波高2mはおひさ。 

明日の気象庁の予報を見たら
波高が3~2.5mで明後日は2~1.5m。
2mってのは久々だ。ずっと4mウネリを伴うだったし。
日中は太陽が出てきて暖かく
ブイ打ち作業も楽ちんだった。

水中カメラマンも来て細かい打ち合わせもし
明日は微調整やマーキングをする。
本番は2日なのでバタバタしてきました。

みなさんには撮影が終わったら報告いたします。

hashibuto_umitake_yg071125.jpg


写真の魚はなんだかわかりますか?
ハシブトウミタケハゼの子供です。
ちっちゃくて可愛いねぇ~。

ガラス細工のような・・・
透けてる体がなんとも言えましぇん!


冬だね、もう。 

これだけ時化が続くと
さすがのオヤジも体が鈍って来る。
かといって、
トレーニングなんぞしたらオーバーワークになる。(笑)

で、部屋でチョコチョコと動いていたら
だんだん筋肉が痛くなってきた。
駄目だ、こりゃ。

さて、明日から徐々に回復傾向で
ポツンと浮かんでいる愛艇の始動である。

でも風はあまり弱くならんみたい。

もうすぐ那覇マラソンですな。
島からも数名出場するようで、完走を祈っております。
12/2って晴れて暑そうな感じじゃないですか?

daniellae071124.jpg


こないだ久しぶりに見たダニエラエ。
ちっちゃかったなぁ。
もうこんなウミウシが現れる季節になってしまいました。

5mmとはお別れじゃ。

強風+潮の干満には要注意 

2つの台風はともに熱低となり20度線あたりで消滅しそうですね。
台風とは関係のないところの猛烈な北風は
一向にやむ気配もありません。
明日も4m・・・明後日も4m・・・困ったものです。

11/30はTV撮影のためのブイ打ちなどを予定していたのに
このままだと出来そうにありませんね。。。12/1?本番前日じゃん。
音声テストもあるので前日テストは避けたいので、
何とか風が弱まっていただきたいと願うだけです。

今朝港に係留していた一隻の船が
強風と潮の干満の影響で転覆しました。

この船から燃料が漏れているというので
漁協やダイビング協会、臨海研究所などで
ロープに吸い取りマットを手巻きした即席オイルフェンスを
作成してどんどん出てくる燃料が広がらぬように転覆船を囲いました。

まあまあの出来具合で
何とか、ある程度の広がりは防いだと思います。
みなさん寒い中御苦労さまでした。

でね、船の持ち主は不在なんですよ。

tumajiro_okoze071111.jpg


最近よく見かけるツマジロオコゼ。
先日ガイドしたあとにふと見たら、
お客さんたら隣にある本物の葉っぱ撮ってた。

それほど見事な擬態なんでごわすな。

ひとつ消えてもまた次が 

台風23号はやっとのこと28日午後に
沖縄の南海上で熱帯低気圧 になりそうで一安心。
と、思っていたらチョー瞑想24号ハギビスが
20度線を越えてくる。。。でも影響はないっぽい。

内地へ行く予定の人や海外旅行へ行こうとしてる人、
親親戚の入院してしまった人など・・・を乗せて
フェリーは折り返しで強風の中、那覇へ向かいました。

離島はいちいち大変でござる。

朝、船のエンジン通気口から
雨が吹き込んでいないか見に行ったらみんな船を揚げていた・・・。
台風?  この風は台風なんですか? 違うと思う。

ちょっと手伝ったけどあまりにも寒いので帰りました。

こんな雨風の強い日は暖かいお家の中で
年賀状でも作りましょうって向かうけど
全然仕上がりませんでした。

philippin071124.jpg


なんてことのないスズメダイの中でも
一際なんてことのないフィリピンスズメダイ。
成魚はメチャ地味だけど、幼魚は可愛いくて美しい。

pomacentrus philippinus
ポマケントルスの幼魚はどれも非常に美しい種が多く
海域による体色バリエーションも楽しみの一つであり
悩みの種のもとでもある。・・・絶妙に違うんだよなぁ~。



