夕方の楽しみ 

今日は陸揚げした船の船体を
きれいに洗ってワックスをかける予定だったけど
朝から雨が降りそうな感じだったので中止。

明後日からの悪天候・・・曇りのち雨の波4m。
に備えて庭のタープを仕舞った。

見込み違いで雨は1滴も降らず
オケラでベラ図鑑を眺めたり
だらだらと過ごしてしまう。。。あぁ、勿体無い。
前浜でも泳いでくれば良かったぁ。

最近は夕方このブログを書き終えて
シャワーを浴び、再びPCの前に座り
よく冷えたBeer・・・いやっ、発泡酒を片手に
水曜どうでしょうの無料番組を見るのが楽しみである。
ひとりで馬鹿笑いしています。

http://encul.impress.tv/host/pj/dou/suidou/try.htm

いま現在は、「ユーコン川160キロ」が見られる。
全7話で1話/日。1週間楽しめる。
今日で第5話・・・あぁ、あと3話で終わりじゃん。

PCだとCMが無いからいいよね。
沖縄の水曜どうでしょうの民放放映は夜中なので
CMばかりで、しかも地方CMだしウンザリしちゃう。

チリメンヤッコ


写真はチリメンヤッコ。
ユビエダハマサンゴ群生でよく見掛けますね。
口は青、尻尾は黄色、体の縮緬模様の
美しいキンチャクダイの仲間です。

こいつも幼魚をあまり見かけないなぁ~。

冬の気配 

一昨日あたりから
夕方6時の明るさが
一気に暗くなった。。。

朝夕の気温もぐっと下がって肌寒い。
水温も26度に下がってるし
あぁ、もう5mmワンピースじゃ無理。
裸足フィンも無理だね・・・ブーツ修理しよ。

お客さんもしばらくいないので
船も揚げちゃいました。
フジツボがたくさん付いちゃって
ガシガシ落としてアウトドライブを掃除。
1週間乾かしたら海苔も落ちるさぁ。

kuroobi_haze_yg070814.jpg


久々に出会ったクロオビハゼ。
何故かとっても敏感でした。

TV三昧 

朝、お客さんを見送ってから
船揚げの準備をして
お昼食べて、暇だったので
HDDに撮り貯めていたTVドラマを見た。

まずは「水曜どうでしょう」の
わかさぎ釣り対決2を3週分。
そして先週のガリレオ~暴れん坊ママまで一気。
上戸彩は可愛いですねぇ~、元気もあって。
大泉洋もがんばっています。

映画も3~4本貯まっているので
今週中には何とか見ちゃいたいと画策していますが
なにかと転がり込んでくる雑用にご用心。

semushikasago_green070716.jpg


7月に撮った緑色のセムシカサゴ。
映画のマスクみたいでしょ。

あれセムシって今はなんて名だっけか・・・?

風も柔いで偏屈オヤジ 

北東の強風もいつの間やら弱くなり
夕方にはピタっと止んで
ケラマジカの物悲しい鳴き声が轟いております。

朝夕はスッカリ肌寒くなってきましたが
日中はまだまだ夏のような日差しでございました。

パンダダルマハゼとアカネダルマハゼ
弁天コモンエビの三つ巴。
トウアカ見に久々の安護の浦ガイド。
海底砂漠で砂紋責めの3本でした。

しかし・・・砂漠のハゼは本当に少なくなったな。
誰も不思議に思ったり
何かが変だとか、何かを変えようとか、聞こえてこないぞ。
こんなこと言ってるのは
俺みたいな偏屈オヤジだけってことかい?

hirenga_yakko_yg071024.jpg


それほど多くは生息していなくて
クバ島などの20m以深などで見られる
ヒレナガヤッコ♀。
タテジマヤッコ属は♂♀で模様が
著しく違うので雌雄の区別が容易に付く。
昔は別種だったりしました。トサ♀は昔フチドリヤッコ。
雌性先熟の性転換を行なうことでも有名だす。

あぁ、いつの日かミズタマヤッコを
撮影したいと想い焦がれる夢見るオヤジである。

強風と潮流にはご用心! 

