全便欠航と相成った 

物凄い風で大しけな沖縄。

昨日は船を下すのさえ断念したくらい風が強い。
今日は北風に変わったので下ろすことは出来たけど
高速船もフェリーも全便欠航となった。
おひとりさまが那覇止めを食らってしまった。。。
いつもはこんなことないひとなのに
パワーをどこかで使って来たに違いない(笑)

明日はフェリー折り返しでお願いしたい。


あ、天気そのものはとても良くて
風を避ければポカポカですのよ。


kerama_ribon111103.jpg

ケラマハナダイの♂に囲まれてる
リボンスズメダイ。(右の端の黒い魚です)

ケラマハナダイはケラマを代表する魚で
故益田一先生が当海域で発見されたことはあまりにも有名です。
英名はピンクバスレットでフィリピンからインドネシアまで
幅広く生息しています。

一方、リボンスズメダイは
そんなに多くは棲息していなくどちらかと言えば稀な部類。
でもアザハタの根には良く現れてくれて
全スズ振の会員を楽しませてくれるのでした。

今夜のSong To Soulは
ジェームス・テイラー「You've Got A Friend」。
ゆがらふれん~~

ニザダイ科の幼魚 

昨日のサンゴ移植は
各方面からお褒めの言葉を頂戴し
とても嬉しく、また励みになりました。

さて、本日のダイビングは
ハナゴンベygをジックリ観察し
亀だらけの海でツバメウオを堪能
火炎サンゴ群生に抱かれし
甲殻類を掘り下げました。

しかし・・・オシャレカクレエビって
どこがお洒落なのか
誰か教えてください。。。

shimahagi_yg071020.jpg


写真の魚はシマハギの幼魚。
浅い岩礁域のやや波のあたる場所でよく見ますね。
でも幼魚ってあまり見かけません。

大体、ニザダイ科の幼魚は
あまり頻繁に見かけないと思うのですが
いかがでしょうか?

俺だけかもしれないけど
ゴマニザの幼魚は見たことがありません。

ヒレナガハギやニジハギの幼魚は
なんとも言えず可愛いですよね。

えっ?ハギって何って?
みんながもう少し興味を持つようにガンバリます。

不安定な空 

朝は雨
そして曇り
昼過ぎに晴れてきて
午後出発時は小雨。

3本目上がったら
西の空から太陽が顔を出す。

片付け中
クバ島上空から暗雲が攻めてきた。
でも雨は降っていません。

極弱い熱低は久米島あたりで
まったりしているようです。

nami_pyg070906.jpg


最近あまりリクエストされなくなった
ヒッポカンパス・バージバンティ。
オケでの呼び名は「ナミピグ」です。

湿気ちゃう 

4日ぶりにフェリーが折り返しで
やってきた。
那覇で滞っていた生活物資や
帰省、観光客が満載である。

食い物の残が乏しかった我が家にも
木曜日に来るはずだった食料などが届いた。
が、家族はワタシを置いて那覇へ向かった。
子供たちの歯科治療のためだけど
今日出たら、何時帰れるかも判らんのに、、、
行きました。

1週間大雨、雷雨、暴風雨・・・
湿気だらけとなり
家中カビだらけでPCも何だか変です。
愛用のマーチンも音がコモッてる感じがする。

♪し~ごともなけりゃ~ピストルも買えねぇ~♪by憂歌団

20070812174145.jpg


ニシハマのやや深いところにある
立派なトサカ。
流れているときはポリプ開いて
おっ起っております。見習わなくっちゃ!

いつになったら収まるのか 

台風連発されて
海は大時化でダイビングには行けないし
フェリーが来ないから
家に食物がなくなって来た。
このまま行くと明日も出ないのかな?
参ったです。

これほど長く南東の風が吹き
南東からウネリが続くと
海上も海中も収まるのに・・・
平常に戻るのにかなり時間が掛かるかも。

何か良いものでも運ばれてくれば
良いけどなぁ~。
フィリッピン系のスズメダイなんか良いよねぇ~
アンボンとか、タルボッツなんかが
来てくれると素敵です。

バーヘッドygが来たら狂喜乱舞だね。

はやいとこ収まってくれないと困ります。

amaB_deba070805_2.jpg


アマBで撮影したデバスズメダイ幼魚たち。
光きらめく浅瀬にポツンとあるサンゴ。

ぼんやりと眺めていると、
寝っちゃいそうになったりします。