ブーフーウーになってるさぁ 

本日は気持ちの良い晴れ間が現われ
「おっ、いい感じじゃん」と思ったけど
北風が強くて、とっても寒い。

っていうか・・・強風でQZは全便欠航になった。

一昨日の大雨と強風で
オケラのヨシズがバラバラに散ってしまった。

その光景を上から見たスマイルの女将は
「モリさんのところがブーフーウーになってるさぁ」
とうちのお客さんに言ったらしい。

素晴らしい表現である。

晴れてて強い北風の中、3本潜る。
上がるとすっげぇ~寒いっす。

透明度は1日にして復活してます。
ケラマってやっぱり凄いね。

sumituki_bera_yg080323.jpg


5mmほどのスミツキベラの赤ちゃん。
ちょっとした暗がりにいます。

せっせとクリーニングのお仕事を懸命にやってます。
見逃さずに見てあげてくださいな。


よくもこんなに降るもんだ 

夜中に突然(寝てたから)
大雨洪水波浪警報みたいな天気になった。

朝は風がやんでいたけど
大雨はそのまま維持されている。
「んー、ヒドイ天気じゃ」と唸ってみても
なにも変わらないので出発する。

今日は4本行かねばならぬので
1時間前倒しのスケジュールである。

あれだけ雨が降れば
どのポイントもニゴニゴで
南から熱帯低気圧並みのうねりもあり
荒れ荒れもプラスされ最低な感じ。

でも入ってみれば案外透明度も良かったりする。
しかし、きのうの夕方からずーっと降ってる。
よくもこんなに降るもんだ。

shakogai080316.jpg


ショコガイの吐出水口(正式名は不明)
眼球にも見えたりしますか?

私はピンクフロイドに見えます。

これから行ってきます。 

午後2ダイブ終了し
これから17:45発の村内航路にて
座間味に渡ります。

そう、今日は「花とくじらの音楽祭」です。
毎年日本を代表するようなゲストがいるのですが
今年はうちなんちゅ~だけで盛り上がります。

今年は本島から常連さんが来てくれたので
一緒に楽しんで来たいと思います。

本日は、これにて御免。

自責の念パート2 

きょうの天気予報は
東の風強く くもりのち雨
ところにより昼激しく降る。波1.5m~3m。
海上の風15m。。。だったけど

朝からポカポカで昨日より暑いし
風もさわやかである。

昼から降るのか?  ん?
疑いの眼差しをよく晴れた空に向け
船の燃料タンクを満タンにした。

暫定税率が廃止になるけど4月から値上げするだよぉ。

そういえば、料金のUPや燃料チャージを取るDSが出てきました。
隣の座間味では料金を上げたらしいっす。
オケアノスは値上げしませんが、オヤジが音を上げていますので
みなさん、助けると思って来てください。

で、そんな天気予報だったし
燃料入れて船のオーニングの錆落としてから
昼飯の「北海道ラーメン対決」を作って
みんなで食べたら眠くなったので昼寝をしてしまう。

フェリーで先生方の見送りをしてから
野暮用で寄った「からは~い」で17時過ぎまで
ベチャクチャ喋ってしまい・・・あぁ、なんてこったい!

明日は「くじらと花の音楽祭」だっていうのに
今日の予報が明日にずれ込んでしまっている。。。
どうなる?!音楽祭。

keyari080321.jpg


ホンケヤリムシ。
でいいのかしら?

お立ち台で振り回していた扇子に似ていますが
これは鰓冠という部分で
管の先から出して広げて呼吸したり餌採ったりしてます。

切り取ると美しさが倍増しますね。



良く晴れた日には パート2  

ペンキ塗りである。
これもオヤジの宿命である。

昨日から決めていたことだったけど
昨夜の0時ごろ突然の大雨と
地鳴りを伴う激しい雷に襲われた。

こりゃ、明日は映画かぁ~?

