あのとき君は若かった 

日本のロックおよびポップスを長きに渡って牽引してきた

ムッシュかまやつさんが亡くなった。

小さい頃からスパイダースのファンで、マチャアキもさることながら

井上タカユキもいたスパイダース。

「バンバンバン」はエレキで格好良く弾くのが大好きでした。

そんなかまやつさんとは

1974年中3の冬2月、ロッドスチュアート&フェイセズの初来日の武道館公演。

ベースはFreeにいた山内テツということもあり大盛り上がりの来日でした。

前座のジョー中山やファニーカンパニー(桑名正博)が終わり小休憩。

昔はこんなインターバルがあってもみんなお行儀よくしていたもんです。

そのときトイレへ・・・当然長蛇の列であるがお行儀よく並び、金隠しのまえへ。

放尿の寸前にとなりに見たことのある長い髪、黒いハンチング・・・ん?

ムッシュかまやつさんじゃないっすかぁ~~~~。


んで、「あ、こんちには、どうも」と放尿しながら挨拶。

ムッシュも「どうも」とやはり放尿しながら笑顔で言ってくれました。いいひとでした。

勝手に「立ちション友」などと言わせていただいておりました。

先日、容態が悪化し緊急入院したまま病院でなくなられたということ。。。。残念。

きょう「あの時君は若かった」を2度唄わせていただきました。 。。。合掌


1977年のライブ音源がyoutubeにありました。









0655という番組 

きょうは沖縄でも凄く寒くて、18度くらいしかないとか。

北風が強く吹いていて港へ行くと体感温度は10度くらい。

とっても寒い~~~~。

あすの朝はもっと寒いぞ!ともっぱらの噂。。。毛布出そうっと(笑)

朝、起きられるかな?

朝起きる。といえば、Eテレに0655という番組がある。

その名のとおり6時55分に始まり7:00に終わるのだ。

いろいろなコーナーが5分間のなかに詰め込まれていて

なかでも「あたし、ねこ」(おれ、ねこ)は猫好きにはたまらん朝のひととき。



小雪という不機嫌な顔の猫(笑)


この0655のオープニングの曲が「朝が来た」という歌で

ボブマーリーの曲のカバーを真心ブラザースがやっていて

とってもシンプルで元気の出る歌なのである。

聞くと、「あ~、ちゃんと朝が来て、安心だねぇ~」と思えるから凄い。



歌詞コードも簡単!
さぁ、Let's sing

Ab Fm7 DbM7 Eb Ab
朝がきた 朝がきた 今日も 朝がきた
Ab Fm7 DbM7 Eb Ab
昼がくる 昼がくる そのつぎ 昼がくる

Db Eb Ab Db Eb Ab
地球が半分回りゃ そのつぎ 夜がくる
Bbm7 C7 Fm Bb7 Eb7
もう 半分 回ったら つぎの日だ
Ab Fm7 DbM7 Eb Ab
朝がきた 朝がきた 今日も 朝がきた
Ab Fm7
シャラララララ シャラララララ
DbM7 Eb Ab
だから 大丈 夫


リズムはレゲエだよん(#^.^#)

Jazzに出会ったころ 

ポップス少年からビートルズを経てツエッペリンでロック小僧になり

クラプトンからブルースを吹き込まれ、

レオンラッセルに南部の風を当てられたオレの青春。

ロック小僧をやってるとき、さまざまな音楽に興味を持ち

出来るだけいろいろなジャンルを貪るように聞いたあの頃。

いつも頭の隅にはJazzというのがあって、あまり理解できず遠い存在だった。

新宿で働いている頃、その店の同僚にJazzフリークがいた。

ロックのことも良く知っているので直ぐに打ち解けて良く飲みに行ったっけ。

彼のアパートは蒲田で、横浜よりもうんと近いため

飲んで遅くなると(飲んだら遅くなるのだ)時々泊めてもらった。

「Jazz聴きたいんだけど、難しいね」などとよく話していて

最初に泊めてもらったときに「これ聴いてごらん。Jazzっぽくて入りやすいよ」

と勧めてもらったLPを持って帰り聴いてみた。。。

針を下ろし(あ、レコード盤です)音のでた瞬間「あ、Jazzだ!」と思った。

それを聴いてからはJazzが頭の隅から徐々に出てきて、いまや真ん中寄りにまでなった。

あのとき貸してもらえなかったら未だに頭の隅でヒコヒコしてたに違いない。

まさに「Jazzと出会った」のであった。。。

しかしながら、全然詳しくない。名前もあまりよく知らない。

でも好き(#^.^#)