今日も今日とて強風でござる。
うちばかりではない事は分かっているのだが
お客さんが多くなると
台風だったり、海が時化たりする。

判っちゃいるけど・・・愚痴のひとつもこぼれます。
まっ、こんなオヤジの愚痴なんぞ
聞いてくれるやつぁおらんけどな。

頑張りたいけど強風には勝てず
前浜~サクバルの鼻~アザハタと3本。
透明度はまぁまぁ良いけど水温が26度に落ちた。
40分過ぎた頃肌寒くなってくる。

ミカズキコモンエビが今日は下にいて撮り易かったり
カンザシspが朝から出てたり
久しぶりにコクテンベンケイハゼ。
クギベラがやたらと放精しとったな。

夕方船を片付けたあと
Z島の某ショップがサクバルで流されていると
携帯に連絡があった。もう1時間経つという。。。しかも9名も。

阿嘉島からも数隻の船でサクバルへ向かったが
途中でZ島の捜索船が戻ってきて両手で大きな○を作った。
あぁ、見つかったんだね。良かった。。。
あと数分で118へ電話するところだったぜ。

hanadaiginpo070902.jpg


ケラマではとてもレアなハナダイギンポ。
誰からもチヤホヤされず、毎日毎日砂まみれ。
悲しい眼差しにもなりますよ。

また台風ですけど。 

昨日は修学旅行の若いオナゴの
体験スノーケリングをし
間髪入れずにPTA系の会合に出席。
そのまま白鯨で2次会。
帰って即寝しちゃたのでお休みしました。

今日の沖縄タイムスに先日のサンゴ移植が掲載されたぜ。

今日は午前中に学校行って
子供達の発表を見ながら
QZ1便の送迎をして午後から2本。

熱低が台風20号になっちゃったね。
ファクサイっていう名前。。。歯臭い?
女性の名前らしいです。
こちらには影響はなさそうで一安心。

台風とは無関係な強烈な北東の風に思わずブツ西。
何にもいなかった。シロレイシ被害は多いですね。
そしてアマBへ。
前回表紙にしていたヤツシsp6は2個体いることが判明。
ついでに学名もついていた。Vanderhorstia auronatata。

そして何か違うダテハゼがいて気になっていたので
何気にDr瀬能に聞いてみたらダテハゼの1種4だった。
Arcfin shrimpgoby ってやつです。
色合いが薄めでよく判らんかったけど次の表紙にします。

明日も北風が強そうですが、
天気晴れだけど最高気温が27度でちょっと寒い。

sazanamiyakko071023.jpg


クリーニングされている最中のサザナミヤッコ。
いつみても気持ち良さ気で羨ましい。

東風 

東からのやや強い風。
北からではないのでだいぶ暖かい気がする。
ボートに上がってからとても楽でした。

久しぶりにクバ島南でレアなヤドカリを堪能
マッドな泥パックのあと
パンダダルマとアカネダルマで戯れました。

東風と書くと、見た目「とうふう」と読むひとと
「ひがしかぜ」と読む人がいるでしょ?
東風といえば、馬耳東風。
馬耳東風って
「馬の耳に東風(春風)が吹いても感じないという意味で、
人の意見や批評などに注意を向けず、聞き流すこと。
他人の言葉に耳を貸さないこと。」
ということらしいけど、感じないんじゃなくて
「♪そんなの関係ねぇ♪」ってことでしょ!
で、馬の耳に念仏なんだ。

海に関係している人って意外とこんな人が多いなぁ~
と思って書いてみました。

akahoshi_kakureebi070711.jpg


ケラマ海域ではそれほど多くは生息していない
アカホシカクレエビ。抱卵中でございます。
この手のエビの生息数は多い順で
ニセナデシコ(オケ仮称)~ナデシコ~アカホシ~ニセアカホシ
となっております。(当社比)

ニザダイ科の幼魚 

昨日のサンゴ移植は
各方面からお褒めの言葉を頂戴し
とても嬉しく、また励みになりました。

さて、本日のダイビングは
ハナゴンベygをジックリ観察し
亀だらけの海でツバメウオを堪能
火炎サンゴ群生に抱かれし
甲殻類を掘り下げました。

しかし・・・オシャレカクレエビって
どこがお洒落なのか
誰か教えてください。。。

shimahagi_yg071020.jpg


写真の魚はシマハギの幼魚。
浅い岩礁域のやや波のあたる場所でよく見ますね。
でも幼魚ってあまり見かけません。

大体、ニザダイ科の幼魚は
あまり頻繁に見かけないと思うのですが
いかがでしょうか?