小さな幸せ 

昨夜は娘のお誕生会で同級生6名全員をご招待。
母はせっせとケーキだ、鶏唐揚げだ、とテンテコ舞い。
愚息竜也も加勢してなんとか間に合ったみたい。

オヤジは帰って風呂あがったら
テーブルにはジャンクな食い物が勢ぞろいし
18時を過ぎたら、おこちゃまだらけになってしまった。
娘の夏菜はたくさんのプレゼントにご満悦である。

2つの台風の行方が気になるところであるが
昨日小さな幸せを見つけた。

2000time071125.jpg

朝の出港時、船のアワーメーターが2000キッカリになっていた。
こういうのって、何気に幸せだったりするよね。

強烈な風が吹き付ける毎日。
今日はついにQZ全便欠航でフェリー折り返し。
明日はすべての交通機関STOPの噂が流れている。

娘の誕生日、本当は今日。
今夜は一家団欒でお祝いです。

小さな幸せがいくつもあったら、いっぱい幸せだね。

強烈な風と異尾類 

強烈な東風に加え
南東から台風のウネリがやって来ている。
晴れのち曇り、夕方から雨・・・。
海の中は暗かったですわ。

前浜~ギナ~アマBの3本。
リクエストのミカズキコモンエビやツマジロオコゼ。
コブシメは1日中みてる気がする。
クサハゼもたくさん居ました。。。

明日から・・・また風も強くなりそうで
台風の行方も気になる所でございます。
撮影の仕事があるんだけど・・・どうなる?

anamori071111.jpg


ロボコンで有名になってしまったね。
アナモリチュウコシオリエビ。穴守 中腰折り海老。
これほど体を出してるところも珍しいことです。
10拍手はほしいところ。

エビという名前だけど正式には海老ではなくて
異尾類コシオリエビ科でヤドカリなどのグループ。
ハナサキガニやタラバガニなども同じ異尾類になります。

良く見ると脚が片側3本でハサミ脚が1本ですね。
カニは4本の1本です。
これからの鍋の季節に気にして見てください。

うちなんて、タラバがあってもバラでわかんねぇ~ぞ。

コンデジは偉い。 

結局QZ2便は欠航してしまったので
明日の1便で帰る予定のお客さんは
午後のフェリーで那覇へ行ってしまいました。。。
正常な、のんびりとした3連休を返しでくれぇ~。
今年の3連休はことごとく駄目だった気がする。

海もだんだんとウネリが感じられるようになって来て
ちょいと濁って来ました。
水温は24度で快適なんですけどねぇ~。

このあと2つの台風はどうなるのでございましょうか。

oomehaze071121.jpg


ニシハマの根の奥にベニハゼいた。
目を凝らしても何ベニハゼか見えない。

ローガンズなので暗いと見えないのであるが
ライトを当ててもよくわからんから始末が悪い。

ん~・・・spかなぁ?
取り合えず撮って後で見てみようっと。
で、撮ってみたら胸鰭に赤い点々がある。
オオメハゼだね♪

当てずっぽうでもちゃんと撮れた。


結局、やっぱり。 

台風23号は台湾の南へ向かって着実に歩んでいる。
こっちに来る時には台風ではないかも知れないけど
大陸高気圧の張り出しに伴う北風が強烈で
波の高さが明日は3~4mで明後日は終日4m。

数字だけの予想だと、明日のQZ2便は欠航で
明後日は1,2便とも欠航。フェリーは通常運行。
えっ~、やめてぐれぇ。。。
またしても、明日の14:30発フェリーで
那覇へ行ってもらわないと駄目かもじゃん!

もうひとつの24号はと言えば
ベトナムに行きかけたが戻ってきた。
マニラあたりで待ち合わせか?