そんな風にしてくれたディークエリントン&レイブラウンdo nothing till you hear from me




ハロウィン・ライブ(^。^) 

仕事も落ち着いてきた10/31

隣の島のイタリアンシェフ前田が「ハロウィンひまっすか?」

と聞いてきたのは10/15くらいだったろうか?「ヒマだよ」と。

「ハロウィン・ライブしましょうよ」というので二つ返事でOKした。

なんだか、当日までなにも準備が出来ず、、、

演奏する曲も「なんでもあり」だったので余計に考え、悩んでしまった。

仮装もしなくてはイケないと言われ、悩むことが増えてしまい、困った。

最初、ディランになって「激しい雨が降る」をヤリたかったけれど

ディランにもなれないし、激しい雨も唄えないことに気がついたので

残されたのはピコ太郎?衣装がないじゃん!

結局、ハルサー(農夫)でカールおじさんで行くことにした。あとは演奏曲。。。

みんなが楽しくいるパーティーなので、明るい曲調のものを選んだ。

準備したのはキョウシロウの「デイドリーム・ビリーバー」と

ピーナッツの「恋のバカンス」、ビギン「海の声」、石田長生「プカプカ」の4曲。

全部演奏して歌ったけど、オリジナルキーでやったので高い声が出なかった(笑)

海の声は一番練習してコード歌詞を見なくても引いて唄えるまで行ったけど

島の子にゆずりました。。。中学の女子だったし(^_^)

他にもいろいろと演奏したり歌ったり、18:30開始で22:30くらいまでギター弾いてたかな。

前田の息子のラモンくんとワタシの3名で「スイートホームシカゴ」の替え歌の

「スイートホームげるま」が個人的には一番よかったかな(^_^)

前田がギターボーカル、ラモンはハープ、おれスライドでリード!ラモン滅茶うまい!まだ3歳。

ゲルマ島の子ども達もお菓子もらいにあちこちの家へ回ったりしていて、微笑ましかったな~。

料理もいろいろあって旨かった!特にジャークチキンがバカ旨。おれも作りたい(笑)

ってな訳で、ハロウィンが楽しかった報告でした。

Halloween2016 (1)

ゲルマ小中学校の先生たちも・・・
楽しんでるなぁ~

Halloween2016 (2)

このひと以外ピコ太郎はいないと思ってた!

Halloween2016 (5)

ん~~天使の羽ようなのは付いてるけど(笑)

Halloween2016 (6)

「手抜き」とか言うけど
結構旨い料理が並んでました。
食べ放の飲み放で¥2,000は安いよね。
ただし、ヘタクソな歌がついてるけどね(ーー;)

Halloween2016 (8)

麦藁坊がわたしで左のヤンキーが前田。
いの一番でやったデイドリームビリーバーのときだね。

なんかやっぱりマイクは必要だね(笑)



69の日にむけて 

サンゴの産卵観察会も無事に終わって

日本ダービーもマカヒキが鼻差で勝った5月。

そして父の命日の5/31で5月も終わりです。

明日からはjuneだね。そして6月9日は69でロックの日。

隣の島のパンクなシェフが毎年楽しみにしている日で

手ぐすねひいてまっております。

数回の打ち合わせと練習をして、ほとんどぶっつけ本番で演奏します。

特に観客もいないし、演ってる自分たちが酔っ払って楽しんでるのですな。

とっても良い感じではあるけど今年は何名かを巻き込んで

フォルテシモとファンキーモンキーベイビーを唄ってもらおうと企んでる。

どうなることやら・・・(笑)あ、でも今年はホントのマイクがあるらしい!

モニターはないけど(大笑)

なんかいつも最後はジョニーBグッドなんですが・・・おれ苦手なんだよね(ーー;)




Ringo、いつも楽しそうでいいね。
唄い損ねちゃっても明るくてハッピー。
バングラディシュコンサートから。

動く、生きてるクラプトンを初めて見たのが
この映画だった。。