それが朝起きたらスッカリ晴れちゃって
風も吹いてなくて、とっても静かな朝だった。

で、朝飯食ってから前夜の雨が乾くまで
PCの前でいろいろ作業。

ウイルスソフトの期限切れもとっくに過ぎていたので
良さそうなフリーソフトと
マイクロソフト・ディフェンダーをインストール。

11時から遅い作業となりました。
作業っても、家の庭のテーブルとベンチに
防腐剤を上塗りするだけでなので1時間で終了!

昼食食べてから
オケラのパティオ(中庭)の草むしり。
いつの間にか夏のような日差しになったけど
頭上のヨシズがよい加減で遮光してくれます。

娘の夏菜も手伝ってくれたので案外早期に終了。

乾燥も兼ねて久しぶりにハンモックを登場させて
ご褒美のアイスクリームを二人でハンモックに
揺られながら食べました。

夏のような日差しと無風で暑かったけど
のんびりしちゃったなぁ~。

yasuji_nisemochinouo080323.jpg


ちょっとしたところには絶対いる
ヤスジニセモチノウオ。

ニセモチノウオのようにカラフルでもないし
ヨコシマニセモチノウオのように人気者でもない。

「見たことあるんだけど、名前まではちょっと・・・」
って魚のひとつです。

自責の念 

今日もポカポカ陽気で海ベタなぎ。
もう少し水温高きゃ、潜りに行くんだけど
21度は寒いです。

そんな日に写真の加工に手を出してしまい
ズルズルと昼までやってしまった。
本当は、オケラハウスのベンチとテーブルを
修理してから防腐剤を塗装しようと計画していた。

が、昼までPCの前にいて
昼食後は映画を見てしまった。
あぁ、なんということだ。。。

明日は南東の風で晴れ。
ちゃんとやろっと。

kiiro_umikochou080320.jpg


近頃、やたらと出まくっている
キイロウミコチョウ。

白鳥を思わせる独特のフォルムで
鶏のごとく首を前後に動かしながら歩く姿が好きである。

お尻の黒いポチが
もっと尖ってるとキトリヌムという別種。


良く晴れた日には 

お風呂場の掃除。
これってオヤジの宿命でしょうか?

庭の生えすぎたミツバなどを抜き
テッポウユリの花壇の手入れをした。

散歩がてらに橋を歩き
慶留間側へ行く。

橋のてっぺんの風見鶏がなくなっていた。

うっすらと汗をかきながら
眼下の水路を眺めると
もう夏のような色になっていた。。。

太陽ってエライ!

hasinoue080325_2.jpg


一変して 

昨日の大雨は西に移動していって
今日東京地方は雨模様のようですね。

こちらはまるで初夏のように
うっすらと汗ばむ陽気になりました。

例によって
こんな時にはお客さんはおりませんです。
家でぼーっと・・・
PCの前で2月のレンベツアーの写真を
加工していました。。。
加工・・・・だって、加工しないと見られないんだもん。ぐすっ。

元々憶えが悪いところに
時間の経過とともに記憶が薄れてきて
レポートを書くことが出来るのか!

・・・できましぇん~。
でも、やります。

今日は学校の先生たちの離任式です。
だいたい2年で変わるんですよ。
2年で何ができるっていうですかね?

こんな離島に来てくれる先生に感謝しないといけません。

yamanba_umiusi080319.jpg


ヤマンバミノウミウシ。
砂地のシロガヤなどに棲んでいる普通種。

ヤマンバって「山姥」?
夜中に恐ろしい顔で包丁研いでいるような
イメージが強いのですが・・・
なぜヤマンバなのでしょうかね?

結構きれいだし、好きです。

波の谷間に・・・ 

今日は大雨で強風である。
天気予報もそう言っていた。
南風が15mほど吹くと
下げ潮の時、ガヒ島から阿嘉島に渡る海峡の
波が物凄いのである。
台風並みのうねりを伴い、横波受けて・・・怖い。

そこを何とか・・・気合を入れて
ネジリ鉢巻ぎゅっとして
「兄弟船」を歌いながら渡ってゆくのだ。

波風でビショビショでとっても寒かった。。。
そんな時でもちゃんとダイビングをしてくれるお客さんは
本当に、心底、ありがたいと思うのでありました。

hanaminokasago_suimen080322.jpg


数日前の晴れた日に
港で休憩中オケアノス号の横で見つけたハナミノカサゴ。
水面ギリギリ泳いでいたけど
何故の行動かは不明なまま…餌探しかな?