あっ、今日は
サクバルの鼻~ガヒブツ~アダン下。
んー、これと言ったものとは出会えませんでしたが
日中でもやや暗いのでエビがたくさん見れました。

これって喜んで良いことなのかしら?
明日もメゲナイぞ。

nagare_moebi_sp071120.jpg


サボテングサの群生で見つけたエビ。
ナガレモエビだと思うのだけど・・・確かではないな。
こういうのは1眼レフじゃないと駄目だね。
近頃、シムランスを見ていないのでちょっと寂しい。

写ってる指はオヤジの指。
案外きれいだろ?


どんどん曲がってくるぞ 

やっぱり3連休になると台風が発生するなぁ。
普段なら西へ行ってしまう台風なのに
23号はフィリッピンの手間から台湾方面へ曲がってくる。
どんどん曲がって来ると・・・沖縄に近づいてくる。

はぁ~・・・。
12月にもなってのに・・・
新潟じゃ雪が35cmも積もってるってのにかい?
そういえゃ、数年前に娘の夏菜の誕生日(11/26)に
USJ行きを台風で阻止されたことがあったっけ。

気持ち良く晴れているけど、強烈な風である。
再々度アマBを狙うがZ島の巨大船がいたので
Uターンして前浜に行きました。
いろいろ見たけど、コ○ンも来た。

今日は午後から2本。
再々々度アマBへ行くが、前を走っているピンク船にやられた。
頭来たので深くてキチャない壁に打ち込んで潜ったが
人がいっぱいでゆっくり出来なかった。。。申し訳ない。
3本目はジョーフィッシュを見に行きました。
5匹見たけど卵を咥えているのはいなかったなぁ。

明日からウネリが入ってくる予報です。

kuroguchi_niza071118.jpg


ねぇさんたら、化粧が濃過ぎじゃありませんか?

って感じのクログチニザ。幼魚は少ないんだぞ。

”煮付け”はパラオ語。 

やっと太陽が出て気持のよい海になった。
透明度も良いし、水温も24度でまだ快適温度。
晴れてなくちゃ勿体ないです。

1本目はアマBと決めていたが先を越された。
1隻しかアンカーが打てないので(正確には2隻だが・・・)
諦めてガヒブツブツへ。
最近諦めの悪いヤツがいてユビエダハマサンゴ群生に
直接アンカーを打ち込むバカ者がいるらしいぞ。

ガヒブツでは久しぶりにクジャクベラ♀を目撃した。

2本目もアマBへチャレンジしたけど駄目だった。。。
で、砂漠。。。ヤシャハゼは3組いました。
ガーデンイールだらけだね。もっともっと増えたら見応え充分だけどなぁ。

3本目はアザハタへ行かせてもらいました。
サンゴの状態が気になったもんで。
あかんですわぁ~、WSDの勢いは止まりませんね。
どうしたら良いのでしょうか。
そのうち、那覇港の工事と空港の拡張工事が始まります。
観光客の為という大義名分にまたしても海が汚れていくのである。

aosuji_ebisu071118.jpg


日本ではあまり見られないアオスジエビス。
体側下部に青く光る数本の筋が特徴で
似たり寄ったりの他のエビスと区別は簡単。
とってもシャイなので見ることも難儀か・・・。

以前パラオに行った時あまりにたくさんいるので
ビックリこいたことがある。
鱗は硬くて下ろすの大変だけど、煮付で美味! 
煮付けnitsukeってパラオ語だと長野さんに教わりました。
ローカル達も「そうだ、そうだ。日本人マネしたぁ~」と
小馬鹿にされたことがある。・・・本当かぁ?



