ほんとになくなってゆくんだね 

ドメイン名について悩んでいて
ブログに書いていたら
いくらかのアドバイスを頂きました。
「検索していると取られちゃう」や
「面白がって検索するとなくなる」などと
教えてもらっていて「へぇ~」って。

うん、ドット・インで行こうと思い
申し込んでいる途中で
「取得できません」と出ちゃった。
すごいタイミングで取られてしまった。

いやんなっちゃうね。

久しぶりの写真は
年始のガヒブツブツサンゴに
現れたカスミアジ。
なぜかウミヘビが頭を突っ込んでいる箇所から
離れようとしなかったので
近距離で撮影できました。

やっぱり大物っていいよなぁ~。

kasumi_aji070121.jpg

嗚呼、ADSLその2 

昨日の寒さはどこへやら
風もおさまり、太陽もサンサンと輝く。
午前中はADSL導入の検討をした。

我家はインターネット代金に
一体幾ら払っているのか?ここが問題である。
NTTとDIONにフレッツISDN代を約¥4,500。
ADSLを導入するとocnプロバイダ料金を
含めて¥4,500。。。ほぼ同額じゃん。

NTT電話基本料金の¥2,780が
アナログで¥1,700になるので-¥1,080で
実質は約¥1,000安くなる計算。。。?
でもそのままだと変なメールアカウント 
○○@oki.zamami.jp が付いちゃうし、
無料HPスペースが10Mしかない。

じゃ、この¥1,000/月でドメイン&サーバーを
レンタルすれば良いのじゃないかい?
ってことになるんだけど
その「ドメイン」がOCEANUSでは
取れないのが悩みの種で、前後に何か付かないと
.jp や.com や.netが取れないのじゃ。

.in ってのが(インドらしい)空いていたが
「どっとイン」は縁起が良かったけど少し値段がお高い。
oceanus-net.jp(com) oceanus-com.jp oceanus-dive.net
などは取れるようだけど
どうもしっくり来ない気がするなぁ~。
net.jp 1あたりが無難かしら?
この件について広く意見を募集いたします。

今日も写真を貼らずに終えるのであった。
プハァ~。

嗚呼、ADSL 

「ポカポカ陽気」はいつもの合言葉。
本日もポカポカでしたが
それは家の中の、しかも窓際でのこと。
外はビュービューに北風が吹いていて
すっげぇー寒かったです。

猫のハルがいる所が暖かいです。

今日はPTA新聞のために学校へ赴き
我者顔でPCの前に座って
入れてもらったコーヒーなどをすすりながら
新聞作成ソフトをインストールして
うちのとミラーリングしてきた。

16:00からは予てからの事業であった
ADSLの説明会がありました。
今更ADSLかよっって感じですけど
こんな田舎の離島では、「現実」なのです。
離島でもないのにADSLさえも出来ない
場所が実際あるらしいので贅沢は言ってられません。

阿嘉島には局がないので有線ではなく無線。
そう無線LANで局のある座間味島とつなげます。
石垣ー竹富の実績や北海道の実績から
絶対に大丈夫と太鼓判を押したNTTでした。

明日へ続く。。。


真冬となる 

日曜日の朝、タツヤは起きるのが早い。
散歩でもラジオ体操でもなく
ガイキングというアニメから始まる
一連の子供向け番組を見るためである。

6:00におこちゃま目覚ましが
鳴り響きオヤジも一緒に目覚めさせられる。
仕事がないのでそのまま継続して眠るが
シーズンは勘弁願いたいものだ。

やはり、ソファベッドは必要だなぁ~。

今日は沖縄も「真冬」です。
12~13度ほどしかなくて
北風が強く吹いているので体感温度は
8~9度くらいではなかろうか。
外にでるのが嫌だもん。。。

こういう日はゆっくり映画でも見たいけど
ほらっ、日曜日で子供が家にいるじゃん
見れないし、自分が家の中で燻ってるのに
「外で遊んで来い」とは言えないし
いやんなっちゃう。

写真は先日行ったアザハタの根での1シーン。
アデウツボygが顔を出している横に
オトヒメエビの(着床直後の)幼体?がいました。

アデウツボygは1匹でも珍しいのに
大小2匹いて、大抵1匹は顔を出すので
とても助かってます。
でもこの日あまり口を開けなかったので
お客さんは口を開けた写真が撮れなかったようです。

ワタシは大口開いている所をチャッカリ撮っております。

adeotohime.jpg

作業はのんびりと 

やや曇り空であるが
寒さはそれほど感じないのに
温い布団の中で目覚めたら
8:30だった。

今日は土曜日で学校が休みなので
バタバタとギャースカしてなくて静かである。

起きて行くとタツヤはTVの前にいた。
起き抜けのコーヒーが札幌で購入した
スタバの保温ボトルに入れられて置いてあった。
なかなか保温性が高く便利であるね。

朝食を頂いてからPTA新聞の作業開始だ。
昨日、教頭先生からもらった記事を
貼り付けようとしたら・・・
一太郎で書いたものだったので開けられなかった。

少し考えて、ジャストシステムのサイトへ行ったら
「一太郎ビューワ4.1」なんていうフリーソフトが
あるのを知り、早速ダウンロードしてみたら
ちゃんと開いてキレイに見れるのね。
これで一太郎でも読み込めるぞぉ~。
・・・でも、この作業で午前中は終わってしまった。