自然光できれいだね。

それ以上に、港の水の透明度が素晴らしいでしょ?

身近でもレアだったりするんだよ 

南東っていう予報だったので
ちょっと暖かいかも。
なんて思ってたけど案外風が冷たくて寒い。

風をよけて太陽光を浴びると暖かいです。
サンルームが欲しいなぁ。

ザトウクジラは親子が多くみられるそうです。
親子は・・・ウォッチング禁止なので
溜息混じりの方向転換を余儀なくされてるみたい。

サクバルとか、前浜あたりに連日出現しているが
オケアノスは、遭遇出来ていない。。。運がないのかね。

最近やたらとゴシキイトヒキベラの婚姻色を見ます。
ベリー美しいけど、ちょーファストなのでフォトグラフは無理。
・・・ルー大柴調になってみました。

昨日今日とダイビングフェスティバルや
水中映像祭などが開催されていますね。
どんな感じなんでしょうか?


kamen_kakure0890303.jpg


あちこちで極普通に見かける
カメンカクレエビ。
この子に名前がないと聞いてとても驚いたことを憶えている。

身近な生物でも
案外、学名もなかったりするからねぇ~。
いつか新種記載とか、命名とかしてみたい。




見方を変えれば 

jinmen_kaimen2.jpg


結構大好き
人面海綿。

ちょっと見方を変えれば
人の顔に見えたり、TVのキャラクターに見えたりと
いろいろに見えます。

人間一回そのようにインプットされると
なかなか抜け出すのに苦労いたします。

この人の良さそうな表情の人面海綿も
ちょっと角度を変えてみると・・・











jinmen_kaimen1.jpg


まったく同じ海綿でも
角度をほんの少し変えただけで
見てる方向・・・視線が変わっちゃったりします。


おもしろいですねぇ~。



激流にガツンと 

春の大潮。
1年で一番潮位の差が激しく
船の乗り降りも四苦八苦する。

そんな潮の中
サクバルの鼻でガツンとやられてしまった。
別に甘く見たわけでもなく
充分慎重に行動したんだけど
予想以上に強烈だった。。。

下げ潮と上げ潮の変わり目の時間が
またしても微妙になってしまった。。。

んー、毎日激しく泳いでいる。
結果・・・太もも辺りが筋肉痛でござる。

akaboso_benisangogani080301.jpg


クダヤギ類に棲むアカボソベニサンゴガニ。
生息水深がやや深く
生息数も少ないのであまり見る機会がないかも。

ちょっとレアなだけで別段美しくもないけど
甲殻ファンとしては、ほっておけないカニざんす。

悪天候がやって来た。 

昨日の夕方はいい感じで晴れたのに
朝起きたら、雨だった。
しかも肌寒くて、風も吹いています。

QZ1便は動いたものの、2便は欠航でした。
明日もヤバイばぁ~よ。

去年からの連休悪天候がまだ継続中なのか?
冗談では済まされません。

久し振りにアマBへ行ってみたら
ソフトコーラルがだいぶ減って来て
クサハゼも少なくなった気がする。
ツノザヤウミウシが見つからなかった・・・
あぁ、本当に見つけられなくなったのか?

