冬のようにさむい(笑) 

きのうは高湿度の高温で

不快指数がすごく高い日だったのに

きょうは肌寒い。

なので海は休んで、きたるBLUESの日のための練習を少し。

決まってるのは「プカプカ」と「シカゴバウンド」の2曲だけで

あとは適当にかな?ロバジョン生誕日なのでひとつくらいはやりたいなぁ。

午後は店のシカ対策を少し。

あすはまたしても360度ロケ(笑)

odori-kakureebi0180423.jpg

オドリカクレエビの♀。
卵がいっぱいあるねぇ~
猿が木の上で休んでるポーズに似てて
水中で笑えました。


gokuraku-midori-fumei0180423.jpg

このミドリガイが全然わかりませんのよ。

すこし良いトコみつけた 

毎日じゃないけど

すこしづつ調査の範囲を広げて行って

いい場所に当たらないかなぁ~と思って潜っていたら

ちょっと良い感じの藻場(っていうか砂礫の斜面)があった。

あまりひとが来ないところなので生物が多いのかな。

「多い」ってわんさかいるわけじゃないけどゆっくり写真撮るには良いと思います。

最大で4名が限界な感じがしますし、梅雨明け直後まで。って感じもする。

常連の人は「へぇ~こんなコースもあるのね」的なものになるはず。

残120のエアタンクで最大水深-24m。安全停止入れてきっかり30分であがりましたので

この倍の時間があれば面白そうなものもみつかるでしょう。

お楽しみに。

kurageebi0180424.jpg

きょうの成果。
クラゲエビ。
へんてこな名前だよね。クラゲだなんて。
発見当初はクラゲについてたんでこの名前らしい。
名は体を表してないし、生態も違うのにまだこの名前?
おかしな業界です。あ、業界じゃないね(笑)

360度チャーターのついでに 

360度って全周ってことかな?

そんなカメラがいろいろなことこから出てるよね。

リコーとかコダック、ゴプロも出した。

アダフターやアプリを使えばiPhoneでも撮れるのかな?

そんなカメラの撮影補助と船のチャーターを2日間やった。

きょうは太陽が出るんだけどずっとは出てくれない・・・イケズな太陽でした。

が、いろいろと撮れたと思います。。。ご希望の撮れ高はわかりませんが(笑)

そんななか「潜っていてもいいよぉ~」との言葉に甘えて

有名な砂地の藻場を点検してきました。

結果は「まだ駄目」です。去年の冬よりはマシだけど、、、まだ早いのかな。

この先、生え揃ってきても、また馬鹿なガイドのつれたカメラ派が潰していくんだろうなぁ~

違うところの藻場をさがさないとなぁ~浅くて明るい、生き物がたくさんいる藻場。ないかな(笑)

kusairo-moumiushi0180423.jpg

小さな小天狗のウチワについていた
クサイロモウミウシ。。。
後ろの方の緑がうすいところは
きっとこの子が食べたんだろうね。



早朝出航は眠いばぁ 

昨夜はゲルマで来る「ブルースの日」の練習など

ワインなど飲みつつブルージーにすごして

今朝は5:30におきてコーヒー淹れて飲んでから納豆飯をかっ込んで

6:20に家を出て船を出し、6:50すまいる、6:55シーサーへピックアップ。

7:10出航の予定がADが失敗して7:30にずれて出航。

360度カメラテストをしているカメラマンを取材する。というややこしい仕事。

カクレクマノミに卵があったのでそれを取ってもらう間に「タイマイ探してきて」

との依頼に見事応えるオケアノス森山なのでした。

スキンで泳ぎまくって結構な運動量だと思いきや・・・あまり体重は減らないね(笑)

仕事は9:00過ぎに終了。

午後は大雨が予想されることから家でゆっくり過ごすことにしました。

予想を上回る大雨と強烈な落雷が何度もあって、久しぶりに怖かったです。

船も自分も調子を取り戻してきて、これで大型連休もドンと来い!

あす、晴れたら360度カメラのお仕事で、曇りなら・・・ファンダイブ(*^_^*)

umishoubu-haze_sp0180421.jpg

昨日アマBで見つけたウミタケハゼの仲間の幼魚。
この類ってば、あるひとが全部「セボシウミタケハゼ」にしちゃったので
あとの整理がとっても大変だ。といっていました。
どうなったんだろう?
そして、これはなんだろうか?
いまや誰に聞けばいいのかすら分からない(笑)
Dr.S にメールしてみよっと。



身も船も試運転へ 

きのう下ろした愛艇オケ号の試運転と

自分の体の確認をかねてファンダイビングをしにアマBへ。

途中「にっぽん丸」が停泊しているのを発見!帰りに近づいて撮ろう。

久しぶりのアマB、ハゼや環境が復活してくれてれば、

と期待していたけど見事に外された。

ハゼは全体的に少なくて、いつもある海藻も少なかった。。。まだ早いのかな。

デバスズメダイは相変わらすごい数が乱舞しておりました。

満潮時には透明度そこそこ・・・20mくらいかな

あったけど、潮が変ってきたらガクっとさがって12~3mになりました。

春の不安定な潮加減はこんな感じ、かな。

あしたからビデオ撮影のガイド&船長です。

kagerou-kakureebi0180421.jpg

当海域ではヤギやソフトコーラルで安易に見られる
カゲロウカクレエビ。。。のちび。
ちかくにはコペやワレカラがおります。
こっちのほうが面白いかも(笑)