午後は揚げてる船のキャビンにシートを被せて
今日の作業は終了ってことにしました。
あっ、今日はダイフェスやってるんだよね。
最近はどうなんでしょうか?全然行っていません。

写真はホソスジナミダテンジクダイと言います。
ナミダテンジクダイというのもいますが
尾柄部にある白色部分が明瞭で太く
体側に横帯がないことで区別できます。
パッチリした大きな目からの黒い線を涙に見立てたのでしょう。

最近、アダン下でよく表に出てきていますね。
表に出てくる魚じゃないんだけど・・・。

hososuji_namida070122.jpg

やっぱり欲しい。 

今日も1日ポカポカ陽気で
過ごし易い・・・っていうか暑い。
こんな春めいた日でも
PTA新聞の作成に勤しむワタシ。

日中のほぼ80%を
PCの前で過ごしていて
運動不足で栄養過多である。

時々、下へ降りてTVを見たりするが
座布団を2つ折にしてゴロンとしても
首や腰などが直ぐに痛くなってしまい
ちっとも寛げない!

思えば去年の春に
子供の勉強机を搬入するために
オヤジの寛ぐスペースが奪われたのだ。
あぁ、あの頃の革張りソファが懐かしいぜ。

搬入直後はカナタツの机がくっ付いていたが
喧嘩ばかりするので夏菜は2階へ行き
1階は現在タツヤの机だけだ。
その横、つまりTV正面のスペースが
空いているので、そこへ是非置きたい。
ソファベッドを~~。

ベッドになれば夏ひとりで寝れるし
急な客が来ても布団出さなくても良いので
ソファベッドが良い。
が、145cm×65cmのスペースに
入れるのがなかなか無いんですな。

さっき良いサイズで値段も手頃¥9,980を
見つけたけれど、離島送料7700円も取るんです。
送料無料(沖縄離島は送料別途)

いっつもこれだ!

ニシハマの-26mのスケロク。
伊豆で撮ったみたいだね。

sukeroku070123.jpg

1日中、春の陽気 

お客さんが帰ると風も止んで
太陽もマトモに出てきて
ポカポカ陽気となってしまう。
いつものこととはいえ、
上手く行かんもんです。また来てくださいね。

さて、春めいた陽気の今日は
PTA新聞のための写真や
記事集めに学校なんぞへ行って
学校のPCをいじっておりました。

が、壊れて新しくなったとかで
勝手が判らないぞ。。。
NECのバリュースターだけど
余計なソフトがた~くさんあって
普通の画像もどれで開けて良いやら・・・
CD-RWも開けなかった。

1太郎なのね・・・遠い昔使ったことがある。

今日は夕方まで良い天気。
こんな日はボケッとしていたいよね。
上京の日時も迫ってきたし、やる事やっとかんと!

写真は昨日リクエスト?があった
チビハナダイ。
コンデジのマクロ/デジタルズームで
少し色処理して縮小しました。
切り抜きはしていませんので
迫力あるでしょ?

chibi_hanadai070122.jpg

オヤジは雑職 

本年度最後のお客さんも
QZで那覇へ行ってしまい
もうちょっと静かになったら
単独潜水でもしようとしていけど
「揚げるけど揚げる?」
なんて誘われて、思わず「揚げる」
と言って揚げてしまう駄目なワタシ。

奥さんが確定申告をしている隙に
このままだと絶対に追いつけないし
置いていかれる!という危機感から
Wiiのワリオを一人でプレイし
子供達に追いつき追い越す箇所までこぎつけた。
ザマァミロってんだ!
・・・父親の威厳を保つのも楽ではない。

その後、「マグロ」後編を見たりしていたら
学校から子供達が帰ってきたので
部屋でブログ書いてます。

今月は例のPTA新聞No.3の発行が控えていて
記事の締め切りを今週末にしたから
来週は編集作業で忙しいのであるわけさ。
天気も悪いし、丁度良いか。

ウミズキチョウチョウウオの子供です。
体の模様も、頭部も大きくて
正に幼魚のタタズマイで
ヘロヘロ逃げながらサンゴを突付いていました。
「日本の海水魚」によると、
成魚は雑食だが幼魚はサンゴポリプを好む。
と記してある。。。そうかな?