俺だけかもしれないけど
ゴマニザの幼魚は見たことがありません。

ヒレナガハギやニジハギの幼魚は
なんとも言えず可愛いですよね。

えっ?ハギって何って?
みんながもう少し興味を持つようにガンバリます。

サンゴの移植 

今日は3本やったあと
阿嘉小中学校総合学習でサンゴの移植をやった。

去年着床させたセラミック版で
2cmを超える成長を遂げたものを
1名1枚、29名で協会ボランティアダイバーが
水中に運んで水中ボンドを用いて固定。

その作業を水面で見学している生徒達。
なんだか「良い事してる」って感じだよね。

このサンゴ、実は毎年6月に生徒達が
産卵観察しているウスエダミドリイシ。
産卵観察し、受精卵の着床を観察した際には
2枚のプレートに自分の名札をつけている。
成長過程も何度か見学しているサンゴプレートである。

産卵~受精~着床~固定
ここまで年間通して繋がったのである。
地の利とはいえ・・・
素晴らしい体験学習だと自負しています。
あっ、主体はAMSLだけどね。

PICT0061.jpg


水中ボンドでサンゴプレートの
固定作業中のダイバー。

誰だか・・・判らんけど
みんな仕事の後なのに
ご苦労様でした&ありがとう。

心配かけやがって! 

ここんとこズーッと太陽に照らされて
顔も真っ黒に戻ったきた。

ちょっと寒いしスーツを脱ぐのは
上半身だけになっているので
お腹の半分が白いことに気が付いた。
今日は一段とクッキリとなる。・・・変なお腹。

クサハゼのリクエストを受けて
アマBへ行って見たら・・・
先日行方不明だったヤツシspを見つけた。

まえの巣穴から約1.5mほど東に移動してた。
いなくなったかと心配してたんだぞ~。
人の気も知らんで威嚇しておった。

あんなにいた前浜のツバメウオ
今日は1匹しか現れなかった。。。何処行った?
変りにオドリハゼはダイバーを恐れぬほど
ズンズン出てきてた。やっぱり夕方がいいのかな。

朝っぱらから錦テグリもバッチリ見たし
満足な3ダイブでございました。

niji_ebisu.jpg


よくそこらへんで見掛けるけど
ちゃんと区別できる人って少ないと思う。
これは虹恵比寿。漢字だとカッコイイね。

北風強し 

久々に強烈な北風で
QZは全便欠航となりました。
内海でもすごい風波だったです。
今日はシーカヤック・レース開催日だけど
一体どうなったんでしょうか?
一隻も見ませんでした。

そんな状況なので
サクバル・ウンザ・ニシハマの3本。
ハナゴンベygはまだ出現しているし
ウンザの水面下のサンゴは健在で
トウアカは産卵していました。

風が強くても家の中の陽だまりでは
ハルさんがこんな格好で寝ていました。

haru_20oct.jpg


最近益々理解しづらい
ハルねぇねぇの寝相です。

秋ふかし 

日毎に秋が深まり
鹿がピーピー良く鳴いています。
昼間はセミが五月蝿いし。
夜は愚息がやかましすぃ~。

水温27度で透明度30m超え。
北風が強くてボートに上がると
ちょっと震えます。

akasuji_kakureebi070902.jpg


カクレエビの中でも好きなアカスジカクレエビ。
奥武島でいい感じのヤギに付いていました。

運のつき? 