いやっ、米粒1/5ほどのウミウシも
2個体見つけてるし・・・そんなぁこたぁ、ねぇ~よ。
と、自分を慰める。略すと自慰。

megane_gonbe080317.jpg


どこでもいるメガネゴンベ。
エラのところの3本のオレンジラインと
口、目の周囲、鼻の穴、メガネフレームが
同じ色でお洒落だよね。

逃げてしまいそうでいて
案外我慢強いところも良いです。

ケラマでは初夏から
2cmほどのかわいいメガネゴンベの
子供をみることが出来ます。

水中でピカっと 

朝ポツポツ降ってた雨
次第にツブも大きくなって
本降りになった。

11時前に雷が鳴り始め
12時には視界200mの激しい雨。
船運転してると雨が当たって顔が痛いの何の。

潜ってもくら~くて・・・
レンベを思い出しちゃった。
お客さんは一人なのに
ストロボの光は3連発や4連発。

そうです、雷っす。
水中雷も、また、いいもんです。

あんまり激しいので午後はお休みしました。

家でグダグダしてたら
雨も上がって、太陽なんか出てきちゃって
爽やかな夕日になりそうです。

murasaki_umikochou_koubi080318.jpg


本格的なウミウシのシーズンになりましたが
ローガンズのせいなのか
見つけることが下手になったような気がする。

今日、ムラサキウミコチョウがステますた。

突き刺さる歌 

くもりのち雨
という予報だったけど
良く晴れました。

3本目にオーウ島に入ったとき
最初はやや小さい声のザトウの歌声が
耳に入ってきた。

「ザトウ鳴いてるね」とスレートに書く。
実はその前2本目の帰りに
なんと幸運にも2頭のザトウクジラに遭遇していた。

時間の経過と共に
次第に音量を上げていく歌声に戸惑うオヤジ。
今年のパターンの「イルカのような高音にちょー低音がからむ」が
ドンドン迫ってくるのである。

やや耳の遠くなったオヤジでも
4頭ちかいザトウの歌声が絡み合っていることは
聞き取れた。・・・しかし、その音量はまだ上がり続けるのである。

次第に体の芯に響き渡るようになる。
こうなってしまったら気になって仕方がない。

「一体、いつ現れるんだ!」

ドキドキして、ワクワクして・・・でも怖い。
一旦歌が止む時があるが
再開した時にはさらにパワーアップされ
体の芯の奥に突き刺さってくる。

「自然のパワーに圧倒される」って、こういうことだったんだ。

結局、水中で遭遇する夢は叶わなかったものの
すごい音量のザトウソングを目一杯堪能出来ました。

帰ってシャワーを浴びながら
なぜか、黛ジュンの「天使の誘惑」を口ずさむ
C調オヤジであった。

kazari_isoginchakuebi080316.jpg


カザリイソギンチャクエビ。
ハマクマノミなどが棲む
タマイタダキイソギンチャクに多く生息しています。

波やウネリでゆらゆらする触手の根元で
その姿を見つけることが出来ますが
上手くタイミングを合わせると
撮影は案外簡単に出来ます。

手足の点々模様が素敵ですね。
コンパクトでもちゃんと撮れるんじゃい。

さらにガツンと晴れた。 

昨日に比べてさらに太陽光線が強く
海も静かになってきた。。。
んー連休前の静けさか?

天気が良いと明るいし
透明度も上がってきますね。

海の中の生物たちの繁殖行動や
赤ちゃん、子供の出現が早くなった気がする。
これも温暖化の影響でしょうか。

ホシススキベラのygって3月に見た記憶がないし
スナヌメリの繁殖行動っぽいのも今日見た。
ゴシキイトヒキベラの素晴らしい色彩も
梅雨に入ってからだと思っていたけど・・・今日見たし。
まぁ、記憶もアヤフヤだけどね。(T_T)/~~~