見れそうで中々見れないウミズキ(海月)のygでした。

umizuki_cho_yg061120.jpg

お仕事終わりまつた 

お仕事も今日で終わりです。
また、天国のようで
実は肩身が狭くて針のムシロのような
生活がやってきます。

3日目くらいからは
「おとうさん、今日も休みなの?」
などと子供に言われます。キツッ。

1本目は奥武島に行く予定だったけど
思ったより風が強くて断念。
替わりに、行った事ないという
ニシハマの北の深場へ行きました。

流れていて、ほとんどのトサカが
ビンビンに起っていて凄かった。
イソコンペイもスケロクも見れた。

2本目はアマビー。
ツノザヤが見れた。
クサハゼがみんな成長していて嬉しい。

3本目はサクバルの鼻へ。
ほど良く流れていて良い感じです。
イソバナやヤギのポリプがキレイ。
シンデレラウミウシを久々に見た。
気持ちの良い1本だった。

写真はベニヒレイトヒキベラ。
日曜のガヒブツの個体ですけど
夏に数cmだったのが、10cmを越え
立派な成魚になりました。

大人しくてとっても撮り易いです。
コンデジですよ。

benihire_itohikibera.jpg

素晴らしいの 

曇り空でも雲が薄くて
もうちょっとで太陽が出そう。
出れば、もっと海がキレイに見える。
夏に比べれば暗いけど
それでも太陽が出てると明るいし
寒さも軽減します。

1本目アザハタ。
ウツボ好きなのでアデウツボが出てれば良いなぁ~
って思っていたら大きいほうが出ていました。
アザハタもやる気充分なようで
2匹ともホバリングしています。

チビハナダイがヒョコヒョコ出てきて
動かないので、ガイドしたら
何回もファンダー覗き直していました。判り辛いよね。

2本目潮ギリギリのアダン下。
以前失敗しているので、ちょっと緊張。
さらっと適度に適切なガイディングでした。

昼食後3本目は引き潮で穏やかになったクバ島南。
進んでいくとクジラ見物の船が数隻見えたので
行って見ました。

近づいていくと、遠目でブリーチングをしている。
おぉ!絶好調じゃん~。
ブローばんばんで更に近づいていったら
尻尾を振り上げて、バッシャンってやつ・・・
なに?テールスラップだっけ・
あんなの数回やってテールアップして
また出てきてブローして・・・今年初めてのクジラ。

ちびる君の奥さんは初めて見たようで、
おめでとうございます。

その後のダイビングで鳴き声も堪能し
キンチョクガ二も出てきてフリフリして
コビトスズメダイも見れて
とても素晴らしい1日だったと自負しております。

写真は間に合わないので
ヤギの1種のポリプ。
八方サンゴなので8本です。

yagi_poripu.jpg

お仕事なのっ 

とっても久しぶりにお仕事である。
が、昨夜からまたしても
雨が降り続いている。。。
風も強くなってきたようで
ビューとかピューとかの音で
あまり良く寝られへんかった。

起きたら二日酔だし・・・
雨風が凄いし、QZ出るんかしら?
心配を他所に、通常運行だった。

すごい雨の中ちびるくん夫妻がやって来た。
私の中では悪天候なイメージがあって
今回の大雨で更に固まったね。

で、しっかりと午後から2Dive。
1本目はガヒブツです。
スミツキソメワケベラ、ヤマブキスズメダイ、
ベニヒレイトヒキベラも健在。
クロオビスズメを見て、増えてきたルージュ見て
カスミアジなんぞも見て、EX。

2本目は前浜にした。
行ってみたら、アオウミガメがいた。
撮っても撮っても逃げないなぁ。
調子こいたら逃げていきました。。。ごめんね。
オドリハゼが出ていなくて、ヤドカリもいなし
戻ってツバメウオ見ながら奥へ行ったら
50cmほどのコブシメに遭遇。

この子は撮っても撮っても逃げなかった。

今日1番のヒットは写真の
Lysiosquilla sp。アナシャコの仲間です。
ガヒブツ-22mに巣がありました。
よく白い種類のはみるんだけど
このオレンジ色のは久しぶりです。

バルタン星人に似てるよね?
両脚揃えてお行儀良さげですが
指など近づけたら・・・パチンッと一撃。
ツメが割れるほど強烈です。ご注意くださいませ。

明日は晴れろぉ~~。

Lysiosquilla_sp.jpg

お得なツアーなの。 

昨日までの冬は何処へやら
すっかり風も弱まり
雲も薄く、晴れた青空が良く見えます。

今日は去年も開催された
「美ら海づくりツアー in 阿嘉島」です。
オニヒトデ駆除班とビーチクリーン班とにわかれ
島をきれいにして、美味しい料理を食べて
明日はカヤックやヨットを楽しむ。
というツアーで、阿嘉島集合で1泊2日の
昼から昼までの食事付きのダイビング、カヤックも付きで
¥7,000だったかな?劇的にお得なツアーです。

最近はあまりオニヒトデがいないので
シロレイシガイダマシを駆除してもらいました。
300個体くらいは取れたかしらね。
ご協力ありがとうございました。

さて、この後は琉球サンゴくん(入川暁之氏)による
「ケラマ諸島におけるサンゴ礁の保全」
と題した講演があって、今夜はこのツアーの
「ふれあい交流会」だったっけ?
まぁ、一緒に飯食って飲むのである。
従って、ブログアップも早めで手抜きだ。

いやぁ~、久しぶりに潜ったけど
海きれいだったなぁ~。

写真は今日のことと全然関係の無い
ワラエビ属の1種。
むかしはムギワラエビと呼んでいたやつです。
伊豆のとは、脚の模様などが
若干違うようです。

waraebi061120.jpg

長雨 

今日は朝から雨。
昨日も1日降っていて
今日もずーっと降っている。
あまりの強風にオノノキ
船を下ろす作業を中止にした。

さぁ、日曜までに船は下りるのか!

