ちょいと所用で・・・ 

3泊4日で那覇へ行っておりました。

愛車の車検でフェリーに積み込み、車屋へ引き渡して

あとはノンビリ那覇あそび(笑)

3日間で、映画は3本みて、飲み屋はイタリアン2軒、貝専門店、うりずんと行って

結構呑んだなぁ~。うりずんは25年ぶりくらいでオーナーの土屋さんの肖像画がよかった。

海が大時化が予想されていたけど、どうにか間に合って島に帰れました。

お客さんも一緒にだけど(ーー;)早速2本行ってきましたが・・・天気も悪くて、寒い。

水温は27と28度だからあまり変わらないけど、天気悪いと寒いです。

透明度はどこでも良さそうでした。潜ったポイントではどちらも30m超え。

あしたもちょっと悪いみたい。。。16日からは晴れ太陽マークになっていましたね。

さて、今日の3枚。

budaibera_yg0161014.jpg

これはブダイベラっていうベラの幼魚です。
ホンソメワケベラにそっくりだね。真似て食べられないようにしているんだけど
ちゃんとクリーニングも、真面目にしてるんだよね。面白い(^。^)

beni-gonbe0161014.jpg

ミクロネシア系のベニゴンベは
なかなか入ってこない種のひとつです。
こいつ、なかなか手ごわい(笑)

tatesujihata_yg0161014.jpg

居ついて数ヶ月になるタテスジハタの幼魚。

こんな感じが一番格好いいと思ってるんだけど
どうでしょう?

あしたも・・・雷雨(T_T)/~~~


識名園 

長いこと沖縄に住んでいるけど

いったことのある島は、渡嘉敷、伊江、与那国、石垣、西表。。。この5つだけ

西表はなんと1泊ノーダイブ。石垣も2年前に3泊して潜ったけど

それまでは20年前に1泊しただけ・・・しかもキャンプ(笑)

だいたいがケラマから出ていないのであるが、沖縄のガイドさんはみなそうだと思う。

本職の海でさえあまり行かないのに、陸上の観光地はもっと行かない。

住み始めのころや子どもを連れて本島の観光はある程度はしたものの

まだまだ行ってない場所だらけで、セイファーウタキでさえいったのはつい最近である。

昨日書いたけど、那覇にいるときには旨いそば屋と名勝へ!と心に決めたので

割と有名なのにいったことが無い識名園へ。。。そば屋のついでに(笑)

那覇市HPでの説明を読むと「ふ~~ん」となるが

実際にいってみると「なるほど」と思いましたね。

識名園0141111 (2)

池に突き出ている六角堂。

一番観たかった御殿(ウドゥン)が屋根の修復中で
観ることが出来なかったのがとても悔しい。

識名園0141111 (1)

看板の「識名園」の題字はなんと
平山郁夫さんでした。

¥400ですが、あまり暑くない晴れた日
のんびりと散策するのもいいと思います。

思ったより狭いのでびつくりっす。

さ、明日は息子最後の学習発表会。
そして午後からは海へ。



そばとムービーと名勝と 

1週間のご無沙汰です。。。とはかの名司会者玉置宏

ロッテ歌のアルバムでの冒頭の台詞。知ってるひとは少ないだろうけど(笑)

いろいろな私的雑務のために那覇へ1週間行ってまいりました。

雑務といっても。。。後輩の披露宴や息子の意見発表会傍聴など

それなりに重要な用事でいってまいりました。娘の世話も大事ですね。

以前から那覇に出た祭には「美味しいそば屋へ行って、映画を観て観光地も行って見る」

食って・観て・行く っていうのを細々と続けています。

今回は琉球王朝時代に迎賓館として使われていたという「識名園」と

近くにある「てんtoてん」というそば屋へ行ってきました。

まずは腹ごしらえ。。。足がバスしかないのでバスで行きますが

最寄のバス停を降りても全然判らないので、ネットで調べて電話したほうが良いです。

店の外観は・・・

141111_1201~01


こんなで、細い坂の路地奥にあるので見落とすこと間違いなし。

レンタカーで行ったらまず判りません(笑)

店内は外観からは想像も付かないくらいお洒落な・・・Cafeのようでした。

てんtoてん0141111 (4)
てんtoてん0141111 (3)

いつも行くようなそば屋は使い古した分厚い木のテーブルに
黄色と赤のお箸で、おばぁが作ってたりするけど・・・
店内のお飾りも上等品が飾ってあって・・・不思議な空間。
ちょっと落ち着かないね。


てんtoてん0141111 (2)

メニューは木灰そば1点のみ。店内も店員もおサレだけど
「すば」ってうちな~語使うんだね(笑)

てんtoてん0141111 (1)


白くて透明感のある平麺の縮れ麺・・・
デイゴの灰かしら?ガジュマルは香りが強い気がする。
スープは薄口のこぶ出汁のような気がした。
この麺でこのスープが良いと思ってあわせているんだろうけど
オヤジにはちょっと物足りなかった。

横にある、西表で完全無農薬栽培している古代米のおにぎり。
これに興味があったので行ってみようと思ったんだけど。。。
たしかに良い香りで美味しかった。。。のだが

どうも玄関入って、お洒落な空間に違和感を覚えて
ずっとそれ引きずってしまい、、、、あまり満足感はありませんでした。
わたしは、たぶん、2度と行きません(ーー;)
が、興味のある方は是非あしを運んでみてください。

あ、識名園はあした(笑)










そば通ではないが・・・ 

26日から1週間の那覇出張はノンビリどころか

なんだか時間に追われているような錯覚に陥るほど時間を気にしてた。

主な用件は、運転免許の更新、軽油免税証の受け取り、軽ワゴン車の車検

娘の体育祭、息子の高校見学、そしてオヤジの誕生日会食。。。

映画観たり、大佐と飲んだりして時間作るために複合で片付けたんで

なんか忙しかったなぁ~~~。

んで、お昼は外出していることが多いので当然外食になる。

だいたい「沖縄そば」が早くて安くて旨いからそばをいただくことが多い。

これでも外食産業の末端にいたので、麺や出汁、具に関心があるし

「旨い」と聞くと行って食べてみたくなる。。。今回は古民家そば屋「しむんじょう」と

オロク高校裏の「与那原そば」そして昨日。。。富里のカズにバッタリ会って・・・

「そこのそば屋。うまいよ」と食べてきたばかりのカズに教えてもらった

141001_1343~01

「てぃあんだー」というおもろまちの無印良品の裏
看板が目立つパスタ屋さんの裏にある。

店内は広々として、天井も高くて、ちょっとお洒落なそば屋。
働いている人も自信満々がビシビシと伝わってきます。
こういう店って苦手なんだけど。。。。

141001_1326~01

全て自家製生麺を使用。太麺ろ細麺を選ぶ。。。オヤジは太い麺。
スープは透き通ったきれいなスープで昆布が利いているような気がした。
生麺の割には早く出てきた「沖縄そば」。
厚めの3枚肉を塩味で柔らかく煮込んであって美味しい。
そばもやや縮れて平麺でスープが良く絡んで美味しいです。
すこしだけ・・・しょっぱいかな~。若者向けかもしれん。

沖縄そば¥650だったかな(笑)

お昼時 近くを通ったら是非お試しアレ。



なつかしの・・・ 

憧れのスナキン(*^_^*)


140330_1907~01