと思っていたら
朝から北西の風が吹きつける。。。
クバは駄目っぽいし
オーウはもっと駄目だし
南東からウネリもあって
外洋に面してる所は全部良くない。

で、・・・アダン下。(笑)
案外空いてて楽ちん~75分入ってた。

QZ1で昔の友達が10数年ぶりに来島した。
相変わらず喧しいし、お互い口が悪い。
久し振りに会ったけど
仕事に追われて時間がなくて済まん事をした。
ひまなんだからまた来い。
おれも小銭貯まったら行くさぁ~。

午後からハナゴンベygや
アルファ、アオスジスズメなどを狙う。

かなり有名だと思うけど・・・
ネブリブカが居着いてるところがある。
アンカー打っても動じず
ぐるぐると回ってくれて
落ち着くと定位置で静止する。。。

nemuribuka081004.jpg

こんな写真
みんなが喜んで撮るのだ。




ヒマにしてた。。。 

今日からお仕事であるわけだが
1週間ほど潜ってないので
海の状況は人伝だ。

今回のゲストは1500本のテレコンと
400本の100マクロ。。。
悩んでサクバルの鼻へ。

どっちかっちゅーと
魚単体じゃなく、バックを美しく処理した画。
腔腸類などが絡んだようなのがお好みなので
サクバルの鼻はドンピシャであった。

何かひとつガイドして
お客さんが撮り始めるとおれはヒマになる。
暇になるので自分でも撮影しようと
スイッチをONにしたら
「カードが入っていません」って注意されちゃった。
・・・・更にヒマじゃん。

2本目の前のインターバルで取りにいけたけど
面倒になっちゃって、取りに行かなかった。
なので、2本目のさばくでは、、、、
も~っとヒマになってしまい
寒さくなって手もしびれてきてしまいました。
あぁ、年寄りは血行も不良なのだ。

水中で思いがけない人などにも会ったりで
楽しんではいました。。。

awahada_kimogani080925.jpg

アワハダキモガニっていいます。
ヘラジカハナヤサイサンゴなどの枝間で
普通に見ることができます。

肌がキモい
目が青くてキモい
口が赤くて不気味
動きが緩慢でダサい

以上の理由から人気がありません。(当社調べ)

でも・・・
ほぼ完璧なサンゴへの擬態。
筋肉質でたくましそうな腕。
口は赤いけど良く見れば、
オカマバーにいる愛嬌のあるホステスにも見えてくるさぁ。

こんど機会があったら見てあげてください。





久々の肉。 

車検に出してあった
軽ワンボックスのオケ号を
受け取りに那覇へ出た。

台風の余波で時化てQZ1は欠航し
フェリーで出て、到着は16:00。
車を受け取りメイクマン(ホームセンター)で
買い物をして19:30。

フェリーでは阿嘉島のアヒコDSも
一緒で「焼肉食いに行かないか?」と
誘っていただいていた。

場所は北谷(チャタン)。
那覇から車で30分ほどのところで
意味不明の観覧車があったりする
大型商業施設の乱立する町である。

丁度車もあるし「行く行くぅ~」と
58号線を法定速度で走るオヤジであった。

焼肉「金城」というお店で鱈腹肉を食ったけど
思い起こせば・・・2年ぶりの焼肉だ。
口の外も喉も胃も・・・野獣の油だらけ

あぁ、2年ぶりの焼肉は相当美味であった。。。

munaten_beradamashi_yg080906.jpg

ムナテンベラダマシの幼魚。

まぁ、普通に見ることが出来る
いわゆる普通種なんだけど
ベラのなかでも綺麗さは上位で
動きもそれほど速くないし
後ろの景色も考えながらゆっくり撮れるので
是非お撮りくださいませ。。。