ずっと雨なので
ずっと家にいる。

奥さんは那覇でせっせと買物中か・・・
オヤジはゴミを出し、洗濯し、
部屋干しの乾いた物をしまう。

昼飯はかき玉ウドンと昆布おにぎり。
これをフーフーと食べながら
オヤジは正月特番の「マグロ」前編を見た。
良く出来た良いドラマだ。
良い脚本と良いキャストが揃えば当り前か。

良く晴れたベタ凪の浅瀬へ行くと
こんな風景が見られます。

早く夏にならないかぁ~。

2005_8_18022.jpg

ちょっと忙しくなりそな予感 

昨夜から雨が降り続いている。

朝起きたら、寒くはないけど
雨がシトシト降っていた。
まだ降ってたのかぁ~と文句を言っても
やむ訳はないのに、空に向かって言って見た。

子供達は傘をさして元気に登校していく。
あぁ、阿嘉島は交通量がすくなくて
本当に良かった。と不謹慎ながら思ってしまう。
風見しんごの長女の事故は本当に悔やまれ
送り出したお祖父さんが可哀想だった。

ゆっくりと休んでるのも今のうちで、
今さっき奥さんはひとり那覇へ行きました。
夕飯作ってから
サンシン教室行かせないと・・・。

明日は朝8:00から船をおろす。
明後日からは仕事が少々ある。
久しぶりにやることがたくさんある。
そろそろPTA新聞の時期もやって来たし
段々時間の余裕がなくなるぞぉ~。

ホワイトソックスはまだ標準和名が
決まっていない?
阿嘉島は、アザハタの根などに生息し
ワタシが知る限り15年以上途切れたことがない。

この事実は結構驚異的なことで
他の島では散々探し回っていることを
考えると、とても贅沢だと思う。

濃い目な赤い体と純白なヒゲと脚先が
とても良く目だち、常に忙しそうに
魚たちのクリーニングをしています。

色柄からXマスやお正月など
おめでたい時に人気が高まる傾向にあるようです。

WS070102.jpg

どこがどうなのよ 

毎日がヒマで幸せこの上ない。
なんて書くと「脳天気馬鹿」と呼ばれそうだけど
この1月のヒマヒマな日々があってこその夏である。

大体、我われダイビング業は
7~9月は台風以外休みがないのが現状で
実際去年は、6/24から8/28まで
ビッシリと入っていて休んでいない。

台風が来るっていうと
船揚げたり、家周りを片付けたりで
休む間もないのが現実である。
早い台風や進路がズレれば
翌日には、また元に戻さねばならないので
余計忙しかったりする。

なので、1月ゆっくりするのは
とても楽しみにしている。
映画みたり、ダラダラしたり・・・。

昨日は、ハリポタ「炎の・・・」を見た。
50%くらいが暗がりの場面が多く
昼間見たので暗いばかりで全然理解できないし
何だか集中出来なくて、つまらなかったぞ。

写真を毎日掲載しているが
モザイク問題がすっきりと解決しませんね。
アカハラヤッコです。

この属は雌性先熟の性転換を行うということだけど
雌雄の区別が外見では無理だと思っているのに
日本の海水魚p411のアカハラには
「雄になりかけの状態」と解説されているのがある。
どこがどうのようになっているのか?
ちゃんと明記してほしいものです。

マリアナ系のダイダイヤッコにとても似ているけれど
実に微妙な違いなのでケラマに出現しても水中で区別がつきづらい。
それにもましてハイブリッドなんぞいたら・・・
しかも、フレームエンゼルまで混ざったりしたら・・・

などと考えたら、おちおちヒマも楽しめませんな。

akahara_yakko061210.jpg

無理せず楽しくがモットー 

今日は朝から
生温かい空気に包まれ
子供達もすんなり起きる。
朝焼けの光が下へ降りる階段を
オレンジ色に照らす。

こんな日はカメラを持ち
一人船で潜りに行くと良い。
が、船は陸揚げされている。

アゴノウラにでも行って
ノンビリと調査したいけれど
今時分は水温が死ぬほど冷たい。

週末からのお客さんを誘い込むか・・・。
伊豆ダイバーだから大丈夫でしょ?