昨日はSMBだったので
今日こそはヤツシspの撮影をするぞ!
と固く誓って子供と一緒に21:30就寝。

翌朝6:30に爽やかな起床。
1階に下りて洗面所へ行って歯ブラシしながら
オシッコしようとしたら奥さんが来て
「トイレ詰まってるみたいなの」
・・・みたいなのって・・・全然詰まってんジャン!

そして朝いちで
パッコン持って・・・みんなこれの名前知ってる?
ラバーカップっていうんだよ。あっ、和式洋式があります。

で、パッコ~ンって2回ほどで
元通りに流れになったけど、
朝からはヤリたくない作業だな。

などと思いながら飯食ってさっさと準備。
昨日撮影しているから電源入れるだけ
デジはとても簡単で大助かり。

いそいそと船へ乗ってアマBへ向かいました。
ちょっと周囲も見たかったので
かなり遠方にアンカーを入れてspへ行ったのだが
いる筈の巣穴には普通のクサハゼが入ってた。
「まさかでしょ?」
周囲をいくら探しても見つかりませんでした。。。

クサハゼは巣穴の執着が薄いけれど・・・
折角ハウジング持って行ったんだからさ~。

あぁ、朝からトイレ修理なんてのが
運の尽きだったのか?

hanamino_yg071013.jpg


ハナミノカサゴの幼魚。
体長約4cmと幼魚にしては大きめでした。
ミノカサゴ系幼魚も最終な感じですね。
やや甘いピントだけど
こっちを見てるのでアップしてみました。

S・M・B 

仕事もなく天気も良いので
潜りに行くことにした。

表紙にしているヤツシspの撮影を
しに行こうと思っていたけど
ハウジングの準備に手間取ってしまい
10時になったので、気になっていたSMBへ。

あっ、SMBはシークレットマッドベイの略です。

春先に潜ったきりなので、半年ぶり。
カニの巣穴が沢山あったから期待していたけど
あまり収穫はなかったな。

とはいえ、でかいカスリspや
ハゼ科の1種14(日本のハゼp480)の雄を
久しぶりに見られた。

今日の収穫は3つ。
1、クロホシマンジュウダイの群れ
2、8年前に移植したスギノキミドリイシが元気
3、写真のケショウフグ幼魚を初確認初撮影

デジ1だけど、濁っていて
チョコチョコと動いて隠れるので
こんなのしか撮れなかった。

7年前の浚渫以前のあの素晴らしい海はもう帰ってこないのか!

keshou_fugu_yg071017.jpg


この模様から、大人の模様になっていくんだね。

デバスズメダイ 

20071016161432.jpg


一昨日撮影したデバスズメダイの群れ。
まだまだ夏の雰囲気たっぷり。
こんなのずっと見ていたいです。

急に秋 

なんだか、今朝寒くて起きました。
秋がどんどん深くなって行く。

ケラマジカも鳴きだし
サシバも渡ってきて
朝晩ちょっと冷えます。

でも、セミは鳴いているし
よく晴れているので日中は汗ばむ。
水温も28度で高水温を維持し
透明度も30mはあります。

でもお客はいない・・・
表裏一体な今日この頃。

hiraji_toudai071014.jpg

こんな時には写真の平瀬の灯台のように
どっしりとしていたいものです。
それがね、なかなか難しい。

祭りのあとの淋しさは・・・ 

いやでもやってくるのなら(中略)
死んだ女にくれてやろう。by吉田拓郎&岡本いさみ

なんて歌を思い出しちゃったね。

昨夜の座間味祭りは盛況のまま無事終了。
警備の仕事も僅かで済んで
座間味島の同業者たちと雑談しながら飲みました。

隣島の座間味では
森山=おっぱい星人が浸透しているらしく
あの子はDだとかEだとか・・・
いろいろ紹介してもらって知り合いが増えました。
A~Eまで楽しく有意義な時間を過ごせました。

また次の機会も・・・3月の音楽祭かな。
楽しみにしています。

suiro070902.jpg


スライドショーからお気に入りの1枚。
ベタ凪の水面・・・横を通り過ぎた船の
引き波の光の帯がずっと先まで見えている。

はやく夏にならないかなぁ~。

祭りです 

今宵は座間味祭り。
阿嘉が会場です。

阿嘉の青年は総動員。
青年でもないけど、わたしも警備係などで
お手伝いをしないといけません。

それではまた明日。

trimma_sp2.jpg


マクタンで撮影したベニハゼの1種。
きれいだし、好きな魚のひとつです。
日本でも見つかっているんでしょうかね?