今日までそして明日から 

今日から良くなるはずだった天気は
朝の時点では昨日と差ほど変わらぬ
小雨混じりのドヨォ~ンとした空模様だ。

1本目は昨日から決めていたクバ島南。
久しぶりに潜るので楽しみにしていたけど
10年来通年見ることが出来ていたコビトスズメを
見つけることが出来なかった。困ったぞ。

片目(固目)のカクレクマノミはとても元気。
グルクンの流れが止まることを知らない。潮読みの成果。
でも、上記の天候の影響で海中とても暗い・・・。

2本目は明るく浅い砂のサボテングサ群生地。
昨日のツノモエビの1種やタツノハトコ
ツマジロオコゼやナガレモエビ、シムランス?などを堪能。

悪天候にて本日も午前2本で終了!
明日からは太陽も出て気温24度越えじゃけん。

PICT0080.jpg


石の裏で産卵していたジボガミノウミウシ。
最初は自信がなかったのでnini巨匠に
確認してみたところ間違いないようである。
でもジボガって何?・・・聞くのを忘れた。

卵塊?はこのように小分けして産む傾向があるみたい。
ハマサンゴの裏や石の下で見かけるらしい。
無理矢理剥がそうとするとミノがボロボロになるので注意。

更に強烈成り 

昨日の夜半から風がどんどん強くなって来て
朝は一瞬太陽が出たけど
やっぱり強烈な北東の風が吹き付けていた。
最高気温22度・・・水温24度・・・寒いです。

いろいろ悩んだ結果1本目はサクバルへ。。。
行ったら大型総合潜水会社(株)のピンクい船がいた。
サク鼻にしようかな・・・でも潮も、熱低があって油断禁物。
というわけで、強攻したら
隠れ根で、たくさんのダイバーに囲まれちゃった。
ハナゴンベとスミレヤッコを見て終わってしまった。

なんかモヤッとするので2本目は送電線へ。
デカデカ静止モデル的ベンテンコモンエビを激写!
のんびりとまったりと60分。。。
風も徐々に弱まって来ましたよぉ~。

明日は太陽が出てきまっせ!

tunomoebi_sp_2_071110.jpg


ちょっとイジリすぎた感もあるが
サボテングサに擬態しているツノモエビの1種。
近頃多く見られています。
このエビの名前が分かる方いますでしょうか?


三日月小紋海老 

久しぶりの海だけど
朝からシトシトピッチャンな小雨。
風も北で肌寒いぃぃ。
でも動いていると暖かくなってきて
そのうち軽く汗ばんでくるな。

気温は25度。
水温も25度。
残波も25度。

・・・なんちゃって。

2ダイブ/日であるからにして
午後から強風に変わる予報もあって
午前に2本やってしまいました。

アダン下→暗くて人が多くて、なぜか流れてた。。。
ゲルマ沖→非常に久し振り。暗がり系がたくさん。
       ケラマではやや稀なアオスジエビスが
       全然逃げないで撮り放題だった。すげぇ。

明日も天気好くないみたい。2本かな?

mikazuki_komon071111.jpg


コモンエビ3兄弟の中では1番生息数の少ないミカズキコモンエビ。
最近稀に見る撮影しやすい個体で
いつも下に降りて待っていてくれる良いやつです。
好きなエビBest10に常にランクイン。

良い陽気もこれまで 

今週は本当にポカポカといい陽気で
最高のダイビング日和でありましたね。
うちはお客さんいませんでしたけど。

やっとお客さんが来たと思ったら明日は大荒れだ。
そりゃないぜセニョリータ!

セニョリータで笑ったひとぉ~~、挙げて。

暇だからと言って
どこかがきれい片付くとか無いのかい?
と、自問自答してしまいます。

あっ、生まれて初めてギターのナット交換をしてみました。
ナットとは弦を巻き取る方のネックにあって
弦を支えている大切な部分です。
以前に、オープンGチューニングをした時に
6弦部分(太い方)がバギッって折れちゃった。
そのままキースリチャード風にしておこうかとも思ったけど
那覇に出た時に買ってきた。。

楽器屋店員に少しアドバイスを受けて自分で交換。
換えること自体簡単なんだけど、問題は調整。
弦の高低で音や弾き具合が相当変わるので難関である。
前のものと比較しながら、削っては弦張って確認し
緩めては再び外して削ります。失敗は許されません。
だって、ひとつしか買って来なかったんだもん。