写真はクロソラスズメダイの若齢個体。
去年はこのクロソラの各ステージの識別が
出来る様になった。
全スズ振のメンバーの功績である。

功績といえば、伊豆は富戸支部では
セダカスズメダイの産卵研究が発表され
長年の地道な調査にスポットライトが当たった。

全スズ振はこの素晴らしい研究に
「Damselfishes Of The Year」を授与し称えました。
ワタシの作ったこのいい(良い)加減で
怪しい振興会にも入会者が増えてきています。

面白いもので会員が増えてくると仕事が出来て、
その処理をする人が現れます。
「会費・会合・会報」のない会でしたが
会合だけは年に数回行われるようになりました。

勿論、会合と言う名の宴会でございます。

これからも無理をせず
楽しみながら盛り上げて行きたいと思っています。

kurosuzumedai_yg061210.jpg

日本のうた 

ワタシは幼少の頃から歌が好きだ。
ビートルズやS&Gに始まり、
フォーク全盛時代を生き抜きながら
ツェッペリンにハマリミュージシャンに憧れ
新宿をウロツキながら大人になった。

今でもクラプトンをはじめとして
いろいろな洋楽曲を聴いているけれど
時々は邦楽曲も聴いている。

我家にはテーマ曲がある。
「見上げてごらん、夜の空を」で
永六輔 作詞、いずみたく作曲 坂本九が歌った名曲です。

我家のように田舎に住み、自然相手の生業で
幸せなんぞは「ささやか」で
名声には縁の無いガイド業だけど
力をあわせて生きようね。ということだ。

この歌が「日本の歌101選」というのに選ばれた。
このようなものの選曲といえば
学校唱歌と相場が決まっていたけれど
最近では、流行歌(古い!)も選ばれるんだね。

他には、百恵さんの秋桜やいい日旅立ちなども
選ばれていましたが、荒城の月などもシッカリ入っていました。
赤とんぼや月の砂漠はみんな知っているだろうけれど
この中の歌を全部知っている人は皆無ではなかろうか。
どうせなら、「日本の歌101」とかで
CD化して1世帯に1枚配れば良いのに。。。

よっぽど支持率あがるでしょ。

写真はクマノミの幼魚。
ピンクいイソギンチャクがキレイですね。
クマノミの位置やポーズの形など
考えたらキリがないので、バシバシ撮って
あとから考えるのが、デジ1流です。

kumanomi_yg061209_02.jpg

猫=寝る子 

毎日時間が余っているので
何かをするとき・・・
例えば掃除や部屋の整理など、は
1回でやってしまうと勿体無いので
少しずつやるのが阿嘉島流です。

今日は膨大な量のCD-ROMを整理しました。
このたくさんのCDの中身は
主にダイビング協会などを資料と
オケアノスHPの写真などのバックアップ。

バックアップしたら前回のものを
破棄すれば良いのですがね。
何故か捨てられなくて残こしていました。
「役にたつかも・・・」と思って残しても
結局は捨てるんだよね。。。

整理してたくさん捨てて、スッキリ。

朝起きたら1階の窓が10数センチ開いていた。
ん?昨夜最後に寝たのは奥さんだ。
確認しなかったな~。
で、猫のハルを探すと直ぐ後でゴロとしている。
あれ?脱走しなかったのかしら?

あれま。。。ってんでハルの足の裏を見ると
ツメの中も黒いし、肉球の周りも薄汚いな~
やっぱり脱走したようである。
でも朝からちゃんといたってことは、
脱走して帰還したってことだ。にゃろ~。

と怒ったところで後の祭り。
無事に帰って来ているし、まっ良いか。

ハル(♀)推定5歳。雑種。睡眠時間20h/day
どんどんシタタカになって行く。。。

haru061222_1.jpg

餅は杵つき 

やっぱり寒くなって来た。
朝はシトシト雨だったけど
昼前には上がって太陽が出てきた。
今日は餅つき大会だったので
晴れてきて助かった。

炊き上がった米を臼に入れてある程度つき
その後は子供達が準番についていきます。
つきあがった餅は食べ易い大きさに丸めて
好きなだけ皿などに取り
あんこ、きな粉、大根おろし、磯辺、お雑煮と
お好みのテイストで頂きます。

5~6個食べればもう腹一杯。
「昼飯ないから一杯食っておけ」と
アチコチから聞こえていました。
あぁ、やっぱり餅はつき立てに限るね。

ワタシは大根おろしでさっぱりと3個、
磯辺巻きで3個、お雑煮で1個頂きました。
美味しかった。

我家の竜也も小さいほうの杵を持ち
えいっっとばかりにつきました。

mochi070113.jpg

雀似な奴 

やっとこさ見た。
ラッセル・クロウ主演の「シンデレラマン」。
2時間30分位あってやや長くて
この手の映画は途中で止めるのが
嫌な性分で、、、見る機会が自ずと限られる。