やっと帰宅 

祭りの準備を
仕事終了後にしているので
帰宅が遅く
ブログ書いている時間がないので
申し訳ありませんが
今日と明日は休みます。。。。

では、また。

ヒマでも忙しい 

やることがないので
子供や奥さん達のゆんたく用に
庭にテント(タープ)を設営したり
なにやら修理する場所を探しては
いじってみたり・・・。

天気は嘘のように晴れて
風も弱く、海もベタ凪。
こんなときにはお客がいないのは
なんとかの法則で知ってはいるが。。。

HDDに貯まっている映画を
出来るだけ1本/日みようと努力している毎日。
今日は「マイアミバイス」。
コリンファレルのやつだけど・・・今ひとつかな。
レンタルは勧めません。

17時からは13日開催のざまみ祭りの
ステージ設営及び会場の整備。
明後日に迫ったお祭りは好天が予想され
花火の打ち上げにも問題ないし、、、上々です。

楽しみですね。

20071011192607.jpg

9月12日の朝
国指定天然記念物のケラマジカが
ゲルマ島から泳ぎ始めました。

実はNHK「ダーウィンが行く」の取材で追いかけていた雄鹿で
この鹿は何度も対岸のゲルマから海には入るが
すぐに戻ってしまうので「モドルくん」と呼ばれていたそうです。

この時も朝からカメラは狙っていました。
と、ついに彼は意を決して阿嘉港に向かって泳ぎまくり無事入港。
目出度く「ワタルくん」となりました。

写真はその時のもので
入港したワタルくんが船揚場に上陸したところです。
そのあとワタルくんが何処へ行ったのかは
番組放映で明らかになるでしょう。

これも楽しみですね。
エリカさんにも教えなくっちゃ!



憧れのハンモック 

朝、奥さんが「頭痛」だというので
子供達に朝飯食わして
学校へ行かせてゴミ出し。

その後はウダウダと
新しいフィンやマスクを見繕って注文し
ブーツと6半も注文する。

ちょっと早目の冬支度。
今のうちなら空いていて出来上がりが早いし。

6半は出来上がってから1ヶ月くらいは
寝かせておかないといけません。
6半に限りませんが、接着剤をちゃんと乾かすためです。
そして使用直後は30m以深へ数回行けば
ピシッと締まってよい感じで使えるのである。

そんなこんなで昼になり昼飯。
「うまかっちゃん・からし高菜風味」と挽肉焼飯。
またしても腹いっぱいになる。

最近、昼過ぎのうたた寝は
オケラに設置したメキシカンハンモック。
風が通り抜けて気持ちが良い。
本や雑誌を片手に揺られウトウト。

気持ちよくてやめられまへんなぁ~。
海の見える場所へ移動も出来るしね。

kuturogi071009.jpg


思い返せば
伊江の湯野川さんちにあったハンモックが
気持ちよくて、憧れになっていたんだ。

季節も丁度良い具合なので
夕方にビール片手も良いかもしれんな。

ご希望あれば、お昼休みのまったり時間に
お使い頂いても結構でございますよ。

暗がり好き2 

今日から静かになると思ったら
南風がまだまだ強かった。

1本目砂漠へ。
弱い潮に逆らって斜面をおりて
砂地へ降りる。
目の前には美しい砂紋が広がっている。
この砂紋は2度と同じものが出来ないと
思って見ると、不思議と愛しくなってくる。

ガーデンイールを見ながら
ヤシャハゼのところへ行って見ると
1匹も出ていなかった。。。既に生息していなかったりして?
トビギンポを探すが見つからなかった。
トビギンポさえいなくなっているのか?
おそろしやオーバーユース。