午前中いっぱい掛って、どうにか出来たけど
高低に微妙なバラツキがある。

kinchakugani071112.jpg


久しぶりにキンチャクガニを撮ってみた。
その昔はあんなに喜んでくれたのに最近は、冷たいよねぇ~。



今そこにある危機 

海仕事がない時って
十中八九ベタ凪という印象が強い。
実際データを取ったら意外に荒れてたりして。。。
人の感覚なんてあてにならんこと多し。

優勝の褒美のDS・・・ゲーム機です・・・の
那覇で価格を見に行ってみたら
中古で¥14800~¥16800。
「待たなきゃ買えない新品より目の前の中古」か?
やや思い留まってウニさんに調べてもらったら
「ヨドバシあたり新品¥16800程。お1人1台で即日発送」
という情報をいただきました。あぁ、買わなくてよかった。
ウニさんありがとうございました。
離島何かに住んでると、適正価格ってわかり難いです。

今回は散髪して「ボーンアルティメイタム」を見た。
息詰まる情報合戦突撃射撃の車両グチャグチャで見応え充分。
いやぁ、面白かった。。。前回がトランスフォーマー・・・
なんだか、スッキリ爽快的娯楽大作にハシってるかしら。

今日午前中に学校で写真家の遠藤秀一氏の講演があった。
写真集「ツバル」を出版している人で
南の・・・フィジーの近くのツバルという9つの島からなる国。
地球温暖化で海水面が上昇し、大変なことになっている国。
日本に首相がやって来て「先進国のみなさん。お願いだから
Co2を出さないでください」と頼んだ国。

TVなどで何度か紹介されているのでご存知かと思います。
http://tuvalu.site.ne.jp/index.html
児童生徒を相手の講演は実に分り易く、ためになるものでした。
どの程度に理解できたかはいささか不明ですが

何十年か後には、阿嘉島にも似たような現象が起こる事実と現実や
大量排出先進国には影響が出難いこと。
「ペットボトルを作るとCo2が出るが、リサイクルするときにもかなり出る」
ってのは理解できたのではないかと思う。

日本の商社が世界を壊している!くらいは大声で言っても良いぞ。

iboyagi071112.jpg


写真はイボヤギ・・・で良いはず。
ヒマワリのように黄色く咲く花のようで
磯巾着のようでもあるけど、キサンゴという種類。
まぁ、どっちも似たようなもんか。。。

昼間でも場所によっては、
このように触手を一杯出しているのを見ます。
この仲間は幼生を保育して放出することが有名で
季節によっては黄色くて半透明な触手内に
幼生を見ることも稀にある。
目を皿のようにすれば見えるかも。




引籠って夜空の星 

週末までお客さんは来ないので
またまたノンビリと過ごしております。

HDに録画してある映画や
TVドラマを見漁ってほとんど家から出んかった。
引きこもりです。

天気も良いしポイント調査や開発に
出掛けた方がいいんだろうけどね。。。
潜ると寒いから腰引いちゃって面倒に思うのは
歳だからか・・・うんにゃ、金曜には調査行くもん。

yozora_ibo071112.jpg


朝晩とても冷えるけど
夜空の星は毎晩とっても綺麗。
まさに満天の星空。
で、昨日アダン下で見たヨゾライボウミウシ。
この配色は好きです。

背負うと曇る 

那覇に住んでて
天気予報なんかで日程調整もして来て
毎日強風だけど太陽はサンサン。
でもタンクを背負うと曇っちゃう。。。「運」です。
またチャレンジしてね。

今日は無難にアダン下。
朝から海老はたくさんいてますな。
北東の強風でボートがたくさん集まってる。。。
最近、あの巨大ホムラハゼを見ないな。

2本目は魚いないけど浅瀬にサンゴが
そこそこあって光のシャワーが楽しめるウンザ。
イセエビがかなり減っていますがな。
オジロスズメダイがいっぱいです。
前浜浅場の尾の黄色いのも同じオジロなんだろうか?