島に来たばかりのころは
クマノミって1月後半から3月初めまで
産卵してなかったんだよ。
今は通年産んでます。。。

まぁ、大変な時代になったもんだけど
自分の子供が大人になったら
そんな世界が残されたままで・・・とっても可哀相。

senaki_rurisuzume_yg080316.jpg


今日出会った
セナキルリスズメダイの子供。2.5cmくらい。

この子のずーっとあとの子が
生きてゆける海をいつまでも残したい。

ガツンと晴れて。 

昨日の雨が嘘ように上がり
とても爽やかな朝を迎えた。

気分も上々に
出港準備に取り掛かる。

1泊2日の阿嘉島だけど
無理して到着3本したし、今日も3本だろうなぁ。
なんて考えていたら
「晴れたからビーチでオリオン」
うほっ、その手もあったね。

帰るとき、日焼けとオリオンでいい色でした。

同じ便で家族も那覇から帰って来た。
昨夜は猫のハルとふたりで過ごしました。

オヤジと猫・・・物語が始まりそうだね。

minato_nanyotubame.jpg


良く晴れた
ベタなぎの朝の阿嘉漁港。

船の係留場所までスタスタ歩いていると
ナンヨウツバメウオの若魚が3匹
気持ちヨサゲにふわふわしてた。

残念ながら写らなかったけど、
手前には3匹いるんですよ。

次回はキッチリ写して見せます。

本業復活 

帰って来て
高校受験合格祝いに出席。
朝、船をおろして3本。

我ながらエネルギッシュだぜぃ。

水温21度。
なんだか濁ってる・・・春濁り?
水面に物凄い量のクラゲやサルパ。
潮に乗ってドンドンこっちに向かってくるので

かなりキモい。

潮も春が近いからか、強烈である。

気温が高いからか
ウェットの水面での脱着が
2月に比べたらとっても楽になりました。

namako_yg_fumei080302.jpg


ウミウシかと思ったら
ナマコだった。

名前がわからないなぁ~。
小さなヒトデがくっ付いてます。

お暑いのがお好き。 

20080313122239
沖縄は
やはり暑かった。

昨日の浅草で
出会った。
ガチャピン。

実は初めてです 

20080312115654
浅草寺に来てみました。

有意義な 

20080310152548
ワークショップはまだまだ続く。

真面目 

20080309224130
北海道から沖縄まで集合。実に真剣な論議を展開している。

みんな真剣である 。

タイトルなし 

20080309114708
佐潟という沼地にきている。

そこの佐潟冬祭で地引き網漁が行われ、

雷魚が4匹。
美味しいらしい。

また来てる 

20080308125124
那覇は暑いね。
雪国との温度差についてゆけるのか?

出張ですだ。 

今度は雪国です。

雪国でなにするかっちゅーと
「ラムサール条約登録地ワイズユース研修」
っていうやつに行きます。
どうように有効利用をしたら良いかを議論し
実際の利用事例などを聞きながら勉強します。

こんな年になると
さまざまな協議会や協会などに
出席させられます。PTAも然り。

誰かがやらなければならないのなら「やりましょか!」
ってなもんですわ。
自分ちの経営もアタフタしてるのに・・・。
まぁ、冬の間ですからね。

きのうは疲れて9:30に子どもと寝てしまった。
座間味へ会議で行っただけなのに・・・。

明日からは
携帯からの簡単ブログになります。

あっ、W定額終わってるぞ~。大丈夫かな。

そんなことより今回こそは
行き帰りがスムーズであってほしいです。

simaisohaze080303.jpg


バロナエ探していて
見つけたシマイソハゼの子供。

小さいし、尾びれまで写ってないので
spかは判りませんでした。

でもちっこくて、可愛かったぁ。

体も芯から冷えて 

今日は先月からやり残していた
船台の作成でした。
島の大工の棟梁と2人で朝からやり始め
17:30に完成しました。

太陽はでているんだけど
冷たい北風の吹く中の作業はシンドイですが
自分の船台なので頑張るしかありません。

終わって「お疲れの一杯」をやってる最中でも
北風は容赦なく吹き付け
体を芯から冷やし行きます。。。
ましてビール飲んでるしね。

寒さに我慢できず、お開きにして
家に帰って熱い風呂に入ったら手足の感覚がなかった。
激寒のダイビングと同じくらい冷えていたってことです。

で、ぐったり疲れちゃっています。

hebi3_080229.jpg


そろそろ交尾の季節でしょうか?
3匹がずっと絡み合って、移動していました。
時々止まると、ぐちゃぐちゃに絡んで
どの子の頭なのか、どの子の尻尾なのか
ぜんぜん判りません。。。

これもちょっとだけ、羨ましいかも。

願えば叶う。 

「コブシメとおまけのクジラ」とリクエストされて
4日が経ちました。コブシメはいとも簡単に見れたけど
クジラに至っては、声はすれど姿は見れず、
毎日狙ってはいるんだけど天気も段々崩れてきちゃうし
ワジワジィ(沖縄語でいらいら)してくる。

1本目は狙ってクバ島へ。
やっぱり声はするけど・・・「あんたのきよし」が
ずーーーーーと遠い南の方へ行きよったなぁ。
屋久島キツネウオもいなかったけど、新たなカレハを発見!