2本目ギナ。
タイマイのでかいの1匹。
最近増えたね、ツバメウオ4匹。
まだいるぜクロスズメダイyg2匹。
アオも1匹いたけど、見せられなかった。

今日はAM2本でお仕舞い。
那覇泊まりで明日フライトです。
全部で3本潜れました。
少しは慰みになったでしょうか?

tubametanabata070728.jpg


昨日に続いて暗がり好きの魚
ツバメタナバタウオ。
一見地味で単一色に見えるけど
柄がちゃんとあって
よく見りゃ美しいやつです。

トンネル内の暗がりなどに数匹から10数匹の
群れで生息し、天井に腹を向けて
ホバリングしている姿が普通に見られます。

ライトを向けると奥へゆっくりと逃げていくので
意外と撮影しずらい魚であります。

全便通常運行 

今日の船はフェリー折り返しだろう。
村民の大半はそう思っていたはず。
ところが、びっくり
「QZもフェリーも全便予定通り」と来た。

変なときに頑張るので拍子抜けしたりする。

那覇で数日間忍耐の観光を強いられていた
お客さんがフェリーで島にやってきた。
明日には帰るのだけれど・・・

「阿嘉島に行きたい!」
その心意気に応えようと
15時に船を下ろして15:30から行きました。
人生は浪花節だぁ~。

アザハタで1本ですけど
やや砂混じりの薄濁りでした。
が、素晴らしいフタイロハナゴイの
婚姻色を見ることが出来て・・・良かった?

明日からベタ凪。

yamisuzuki070909.jpg


トンネルやドロップオフの暗がりなどで
やや普通に見られるヤミスズキ。
漢字だと、病み鈴木?闇鱸でしょ。(笑)
尾鰭付根の黄色い点がやけに目立ちますが
背鰭や腹鰭も渋味のある色合いで
地味ながら美しい魚でございます。

シケシケのベトベト 

台風の影響で
南からものすごいウネリが来ている。
このウネリから砕けた海水の飛沫で
島中が海水でベトベトである。

そして、この異常な湿気。。。
部屋の中はシケシケで
洗濯物などカラっと乾くわけもなく

船も来ないし、食い物ないし
学校休みで子供は家にいるし
不快指数は上がりっ放しであるわけさぁ。

15号って台湾で軽くクルっと一周したね。
面白いね。

mikado_midoriishiebi070913.jpg


ミカドミドリイシエビ。
HP表紙になってる草色モシオエビや
モシオエビなんかとセットでよく見られます。
が、撮影となると結構厄介。
コンデジの方が断然撮影し易いと思います。

3つもあるぞ! 

クローサ、ハイエン、ポードル。
今天気図にある台風の名前。

あとからの2つ、16・17号は
はるかに遠くにあって
日本から離れていく進路なので
遠洋漁業の関係以外は影響はなし。

15号はすごいですね。
石垣、西表は大丈夫だったのでしょうか?
台風お見舞い申し上げます。

ひまでしょうがない島のガイドどもは
昨夜、からは~い宅に集い
クダラン話に花が咲きっぱなし。
ビールだ酒だ、白だ赤だと
1:30まで散々飲み散らかしました。

意外と二日酔してなかったなぁ~。
楽しいお酒と話をアリガトウございました。

futairo_sangohaze070916.jpg


溢れかえるようなサンゴ群が
当たり前だった10~12年前は
フタイロサンゴハゼはそれこそチョー普通種だった。

現在はサンゴそのものを探さなければ
サンゴハゼは見ることが出来ません。

しかも、常にシロレイシやホワイトシンドローム
果てやダイバー、大型ボートのアンカー。。。
などの脅威に曝されております。
優しくしてやってください。。。

遊び道具 

台風15号のやつ
やっぱり久米の西へ抜けてくる。
案外長くなるかも知れません。

那覇にいる人達が心配になってきた。
帰れるのだろうか?

