FC2ブログ

再分別 

ビーチクリーンで一所懸命拾ったゴミを

また分別する作業を頼まれた。

なぜその時にやらないの?人もいるのに。。。

まったく馬鹿げているが仕方ない。

みなさんあまり知らないでしょうがゴミの処理って大変なんです。

海岸のゴミや海中でゴミ拾って気分は良いかもしれないけど

そのゴミも処理がどうなってるかまでは関心ないかもね。

賃金が出るビーチクリーンってのがあって(お金出すと人が集まる)

たくさん取れるんだけど、賃金が出るとゴミは「産業廃棄物」となる。

産業廃棄物って正規の処理業者に委託するんだけど

この分別が細かいのです。。。そのための再分別。

沖縄県は離島も多くビーチの延べ面積が多いこともあって

予算が出てることがよくあるんだけど、他の地域では結構大変みたいです。

当たり前のことだけど、ゴミは捨てないでください。


tensu_yg200724.jpg

初夏~夏にかけて生い茂るウミヒルモ。
そのウミヒルモ林にはさまざまな生き物が
隠れて棲んでいますが
隠れているエビやカニ、幼魚などを狙う
魚もウロウロしていて全然飽きないヒルモ林。

めまぐるしい1週間 

2/5にD協会でビーチクリーンをして

2/7に島の旧道の草刈を1日中し

2/11には台風のような大荒れの天気で1歩も出られず

2/12はゲルマニヨンで旧正月の持ち寄り演奏会

2/13にまたまたビーチクリーンの2ヵ所。

なにかと忙しいこのごろ。。。

きょうヴァレンタインデーはノンビリと過ごしました。

あ、ニシハマに親子クジラが現れたらしいねぇ、しばらくいるんじゃないすかね。

ホエールウオッチングも自粛中で静かでのんびり過ごしていはず。

hori-minoumiushi_sp200714 (2)s

去年7/14ニシハマで撮影した
ホリミノウミウシの1種。
とても小さいけどこのような形状のウミウシは
大好物であるのですぐに目につくのでした。

恒例のビーチク 

毎年この時期におこなっているビーチクリーン(略してビーチク)

正式名は「ウミガメ等海洋生態系保全事業」といいます。

舌を噛みそうなややこしい名称でしょ?役所仕事ってこうですよね。

座間味島と阿嘉島で行われる事業なんだけど

阿嘉では森山が仕切りをやらされているので

この前後は忙しいし気を揉むのです。

でも天気も予想通り良かったし、ひともゴミもたくさん集まって

事故もなく、ケガもせずスムーズに終わってほっとしていて

週4の禁酒明け日(月~木は飲まない)には持ってこいの日となりました(笑)

日曜日は草刈りの招集がさっきあったのでそれも行こうかなぁ~

ビーチクリーン210205

珍しくたくさん集まった(笑)

サンゴの移動作業 

昨日おこなったフェリーの航路の浚渫工事にための

サンゴの移動の作業。

遅れ遅れのケツかっちんでしたが

事故もケガもなく無事終えることができた。

そんな作業内容が垣間見られる写真を何点かUPします。

笑ってやってください。

浚渫工事サンゴ移動作業R3-1-19s (12)

移動すべきサンゴはこのように札がついてる

浚渫工事サンゴ移動作業R3-1-19s (17)

一生懸命運んでいるのに
手伝わないで写真撮ってるので
あとからクーレムいれられたAさん。

浚渫工事サンゴ移動作業R3-1-19s (26)

そんなことより面白写真を!
とわたしも手伝いよりも撮影ファースト

浚渫工事サンゴ移動作業R3-1-19s (27)

ボンドで固定しているところ


これでどれだけ生き残るか。
ですね。

天気も良いので 

ひさしぶりに保全活動に参加してきた。

担当者がダイビング用の水面ブイに付けている夜間点灯の

電池交換をするというのでヒズシの湾へ。。。

自分がまわったところにはあまり食害もみられないし

シリレイシもいなかったのだが

水深50cm前後のサンゴが雪が降ったように真っ白になっていて

この冬に白化とは珍しい~~~と不謹慎にも喜んだオヤジ。

yakara-hakka210114.jpg

低温ストレスらしいです。
もうすぐ普通の冬に戻るので
サンゴも戻ります。