2本目定番ガヒブツ。。。風が強烈になってきました。
クビナシアケウス、トウモン海胡蝶、卵いっぱいな星空ワラ海老。

そしてラストダイブゥ~は、アダン下へと思って出航。
途中でからは~いがUターンするので不審に思い
目を凝らしてみると・・・ブローと黒い物体。
おぉぉぉ~~~、ザトウクジラじゃないかぁ。
やっと、やっとみることが出来ましたな。

このクジラは母子で荒れた外海から静かな内海へ入ってきたようで
2頭で潜る練習をしていました。
とても見たがっていたお客さんは大喜び。
喜びで顔が紅潮してました。 よかったですね。

本当は母子の観察は禁止されているんですが
10分ほど見させていただきました。

そう。願えば叶うんですよ。
もちろん其れなりに努力も必要ですけど。

昨日のケラマジカ見ましたか?
うちは見逃しました。。。
そんな人には3/4の15:00から再放送します。
・・・明日じゃねーか!

kumanomi080302.jpg


おっぱいみたいな磯巾着に包まれて
とても、気持ち良さそうなクマノミ。

すっごく羨ましい。

姿は見れず。 

ここ数日内湾以外の南側ポイントでは
ザトウクジラの歌がものすごくよく聞こえる。
まるで、すぐそこで歌っているかのような
大音量なので、いつもキョロキョロしちゃう。

1度は見たいよね。
なので、ぐるっと遠回りしたり
ウォッチング船が集まってるところへ行くんだけど
ザトウクジラは1度も顔を出してくれませんでした。

今年は少ないのかなぁ~。

予告通りに岩礁域のサンゴという狙いで
サクバル~ヒラジと来て
よく考えてみたら、天気良いのにアザハタいかない手はないな~
と思い直してアザハタへ。

すべてのハナダイ類が婚姻色を出していて
素晴らしいの一言。。。
でも、、、素早すぎて撮れません。
特にフタイロハナゴイの婚姻色ったら
背びれからアンテナ2本だして、全部の鰭を全開にし
まるでフラッシャーのように泳ぐのである。
それは、見事なものです。

あぁ、撮りたいなぁ~、
ローガンズでもあるけど、反射神経がだいぶ落ちたし・・・
無理を承知でデジ1でチャレンジしたい。

futairo_nup080302.jpg


ピンボケですが見てください。
これがジャスピンだったら素晴らしいでしょ?

中止になって可哀想だね 

今日は地元小学生対象のホエールウォッチングの日。
昨夜から衣服の準備をして早寝させられ(笑)早起き。

朝からお弁当のおにぎりを作る母の横で
TVアニメを見て笑ってる。 普通にある幸せだね。

9時に座間味島へ渡り
粘土でクジラ作ったりしてクジラの勉強。
お弁当食べて、いざっ!

悪天候で中止になっちゃった。。。かわいそうに。
思ったより外海は荒れていて、クジラが遠かったのではないかな?
まぁ、またチャンスはあるよ。

おとうの仕事は順調でして
荒れた外海とは違う世界の内海。。。ベタですから。
これが多島の良いところです。

やや暗いので今日は「砂に抱かれて」がテーマ。(笑)
1本目はやや内湾なハゼ天国
2本目、サンゴが眩しい浅瀬のサボテングサ観察
3本目は巨大な砂紋に感激

ってな感じ。
べつに「抱かれる」こともないんですけど・・・。
3本とも砂地になってしまいました。
明日は太陽が出て暖かいので
岩礁系サンゴ群を堪能しようと思っています。

クジラみたいなぁ~。

kobushime_mae080229.jpg


昨日見た♀のコブシメ。
ほとんどノートリミングなくらい寄ってます。
コブシメの「波目」が好き!