見応えはあった。
最後の試合はこっちがドキドキもので
何故か隣にいた竜也まで声援を送っていた。
吹き替えじゃなくても、ジッと見てたりするんだよね。

また少し風が出てきて
海が荒れてきたね。。。
今年はまだクジラ見ていないな。
家から自家用船で15分足らずの所で
ザトウクジラを見ることが出来るって凄いよね。

写真の魚、わかりますか?
チャイロヤッコと言う小型のヤッコです。
-8~20m前後のショウガサンゴ群の中や
ガレ場に生息している普通種です。

サンゴの下などから出たり入ったり
しているのでハッキリとその姿を
見るのはタイミングが難しいかもしれんません。

ちゃんと見ると結構美しくて感動します。
見た目がスズメダイに似ているので
見たお客さんがスズメダイだと思って
図鑑で探しても見付からないことが良くあります。

この属は小型の種がほとんどで
暗がりの窪みやサンゴの下などに
生息するので撮影観察が容易ではありません。

しかし、どれもが美しく
固有種が多いのでとても人気があります。

こいつは別腹という訳には参りません。

chairo_yakko061231_2.jpg

ヒマです。 

ヒマになると今までDVDレコーダーのHDに
録画してあった映画を見ることが多い。
昨日は「容疑者 室井真次」を見た。古っ!
まぁ、楽しめたな。
さっきまで「弁護士 灰島○○」(もう名前出てこない)を
見ていた。灰島の人間像に迫ったものだけど
そんなことはどうでも良いと思うんだけど・・・。
それほどのキャラなの?

で、これからやっと「シンデレラマン」になる。
ボクシングの映画で、楽しみにしていた1本だ。

しかし、愚息竜也が学校から帰ってきて
宿題をやり始めたので見れないのである。
これがまた時間かけてやるんだよなぁ。
早く終わって外へ遊びに行かないかぁ~。
映画1本見るのにもタイミングが必要なのだす。

さてと、写真はアデウツボの幼魚です。
一般的にはとてもレアなウツボで
成魚はダイバーが行けない水深に生息しているらしい。
幼魚は、やや内湾な砂地の独立した根などに稀に出現する。
口の中が黄色いのが特徴ですね。

橋の出来る前には、よく前浜にいたけど
橋が出来て潮が変わった途端、見られなくなった。
前浜の-10m前後にアザハタの根と同じ種の生物が
見られる根があったんだ。
海は本当に正直。。。変えれば直ぐ変わる。

局所的な変化と広域的な変化との比較データがないので
なんとも言えんけれど、何百年もその形で
維持されて来たものを壊すのは止めた方が良いに決まっている。

嗚呼、これからも本島東海岸は開発され続けるのか・・・

adeutubo_yg070102s-.jpg

我S&G 

今日も今日とて時間を持て余すワタシ。。。
陸揚げした我OCEANUS号の
オーニング(手すりやテント)のサビを
落として、ピカピカにしてあげた。

オケラハウスの改良も少々考案中。
うまくいったらオナグサミ。

数ヶ月前にAMAZONギフト券をプレゼントされた。
カードの裏をコインで擦って
現れた記号番号を打つと買物が出来る仕組みである。
んー、素晴らしい仕組みだ。

ワタシはCD売り場にて
「JJケール&エリッククラプトン」¥2480を買い
お釣が出ないはずだと思って「S&G冬の散歩道」も
あわせて買い求めた。

クラプトンは中学生位から長年のファンですが
JJケールとはやらん方が良いのではないか。
と思っていたけど、やはりあまり良くないです。
というか、クラプトンは邪魔になっている気がする。。。
クラプトン聞く為だったら買わんほうが良いです。

S&Gは中1からのファンで、ポールサイモンが大好き。
大体持っていたけど今は手元になかったので
うちにある楽譜とリンクしていたのでそれになった。
スカボローフェアーやボクサー・・・旧友という歌も好きです。

若い頃の「やんちゃ」な自分を思い出します。

さてさて、アケボノハゼ。
雑誌系人気魚ですね。
UMIEのハウジングを大深度にて
操作したかったので行ってみました。
まぁまぁ、普通に撮影出来たけど
ファインダーの小さいのにもっと鳴れないと
撮影速度が早くならんね。。。

しかし、-46mでは時間が足りません。
鰭も広がっていないのに、シャッター押している。

akebono_haze070103s-.jpg

植え替え 

爆弾低気圧の影響も薄らいで
風も弱く良く晴れた素晴らしい天気。
朝起きて窓の外から差し込んでくる
美しい朝焼けを眺めながら飲むコーヒーは格別である。

昔はこの窓から海が良く見えたけど
今は橋しか見えなくなってしまっている!
段々と島の空間が狭くなっていくっ!
ま、日本全体がそうなってるんだろうけど

阿嘉島みたいなところは
不便で何も無いのが良くて通って来たはずで
少々便利になったところで
中途半端では余計不便を感じるのはワタシだけか?

今日は天気が良かったので
鉢植えで育成していたハバネロを
外の花壇に植え替えた。大丈夫かしら。。。

3月に種を植えてから現在まで20個くらいしか
収穫できなかったのが残念だ。
人に聞くと、3本あったら80~100は採れると言う。
んー、1/3以下じゃん。栄養、土、日当り・・・
良いのは気温だけだったのか。
種採ったから今年も植えてみるべぇ~。
収穫したハバネロは酢1:焼酎1で瓶詰めしました。
ペペロンチーノォォ~~!