kurohoshihaze070728.jpg


この子は、クロホシハゼ。
ヒノマルハゼにちょっと似ていますが
クロホシは大きな黒丸の位置が胸鰭の前にある。
そして何よりも、目に×がついてる。

優勝しちゃった 

晴れているけど
風が強くて外海へ出られない。
大潮だし・・・一か八かの勝負も
難しい海況である。

アマB~前浜~アザハタ。
そこいら中にコブシメがいるぞ。
あまり大きな声で言ってると根こそぎヤラれるから
みんな内緒にしておこうぜ!

今年はコブシメ産卵が早いかも知れません。

ところで、ツールド沖縄1輪車大会で
愚息の竜也が50mスラロームでなんと、
優勝しちゃいました。
がんばったね。
練習いっぱいしてたしな。とにかくオメテトウ。

奥さんからのメール 「DS約束しちゃってるんだけど・・・どうする?」

nisekurosuji_isohaze070327.jpg


ニセクロスジイソハゼ。約25mm程度の魚である。
もうちょっとちゃんと撮ればとても美しいハゼ。
偽がつかない黒筋礒鯊は背中の白線が全部点々で
尾柄の黒点はひとつである。
みんなも今度がんばって見分けてみよう!


ひとり飯はワビシイな 

折角、天気予報を検討して1日ずらしたのに、
晴れ間はちょっとで雨も降って曇ってる。
ついてないのかな?

ニコノス15mm2台とF90のマクロ・・・で頑張っている。
今時珍しい組み合わせである。
このまましばらくがんばって欲しいけどなぁ~。

家族がみんなツールドへ出掛けたので
ハルとふたりで留守番である。
仕事して夕方帰って来てから
これ書いて晩飯の支度するのは面倒臭いである。

なに食べようかな~。。。
自分のために作っるってのは勢いないよねぇ~。

kurosuzumedai_yg071009 (1)


今年もたくさん確認したクロスズメダイの幼魚。
そして多くの人にガイドいたしました。
ひとりでも多く、スズメダイを好きになってもらいたい。
切実な想いです。

ツールド沖縄 

今年もツールド沖縄が名護で開催されている。
毎年1輪車競技で阿嘉小学校チームも参加していて
正式競技ではないけれど、
演技(ダンスみたいなもの)では3連覇。
80mスプリント、50mスラローム、400mリレーとあって
去年はすべての部門で優勝しているチャンピオンなのだ。

昨年は応援にいけたけど今年は残念ながら
行けそうにない。。。お仕事お仕事。

今年も怪我もなく是非優勝を飾ってほしいものだが
ここでひとつ苦言がある。言ってもどうにもならんけど言いたい!

演技というフィギアスケートのような競技があり
音楽に合わせて創作ダンスをするのだけど
これが優秀で参加以来連続優勝をしている。
今年もなかなかカッコイイ演技を練習していのであるが
大会本部から「時間がないのでリレーか演技かの選択をしてくれ」と
突然言われたらしいのだ。 時間がないから・・・・

確かに去年も終わったら暗かったし、
参加人数も年々増えて来ているらしい。だから何?
選択しろってのはいかがなものでしょうか?
予選会をするなり、手段はあると思うのだけど・・・
ましてディフェンディング・チャンピオンじゃぞ!!