こんな時・・・
台風で仕事もなく外へも出られない。
事務仕事も面倒臭いし

そんな時にはこの道具で遊ぶ。
shumi.jpg

昨年自分へのご褒美で購入した、マーチンDM。
本当はD-45などにしたかったけど
恐ろしく高い(中古で40万~)のでDMにした。
こっちは湿気がすごいのでコレくらいが妥当。
それでもギターとしては高いし、マーチンだから
それなりの音はします。

後には小さなタイコとブラックな小型Marshall。
Marshallはフェレナンデスのゾウさんでやってるけど
やっぱりFenderが欲しくなりますな~。
黒のクラプトンか、マスタングが憧れ。

体ガタガタ 

ここ数日
ターミナル前の草刈や
船揚げの際のちから仕事で
筋肉を使ってばかりいて
体中が痛いです。。。

特に揚げた船の位置調整には
人力が頼りで
皆でちからを合せて行ないますが
昨日は11時から13時半までやって
昼飯食って14時から17時までやってた。
そしたら膝がガクガクしてきて
フクラハギが痙攣寸前になってしまった。

筋力が衰えたのか?
いつになく懸命だったのか?

取りあえず
船も家もオケラもやったので
安心してグタグタできる。

15号は台湾の北へ向かっているようだ。
でも15km/hという遅さ。
25km/hだと相当違うけどなぁ。

早く行っちゃってぐれぇ~~~。

kasai_damuma070910.jpg


パンダダルマハゼに似ているけど
胸鰭が黒くないので、カサイダルマハゼ。
ケラマでは何時の間にやら
こっちのほうが優先種になってしまいました。
昔はパンダの方が多かったけどなぁ~。

「おめぇに食わすタン麺はねぇ!」に似てるでしょ?

準備万端? 

台風15号は石垣島を抜けて
久米の西を通って行くみたいです。

何度も書いたけどこのコースだと

台風の進行方向と同一な向きの
右半円に入るので瞬間風速が最大級となる。

そして南からのうねりがいつまでも残り
過ぎ去った直後の返しが強烈になる。

また今回は高気圧に邪魔されて
速度がゆっくりなので
暴風に曝される時間が長い=被害が大きくなる。
以上のことを踏まえて
最大瞬間風速70m/sの対策が必要でござる。
しかも・・・長期戦も考慮するのだ。

停電にもなるので
ありったけの電池を充電しておかねばならぬ。

あぁ、忙しいったらありゃしない。

hiramushi_fumei070910.jpg


サクバルの鼻で見つけた
あまり見たことのない色合いのヒラムシsp。
なんか美味しそうですね。

下のヒロヒロしたのは何でしょうか。

ヒラムシ好きな人に~
悪いやつはいな~いっ。
この意見に賛成なひと~。

またもや連休狙い 

カレンダーを見てるじゃないの?
っていうくらい
連休にやってくるあいつら。

今度は名前はクローサというらしい。
命名国はカンボジアで「鶴」って書いてある。
鶴?カンボジアに鶴がいるんでしょうか?

まっ、兎に角
またもやダイビング屋さんは
店じまいに追い込まれました。
明日には船揚げるようですね。

もう、いやです。

だれか慰めに来てくだされぇ。

20071002172205.jpg


以前ツルピグがいたヤギに
棲んでいるイソバナカクレエビ。

いい色合いしてますです。

しょっちゅうバタバタ 

早いものでもう10月。
牡蠣のおいしい季節に突入してますが
もう食べましたか?
キリッと冷えたシャブリなんかヤリながら
きれいなお姉ちゃんと食べたいものです。

10月になっても
島や学校の行事は益々増えるばかり。
4日は中学生の意見発表会の審査員、
13日には座間味祭りの・・・多分警備。
11月あたまにはツールド沖縄の1輪車があるので
毎日練習します。あっ、これは子供達だった。

兎に角、行事だらけで広報部長なんぞやってるし
年がら年中バタバタしています。
早くPTA辞めたいなぁ~。
hatatate_haze_kikei070930.jpg


先日サクバルの鼻にいたハタタテハゼ。
旗立ての旗が2本になっています。
きれいに枝分かれしちゃったみたい。。。

ハタタテダイと共に
枝分かれの旗はそれほど
珍しいことではありませんが
見つけるとバシバシと撮ってしまいます。