さて、写真はみんな大好きカエルウオ。
中でもケラマ海域では大量に生息しているヒナギンポです。
だと思っているけど、少し不安もある。
カエルウオの同定って難しいんだもん。
キョトンとした愛嬌顔に免じて許してね。

写真のモザイク問題が解決していないのに
HP表紙の写真を替えて見ました。
モザイクになっていませんか?

hinaginpo070103s-.jpg

mosaicでした。 

成人の日だった昨日
各地でどうだったのでしょうかね?
例によって暴れる子がいて
機動隊が来て・・・もうそんなの無いか。

・・・那覇では機動隊が出動したそうな。
あぁ、時代遅れの沖縄ぁの若者よ、何処へゆく。

今日は貯まりに貯まったダイビング雑誌を
やっと捨てた。約1年分×3種類=36冊。
ダイビング雑誌って結構重いよね。
余計な?付録小冊子も付いて来るし
座間味村指定1枚40円のゴミ袋大1枚と
小1枚20円のを1枚、合計60円掛かってしまった。

3種類ってのは、マリンダビング、ダイバー、マリンフォト。
ダイビングワールドからは何故か嫌われているようで
突然来なくなってしまいました。。。寂しくないよ。
1種類もないと寂しいけど、っていうか情報的に困るけど。。。

今日の夕方、アヒコダイバーズのHPのメンテに行った。
なぜワタシが?  制作者だし。

で、俺よりハイスペックなセットなので
自分のブログの写真を見てみたら・・・
驚いたことにモザイクだった!
あはぁ~、みんなが言ってのはこれか~。
これじゃ、イカンさぁ~~~。
貼り直してあるのもバックはカクカクしてるね。

んー、やっぱりそうなると縮専は手放せませんな。

あっ、写真はホヤです。
なんというホヤかは判りませんが
キレイだったので撮ってみました。
案外好きなんですよね、ホヤ。。。

hoya_sp070103.jpg

昔の小僧は冬でも半ズボン 

本当に寒い1日でした。
うちではほとんど誰も家から一歩も出ず
TVみたり勉強したりしていました。
なんて体に悪いのでしょうか。

内地では台風並に発達した低気圧で
各地の天候は大荒れで
またもや成人の日の天気が崩れました。
かわいそうにね。。。
折角の振袖やスーツが・・・。

そうそう最近では男子が10名ほどで集まり
揃いの羽織で決めていますが、それも台無しだ。
こう天気が悪くっちゃ暴れても誰も見てくれないぞ。

我家では一家揃って「3丁目の夕日」を鑑賞。
ワタシが生まれる少し前の風景は
とても懐かしく思いました。
古田淳之介(劇中名)が良い味だしてます。

アラを探せばキリがありませんが
当時の子供で長ズボン履く子はいなかったぞ。
お出掛け着でも通年半ズボンでした。

さて、写真はイソハゼの1種です。
ニシハマのオオメハゼ地帯に単独でいます。
とてもキレイですが、
「日本のハゼ」p148のように撮れませんね。

梅雨~初夏の婚姻色を出す時を待って
横からバシっと撮りたいものです。

isohaze_sp8_71020.jpg

周囲の環境が写っているカット。
写真中央の巣穴から顔だけ出しています。その奥の赤いのはオオメハゼ。

isohaze_sp060826.jpg

寒い 

20070107110308
牛角うまかった
OEANUS/Atsushi_Moriyama

映画ソフト牛角 

昨日は急遽那覇へ。
本来冬休みの最後の土日を
那覇で過ごそうかと言っていたけど
今流行りの「爆弾低気圧」のお陰で
日曜日に船が出そうも無いと判り
急に・・・本当にその日の朝8時過ぎに
那覇にいくことになった。

どっちもみち、銀行と間税課に
行かねば成らぬので平日が良かったし
子供2名を連れて混雑する商業施設を
歩きたくなったので丁度良かった。

那覇では「シャーロットの贈り物」という
映画を3人で観た。
嫌われ者の蜘蛛のシャーロットは
友達になった子豚(名前忘れた)が
X'masにベーコンになるのを助けるのだが
何でも何十万部?も売れた絵本の映画化らしい。

まぁ、可もなく不可もなくってところでしょうか。
レンタルならOKって感じです。

夜は牛角で高級炭火焼肉じゃ~。
竜也は「うっめぇ~」を連発。
オヤジ、息子、娘の3名は腹パンパンの
にんにくプンプンさ。

X'masにサンタさんからもらったWii。
ゲームソフトがないと面白くないので
値段を見に行ってみた。
ネット価格を比べてみようってことです。

見てみたら、ネットよりも¥500~¥900ほど
安かったので買ってしまいました。
「スポーツ」「ワリオ」「タマゴっち」の3つ。
帰って最初にワリオを開けて竜也がやってみた。

リモコンバーの特性を生かした
ミニゲームをやりながら画面上の仮想タウンの
アチコチに行くらしい・・・エキサイトしていた。

おとうさんにはまだやしてくれない。

このあと「タマゴっち」を開けることになっているが・・・。

最近ここの掲載写真がモザイクだと指摘があり
人に聞いたりしてみたけど
解明できないので、仕方なく解像度を上げてみた。

これでどうでしょうか!
キレイに映っていますでしょうか?
レモンスズメダイの幼魚です。
100mmの特性が良く出ていますね。

ありふれたスズメダイにこそ美しさはある。

んー、これって
「地下鉄の落書きにこそ真実がある」に似ている。

lemon_yg070103.jpg

1/3はベロベロ酔い 

昨夜はお祝いの席を
青年会のメンバーと巡り回った。
主に73歳と85歳の人の祝いで
阿嘉島では今年は5軒でした。
みんなが知っているところでは
サクバルのおじさん、あ~まんハウスの太郎オジィが
お祝いでした。