こうなったら、
参加競技のスプリント、スラローム、リレーの3競技
今年もすべて優勝してしまいなさい。

rokusen_yakko070503.jpg


ロクセンヤッコの幼魚。
あまり見かけない訳・・・・
・数が少ない
・トンネルなどのやや暗がりを好む
・発達したサンゴ礁リーフ内側にもいるがあまり行く人がいない
・気が付いていない

以上。(当社比)






基本は大事 

日中は夏のようにサンサンと
太陽光線が降り注ぎ
沖縄らしい天気となった。

「眩しい太陽と海」これ沖縄の基本です。

写真はハタタテシノビハゼ。
うしろにチラッと見えるは共生エビの
コシジロテッポウエビであるわけだ。

生態写真を始める時って共生ハゼから
撮り始める人が結構多いよね。
ハゼ撮り始めたら生態写真にハマっちゃった。
なんて人もきっといるでしょう。

でも旗を立てているからハタタテなのですから
旗が立っている場面を撮ってほしいものです。

いやっ、なに・・・最近旗が立ってないのに
バシバシとお撮りになる方が目立ったもので・・・。

hatatate_shinobihaze070726.jpg


朝から吐き気が 

未明から風が吹き始めて眠れず
起き抜けにIKKOのPVなんぞ見てしまって
朝から気持ち悪かったぞ。
あのPV朝は止めてください。

久しぶりにクバ島南のクレバスに行ってみたら・・・
アンカーで潰した場所があちこちにあった。
犯人は十中八九村外業者の大型ボートである。
潜ってアンカーをかけてもこの始末だ!
技術も未熟でセンスもないのだ。

こんな業者をわざわざ選んで金払って潜っちゃって・・・。
そんな業界に腹が立つ。

21号のウネリがやや残っているが良い透明度に
途切れないグルクンの群れ。潮読みの勝利と自画自賛。

2本目は薄暗くなったアダン下。
海老がわんさか出て来て、うっひょひょ~っと。

awase_isohaze_sp070123.jpg


以前HPでも表紙にしたアワセイソハゼsp。
http://www.oceanus.in/HP_TOP/sueviota_sp.htm

真横からはどうしても撮れなくて、真上から撮ってみた。
なんだか淡水魚みたい・・・。

未だ種は不明のままで
ここ以外でみたことがない。。。

愛用のレーシング・ジャケット 

晴れのち曇りの予報。
曇ったのはちょっとだけで
ずっと晴れて清々しい天気でした。
午後からはポツリポツリと降ったけど
暑くもなく寒くもくオヤジに優しい
温度と湿気。風がないからいいね。

奥さんは健康診断の受付で朝早くから留守である。
好きなことが出来るのだけど、こういう時って何もしなっかたりする。
午前中はボケっとしつつ、先日撮影した写真を配りに回ったり
PC前でボ~っとネット閲覧しちゃった。

午後からブルースウィルスの「16ブロック」を見つつ
フェリーから荷物を受け取りに。
以前修理に出したヘリハンのヨットレース用ジャケットが帰ってきた。
開けてみると、ズルズルだったファスナーもベロベロだった
ベルクロもきれいに取り換えられている。

15年以上愛用しているジャケットなので愛着があり
ボロでも使っていたけど「直せるわよん♪」と
元大型潜水総合会社(株)勤務で現在は退職し実家に帰っている
可愛いクロセが9月に遊びに来た際の酒の席で
とても可愛く言うので修理に出してみたのだ。
こんなに直って来て送料込で¥5,000なら上等。
あと15年は着れるぞ。。。

ハルとヘリハン071106


修理から帰ってきた愛用のジャケットと
お休み中の飼い猫ハル。

レース用として過酷な使用にも耐えられる丈夫な生地、
動きやすい袖、防水ポケットや顔に水が垂れないフード・・・
様々な工夫がしてあり、時化た海で役に立つ。
きっと新しいモデルはもっと丈夫で使い易いんだろうなぁ~。


ヒモジくも夏 

昨日からの雨も朝にはスッカリやんで
とてもさわやかな1日の始まりだ。

晴れ間も出てきたので
今日こそは船体にワックスをかけてやる。
と、息巻いて船揚げ場へ行って
せっせと作業をし始めると
どんどんと太陽の光線が強烈になり
やがて真夏のような日差しになった。

