暴風域が出来たのね 

当初の予想図だと暴風域は出来ないで

サラっと通過するような感じだったけど

しっかりと暴風域が出来て激しく吹きながらゆくようです。

50m対策をしてあるので大事はありませんが

予想以上の発達によって、明日以降の時化具合も変わってくるよ。

船は3日からしか出ないだろうし、オヤジは3日散髪、県税事務所へ顔を出しにいきます。

帰りは4日、お客さんと戻ってくる予定です。

「ハン・ソロ」観られるかなぁ~~

garasu-yg0180629.jpg

今年もおなじ場所に
ガラスの子がやってきました!

shibori0180629.jpg

シボリ。
久しぶり。
夢中になって
おいてけぼり。

まったりと過ごす、嵐の前 

・・・の静けさのように、快晴でベタなぎなケラマの海。

もったいないので島のかわいい後輩と2ダイブしてきた。

アオサハギのちびがみたいというので1発で探してあげました。

オオウ島の未開発ポイントへも行って見たけど・・・

魚が少ないので現時点ではポイントとしては利用できませんが

夏、キンギョハナダイなどが増えてきたら3本目とかにいくかもです。

浅瀬のサンゴと破砕波がきれいでした。

あすは久場島の海岸へビーチクリーンへ行く予定。

前回は、5年前くらいかな?

2014年の5月にやってるので4年前ですね。

どれほどのゴミがあつまるのか、たのしみでございます。

hanatatsunohatoko0180606.jpg

タツノハトコを撮っていたら
嫌がって場所移動したさきは・・・ウミヒルモの花の近くだった!
ラッキー(^。^)

題して「花と龍」 ふるいなぁ~

難産と思わせといての、爆発的産出 

確信あってのチェックとはいえ

実際に自分の目で見て「産む」ことが確実と言えるまでは

正直、プレッシャーもあります。

大事なのは、子どもたちの観察会があるので

1、子どもたちの予備も含めた観察サンゴには近づかない
1、混乱を避けるため「産む」という情報を
  宿にいるほかのダイバーに決して漏らさない
 *子どもたちに「産む」という連絡は18:30。オケは18:05には発信しますので。

もぐる前はこの2つがとても大事です。

そして、すばらしい体験が待っているのでした。

余談ですが

うちの娘が中3のときに植えたサンゴが見事に、み・ご・と・に

大量のバンドルを放出いたしました。うれしすぎて感動が薄いかも(笑)

ムービーで撮ってあります。公開したいけど・・・どうやるんだろ(笑)

感無量な1夜でございました。

1日遅れですが、産卵写真です。

usueda-midoriishi0180603.jpg

ものすごい量を産んでいた個体。

usueda-midori0180603.jpg

ずっと狙ってた緑色の
ウスエダミドリイシのバンドル放出。

darumahaze_yg0180603.jpg

今日昼間に撮った
ダルマハゼの赤ちゃん。
かわいい!


ついに、今夜か! 

昨夜はヒズシビーチと旧港のサンゴが産卵したので

順番からいうと今日はマジャビーチが産むことに・・・なってます。

18:00にチェックしに行ってみるけど

たぶん、今日産むんだよね。。。。

来てるお客さんは全員が見られるのでホッとしている。

あ、まだ産むかわからないんだった。

tsumajiro-okoze_yg0180602.jpg

米粒くらいの
ツマジロオコゼの幼魚。
ちっちゃ!

rurihoshi_yg0180602.jpg

こちらはルリホシスズメダイ幼魚。
チョロチョロと元気に動きます。

さて、ちゃんと産んでくれるかな~

あっちこっちへ行きたいが 

空梅雨で天気も抜群

海もベタベタのなぎなぎ。

潮もあまり走っていない午前中に調査と称したダイビング。

いつものEANではなくAIRで-36mまで行くので

もぐった後はとても疲れてる・・・・そんな気がする。

-36mまでいったはいいがヤシャハゼくらいしか見つけられず

ボートまでゆっくりと帰ってきて安全停止して50分で終わりました。

水温は25度フラットくらいかな?やや薄濁りで15~20mの透明度かな。

潜水時間が50分になると寒さを感じるのでフードベストは必要ですね。

来週末に来島予定のEさんが「きっと雨だわ」

来週末の天気予報は・・・・・・雨です(笑)

ほら、そんなこというから雨予報になっちゃったじゃん。

konpeitou-kobushigani0180525.jpg

浅場の安全停止のときに見つけた
コンペイトウコブシガニ。
ひっさしぶりだぜ!