どの家も方々に散っている親戚一同が集結し
孫まで連れての帰省ラッシュで
人口が一気に増えるので島がとても賑やかになる。

昼間は総合センターで合同祝賀会があり
その後各家で2次会が開催される。
その2次会に大勢で押しかけて参加し、
飲んで食って踊って会を盛り上げるのだ。

何軒も行くので、当然酔っ払う。
10数軒ある年など、それこそベロベロになる。
で、毎年1月3日は背広姿でベロベロ酔いの
オヤジが出来上がる訳なのだ。

この背広姿の酔っ払いオヤジを楽しみにしている
お客がオケアノスには数名存在している。

今年は5軒で少ないのに、
酔いはいつもと変わりなくベロベロであった。
あぁ、このノン平オヤジめ。

1夜明け、お祝いに集まった親戚一同は
朝の船やフェリーなどに乗り込み
帰っていきまして、お客さんも帰っていくので
島の人口は一気に減り、とても静かになっていくのであった。

写真はユカタハタがベンテンコモンエビに
クリーニングされている場面。
近づくと逃げていったりして
中々上手く撮影出来ないシーンだったりしますよね。

これも少し遠いかな・・・。
ところでこれもモザイクのようでしょうか?

yukatahata_benten2.jpg

年々駄目になる 

昨日にも増して暖かい朝。
太陽がサンサンと輝き
日中は夏のような日差しでした。

1本目に久々となるクバ島の隠れ根。
ズド~ンと46mまで行って来ました。
トンネルではハナゴンベ2cm未満のygが
2~3匹もいてライトで照らしても隠れない良い子。
シャープアイ、シロボシスズメダイyg
アケボノハゼは45m。。。伊豆より深いじゃん。

久しぶりの深場は
キリリと身が締まり
とても楽しめました。

2本目は平均水深6mという浅場の砂地で
のんびりと65分潜り、余分な窒素を抜きました。

これで年始の仕事が終わり
あとはいつのもように卓上雑務をこなすだけ。
なんだけど、今年はまだ来客があるので
引き続き引き締めていかなくてはなりません。

写真はツキノワイトヒキベラのオスです。
見つけ始めて頃は24m以深でしか探せなかったのに
最浅の16mで見つけてからは
20m以浅で良く見かけるようになった。

イトヒキベラの仲間ではクロヘリイトヒキベラの次に
多く生息しているのがツキノワイトヒキベラ。
潮通しの良いガレ場などに10~20匹程度の群れで生息し、
その中にオスは1~2匹。
割と通年婚姻色を出しています。

婚姻色はとても美しいので、バシっと撮影したいけれど
泳ぐ速度が速すぎてうまく撮れない。
デジ1になって、1/125秒とか200秒なんかが
使えるようになったので1日も早く撮影しなければならぬ。

だって年々指先への伝達速度が遅くなるし
老眼は進行しピントがどんどん合わなくなります。

それでも、ノンビリしているボケオヤジなのである。

PENTAX istDS F100mm f5.6 1/125 
YS-60 1/2発光 UMIEカスタムハウジング

tukinowa_itohiki061231.jpg

ポカポカ陽気でほい 

正月も2日になると
慣れて来るもんでございます。
いくら前夜に酔っていようが
翌朝はキッチリ6:50分に目覚めます。
・・・年寄りだからって言わないで。

今日は朝から好天でポカポカ陽気。
海も静かで船を走らせるのも気持ちが良い。

1本目シル。
小さいカニやエビ、ウミウシを楽しみました。
2本目ブツ西。
ウミシダに棲むエビを5色ガイドした。
どれも見事な色彩でした。
3本目アザハタの根。
今年初のニシハマ。やぱり面白いです。
大きなコブシメがいました。

冬の風物詩ザトウクジラが段々と増えてきているようです。
今日は名瀬沖に4頭いたそうで
その後、ムカラク沖に移り
ウォッチング船に追いやられ?
いつものトムモーヤに来た時には2頭だったそうです。

ワタシもクジラやイルカは大好きなので
早く見に行きたいぃ~~。

写真はヒメオニハゼです。
紅白のコトブキテッポウエビと共生していて
ヤシャハゼなどが生息する所によくいます。
体が白っぽいので探すのに少々手間取りますが
割と堂々としているので撮影しやすいと思います.

ところで、オニハゼの仲間とホタテツノハゼの仲間って
どういう風に見分けたら良いのでしょうね?

PENTAX istDS 50mmマクロ F22 1/80
YS-60 1/2 UMIEカスタムハウジング

hime_oni061231.jpg