オヤジはとんでもなく汗をかいている。

思わぬ太陽の攻撃で休み休みの作業となるが
今日は13:00から健康診断で昼食がないことを思い出す。
で、この汗ってすこしヤバくない?血ぃドロドロになるぞ。

仕方ないので水補給しながら
手抜きの作業でホイホイと終えてしまいました。
それでも綺麗になって気持ち良い。
明日からは風がやや出てきて
台風21号のウネリも届いてきそうである。

腹減ったなぁ~。

hime_aogihaze070420.jpg


ヒメアオギハゼ。
ごく稀にアオギハゼと混泳するが
基本的に別行動を取っているみたい。

背びれが伸長しないことで区別が可能で
より小型でケラマ海域ではアオギよりも暗がりを好む。
尾柄部の横帯が白黒だと、また別の種となるぞ。

ギリギリのアップか?

連日の強風で 

物凄い風・・・が吹いている?
1日中家にいると
風の音だけ聞こえるので物凄い感じ。
昨夜の「反省会」で残波の黒を
飲みすぎてしまい二日酔いであった。

やっぱり残黒はいかん!合わん。

シトシトと降り続く秋雨は冷たい。
北東の風が吹き続けば
水温も下がっていくのである。
ああぁ、26度はキープしたい
・・・オヤジの願い。

衣替えの時期きたる。

hanabira_kumanomi_egg070628.jpg


卵に新鮮な海水を送り続けるハナビラ。
この懸命さに心打たれるのだ。

激闘!村民運動会。 

北東風は弱ることを知らず
今朝もビュービューと吹き
QZは全便欠航になった。

本日、座間味村 村民大運動会が
座間味島で開催された。

座間味村には、座間味区・阿真区・阿佐区・阿嘉区・慶留間区の
4つの区があり村民運動会では区対抗で競う。
今年もわが阿嘉区は座間味区の2位に甘んじてしまった。
区対抗綱引きがどうも弱いみたい。
リレーはすべて阿嘉が勝つんだけどなぁ~。

まっ、怪我もせず天気にも恵まれ
楽しく可笑しく出来たので良しとせねば。
夜は「反省会」が待っています。。。
来年は是非祝賀会にしたいでございます。

akahoshi_kakureebi071026.jpg


先日アマBで見たアカホシカクレエビ。
ウミエラの上でフワフワと揺れて
とても気持よさそうでした。

北東風強烈 

季節風の北東風が強烈に吹き始めている。

「曇り時々晴れ」で窓の外は爽やかに見える。

午後からアウトドライブのプロペラ部分の
掃除をしてグリスアップ。
それもゆっくりやって2時間で終了しちゃった。
んー、退屈。
映画も見ちゃったしなぁ~。

海へ行く勇気はありません。

akamehaze070801.jpg


15~6年前まではガイドすら知らない
小さな魚でしたが、今や押しも押されぬ人気者のアカメハゼです。
まるでガラス細工のような透明感のある体、
赤く大きな目、黄色い内臓が透けて見え
サンゴの先にちょっこんと留まってる。
人気にならない訳がない。

先がピンクになるミドリイシ類との
組み合わせは最強の被写体でしたが
昨今、アカメハゼの生息域のミドリイシが
激減してその組み合わせが難しくなってしまいました。

ガキは外で遊べ! 

今日1日雨混じりの曇り空。

子供達の1輪車練習もなく
良いことをすると貯まって行く「いいこと玉」が
ビン一杯になったらしく今日の宿題は
日記と音読のみだって
さっさと片付けて遊んでおります。

割と寒いのに・・・半袖半ズボン。
昔の鼻垂れ小僧がここにはいます。
それだけでもここに住んで良かったと思う。

お父さんは薄くらい部屋で
やっぱり日記を書いております。

mitubosi_yg071024.jpg


10月の終わりごろでも
三ツ星黒雀鯛の子供がいっぱい。
イボハタゴイソギンチャクの中で
元気よく遊んでいました。